電話線を無線LAN(wi-fi)に変換することは可能?

「電話線をwi-fiに変換して通すことができるの?」

2階建てのご自宅の方は、そういった疑問を抱えることもあるのではないでしょうか。

中には、「2階にはLANケーブルを差し込む場所が無く、電話線を繋ぐ箇所がある」というパターンもあることでしょう。

そこで、今回は、「電話回線に有線LANの接続ができる方法はあるのか」ということや、「電話線からwi-fiに繋ぐ方法はあるのか」などの疑問にお答えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

鍵をかけたいお部屋はどこ?部屋別に鍵の後付けを考える

部屋の扉に鍵が欲しい、と思うことはないでしょうか。プライベートを守りたいということもあるかと...

高校生は必見!勉強机で勉強の効率を上げる方法とは!?

高校生などの学生は、勉強机を使って勉強しますよね。しかし、なかなか集中できない、集中力が続か...

部屋の天井と壁にカビが生える原因と掃除&防ぐ対策方法は?

ふと、部屋の天井や壁に目を向けると、『カビが生えてる!』なんて経験ありませんか?梅雨時や、窓ガラ...

新築に引き戸・開き戸、選ぶ際のメリット、デメリットは?

新築を建てるにあたって、たくさんのことを決めていかなくてはなりません。今回は、ドアについて詳...

高校生に理想的な部屋とは?勉強机はどのように活用する?

高校生は、大人と子供の部分が共存しているとても難しい年代と言われます。そんな高校生にとって、...

ある日突然はじまる蛍光灯のチカチカ…点滅する原因は寿命?

仕事から帰って真っ暗な部屋の電気をつけると…蛍光灯がチカチカ。誰しもそんな経験が1度や2...

賃貸の1人暮らしでも楽しめる!壁を上手に使ったインテリア

実家を出て賃貸住宅での1人暮らしを始めてみると、不便なことや不満はたくさん出てくるものですよね。...

窓の隙間風対策、砂が入らないようにはどうすればいい!?

窓の隙間から家の中に侵入してくる砂は、とても頭の痛い問題です。何度掃除しても、気が付かな...

マンション購入の際、玄関や寝室のサイズ確認は念入りに!

マンション購入を購入する際、注意する点はたくさんありますね。そんな中で見落としがちな玄関と、...

ベランダに洗濯機を置いて使う時には、専用の台が必要なのか?

基本的に家のベランダは洗濯ものや布団干しなどに使うのが当たり前ですが、マンションなど屋内に洗濯機が置...

人気の電気マット6選!ベッドでも使えるアイテムをご紹介

寒さ厳しい冬に重宝するのが、あたたかい電気マットです。寝る前にベッドの上に敷いて、スイッ...

昭和レトロ部屋といえば団地!不便?快適?その生活模様とは

昭和レトロな部屋が目を引く団地。住居不足を解消するため、高度成長期に盛んに団地が建ち始めました鉄...

木製机の塗装が剥げてる!diyでお洒落な木製机に大変身!

勉強机にパソコンデスクなど、家の中には様々な木製机が溢れています。それがお気に入りの机であれ...

洗濯機が『ピピピッ!』と止まる原因は排水弁のつまり!?

洗濯機を回しても、毎回排水のときに『ピピピッ!』と止まっちゃう!ほかにもやならきゃいけない家事は...

子供部屋のクローゼット、奥行は深めと浅めどちらがいいの?

子育て世代のファミリーが、新しく家を建てる際、一番考えるのが「子供部屋」ではないでしょうか?...

