布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

100vのコンセントを200vに変えると海外製の家電も使える!

2017.12.16

最近、家電量販店には、200vの電気を使うパワフルな家電製品が並んでいます。

また、外国では、200v仕様の大型の家電製品が普通に使われています。

そして、エアコンや洗濯機、IH調理器など、100vの家電ではできないことでも、200vのパワーのある家電ならできることがたくさんあります。

そんな200vの家電製品を使ってみませんか。

今回は、200vの家電製品を使うために必要な配電盤やコンセントの工事について、ご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

鍵を部屋に取り付けたい!簡単に付けられる方法ってある?

部屋に鍵を取り付けたいと思ったことはありませんか? 防犯上の心配や、お年頃になったお子さんから...

コンクリートに開いたネジ穴、その補修方法って知ってる?

賃貸でも持ち家でも、普通に暮らしていると壁に色々飾ったりしますよね。 壁掛け時計、絵画、ポ...

お布団を収納するインテリア!お部屋を綺麗に見せるには?

寝る時にベッドではなくお布団を使用していると、収納場所に悩むことが多くあります。 特に、洋間の...

家の窓から隙間風が入ってくる時に100均で使える防止グッズ

どこからともなく冷たい風が吹いてくる・・・。 窓やドアが開いている? いや、閉まっている・・...

収納に便利なメタルラックの簡単な分解方法とは?

自宅や職場などでよく見かけるメタルラック。 見せる収納でお部屋をお洒落にコーディネートしたり、...

シーリングライトの設置!壁スイッチなしの部屋でも使える?

最近では、寝室として使う和室にも、シーリングライトを付ける家庭が多くなっているようです。 しか...

キッチンカウンターの用途は食事?作業?上手な活用法とは!

ダイニングやリビングを見渡すことのできる対面式のキッチンは憧れますね。 最近では、そんな対面式...

エアコンを設置するには注意が必要!?壁などを事前チェック

エアコンの設置する場所に悩む方は多いと思います。 基本的には、壁に取り付けると思いますが、どの位置...

ベランダに洗濯機を置いて使う時には、専用の台が必要なのか?

基本的に家のベランダは洗濯ものや布団干しなどに使うのが当たり前ですが、マンションなど屋内に洗濯機が置...

ベランダにしか洗濯機を設置できない!どんな点に注意する?

お洗濯やお掃除などいろんな家事がありますが、その中でもお洗濯は、頻度こそ、ご家庭によって異なりま...

冷蔵庫のへこみ対策にマットは必要?おすすめのマットは?

冷蔵庫の下にマットは敷いていますか? 床のへこみ対策のために敷いている方もいらっしゃいますが、...

60wの電球はトイレに丁度良い?トイレに適した明るさは?

トイレでご使用している電球が何wか、意識されたことはありますか? 賃貸住宅であれば、元々電球が...

日本のトイレは世界一?外国人から見た、きれい好きな日本人

私達、日本人が当たり前のように使っているトイレ。 しかし、この日本のトイレが、とてもきれい...

100vのコンセントで使用可能な容量とは?電力について知ろう

100vのコンセントの容量は、どれくらいなのでしょうか? 世界各国で電力の容量は異なっており、...

フィギュアの台座が破損した場合の対処法と台座の重要性

自分の好きなキャラクターや怪獣などをいつも近くに置いておけるフィギュア。 ファンにとっては、コレク...

スポンサーリンク

200vの家電製品には専用コンセントが必要

家電量販店に行くと、1000wを超えるようなパワフルな家電製品が目に付きます。

広い部屋でも冷房と暖房とができるクーラーや、毛布1枚を丸ごと洗えて乾燥までできる大型洗濯機、さらに強火もできるIH調理器など、快適な生活を約束してくれる製品が並んでいます。

外国製の大型の家電製品は、容量が大きかったりパワフルだったりしますが、その割に意外と価格が安いのがメリットです。

しかし、その場合、日本の一般的な100vのコンセントでは使えません。

外国では200vから240vのコンセントが使われているので、それに合わせて200vのコンセントを用意する必要があるのです。

1000wを超えるパワフルな家電製品を動かすには、100vでは流れる電流が大きくなりすぎ、コンセントから火災が発生する危険すらあります。

しかし、200vを使うことで、同じ電流なら2倍のパワーが得られます。

そのため、パワフルな家電製品を使う場合は、200vのコンセントが必要なのです。

100vと200vで契約の違いはあるの?

