布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

アロマオイルのグレープフルーツの香りで良質な睡眠を得る

2017.12.17

不眠症で悩んでいるなら、アロマオイルを使ってみませんか?

現代社会はストレスが多くあり、体は疲れているのになかなか寝付けない、熟睡できないと悩んでいる人も多くいます。

睡眠が不十分だと疲労は溜まる一方です。

アロマオイルの中でも、おすすめなのはグレープフルーツの香りです。

ここでは、アロマオイルの香りの効果についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

良質な睡眠を得る!眠れない夜にはヒーリング音楽がおすすめ

「疲れているのに眠れない」 「次の日朝早いのに眠れない」 このようなことは、よくありますよね...

心地良い睡眠を誘うおすすめのアロマブレンドを使おう

人間の3大欲求のひとつである睡眠は、決して軽視できないものです。 睡眠が浅かったり、不眠状態が...

赤ちゃんの睡眠を妨げる咳!原因と対処はあるの?

赤ちゃんが咳をしていると心配になりますよね。 特に夜間、睡眠時になると、咳はひどくなる傾向...

杉フローリングにおすすめなワックスは?無垢材のお手入れ法

今回ご紹介する杉フローリングには、様々な効果があります。 なぜ杉をおすすめするのか、その理由と...

すっきりした睡眠がとれない!効果的な飲み物ってあるの?

短い時間でもすっきりと目覚めるような良質の睡眠を取りたい! このようなことは、誰でも望むことで...

私たちが睡眠時間を確保するためにはどうしたらいいのか?

厚生労働省が2000年に『保健福祉動向調査』で国民の「睡眠の充足度」について調査したところ、約30%...

睡眠の質を知ると生活が変わる?睡眠計測器紹介と選び方!

最近は、睡眠計測器などを使って、自分の睡眠の内容を理解している人が増えているのではないでしょうか。 ...

湯たんぽの効果で睡眠の質が上がる?人気の湯たんぽ紹介!

冬の寒い日は、手足が冷たくなりがちです。 特に、睡眠時では、足が冷たいままだとなかなか寝つけま...

マンションの換気扇ダクトの定期点検・清掃が必要な理由は?

マンションには「換気扇ダクト」というものが設備されています。 普段、あまり気にしたことはあり...

お布団の中で見る夢、なぜ人は夢を見る?夢占いは当たるの?

お布団の中で、すやすやと眠っている時に見る夢。 人はなぜ夢を見るのでしょうか? 脳の動きに理...

寝るときに音楽を聴くと良く眠れる?クラシックは?

寝るときに音楽を聴くといい・・・そんなお話を聞いたことはありませんか? 実はこれ、本当のことな...

大阪は暑い?過去最高気温ってどこ?熱帯夜の安眠のコツは?

西日本一の都会である大阪ですが、他の地域と比べて気温が高いのでしょうか。 大阪は、日本の過去最...

勉強の効率をあげる秘策!勉強前に睡眠をとる方法とは?

睡眠時間を削って、夜遅くまで勉強したのに、翌日になって「勉強した内容が全然頭に入っていない」とい...

掃除のやる気が出ないとき効果的な方法!音楽は関係ある!?

掃除が苦手だって人は、実は驚くほど多いのです。 しかし、掃除をしていない、散らかった、ホコリまみれ...

旅行前などの緊張による吐き気。睡眠の質が関係している!?

旅行前に吐き気を催す人は中にはいると思います。 なぜ旅行前に吐き気を催すのか?? それは不安や心...

スポンサーリンク

アロマオイルは睡眠と心に優しい

アロマオイルを使うことで、心がほぐれたり睡眠が誘われたりすることがあります。
このアロマオイルを使って行う療法は、「アロマテラピー」といわれ、自然療法になります。

