布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

【不眠でお悩みの方へ】アロマのリラックス効果で上質な睡眠

2017.12.13

良い睡眠はとれていますか?
最近は、ストレスや不規則な生活などが原因で、よく眠れないという方が増えています。

そのためか、各メディアでも「不眠対策」と称して様々な対策法が紹介されていますが、その中でも「アロマ」を使ったものが注目されています。

アロマには様々な作用がありますが、リラックス効果や睡眠に役立つ効果を持つものがたくさんあるんですよ!

この記事では、アロマの持つ様々な効果や、リラックスや睡眠に効果のあるおすすめのアロマについてご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

勉強の効率をあげる秘策!勉強前に睡眠をとる方法とは?

睡眠時間を削って、夜遅くまで勉強したのに、翌日になって「勉強した内容が全然頭に入っていない」とい...

落ちた視力を回復させる方法は?睡眠や食事が重要だった!

近年、スマートフォンやパソコンの使用、睡眠不足などが原因で、視力低下に悩む人が増えています。 ...

良質な睡眠を!深い睡眠で起きれない朝を改善しよう

朝、目覚めたとき「よく寝たな」と思えた場合は気分良く1日が過ごせますよね。 しかし、睡眠時間が...

仕事の集中や安眠には音楽が良いって本当?音楽の力とは

音楽には、集中を高める効果や安眠効果など、さまざまな効果があります。 ここでは、仕事などで集中...

普段は二重なのに、朝になると一重になってしまう原因は!?

いつもは二重なのに、朝だけ一重になってしまう原因はなんでしょう? 実際、朝だけ一重という方、結構い...

今日観たテレビが怖いせいで眠れない!そんなときの対処法

心霊番組や怖い話のスペシャル番組・・・怖いテレビを観てしまったせいで眠れないという経験はありますか?...

子供が後頭部を強打して眠気が起きている!命にかかわるの?

子供が後頭部を強打した際に、一番心配なのは「重大な怪我になってしまったのではないか?」、「命に別状は...

6畳のお部屋や寝室に合うテレビの大きさはどのくらい?

みなさんは、寝室にテレビを置いていますか? その寝室のテレビは、大きいですか?それとも、小さいです...

睡眠不足が蓄積される睡眠負債の対策!解消のためには?

「睡眠負債」という言葉をご存じでしょうか? 睡眠負債とは、わずかな睡眠不足が積み重なり、債務超...

睡眠時の靴下は良い効果だけじゃない?注意点とおすすめ素材

冷え性やむくみが気になる人、寝付きがあまり良くないと悩んでいる人は、睡眠中に靴下を履くと良いと言われ...

顔冷えは肌荒れと老化を促進させる!?寒い時期の顔冷え対策

寒い季節、気温の低下とともに顔の温度も下がるって知ってましたか? 顔の温度が下がると、顔周りの...

寝るときのエアコンは除湿?冷房?電気代が一番高い機能は?

寝苦しい夜には欠かせないエアコン。 でも寝るときは「冷房」「除湿」どちらがいいの?と悩む方いらっし...

不眠に悩む方におすすめ!睡眠を促す効果的な食べ物とは?

人生の1/3を占めるといわれる睡眠。 仕事などで疲れた脳や体を癒すために必要かつ重要なものであ...

質の良い睡眠のために!摂取する食べ物や飲み物を工夫しよう

みなさんは、毎日しっかり睡眠を取れていますか? ベッドに入っている時間は長いはずなのに、「いつ...

睡眠不足解消!短い時間でも質の良い眠りはとれる?

近年の日本では、忙しさに追われてしまい、睡眠時間が短くなってしまっている方もいるのではないでしょうか...

スポンサーリンク

アロマが気分をリラックスさせるメカニズム

人の身体には交感神経と副交感神経があり、この2つの自律神経がバランスを保ちながら体全体に色々な働きかけをしています。

副交感神経が優位に働いているときは、気持ちが落ち着いてリラックスしているときなので、睡眠に入りやすい状態です。

逆に、交感神経が優位に働いているときは気持ちが興奮し、体をゆっくりと休める状態にはなれません。

つまり、なかなか眠れないときというのは、交感神経が優位に立ち続けているからで、良い睡眠をとるためには入眠前に副交感神経を優位な状態にしておく必要があります。

交感神経による興奮を治め、副交感神経の働きを優位に立たせたいときは、香りで直接脳に働きかける「アロマ」が有効です。

なぜなら、自律神経は脳の奥にある「視床下部」という部分でコントロールされており、アロマは嗅覚を通して視床下部に直接「香りの刺激」を与えることができるからです。

アロマには、落ち込んでしまって元気がないときには気分を上げる方向に働く「高揚作用」と、落ち着いた気分になりたいときに働く「鎮静作用」があります。

アロマの「鎮静作用」をうまく利用して、リラックスした気分で良い睡眠をとりたいですね。

良い睡眠に導くアロマの色々な作用

アロマで使用するアロマオイルは、正式には、精油またはエッセンシャルオイルといい、葉・花・木・根・果皮などの植物から抽出されます。

これらの植物は元来、薬草だったものが多いので、体に効果的な働きがあるとされています。
それでは、アロマの鎮静作用について、くわしくご紹介します。

【リラックス作用】

イライラした気持ちを静めて、心をおだやかにし、リラックスさせる作用があります。
精神的に疲れてしまったときやストレスを感じているときなどに使います。

【誘眠作用】

心地よく眠れるように、興奮を抑えて心を落ち着ける作用があります。
眠れないときや寝つきが悪いときなどに効果があるとされています。

【抗うつ作用】

抑うつ的になってしまった気持ちを、解放する作用があります。
日々の生活で感じているストレスや不安で眠れないこともありますよね。
落ち込んでいるとき、不安感が消えないときなどにお使いの方も多いです。