ですが、いざ200vの家電製品を購入しようとした場合、自宅で200vが使えるかが心配になるのではないでしょうか。

安心してください。

最近新築した家なら、電力会社との契約を変更しなくとも、200vが利用できます。
ただし、既に敷設された100vの配線は利用できません。

新たに、200vの配線工事が必要になります。

実は、電力会社が敷設する電線で送れる電力は決まっています。

大抵は、変電所で作られた電気が、電柱に支えられた電線を経由して各家庭に送られます。
変電所で作れる電気の量は決まっており、急に使う電気の量が増えても対応できません。

その電気の量を超えないように、電力会社は各家庭と契約を結びます。

そのため、電気を多く使う家は高い金額で契約し、少なくて済む家は安い金額で契約するのです。

そこに、100vか200vの違いはありません。
利用する電力の量によって金額は決まります。

なお、100vの家電製品から200vの家電製品に変えた場合は、使う電力が増えます。
もし、200vの家電製品を購入してコンセントを増やすとしたら、使う電力が増える可能性が高くなります。

それを見越して、電力会社との契約を見直すのはいいことです。

便利で豊かな生活を送るには、家電製品は必需品です。
今、どれだけの家電製品を使っているのか、ぜひ、確認してみてください。

100vとは別に200vの配線工事が必要

最近建てられた家では、外の電柱から「単相3線式」の電線が引き込まれています。

この単相3線式とは、3本の電線にそれぞれ交流100vの電気を流す方法です。

そして、その3本の電線は、100v、0v、-100vの関係にあり、100vと0v、0vと-100vの2組の100vの電気が作られます。

これが家の中で各部屋のコンセントまで配線されて、100vの電気として利用されているのです。

そして、配電盤の中で使われていない100vと-100vの2本を使えば、200vの電気も作れます。

そのため、200vの家電製品を使う場合、まずは配電盤を改造します。
この際、新たに200v専用のブレーカーを追加するのが普通です。

そして、200vの家電製品を利用する場所まで、新たに電線を配線します。

分電盤に200vのブレーカーを設置して、家電製品を使う部屋まで配線する工事には、ブレーカーや電線などの材料費がかかります。

そのため、電気工事士の作業費と合わせて20,000円以上かかります。

なお、エアコンなどの工事と合わせて行うと、お店によっては割引が受けられることもあります。
ぜひ、相談してみてください。

200vのコンセントの形

コンセントは、その家電機器の消費電力に合った形のものがつけられています。
そのため、日本で使われている200vのコンセントは、100vのコンセントとは全く違う形をしています。

ですので、間違っても、200vのコンセントに100vの家電製品を繋ぐことはできません。

また、100vのコンセントは、使える電力が大きくなると、コンセントの形が変わります。
同じように、200vのコンセントでも、使える電力によって形が変わります。

そして、200vのパワフルな家電製品といっても、例えばエアコンなら8畳用と12畳用では、消費電力が違います。

ですので、もしエアコンを買い換える場合は、お店で、コンセントの形が今までと同じ形かを確認しておきましょう。

なお、200vの家電製品を購入して設置する際に、同時に電気工事も行う場合は、家電製品に合ったコンセントの取り付けを依頼できます。

もし、既にある200vのコンセントが合わない場合は、取り換え工事が必要です。
あらかじめ、既にあるコンセントの形を確認しておきましょう。

同じ200vでも三相200vは別もの

前でもご紹介したとおり、電柱から一般家庭に引き込まれているのは単相3線式の電線です。
そして、単相3線式から配電盤で単相100vと単相200vが引き出され、コンセントに繋がっています。

この他に、三相3線式の200vの電気が使われています。

これは、業務用の強力な空調機や給水ポンプなどの動力源として使われており、動力電源とも呼ばれています。

電気を効率よく伝搬し、強力なパワーを生み出す業務用の交流三相モーターなどで使われる電気です。

三相3線式では、3本の電線を使って、効率よく電力を送る仕組みが利用されており、電力会社では、一般家庭用とは別に配線しています。

もし、三相3線式の装置を使う場合は、一般家庭用とは別の動力機器を使う契約を結ばなければなりません。

さらに、業務用の配線工事となると一般家庭用と同じ、という訳にはいきません。
そのため、電気工事業者と相談して、安全に配慮した工事を行う必要があります。

100vのコンセントで200vの家電製品を使うには

消費電力の大きな家電製品を使うには、配電盤から200vの電線を引いて、コンセントを設置する電気工事が必要です。

しかし、使用電力が小さい家電製品で200vが必要な場合は、わざわざ配電盤から配線して専用のコンセントを設置するのは面倒です。

その場合、電圧を変換する装置を使えば、既存の100vのコンセントが使えるかもしれません。

輸入した家電製品など、外国仕様の200vから240vで動作する家電製品を100vのコンセントで利用するには、昇圧変圧器が使えます。

昇圧変圧器は、アップトランスとも呼ばれており、使える消費電力によっても値段が違います。
アマゾンなどのインターネットサイトでも購入でき、容量が小さいタイプなら5,000円程度で購入できます。

しかし、外国製の家電製品には、消費電力が大きいものもあるので、昇圧変圧器を使う際には注意が必要です。

オーディオやAV機器など比較的商品電力が少ない製品には使えますが、調理器具などの消費電力の大きな製品に使うと故障の原因になります。

ですので、使いたい家電製品の消費電力を確認してから購入しましょう。

200vのコンセントを取り付けて豊かな生活を

日本の家庭で一般的な100vの電圧は、世界ではかなり低い電圧です。

電圧が低いと、パワーのある家電製品は使えません。

ですが、今の家は、簡単な工事で200vのコンセントが取り付けられます。

200vのコンセントを取り付け、外国で使われているようなパワフルな家電製品で、生活を豊かにしてみてはいかがでしょうか。

 - コンセント, 生活