保育園で必要なお昼寝布団、何がいい?おすすめランキング!

保育園に通われているお子さんをお持ちの方は、新しい発見の連続で、子育ての楽しさや厳しさに向き合っていて、忙しい毎日ですよね。

多くの保育園で、入園前に必要となるものはお昼寝布団です。

では、どのようなお布団がいいのでしょうか?

今回は、お昼寝布団のおすすめランキングをご紹介していきます。
「どういうお布団がいいのかなあ」とお悩みの方、参考にされてみませんか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お布団に潜む刺す虫の種類!刺されてかゆい場合の処理の方法

お布団で寝ている間に、いつの間にか何かの虫に刺されて、かゆい思いをしたことはありませんか?私...

腰痛持ちの方必見!敷布団よりも高反発マットレスを選ぶ!

仕事や勉強などで忙しい日々を送る私たちにとって、快適な睡眠はとても重要です。朝起きた時に...

お布団の処分方法とは?小さく切ると燃えるゴミに出せる?

使わなくなったお布団を処分したいと思ったら、粗大ゴミに出すのが一般的です。しかし、粗大ゴ...

真綿のお布団ってどうなの?洗濯や値段に違いはある?

真綿のお布団をご存知ですか?木綿100%でも、もちろん綿混でもない真綿布団です。今回はそ...

お布団を圧縮袋でコンパクトに!収納に便利な圧縮袋の使い方

快適な安眠がしたいと考えて、春夏用の掛け布団と秋冬用の掛け布団を変える方もいることでしょう。...

お布団の天日干しはファブリーズを併用すると効果絶大!

お布団は毎日使うものですが、頻繁にお洗濯をしたりクリーニングに出したりするのは容易なことではあり...

お布団や襟のカバーを変えて、寝室をイメチェンしよう!!

最近、部屋のイメチェンしましたか?季節の変わり目など、なんとなく気分が変わる時期は、お部屋のイメ...

お布団のダニの見つけ方って?お布団のダニを駆除する方法

お布団に中にダニがいるとはよく聞きますが、実際には小さくてなかなか目にすることはありません。...

お布団やお風呂、床の掃除って毎日すべき?どうやるの?

お布団、お風呂、床・・・毎日利用するものですが、掃除の頻度はどれくらいなのでしょう。また、掃...

お布団の正しい干し方!ベランダで衛生的に干す方法と注意点

ベランダにお布団を干すときは、どのような方法で干しているでしょうか?お布団をふかふかにするた...

風邪やウイルスの予防にはお布団も除菌するべき?方法は?

冬は、空気が乾燥しやすく風邪やインフルエンザなどにかかりやすい時期です。予防のために除菌...

マットレスと敷布団を敷く順番が気になる?併用にはご注意

ベッドが私たちの生活に浸透し始めたころから「マットレス」というものの存在もクローズアップされるよ...

お布団の下に敷くマットレスの効果!カビ対策はどうする?

みなさんは、寝るときはベッドで寝ますか?お布団で寝ますか?ベッドのようにスペースを取りたくな...

お布団とベッド、腰痛に良いのはどっち?それぞれの特徴

腰痛は、全体の3割の人がなると言われています。そんな腰痛持ちの人が悩むのは、「お布団とベ...

濡れた髪のままお布団で眠るとカビ菌が!ドライヤーの重要性

疲れた時に髪を乾かさずにお布団で眠ってしまうことはありませんか?実は、髪が濡れた状態のまま眠...

スポンサーリンク

お昼寝布団ってどんなもの?

お昼寝布団とは一体どういうお布団のことなのでしょうか?

「ふつうの、赤ちゃんが使うお布団とは違うの?」、「どんなお布団を指すの?」と疑問を持たれる方もいらっしゃると思います。

そこで、ランキングを見ていく前に、まずは、お昼寝布団とはどういうものなのかを見ていきましょう。

生まれたばかりの赤ちゃんは、1日の大半を寝て過ごします。
成長するにつれて睡眠時間は少しずつ減りますが、それでも大人とは違い、多くの睡眠時間を必要とします。

また、骨や関節が未発達でお肌はデリケート、さらに汗っかきで、大人とは違った体の造りをしています。

そのため、必要となるのがお子さんの体に合わせた「ベビー布団」です。

保温性や調湿性に優れた掛け布団や、骨が曲がらないように硬綿が入った敷布団、厚手で寝心地のよい敷パッドなどが売られていますよね。

サイズは、ベビーベッドの大きさに合わせたサイズを選びます。

この「ベビー布団」とは違い、お昼寝の時間しか使わないのが、お昼寝布団です。

ちなみに、ベビー布団の方が、しっかりとした素材を使っていたり、厚みもあって大きめです。

週末にお布団を持って帰って、週明けに持って行くお昼寝布団は、持ち運びに便利でないと不便ですよね。

さらに、保育園では、多くの子どもたちのお布団を一箇所に片付けておくので、コンパクトでないといけません。

そのため、お昼寝布団は、「持ち運びに便利でコンパクトで軽い」という特徴があります。

お昼寝布団セットのおすすめランキング!

