勉強机の蛍光灯が切れた!替え方を覚えて勉強効率アップへ

勉強机の蛍光灯が切れてしまったら、勉強に支障が出るため、すぐに替えなければなりません。

しかし、替え方が分からない人も多いのではないでしょうか?

蛍光灯の外し方から分らないという人もいるでしょう。

ここでは、蛍光灯の外し方から取り付け方までを詳しくご説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子供部屋のクローゼットは扉なしが正解?家づくりを楽しもう

クローゼットというと一般的には扉で仕切られているイメージが強いですよね。けれども、最近の家づくり...

汚部屋からの脱却!部屋をきれいにしたら変わる5つのこと

部屋をきれいにしたいと思っていても、片付け方がわからなかったり、掃除してもすぐに汚くなる、という経験...

赤ちゃんが転落して後頭部を強打!注意すべき症状は!?

赤ちゃんはいきなり想像も付かないような行動をしたりします。たとえば、ベビーベッドの柵を乗り越...

蛍光灯が切れるのは何故?蛍光灯の仕組みとその原因を解説!

どこの家庭にも必ずある蛍光灯。ですが、意外とその仕組みについて知らない方も多いのではない...

ダウンライトで雰囲気UP!ledにすれば電気代は安くなるの?

天井に埋め込まれたダウンライト、とてもおしゃれで素敵ですよね。最近では、新築時にダウンライト...

トイレなどの故障は誰が負担する!?賃貸の責任問題

賃貸などに住んでいても、トイレや電化製品など、故障してしまうことがあります。そういった場合、...

こたつ布団は洗えるの!?こたつ布団の正しい洗い方

こたつの布団、洗えないと思っている方も多いのではないでしょうか?実はこたつのお布団は自宅で洗...

シンプルインテリアですっきりとした自分らしい空間づくりを

最近は「断舎離」ブームもあって、シンプルライフに興味を持つ方が増えています。物を少なくしてシ...

蛍光灯が切れるときに音がする?音の原因を調査!

私たちの暮らしの中に、当たり前のようにある蛍光灯。蛍光灯から音がする、という経験はありません...

LEDシーリングライトなら壁スイッチでも調光可能!

LEDのシーリングライトには、リモコンで簡単に操作できる調光機能が搭載されています。さらに、...

ドアの隙間下から冷気が!この隙間は塞げるの!?

今の住宅は、ドアの隙間下が少し開いています。このドアの隙間からの冷気、気になりますよね。...

蛍光灯の点滅の原因を探る!数年使っている安定器は大丈夫?

蛍光灯を使っている時、チカチカと点滅することがありますよね?この場合、ほとんどが蛍光灯の寿命...

キッチンインテリア!新築一戸建てで押さえるポイントはここ

新築一戸建てのキッチンインテリアを考えるとき、おしゃれにしたいと夢や希望を胸に抱くことだと思いま...

窓の換気とエアコン除湿を使って効果的に空気の入れ替えを!

エアコンを使う夏や冬は、窓の換気しにくいですね。せっかく冷房で冷やした空気や、暖房で暖めた部...

子供が友達を家に招いた!急な場合もスッキリ綺麗、清潔に!

子供が小学生に上がると、学校帰りにいきなり友達を家に招いて大慌て!なんてこともあるでしょう。...

スポンサーリンク

勉強机の蛍光灯の替え方~外す方法~

蛍光灯には2つのタイプがあります。
それは、直管型蛍光灯と丸形蛍光灯の2つです。

勉強机は直管型蛍光灯ですから、直管型蛍光灯の替え方を覚えておきましょう。

替える前には、まず蛍光灯を外さなければなりません。
ここでは、外し方をご説明します。

直管型蛍光灯の外し方には、大きく分けて3つの方法があります。

●90度回転させて外す

このタイプが一番多いです。
少しの力でも蛍光灯は動きますから、90度回すだけで、簡単に外れます。
外すときに力を入れすぎると、蛍光灯が壊れるので注意してください。

