布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

ワイドハイターの使い方!柔軟剤と一緒に使っても大丈夫?

2017.11.20

ワイドハイターは漂白剤とはいえ酸素系のため、白いものは白く、色柄ものもすっきりときれいに洗い上げてくれます。

お洗濯をするとき、とても重宝しますね。

その上、雑菌の繁殖も防いでくれます。

お天気の悪い日が続いたときの部屋干しの際、臭い防止の強い味方にもなってくれます。
ただ案外、その使い方がよくわからない、という方も多いようです。

そこで、柔軟剤と一緒に使ってもいいのかどうかをはじめとして、ワイドハイターの使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

汚れやすいキッチンは「除菌スプレー」で清潔に保とう!

毎日使うキッチンや流し台は、知らない間に菌が増殖しているかもしれません。 さらに、まな板や包丁...

女の子も部屋にフィギュアを飾ろう!飾り方のコツはある?

すでにフィギュアを持っている方や、フィギュアを購入して部屋に飾りたいと思う人は多いはずです。 ...

鍵を部屋に取り付けたい!簡単に付けられる方法ってある?

部屋に鍵を取り付けたいと思ったことはありませんか? 防犯上の心配や、お年頃になったお子さんから...

インテリア選びに活用!最新式の3Dシミュレーション!

VRやARという言葉を耳にする機会は、徐々に増えてきつつあります。 我々の生活を豊かにしてくれ...

電球は100Vより110Vの方が経済的?白熱電球の存在意義

電球は100Vより110Vの方が経済的だといわれていますが、本当にそうなのでしょうか。 ...

納得!家の階段の寸法は安全を考え計算されていた!

いつも何気なく上り下りしている家の階段は、うっかり踏み外したりしない限りは、落ちたりすることはありま...

フィギュアの組み立て!台座に入らないときはどう対処する?

多くの方が組み立てたことがあるであろうフィギュアですが、たまに台座に「入らない」「届かない」なんてこ...

部屋のアレンジにも使える?!マスキングテープの活用法!

最近、よくマスキングテープを目にする機会が多いのではないでしょうか? 種類が多く、可愛いものか...

led電球が点滅し始めたら故障のサイン!その原因とは?

led電球は、白熱電球に比べれば消費電力が低く、寿命も長いのが特徴です。 確かに、白熱電球のよ...

物が多い高校生の勉強机をスッキリキレイに整理する方法

高校生にもなると、雑多な物もいろいろと増えて、どうしても勉強机の上がゴチャゴチャになりがちですよね。...

電球の様子がいつもと違う?接触が悪い時の改善方法とは

普段何気なく使っている電気ですが、突然つかなくなったりすることありますよね。 そんな時、新...

おすすめキッチン家電!結婚祝いやご両親へのプレゼントに!

大切な方へのプレゼント選びは楽しいものですが、それと同時にかなり悩むものですね。 そんなときに...

自分の部屋が6畳だった場合に置く物のサイズと必要な物とは

引っ越しや新築を建てた時、親に初めて自分のお部屋をもらった時などは、何を置こうか色々考え、楽しい...

インテリアでカーテンは重要?グリーンで癒しの空間を作ろう

お部屋のインテリアを考える時に、まずどんな家具を置こうかと迷う方が多いですよね。 しかし、お部...

ワイヤーネットで棚を作る時に気をつけたい耐荷重のこと

100円均一などで安く買えるワイヤーネットを使って、棚や収納などを作る人が増えています。 ...

スポンサーリンク

ワイドハイターと柔軟剤を入れるタイミング

「ワイドハイターと柔軟剤は一緒に使うと効果がないんじゃないか?」と思って、同時に使用することをためらっている方もいるようです。

本当にそうでしょうか?

結論からいうと、ワイドハイターと柔軟剤は一緒に使えます。
ただし、投入のタイミングに注意しましょう。

ワイドハイターを使用して除菌や漂白をした後、しっかりとすすいでから、つまり、ワイドハイター成分を洗い流した後に柔軟剤を使用すれば大丈夫なのです。

ワイドハイターと柔軟剤を同時に入れて両方を混ぜ合わせてしまうと、やはり、せっかくの漂白効果や柔軟効果は、損なわれてしまいます。

ちなみに、洗濯機に付いている漂白剤投入口と、柔軟剤投入口を間違えないで入れれば、自動的に投入時間差ができるため、大丈夫ですよ。

投入口がない洗濯機をお使いの方は、まず、洗濯洗剤と同時にワイドハイターを入れて洗います。
そして、すすぎの水が澄んできれいになってきたら柔軟剤を入れる、という使い方であればOKです。

