油圧式の椅子の寿命は?目安と修理方法を徹底解説!

油圧式の椅子はオフィスや学校など、幅広い場所で活躍する今では、使ったことない人はいないと言っても過言ではないものですよね。

私達が生活していくうえで、欠かせない油圧式の椅子ですが、椅子にも寿命があります。

では、その寿命はどれくらいなのでしょうか?

また、寿命の目安と修理する方法はあるのでしょうか?

徹底的に解説していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

屋内につける鍵は種類が豊富!部屋のドアにも取り付け簡単!

鍵と言えば、玄関や窓が思い浮かびますが、自分の部屋のドアにも鍵を取り付けている人もいます。...

ワイヤーネットを使ってパソコンデスク周りを上手に収納!

ごちゃつくパソコンデスク周りの配線、どのように整理していますか?整理方法がわからない、なんだ...

お布団やお風呂、床の掃除って毎日すべき?どうやるの?

お布団、お風呂、床・・・毎日利用するものですが、掃除の頻度はどれくらいなのでしょう。また、掃...

フィギュアは並べて飾るだけ?台座を使って魅せる飾り方を!

ついつい集めてしまい、気が付くと部屋の一角を占めていることはありませんか。そう、フィギュアで...

これぞ和モダン!和室にベッドを置いてホテルのような空間に

近年の来日外国人の増加に伴い、日本古来の「和室」が見直されてきています。宿泊施設である旅館や...

昭和レトロなお部屋を提案!かわいい昭和の食卓

今、古民家カフェが人気で、おしゃれでどこか懐かしい雰囲気に魅了され、自宅を古民家風に改造する人も増え...

ベランダへ洗濯機を設置。排水口のトラブルを避けるには?!

洗濯機は、自分の希望の場所へ設置したいものです。室内へ置くと場所を取って邪魔になるので、...

お部屋を可愛く!フレンチポップなインテリアコーディネート

フランスの上品なインテリアをベースに、ポップなカラーを取り入れた「フレンチポップ」というスタイルは...

賃貸の1人暮らしでも楽しめる!壁を上手に使ったインテリア

実家を出て賃貸住宅での1人暮らしを始めてみると、不便なことや不満はたくさん出てくるものですよね。...

賃貸の電気が切れたら、交換は誰がする?電気交換の注意点

賃貸に住んでいれば、いずれ起こるであろう電球の電気切れ。この場合は、大家さんに頼むか、自分でする...

壁の電気スイッチが故障!交換や修理はプロに頼む方がいい?

お部屋の壁に設置された電気スイッチ。使用頻度の高いリビングやトイレなど、毎日オン・オフを繰り...

ベランダに洗濯機を置くときの注意点は?様々な面で対策を!

築年数の古い物件の場合、室内ではなくベランダに洗濯機置き場が設定されていることがあります。そ...

新築時にかかる費用は!?家具・家電選びの注意ポイント

新築のときに、考えなければならないのは予算です。家作りには、建物以外にもたくさんの費用がかか...

キッチンカウンターの種類と選び方!リフォーム成功のコツ

キッチンカウンターをリフォームして新しくすることで雰囲気も変わり、毎日の料理や食事に対して楽しさも...

カーテンサイズの基本の測り方・長さの目安はどれくらい?

カーテンを購入する際に、まずは、どれくらいのカーテンサイズがいいのか把握しなくてはいけません。...

スポンサーリンク

油圧式の椅子の寿命はどれくらい?

私達の生活の中で、欠かせないものとなっている油圧式の椅子ですが、寿命なんてないと思われている人が多いのではないでしょうか。

実は、油圧式の椅子にも寿命はあります。
では、寿命はどれくらいなのでしょうか?

油圧式の椅子は、過剰に大切に使用していれば、半永久的な寿命を持っています。

もちろん耐荷重以内で使用し、優しく座ったり、揺らさずに正しい姿勢をしていれば、半永久的な寿命を得る事ができます。

ですが、やはり椅子に毎日気を使っているわけにもいきませんよね。

・疲れて思わず乱暴に座る
・貧乏ゆすり
・背もたれに背中を預けてゆらゆら
・椅子の上で胡座をかく

など、実際は、優しく使っている方のほうが珍しいくらいです。
このような使い方をしていると、油圧式と座面のジョイント部や、支柱が壊れてしまいます。

最短でも2~3年、長くて10~30年くらいが寿命だと頭に入れておきましょう。

油圧式以外にもガス圧式という椅子がある。その寿命は?

現在、オフィスや学校などで使われているオフィスチェアには、油圧式とガス圧式があるのをご存知ですか?

油圧式と、ガス圧式は、どういう違いがあるのでしょうか?
また、寿命に差はあるのでしょうか?

<油圧式>

油圧式の椅子の寿命は、最短で2~3年、最長で10~30年と先ほどお伝えしました。
ガス圧式の登場で、以前よりも販売台数が少なくなっており、壊れた際に修理できない可能性があります。

<ガス圧式>

ガス圧式の寿命は、長くて5~10年と言われています。
値段も安価で販売台数が多いので購入がしやすく、また、保証も効くので修理がしやすいという事があります。

油圧式は、ガス圧式よりも値段は高いですが、寿命年数が長いことがメリットです。
ガス圧式は、油圧式よりも安価で購入しやすく、修理も自分ですることができます。

この2つの違いを見比べて、どちらが自分に合うのか、よく検討して購入すると良いですね。

油圧式の椅子の寿命の見分け方は?