保育園に入る時には、買っておかなければならないことも多いお昼寝布団ですが、何を揃えればいいのか悩むものです。

そんな時に便利なのが、敷布団や掛け布団、布団用バッグなどがセットになった商品です。
ここでは、セットになったお昼寝布団のおすすめランキングベスト3を見ていきましょう。

《第3位》お昼寝布団セット(固綿) ディズニー柄 6点(税込み4,978円)

敷布団・掛け中布団・枕・掛けカバーリング・敷カバーリング・バッグの6点が揃っています。
ディズニーキャラクターのデザインが、とてもキュートな商品で人気があります。

カバーはファスナータイプなので、カバーの取り付けが簡単です。

また、バッグは撥水加工がされているので、雨の日も安心です。

《第2位》「エムール」のオリジナルお昼寝布団 5点セット(税込み5,990円)

敷布団・掛け布団・敷布団カバー・掛け布団カバー・バッグの5点セットです。
飽きのこないナチュラルでポップな可愛らしいデザインです。

肌に直に触れるカバーは綿100%・低ホルムアルデヒドであり、繊細なお子さんたちの肌にも安心の品質です。
カバー類はもちろん、敷布団・掛け布団・バッグまで、すべて洗濯できるのも、おすすめポイントです。

《第1位》「東京西川」のお昼寝布団セット アンパンマン(税込み4,980円)

敷布団・掛け布団・枕中芯・敷布団カバー・掛け布団カバー・枕カバー・バッグの7点セットです。

子どもたちに人気のアンパンマンの柄がとても可愛らしい商品です。
敷布団・掛け布団・枕中芯・バッグは手洗いが可能なので、清潔に使えます。

ご紹介したようなセット商品を購入しておけば基本的には大丈夫です。

しかし、単品で買いたい、という方もいらっしゃるかと思います。
そこで、単品で買う際のおすすめ商品を、次項で見ていきましょう。

お昼寝用敷布団のおすすめランキング!

上記でご紹介したセット商品の敷布団は、ベビー布団とは違い、少し薄めのものが多いです。
お昼寝用なので長時間使うものではない上に、コンパクトで軽い方が良い、という理由のためです。

しかし、中には、もう少し厚めの敷布団が欲しいという方もいると思います。

では、敷布団のおすすめランキングベスト3をご紹介しましょう。

《第3位》お昼寝敷布団 固綿入り(税込み3,218円)

敷布団の中は、ポリエステル製の巻き綿・固綿・巻き綿の3層構造になっており、ふっくら柔らかなのにへたりにくいという特徴があります。

吸湿性に優れた綿100%を使っているので、汗っかきなお子さんも安心して使えます。

《第2位》「萩原綿業」のお昼寝敷布団(税込み4,980円)

医療機関でも幅広く使われている「ファイバーの短繊維綿」を使っており、細菌の増殖を抑え、細菌を減らす効果を持つ敷布団です。

そのため、アトピーのお子さんにもおすすめです。
また、丸洗いOKなので、清潔に使用できます。

《第1位》「ふとん工場サカイ」のアラエマックス(税込み4,113円)

累計販売数9万枚を突破したアラエマックスシリーズのお昼寝用敷布団です。
国内の工場で1枚1枚丁寧に手作りされた商品なので、安心です。

また、こちらも丸洗いOKなので、安心して使えます。

お昼寝用タオルケット・ガーゼケットのおすすめランキング!