ワイドハイターの液体タイプの効果と使い方・粉末タイプとの違い

ワイドハイターには、液体タイプと粉末タイプがあります。
実は、このふたつは、使い方が違うのです。

まず、液体タイプのワイドハイターですが、雑菌臭がこびりつく前、つまり、予防的に使用するものです。

いいお天気が続いて、毎日ちゃんとお洗濯ができたとしても、皮脂や汗はタオルや衣類に残ってしまうものです。

その汚れが蓄積されることで、黄ばみや臭いにつながってきます。

日々のお洗濯のとき、液体のワイドハイターを洗濯洗剤と一緒に使用することで、汚れに含まれる雑菌を蓄積させないための予防ができるのです。

夏場は毎日、冬場は2、3日に一度の使用が適切です。

液体タイプのワイドハイターは、洗濯洗剤と一緒に投入することで、化学反応を起こして漂白効果が増すようになっています。

もし、黄ばみが気になる箇所がある場合は、衣類の気になるところに直接つけて、すぐ洗濯洗剤・柔軟剤を入れた洗濯機でお洗濯するだけでOKです。

液体タイプは衣類につけやすいので、シミや黄ばみの箇所に直接つけ置きする、と勘違いしている人が多いようです。

でも、それでは化学反応が起こらず効果が見込まれません。
液体のワイドハイターはつけ置きする必要はないのです。

お天気がいい日は、洗濯物もすっきり乾いてくれますが、雨の日、部屋干しをすると、嫌な部屋干し臭がすることが多いですよね。

そういうときには粉末タイプのワイドハイターを使用することで、臭いを予防してくれます。
実は、粉末タイプのほうが、液体タイプより除菌力や漂白力が強いのです。

粉末タイプは液体タイプと違い、予防ではなく、重点的に落としたい汚れがあるときに使います。
詳しくは後ほどご説明します。

ワイドハイターと柔軟剤の使い方!用量を守ることが大切

粉末タイプのワイドハイターは、液体タイプより洗浄力が強くできています。

また、液体と違って、つけ置き洗いすることで、気になるシミや黄ばみをとってくれる効果が期待できます。

そして、もちろん洗濯機に入れて使用することもできます。
その場合は、粉末漂白剤投入口に入れて使用してください。

ただ、粉末タイプは溶け残りが心配なときがあります。
冬場の冷たい水でのお洗濯のときなどは、容器に入れて、ぬるま湯で溶かしてから使用したほうが安心です。

また、液体タイプも粉末タイプも、使用に際しての用量を守り、入れ過ぎには注意しましょう。

ちなみに、柔軟剤は液体でできているものがほとんどなので、溶け残りの心配はほぼありません。
ただ、昨今、柔軟剤の匂いが強すぎる、ということも問題になりつつあるようです。
用量・使い方を守って使い過ぎには注意しましょう。

ワイドハイター粉末タイプの使い方!柔軟剤と一緒に

漂白剤には塩素系と酸素系があります。

容器には「まぜるな危険」と書かれているとおり、このふたつを混ぜると死に至るほどの、とても有毒なガスが発生してしまいます。

くれぐれも使い方には気をつけていただきたいです。

また、塩素系は色柄ものには使えません。
白物専用になっています。

その点、ワイドハイターは酸素系なので、色柄ものでも安心して使えます。

食べこぼしなどのシミとりをしたいときは、洗濯洗剤なしでも効果を発揮できるワイドハイターの粉末タイプを使ってつけ置きをするといいです。

ただし、酸素系とはいえ、繊維への負担はあります。
つけ置く時間は30分以内にとどめ、衣類に直接つけて放置はしないように気をつけましょう。

そして、つけ置き洗いには、冷たい水で使用しても効果があまりありません。
ぬるま湯、できれば40度以上のお湯を使用したほうが、ワイドハイターの効果が増します。

しかし、あまり熱いお湯を使うと、漂白作用が効きすぎて、衣類を傷めることにつながります。
熱いお湯自体も衣類を傷めることにつながりますので、ほどほどにとどめておきましょう。

一方、柔軟剤は衣類の繊維の表面を保護してくれて、柔らかな風合いに仕上げてくれます。
ワイドハイターなどの漂白剤を使用してお洗濯をする場合は、すすぎのときに一緒に使いたいものです。

ワイドハイターの使い方!金属や金具には使用できない

ワイドハイターはウールやシルクなど以外の衣類には、だいたい使用できます。

ワイドハイターの容器の使い方のところには、使用できる布の種類の他に、金具やファスナーなどの金属類には使えない旨の記載があります。

金属と漂白成分との化学反応で、漂白力が発揮できなかったり、金属類のサビの元になるようです。

衣類のファスナーや金具がサビてしまうと、お洗濯のときに他の衣類にサビがついてしまったり、普段着用していても他のところが汚れてしまいますよね。

サビ汚れは一度ついてしまうと、とても頑固で、落とすのに苦労するものです。

金属が付いた衣類にワイドハイターを使いたいときは、汚れている箇所だけにワイドハイターをつけ、手洗いをするといいですね。

また、金属ではなくても、おしゃれで繊細なボタンやレース使いの衣類などにワイドハイターを使用するときは、手洗いで、柔軟剤を入れるほうが安心です。

ワイドハイターは便利!カーペットやソファーの汚れにも

ワイドハイターは衣類だけに効果があるわけではありません。
たとえば、カーペットやソファーに牛乳やコーヒーをこぼした、というときにもひと役買ってくれます。

使い方ですが、少し熱め(40度くらい)のお湯を洗面器半分くらいまで張ります。
そこへ、ワイドハイターの粉末タイプを大さじ2杯程度入れて、よく溶かします。

そして、その液をつけたタオルを軽く絞って、汚れた部分を拭きます。

濡れたまま、1時間程度、乾くまで放置してください。
冬場は乾きにくいので、放置する時間をもう少し延ばします。

乾いたら、水ぶきとカラ拭きを何度か繰り返します。

最後に、こぼしたものの臭いが残っているかどうかを確かめて、大丈夫なようならOKです。

もし、小さなカーペットで肌ざわりが気になるなら、汚れが落ちた後にお洗濯して、お気に入りの柔軟剤でいい香りにしてあげましょう。

ワイドハイターと柔軟剤、両方で大切な衣類を清潔に保とう

ワイドハイターと柔軟剤は投入のタイミングを変えれば、それぞれの効果をしっかりと発揮します。

ワイドハイターで除菌・漂白をして、すすぎの水がきれいになったところに柔軟剤を使用しましょう。
そうすることで、衣類を清潔に、風合いを長く維持することにつながります。

 - 生活