スポンサーリンク

電話線とwi-fiの仕組みと違い変換について

まず最初に、電話線とwi-fiの違いがわからない方のために、電話線とwi-fiの仕組み、そして、違いや変換についてご説明します。

【電話線】

電話線というのは、電話をするための回線という役割を担っています。
業界用語だと「アナログ回線」と言われてたりもします。

この電話線には、銅線が利用されています。

電話で発せられた音声が回線を経由し、電気信号へと変換され、銅線を伝っていき、電話の相手に届く前に、電気信号から音声に変換し、伝わっているという仕組みになっています。

【wi-fi】

wi-fiは、現在多くの機器に利用されています。

例えば、パソコンや携帯(スマホ)、タブレット端末、家庭用ゲーム機など、全てを取り上げるとキリがないくらい存在します。

その仕組みは、インターネット回線(有線LAN)が、接続されたモデム(親機)から、無線(ワイヤレス)接続に変換するようになっています。

wi-fiを利用することで、物理的な回線を使わずに済むので、ご家庭から企業まで幅広く、多くの場所で利用されているのです。

それぞれの大きな違いとしては、回線で伝達する内容が異なってくることです。

そして、モデム(親機)と呼ばれる機器には、それぞれのデータを変換する機能があり、インターネットを接続するためには必要な機器となります。

電話線からwi-fiへ?回線への変換は可能?

それでは、次に電話線からwi-fiへ変換することが可能なのかについてご説明します。

結論からお伝えしますと、電話線からwi-fiへ変換はできます。

しかし、細かな理由については次の項でご説明しますが、変換せずに直接電話線からwi-fiへ繋げることはできません。

ですが、電話線からwi-fiへの変換は、インターネット会社との契約を締結していれば、問題ありません。

インターネット契約をしていれば、電話線をモデム(親機)へ接続することで、インターネットへ接続することができます。

しかし、インターネット契約をしていなければ、インターネットの契約と、回線工事をする必要がありますので、ご注意下さい。

そして、インターネット契約をすると、モデムと呼ばれる親機が届きます。

そのモデム(親機)には、電話線と、LANと呼ばれるインターネット回線を接続するそれぞれの箇所があるので、そこに電話線と、LANを接続することで利用できます。

wi-fiを利用したい場合は、有線LANから、無線ルーターと呼ばれる機器を接続することで、利用することが可能です。

例えば、1階にモデム(親機)があり、2階でもwi-fi接続を行わせたいという場合は、1階に無線ルーターへの接続をすることで、2階でもインターネットのご利用ができます。

ですが、それ以外の方法で、2階に新たに契約した回線を組み込むという方法もあります。
この方法は、後程ご説明しましょう。

その前に次では、何故電話線からwi-fiに変換できないのか、をご説明していきましょう。

変換せずに直接電話線からwi-fiにはなぜ繋げられない?

電話線からwi-fiへの接続はできない理由は、2パターンがあります。

まず、インターネットに接続していない場合、電話線は電話のみの回線になります。
wi-fiは無線の回線であるため、インターネットと電話回線とは異なり、直接の接続はできないのです。

もう一方は、電話線から無線ルーターへ直接接続することもできません。

電話線、いわゆるメタル回線の場合、LANケーブルとの差込口の大きさが異なります。
そのため、wi-fiルーターからのLANケーブルを電話線の差込口には入りませんし、その逆も同じです。

もし、電話線からwi-fiへ変換して繋げるのであるなら、インターネット契約をして、必ず対応のモデム(親機)を経由する必要があります。

インターネット会社との契約後には、必ずモデムなどの一般的な機器は届くので、もしモデムなどがなければ、契約した会社へお問い合わせをしましょう。

モデムがあれば、そのモデムから無線ルーターに接続することで、使用が可能になるのです。

これらのことから、wi-fiルーターに変換するには、電話線を直接取り付けるのではなく、一度モデムを経由する必要があるということです。

wi-fiルーターへの変換においてのデメリットとは

先程は、電話線からwi-fiへモデムを経由せず、変換しないでの接続はできないということをお話ししました。

そして、電話線からモデム(親機)を通し、有線LANからwi-fiルーターへの接続をするというご紹介をしました。

しかし、それにはデメリットも多少あります。

wi-fiルーターを利用することで、wi-fi環境が整うとご説明しましたが、wi-fiルーターからご利用している端末の距離が遠くなれば遠くなるほど、wi-fiルーターが放つ電波が弱くなってしまいます。