【自律神経調整作用】

自律神経のバランスを調整し、睡眠前に使用すると副交感神経を優位にする作用があります。
ストレスフルな毎日で乱れてしまった自律神経のバランスを調整したいときに使いましょう。

心と体をリラックスさせ、良い睡眠がとれるおすすめのアロマ

たくさんある種類の中から、気分をリラックスさせて、良い睡眠に導く効果のあるアロマを選ぶことが大切です。

そこで、気分をリラックスさせる効果のある、おすすめのアロマをご紹介します。

【ラベンダー】

ラベンダーは、睡眠に効果があるとされる最も代表的なものです。
鎮静効果が高く、甘い香りで心がほっと安らぎます。
また、品種がたくさんあるので、安眠効果をより期待するのであれば「真正ラベンダー」「ラベンダー・アングスティフォリア」がおすすめです。

【マンダリン】

マンダリンはオレンジの仲間ですが、その香りはみかんに似ています。
日本人には、なじみやすい香りです。
優しい香りなので、寝つきの良くない小さなお子さんにも安心して使えますよ。

【カモミール】

カモミールには「カモミール・ローマン」と「カモミール・ジャーマン」の2種類がありますが、睡眠に効果的なのは「カモミール・ローマン」です。
こちらも優しい香りなので、お子さんと一緒に使えます。

【サンダルウッド】

サンダルウッドはウッディ―な香りで深い鎮静作用があります。
興奮した気分を鎮めるために、深呼吸をしながらその香りを深く吸い込んでみましょう。
トゲトゲした気持ちがだんだん丸くなっていきますよ。

まだまだある!リラックス効果で睡眠に効果的なアロマ

リラックス効果があり睡眠に効果的なアロマは、まだまだあります。

【クラリセージ】

ナッツのような甘い深みのある香りで、精神的なトラブルによる不安や緊張をほぐしてくれる、とされています。
女性特有の悩みである生理痛や更年期障害にも効果があるとも言われています。

【ネロリ】

甘さの中にも苦みがあるビターオレンジの香りです。
ストレスで疲れた心と体を改善してくれるかもしれません。
新陳代謝を促進する働きもあるので、シミやしわ対策にも有効とされています。

【マジョラム・スイート】

ほのかにスパイシーなあたたかい香りです。
自律神経の不調による不眠や食欲不振を改善したり、冷え性やむくみにも効果があるとされています。

【ゼラニウム】

ローズのような香りの中にほのかにミントの香りも感じられる甘くさわやかな香りです。
精神を安定させる効果が期待でき、ミントの香りで気分もすっきりします。

【ローズ】

「香りの女王」といっても過言ではないのがローズです。
上品でエレガントな香りで自信がアップし、ここぞというときに力になってくれることでしょう。

どのアロマがいいのか悩んだら

リラックス効果のある、睡眠に効果的とされているアロマをご紹介しましたが、アロマには種類がたくさんあるので、どの香りにしたらいいのか悩んでしまうかもしれません。

そのようなときは「リラックス効果があるか」「睡眠にいいか」ということはあまり考えずに「この香り、好きだなあ」と思えるものから試してみると良いかもしれません。

効能上、リラックス効果や安眠効果があるといわれているアロマでも、その香りに抵抗がある人にとってはその効果はうまく発揮されないでしょう。

好きな香りだからこそリラックス効果が生まれる、ということです。

他の人はあまり好きではない、といった香りでも、自分がその香りが好きなのであれば、それはあなたにリラックスをもたらすピッタリのアロマといえます。

また、覚醒効果のあるアロマでも、その香りをかぐと落ち着く、という方にとっては、それがリラックスに役立つアロマになります。

香りに関する好みは本当に人それぞれなので、自分にぴったりの香りを実際に試して探し出すのも楽しいですね。

アロマは、植物のパワーを凝縮した自然の香りです。
そのパワーを有効に取り入れたいですね。

アロマの効果的な使い方

お気に入りのアロマが見つかったら、実際に使ってみましょう。
リラックス効果で良い睡眠がとれるようなアロマの使い方をご紹介しますので、試してみてくださいね。

【スプレーでシュッと】

一番お手軽な方法は、スプレー容器にアロマオイルを入れて、カーテンやベッドなどにシュッと吹きかけることです。
一瞬でお部屋が良い香りに包まれます。

【アロマライト】

専用のアロマライトを使うのもおすすめです。
持っていない方は、ティーカップなどにお湯を入れ、そこにアロマオイルを1~2滴垂らしてお部屋に置いておくのもおすすめです。

【マッサージ】

睡眠の15分位前に、首や肩、手や足など疲れを感じている部分をアロマオイルを使ってゆっくりとマッサージしてみましょう。
アロマの香りで心も体もリラックスできますよ。
オイルは直接体に塗ると刺激が強すぎるため、植物性のオイルと混ぜて使ってくださいね。

【バスタイムにも】

アロマをよく使っている方から最も効果が高いとされているのが、バスタイムにアロマを使う方法です。
使用方法は、39℃~41℃位のぬるめのお湯に3滴ほど垂らします。
ちなみに、睡眠のことを考えると、入浴は寝る直前か、2~3時間前が効果的のようです。

アロマでリラックスできる空間を作り良い睡眠をとろう

忙しくストレスの多い毎日を過ごしていて心と体が疲れてしまったら、ぜひ、アロマの力を借りてリラックスした時間を過ごしてみましょう。

お気に入りの香りにつつまれて、ぐっすりと良い睡眠がとれると、気持ちのいい朝を迎えられますよね。

あなたのお気に入りのアロマを探してみてくださいね。

 - 睡眠