保育園によっては、夏はタオルケットやガーゼケットで大丈夫、というところがあります。

しかし、お昼寝布団のセット商品にはタオルケットやガーゼケットは含まれていません。

そこで、タオルケット・ガーゼケットのおすすめランキングをご紹介しましょう。

《第3位》「サンデシカ」の6重ガーゼケット(税込み3,990円)

ぞうさんやひつじ、洋梨など、8種類から選べるデザインが、とても可愛らしいガーゼケットです。

内側に4枚の柔らかなガーゼを挟んで織り込んだ6重ガーゼ生地なので、ふっくらふわふわの触感がとても気持ちいいですよ。

ご自宅で簡単にお洗濯できるので、安心して使えます。

《第2位》「はぐまむ」のプレミアム6重ガーゼケット(税込み3,999円)

カラフルで優しい色合いのベビーピンク・ミントブルー・ライトクリーム、シンプルなプレシャスホワイト・シナモンベージュの5種類のラインナップがあります。

特殊加工が施された糸で作られたガーゼ生地は、ふわふわの肌触りで、とても気持ちがいいです。

洗濯機で丸洗いでき、洗った後もふわふわの肌触りはそのままです。

また、綿100%で作られた生地は厳しい検査に合格したものだけなので、安心して使用できます。

《第1位》「はぐまむ」の5重ガーゼケット(税込み3,499円)

いちご柄の入ったピンクや小鳥柄の入ったブルーなど、カラフルな色合いが可愛らしいガーゼケットです。
「ガス焼コーマ糸」という高級糸が使われた、ふっくらした肌触りです。

ホルムアルデヒド基準をクリアしたものなので、安心して使えますね。

お昼寝用ブランケット・毛布のおすすめランキング!

保育園では、冬は暖房も入っているので掛け布団は使わず、ブランケットや毛布を持って来て下さい、というところも多いです。

そこで、冬に使うブランケットや毛布のおすすめランキングベスト3をご紹介していきます。

《第3位》「はぐまむ」の綿毛布 ベビー(税込み4,999円)

「トロピカルコーマ糸」という繊維の長い綿糸を使っており、なめらかな肌触りが気持ちいい毛布です。
吸水性・通気性に優れている綿を100%使っているので、快適にお昼寝ができます。
また、静電気も発生せず、子どもたちの繊細なお肌にも優しいです。

《第2位》「渡嘉毛織」のベビー綿毛布(税込み3,149円)

95%以上もの国産毛布を製造している大阪・泉大津の地元企業が、丁寧な手作業で作っている高品質の毛布です。

綿100%で作られているので、吸水性・通気性に優れているのはもちろん、洗濯機で丸洗いできるところもおすすめポイントです。

また、デザインは、白地に可愛らしい刺繍が施されたもので、シンプルで可愛らしいと大好評です。

《第1位》「谷野政毛織株式会社」の星柄ベビー綿毛布(税込み2,800円)

124年の歴史を持つ、老舗織物工場が作った高品質の毛布です。
こちらも綿100%なので、快適に使えると好評です。

また、色はネイビー・グリーン・パープルの3色から選ぶことができ、毛布の4辺はステッチが施してある可愛らしいデザインです。

お昼寝布団用バッグのおすすめランキング!

保育園によっては、お昼寝布団の大きさが指定されているところもあり、市販のセット商品のバッグでは対応できない場合があります。

そこで、次はお布団専用バッグのおすすめランキングベスト3を見ていきましょう。

《第3位》「フジキ」のお昼寝布団バッグ(税込み1,890円)

綿100%でできているので、ご自宅でお洗濯できて便利です。

また、動物の絵がたくさん描かれており、カラフルでポップなデザインがとても可愛らしいです。
薄い生地ではありますが、その分、保育園では場所を取らずに保管できて便利です。

《第2位》「フジキ」のラブリードット お昼寝布団バッグ(税込み1,836円)

綿100%のキルティング生地を採用しているため、厚みがあり丈夫です。
ベージュ・ネイビー・ピンクの3色から選べ、そのどれもがドット柄の可愛らしいデザインです。

《第1位》「コジット」の撥水お昼寝布団バッグ(税込み2,138円)

雨の日でも持ち運びが便利な、撥水加工が施されたバッグです。
中は巾着タイプなので開閉が簡単で、出し入れしやすい構造です。

使い終わった後は、コンパクトに折り畳むことができるので、保育園で預かってもらう場合も、場所を取りません。

素敵なお布団で快適なお昼寝を!

お昼寝布団セットや単品でのおすすめ商品をランキング形式でご紹介してきましたが、いかがでしたか?
快適に使えるような商品や使い勝手がよい商品など、いろんな商品がたくさんあります。

お子さんの成長にとって、お昼寝の時間はとても重要なひと時。
そんな大事な時間を快適に過ごさせてあげたい、というのが親心ですよね。

ぜひ、お子さんに合ったお布団を選んであげて、よりいっそう保育園での時間を心地よいものにできるようにしてあげたいですね。