油圧式、ガス圧式ともに、寿命に差があることがわかりました。
油圧式の椅子とガス圧式の椅子、寿命が来るとどんな不具合が起こるのでしょうか?

油圧式の寿命の目安は「油が漏れているか否か」です。

油漏れをしてしまった油圧式の椅子ですが、修理することは不可能な事が多いです。
ですが、買い替えまでの間に油漏れを放置すると、床が油まみれになって大変なことになります。

油漏れが起きた場合は、応急処置をしましょう。

まずは、ティッシュなどで、油が漏れているところをガードしましょう。
その上からガムテープで固定し、椅子の下に新聞紙や、いらない紙などを敷きましょう。

以上で応急処置は終わりです。

あくまでも、「買い替えるまでの応急処置」ですので、応急処置をしたまま、長く放置したり、使い続けることはやめましょう。

応急処置をしたら、素早く新しい椅子を購入してくださいね。

ガス圧式の椅子の寿命目安は?

油圧式の椅子の寿命の目安は、「油漏れ」でした。
では、ガス圧式は、どういった不具合を目安にすればよいのでしょうか?

ガス圧式の場合は、「椅子が下がるか否か」です。

ガス圧式の椅子の場合、高さを調節しても、椅子が自然と下るなどの不具合が出てきます。
この不具合は、ガス圧が下がっていると起こります。

つまり、ガス圧式の椅子の寿命なのです。

ですが、油圧式と違い、ガス圧式は修理することができます。

他の部品や、見た目に異変がなければ、内部のガスシリンダーを交換することで、また使用できるようになります。

ガスシリンダーの交換は、安いもので3000円前後で交換することができますが、椅子に合うガスシリンダーを付けなければなりません。

もし、専用のシリンダーを取り寄せなければならない場合は、1万前後かかることもあるので、まずはメーカーや販売店さんに相談してみましょう。

ガス圧式は危険!?買うなら油圧式がおすすめ!

油圧式は寿命の際、修理をして再度利用することが難しいですが、ガス圧式は修理することができると先ほどお伝えしました。

ですが、ガス圧式の椅子は、不具合や寿命が来た場合は、「即刻使用を中止して、新しく買い直す」ことをおすすめします。

なぜなら、ガス圧式の場合は、爆発する恐れがあるからです。
爆発を起こす可能性のある椅子の例を挙げてみましょう。

●コストなどを抑えるために、高圧のガスを使用している椅子の場合
●ストーブなどの近くに置いていて、ガスが高温になってしまう場合

といっても、日本製のガス圧式の椅子は、窒素ガスを使用しているため、ガス爆発を起こすことは大変稀です。
ですが、ストーブなどの側に置くことは、やめたほうが良さそうですね。

また、椅子を購入する際は、中国製品など、海外製のガス圧式の椅子には注意が必要です。
実際に中国の方では、椅子が爆発し、使用者が亡くなるという事件が多く発生しています。

また、実は、日本でもこの爆発事件は起きています。

日本にも海外製のガス圧式の椅子は多く輸入されているので、購入する際は、生産国を確認したほうが良いでしょう。

新しく椅子の購入を考えている人は、少し高価とはなりますが、油圧式の椅子の購入を検討してみるのはいかがでしょうか?

ガス圧式の椅子を自分で修理する方法

ガス圧式は大変危険と先ほどお伝えしましたが、すべてのガス圧式の椅子が危険というわけではありません。

先程も書きましたが、特に日本製品は、ガス圧式の椅子には窒素ガスを使用しているため、爆発の恐れは少ないです。

ですが、いつ何が起こるかわからないので、ストーブなど暖房機器のそばに長時間置くことは、やめたほうが良いでしょう。

また、どうしても買い替えをしたくない、という人も中にはいると思います。
そのような方のために、自分でガスシリンダーの交換をする方法をまとめました。

①椅子を逆さまにする

②座る面の下に、脚との接合ネジがあるので外す
もしネジがない場合は、そのままでも問題ありません。

③脚を外すために、心棒部に添え木をして、ガスシリンダーをしっかり持って、ハンマーで叩いて取る

④古いガスシリンダーと、新しいガスシリンダーを交換して、元に戻す

以上が手順となりますが、2人で行ったほうが安定するので、早く済みます。

どうしても「油圧式は高くて手が出せない」「寿命とわかっているけど愛着があって手放せない」という方は、自分で修理をしてみるのも良いかもしれません。

また、あくまで自己責任となりますので、不安な人は修理に出すか、買い替えをおすすめします。

油圧式もガス圧式、どちらも好みで選びましょう

いかがでしたでしょうか?

油圧式は寿命が長く、長年使い続けることができます。

ガス圧式は安価で手に入りやすく、修理をすることも可能ですが、寿命が短く、海外製品は控えたほうが良いでしょう。

長く使い続けるのであれば油圧式、安価に手に入れたいのであればガス圧式がおすすめです。

自分にあった椅子を選んでみてくださいね。