植物の花や葉、樹脂から取れる香りの高い精油を、気になる症状に合わせて使うことで、悩みを緩和することができると言われているのです。

実際には、薬ではないですが、心と体を健やかに保つ働きがあると考えられています。

そして、アロマテラピーはここ最近よく耳にするようになった言葉だとお思いの方もいるかと思いますが、実はとても古くからおこなれている療法なのです。

4000年以上前から利用されていた、という文献も残っています。

このアロマテラピーでは、それぞれの植物のオイルによって効果が変わってきます。

多くの場合、ストレスを解消し、落ち込んだ気分を明るくしてくれる作用や、興奮しすぎた気分を落ち着かせてくれるといった作用をもたらせてくれます。

そして、目的にあったアロマオイルを利用することで、眠りを誘ったり、朝の目覚めを要してくれる作用があるものもあります。

では、グレープフルーツのアロマオイルにどんな効果があるのか見ていきましょう。

アロマオイルのグレープフルーツは睡眠に良い

アロマオイルのグレープフルーツの香りは、甘い香りの中にほんのりと苦い香りがあり、人気の高いアロマオイルです。

このグレープフルーツの香りには、「欲求不満を解消する」「イライラを解消する」「怒りを鎮める」などの働きがあります。

そのため、イライラが募って、感情が高ぶっている時に効果的です。

また、睡眠にも良いといわれています。
不眠気味の場合、グレープフルーツの香りのアロマオイルを使うと良いでしょう。

さらにグレープフルーツ香りは、興奮気味の脳に働きかけを行うと、高ぶっていた神経が収まりリラックスするといわれています。

そのため、ストレスを軽減できるといわれているのです。

このように香りを上手に使って脳を刺激すれば、気持ちもコントロールすることができるようになってくるでしょう。

思ったような熟睡ができずに悩んでいるなら、グレープフルーツの香りを寝室に使ってみることをおすすめします。

アロマオイルのグレープフルーツは睡眠を邪魔するという噂も

なかには、アロマオイルのグレープフルーツの香りが睡眠に良いと言われて購入したのに、寝付きが良くならないなどと言う意見の人もいます。

この原因は、もしかすると「アロマオイルを付けすぎている」という可能性も考えられます。

グレープフルーツの香りは、神経の高ぶりを抑えて良質な睡眠を得る手助けをしてくれます。

しかし、この香りを使うことによって、睡眠が邪魔をされるのであれば、濃度が濃すぎることが第一に考えられるでしょう。

アロマオイルを就寝時に使う時には、普段よりも薄めて使います。
薄めて使うことによって、精神的なバランスを取るサポートをしてくれるのです。

また、グレープフルーツの香りが元々好きではない人は、良質な睡眠の効果を得ることができないかもしれません。

安眠に良いと言われるアロマオイルでも、人によって好みは別れます。

柑橘系の香りが苦手な場合、グレープフルーツの香りを嗅いでも良い香りとは感じませんし、苦手意識が強いと期待する効果も感じられないでしょう。

睡眠の効果を得たいのであれば、苦手なアロマオイルの香りを選ばず、眠りに就くのを邪魔しない香りを選ぶことも重要になってきます。

グレープフルーツ以外に睡眠に良い効果をもたらすアロマオイル

アロマオイルの中でグレープフルーツの香りは睡眠を助けてくれる効果があるとお伝えしましたが、香りが苦手という方もいるでしょう。

そこで、ほかにも良質な睡眠をサポートしてくれるアロマオイルがありますので、ご紹介します。

◎ラベンダー
ラベンダーは、リラックス効果をもたらしてくれる香りです。
爽やかでフローラルな香りが安眠を誘います。

◎オレンジ・スイート
オレンジ・スイートは、柑橘系のスイートな香りです。
この香りに包まれるとパッと明るい気分にしてくれます。

そして、ぐっすり眠りたい時におすすめの香りです。
他にも食欲がない時に香りを嗅ぐと、食欲が出るという効果もあります。

◎カモミール・ローマン
カモミール・ローマンは、青リンゴのような甘い香りです。
精神的にダメージがある時に、この香りを嗅ぐことでリラックス感を得ることができるでしょう。

◎クラリセージ
クラリセージは、ほんのりと甘さのある香りです。
不安が大きい時や、緊張感が大きく精神的にバランスを崩している時におすすめです。

◎マジョラム・スイート
マジョラム・スイートは、かすかにスパイシーさを感じる香りです。
不眠や、食欲不振の時に使うと良いです。

睡眠は心身の疲れを癒して、明日に備えるために必要なことです。
睡眠が足りなければ、元気に動き回ることもできません。

安眠や不眠におすすめのアロマオイルを使って、良質な睡眠が取れる工夫をしましょう。

睡眠を誘うためのアロマオイルの正しい使い方

アロマオイルを使ったことがない人や、何となく分かっている人でも、正しいやり方ができるか不安だという人も多いでしょう。

ここでは良質な睡眠を取るために、グレープフルーツのなどのアロマオイルを使う人に対して、正しい使い方を伝授します。

まず勘違いしないで頂きたいのが、アロマオイルは直接肌に付ける物ではないということです。
何か他の物に染み込ませて使います。

基本的には小さい遮光瓶に入っていますから、「ハンカチ・ティッシュペーパー・コットン・寝具」などに1~2滴落とします。

1~2滴であっても、十分香りが拡散されるので、部屋の中にいるとアロマオイルの香りを楽しむことができます。

そして、遮光瓶に入っているアロマオイルは、原液です。

そのため、寝具やハンカチにつけた時に、シミになる場合もあります。
使う布には気を付けてください。

また、枕に振りかけて就寝すると、枕から強い香りが出て睡眠の邪魔になることもあります。
ほんのりと香る程度にしたい場合は、枕の裏側にアロマオイルを付けると良いです。

アロマオイルの香りを就寝時に使うおすすめの方法

就寝時の睡眠を誘ったり、良質な睡眠を取るために、さらにおすすめな方法があります。

先ほどもお話しましたが、アロマオイルを寝具や枕に触接振りかけて使うと、シミが付く恐れもあります。
また、寝具には香りを付けたくないという人もいるでしょう。

そのような時は、アロマランプやアロマ加湿器、ディフューザーを使いましょう。

◎アロマランプ
電球の熱で精油を温めて香りを拡散させていきます。
使う時には、アロマランプの受け皿にアロマオイルを4~5滴落として使います。

器具によっては使い方が異なりますし、お湯か水かを入れてから精油をいれる場合もあるので、それぞれの説明書をよく読んで使ってください。

アロマランプは、精油がなくてもそのままルームライトとして使うこともできますから、1つあれば便利です。

◎アロマ加湿器
加湿器にアロマオイルを垂らして使います。

加湿器としての機能もあるので、乾燥を防ぎながら良い香りが広がっていくので冬場には大いに活躍をしてくれます。

◎ディフューザー
グレープフルーツなどのアロマオイルの香りの微粒子を、空気中に拡散させます。
また、電気式なので火事になる心配もありません。

アロマオイルのグレープフルーツの香りは睡眠を誘発してくれる働きがある

アロマオイルは、気持ちを緩和したりリラックスする効果があります。

グレープフルーツの香りには心を落ち着かせ睡眠を誘う効果があるので、就寝時に使えば不眠の悩みが解消できるでしょう。

ただし、眠りの邪魔にならないように、アロマオイルの付けすぎには注意してください。

 - 睡眠