油圧式の椅子の寿命は?目安と修理方法を徹底解説!

油圧式の椅子はオフィスや学校など、幅広い場所で活躍する今では、使ったことない人はいないと言っても過言ではないものですよね。

私達が生活していくうえで、欠かせない油圧式の椅子ですが、椅子にも寿命があります。

では、その寿命はどれくらいなのでしょうか?

また、寿命の目安と修理する方法はあるのでしょうか?

徹底的に解説していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カーテンをおしゃれに遮光!おすすめの遮光カーテンも紹介

遮光カーテンと明記されていないカーテンも、閉じることである程度外からの光を遮断できますが、遮光カ...

インテリアコーディネートの極意!テレビボードにこだわろう

今や、生活に欠かすことのできない存在となっているテレビですが、どのような場所に配置されていますか?...

タバコのにおいを消したい!お部屋の換気や掃除で消臭

タバコを吸う人にはわからないことの多い、タバコのにおいですが、吸わない人にはよくわかるものです。...

インテリアとしてグリーンを吊るす!気軽に始める植物生活

インテリアとしてグリーンを吊るしてみませんか?グリーンを吊るすと場所を取りません。...

カーテンも安い!ニトリの「お値段以上」を実感!安さの理由

マイホームの購入、一人暮らし、ルームシェア、同棲、様々な場面で住まいに必要不可欠なカーテン。...

部屋のインテリア使いでおしゃれ度アップ!ポスターの飾り方

おしゃれな部屋にはよく、ポスターが飾ってありますね。ポスターは、部屋を簡単にセンスアップ...

ダイニングテーブルに、こたつを取り付けるメリットは?

一般的なこたつといえば、座卓タイプで床にそのまま直接座るタイプです。座卓タイプのこたつは気持ちよ...

インテリアの小物使いで、安いものも安く見せないテクニック

おしゃれなインテリアを目指したいけれど、お金はあまりかけたくないと思っている人は多いのではないで...

カーテンは通販で購入!おしゃれなおすすめカーテンを紹介

カーテンは、お部屋の中で大きな面積を占めるため、そのデザインにはこだわりたいところです。また...

インテリアに便利!布天井でお洒落な空間を演出しよう!

お部屋のインテリアが「どこかイマイチ…」そんなときは、天井に着目してみましょう。天井のインテ...

ベッドサイドランプはこれで決まり!私だけのおしゃれ空間!

ベッドサイドのランプは、心を落ち着かせ、眠気を誘い、心地よい時間をつくってくれるアイテムの1つと言え...

キッチンの引き出しを整理するには?簡単に使いやすく変身!

キッチンの引き出しは美しく整理できていますか?見える場所はキレイにしてあっても、引き出しを開...

6畳のインテリアコーディネート術!こたつを置く場合は?

6畳程度のお部屋で暮らしていると、どうしても空間が狭く感じてしまうことが多いですよね。冬...

安心!快適!布団クリーナー「ひなた」でダニとさようなら!

鼻炎や喘息、皮膚炎などアレルギー疾患の患者数は年々増加し、大きな要因は「ダニ」とされています。...

ダウンライトで雰囲気UP!ledにすれば電気代は安くなるの?

天井に埋め込まれたダウンライト、とてもおしゃれで素敵ですよね。最近では、新築時にダウンライト...

スポンサーリンク

油圧式の椅子の寿命はどれくらい?

私達の生活の中で、欠かせないものとなっている油圧式の椅子ですが、寿命なんてないと思われている人が多いのではないでしょうか。

実は、油圧式の椅子にも寿命はあります。
では、寿命はどれくらいなのでしょうか?

油圧式の椅子は、過剰に大切に使用していれば、半永久的な寿命を持っています。

もちろん耐荷重以内で使用し、優しく座ったり、揺らさずに正しい姿勢をしていれば、半永久的な寿命を得る事ができます。

ですが、やはり椅子に毎日気を使っているわけにもいきませんよね。

・疲れて思わず乱暴に座る
・貧乏ゆすり
・背もたれに背中を預けてゆらゆら
・椅子の上で胡座をかく

など、実際は、優しく使っている方のほうが珍しいくらいです。
このような使い方をしていると、油圧式と座面のジョイント部や、支柱が壊れてしまいます。

最短でも2~3年、長くて10~30年くらいが寿命だと頭に入れておきましょう。

油圧式以外にもガス圧式という椅子がある。その寿命は?

現在、オフィスや学校などで使われているオフィスチェアには、油圧式とガス圧式があるのをご存知ですか?

油圧式と、ガス圧式は、どういう違いがあるのでしょうか?
また、寿命に差はあるのでしょうか?

<油圧式>

油圧式の椅子の寿命は、最短で2~3年、最長で10~30年と先ほどお伝えしました。
ガス圧式の登場で、以前よりも販売台数が少なくなっており、壊れた際に修理できない可能性があります。

<ガス圧式>

ガス圧式の寿命は、長くて5~10年と言われています。
値段も安価で販売台数が多いので購入がしやすく、また、保証も効くので修理がしやすいという事があります。

油圧式は、ガス圧式よりも値段は高いですが、寿命年数が長いことがメリットです。
ガス圧式は、油圧式よりも安価で購入しやすく、修理も自分ですることができます。

この2つの違いを見比べて、どちらが自分に合うのか、よく検討して購入すると良いですね。

油圧式の椅子の寿命の見分け方は?