つまり、インターネットへの接続ができるものの、壁や距離があったりすることで、端末が受信する電波が弱くなり、インターネットを快適に利用できない可能性があるのです。

そのため、wi-fiルーターの置く場所や、接続する個数などを考慮して配置しないといけない場合も、ご家庭によってはあったりします。

それでは、電波が弱い状態とは、どのようなケースが考えられるのかをご説明をしましょう。

1階にモデム(親機)とwi-fiルーターがあり、2階でwi-fi回線のインターネットを使用する場合です。

この場合、wi-fiルーターからの電波が、2階に届きづらくなってしまうのです。

それでは、どのようにして対処すればいいのでしょうか。

2階でwi-fi接続をしたい場合

1階にwi-fi機能があっても、2階では電波が弱く、wi-fiがあまり機能していないというケースがあるとお伝えしました。

この悩みを解決する方法は、4つあります。

①1階のモデム(親機)から2階までコードを這わせていく

②業者に依頼し、1階に設置した回線を撤去して、2階に新たに回線工事をしてもらう

③新たにもう1回線契約して2階にもモデム(親機)を設置する

④ポケットwi-fiを利用する

この4つの方法のいずれかを選択すれば、スマートに接続ができるでしょう。

1つ目に関しては、配線が表に出てしまうと、あまり見た目がよくないので、配線が表に出るのが気になるという方は、壁の裏に通すようにすることをおすすめします。

2つ目は、2階でのネット環境は、整います。
1階でのネット環境が必要ないという方にはいいでしょう。

3つ目は、1階と2階にそれぞれ回線を契約するので、各階に電話線とwi-fi環境を整えることができます。

そして、各フロアのスペースが広くても各階にモデム(親機)があるので、電波の強弱を気にせず、インターネットの利用ができますね。

ですが、単純に「2回線分の料金を支払う」というデメリットがありますので注意して下さい。

そして、4つ目の電話線からwi-fiルーターへ変換しなくてもいいポケットwi-fiの使用について、次で詳しくご説明していきます。

ポケットwi-fiで簡単に接続!

ポケットwi-fiは、1階から2階へ電話線やLANケーブルを引っ張るのが面倒という方におすすめの方法です。

ポケットwi-fiとは、モバイルWi-Fiルーターとも呼ばれており、配線を付ける必要がない持ち運び可能なWi-Fi発信機です。

インターネット会社や、携帯会社で取り扱いがあり、契約すれば、ポケットwi-fiをレンタルすることができます。

ただ、ポケットwi-fiを利用するには、別料金がかかってしまうので、契約する際に料金などの確認を行いましょう。

ポケットwi-fiは、配線に付いていないため、電話線やLANケーブルのことなどは全く気にせずに、利用することが可能です。

そして、大きさはポケットにすっぽり収まるぐらいの大きさです。
ポケットサイズなのにもかかわらず、見た目以上のパワフルな機能を備えた機器となっています。

料金や機能などは、契約会社によって異なってしまいますが、場所を気にせずどこででもインターネットを快適に利用できるので、インターネット環境に不安があれば検討してみましょう。

ポケットwi-fiを一台持っていれば、電話線から変換するなどといった小難しいことは考えずに済みます。

電波の弱さに悩んだらwi-fiの設置箇所が解決への近道

今回は、「電話線回線に有線LANの接続ができる方法はあるのか」ということや、「電話線からwi-fiに繋ぐ方法はあるのか」という疑問をどう解決するのかをご紹介しました。

回線の契約が必要だったり、LANケーブルを延長したりなど、多少の手間がかかってしまいますね。

そういった方法を取りたくない場合は、wi-fiの電波が強力な機器の購入を行いましょう。
wi-fiの電波の強弱は、機器によって異なります。

電波が強ければ、それだけ距離も伸びるので、ご自宅の広さなどを考慮し、機器の購入を行ったほうがいいでしょう。

それで、問題が解決しなければ、先程ご紹介した方法を参考にしてもらえればと思います。