油圧式、ガス圧式ともに、寿命に差があることがわかりました。
油圧式の椅子とガス圧式の椅子、寿命が来るとどんな不具合が起こるのでしょうか?

油圧式の寿命の目安は「油が漏れているか否か」です。

油漏れをしてしまった油圧式の椅子ですが、修理することは不可能な事が多いです。
ですが、買い替えまでの間に油漏れを放置すると、床が油まみれになって大変なことになります。

油漏れが起きた場合は、応急処置をしましょう。

まずは、ティッシュなどで、油が漏れているところをガードしましょう。
その上からガムテープで固定し、椅子の下に新聞紙や、いらない紙などを敷きましょう。

以上で応急処置は終わりです。

あくまでも、「買い替えるまでの応急処置」ですので、応急処置をしたまま、長く放置したり、使い続けることはやめましょう。

応急処置をしたら、素早く新しい椅子を購入してくださいね。

ガス圧式の椅子の寿命目安は?

油圧式の椅子の寿命の目安は、「油漏れ」でした。
では、ガス圧式は、どういった不具合を目安にすればよいのでしょうか?

ガス圧式の場合は、「椅子が下がるか否か」です。

ガス圧式の椅子の場合、高さを調節しても、椅子が自然と下るなどの不具合が出てきます。
この不具合は、ガス圧が下がっていると起こります。

つまり、ガス圧式の椅子の寿命なのです。

ですが、油圧式と違い、ガス圧式は修理することができます。

他の部品や、見た目に異変がなければ、内部のガスシリンダーを交換することで、また使用できるようになります。

ガスシリンダーの交換は、安いもので3000円前後で交換することができますが、椅子に合うガスシリンダーを付けなければなりません。

もし、専用のシリンダーを取り寄せなければならない場合は、1万前後かかることもあるので、まずはメーカーや販売店さんに相談してみましょう。

ガス圧式は危険!?買うなら油圧式がおすすめ!

油圧式は寿命の際、修理をして再度利用することが難しいですが、ガス圧式は修理することができると先ほどお伝えしました。

ですが、ガス圧式の椅子は、不具合や寿命が来た場合は、「即刻使用を中止して、新しく買い直す」ことをおすすめします。

なぜなら、ガス圧式の場合は、爆発する恐れがあるからです。
爆発を起こす可能性のある椅子の例を挙げてみましょう。

●コストなどを抑えるために、高圧のガスを使用している椅子の場合
●ストーブなどの近くに置いていて、ガスが高温になってしまう場合

といっても、日本製のガス圧式の椅子は、窒素ガスを使用しているため、ガス爆発を起こすことは大変稀です。
ですが、ストーブなどの側に置くことは、やめたほうが良さそうですね。

また、椅子を購入する際は、中国製品など、海外製のガス圧式の椅子には注意が必要です。
実際に中国の方では、椅子が爆発し、使用者が亡くなるという事件が多く発生しています。

また、実は、日本でもこの爆発事件は起きています。

日本にも海外製のガス圧式の椅子は多く輸入されているので、購入する際は、生産国を確認したほうが良いでしょう。

新しく椅子の購入を考えている人は、少し高価とはなりますが、油圧式の椅子の購入を検討してみるのはいかがでしょうか?

ガス圧式の椅子を自分で修理する方法

ガス圧式は大変危険と先ほどお伝えしましたが、すべてのガス圧式の椅子が危険というわけではありません。

先程も書きましたが、特に日本製品は、ガス圧式の椅子には窒素ガスを使用しているため、爆発の恐れは少ないです。

ですが、いつ何が起こるかわからないので、ストーブなど暖房機器のそばに長時間置くことは、やめたほうが良いでしょう。

また、どうしても買い替えをしたくない、という人も中にはいると思います。
そのような方のために、自分でガスシリンダーの交換をする方法をまとめました。

①椅子を逆さまにする

②座る面の下に、脚との接合ネジがあるので外す
もしネジがない場合は、そのままでも問題ありません。

③脚を外すために、心棒部に添え木をして、ガスシリンダーをしっかり持って、ハンマーで叩いて取る

④古いガスシリンダーと、新しいガスシリンダーを交換して、元に戻す

以上が手順となりますが、2人で行ったほうが安定するので、早く済みます。

どうしても「油圧式は高くて手が出せない」「寿命とわかっているけど愛着があって手放せない」という方は、自分で修理をしてみるのも良いかもしれません。

また、あくまで自己責任となりますので、不安な人は修理に出すか、買い替えをおすすめします。

油圧式もガス圧式、どちらも好みで選びましょう

いかがでしたでしょうか?

油圧式は寿命が長く、長年使い続けることができます。

ガス圧式は安価で手に入りやすく、修理をすることも可能ですが、寿命が短く、海外製品は控えたほうが良いでしょう。

長く使い続けるのであれば油圧式、安価に手に入れたいのであればガス圧式がおすすめです。

自分にあった椅子を選んでみてくださいね。