●左右どちらかに押し出して外す

力を入れることなく、簡単に蛍光灯を外すことができます。

●外側にあるカバーを中央に持ってきて外す

一番簡単に外すことができるタイプの蛍光灯です。
両側に銀色のカバーがついているので、その部分を押せば、簡単に蛍光灯を外すことができます。

どの方法で外せばいいのかは、勉強机の蛍光灯によって異なります。

勉強机の蛍光灯の替え方~取り付ける方法~

勉強机の蛍光灯が切れても困らないように、替え方をマスターしておきましょう。
直管型蛍光灯を外したら、次は取り付けなければなりません。

ここでは、直管型蛍光灯の付け方をご説明します。

直管型蛍光灯の付け方も、それほど難しく考えることはありません。
外したときと、逆の動きをすれば、蛍光灯を取り付けることができます。

90度回転させて外すことができるタイプの場合には、90度反対に回すと取り付けられます。

また、左右どちらかに押し出して外すことができるタイプの場合には、左右どちらかに押し入れると取り付けられます。

そして、外側にあるカバーを中央に持ってきて外すタイプの場合には、カバーを外側に持って行けば取り付けられるのです。

蛍光灯を取り付ける時も、外す時と同様に、あまり力を入れすぎないようにしましょう。
蛍光灯を外せた方なら、付けることが出来ますので、落ち着いて作業しましょう。

勉強机の蛍光灯の取り替え方での注意点~電源を切る~

勉強机の蛍光灯の取り替え方で、注意点があります。
それは、電源は必ず切ってから取り換えをするということです。

蛍光灯の電源を切ることは、当たり前のことだと思っている人もいるかもしれませんが、うっかり電源を入れっぱなしにしていることもよくある話です。

蛍光灯の取り替え時には、必ず電源を切っているかを確かめてから行いましょう。
電源を入れたまま取り換えをすると、感電してしまうこともあります。

危険ですから、確認を怠らないようにしてください。

蛍光灯が点いたり消えたりしている状態であったり、暗くなってきて早めに取り換えをするときには、蛍光灯をの電源を切ります。

電源を付けたままで作業を行う、ということないようにしましょう。

しかし、蛍光灯が切れているときには、電源が切れているかどうかわからない場合もあります。

そのため、蛍光灯が切れているときには、必ず忘れないように電気のスイッチを見て、電源が入っていないことを確認しましょう。

勉強机の蛍光灯の取り替え方での注意点~蛍光灯のサイズとワット数~

勉強机の蛍光灯の取り替え方での注意点がもう一つあります。

それは、蛍光灯のサイズです。

例えば、長さが合っていないと、取り付けることができません。
そのため、購入する際は、まず同じ長さの蛍光灯かを確かめましょう。

また、蛍光灯のワット数も確認しましょう。
ワット数が合わないものもあります。

外した後に新しい蛍光灯に取り替えるときには、ワット数を確認してから取り付けを行いましょう。

そして、中には以前より、もう少し明るい方が勉強がしやすくなるかもしれないと思って、ワット数を上げる人もいます。

しかし、勉強机の蛍光灯は、あまり明るすぎない方が勉強がはかどります。

明るい太陽の光を目で見ると、目が痛くなってしまいますし、周囲の景色がよく見えなくなってしまうのと同じなのです。

そのため、机の蛍光灯が明るすぎると、目が疲れやすくなります。
また、強い光を見続けることは、目だけではなく、脳や身体全体も疲れてしまいます。

そういったことから、勉強机の蛍光灯のワット数は、20ワットから40ワット数がおすすめです。
部屋の灯もあるので、勉強机の蛍光灯は、それほど明るい必要はありません。

勉強机の蛍光灯を交換しても電気がつかない原因①グローランプ切れ

勉強机の蛍光灯の替え方で、気を付けなければならないことがあります。

それは、蛍光灯を替えても電気が点かないことがあるということです。

蛍光灯には、明かりをつけるときに、グローランプという点灯管を使用して、蛍光灯を点灯させるタイプのものがあります。

スターター式の蛍光灯がこれに当たるのですが、この対応の蛍光灯は、グローランプが切れていると明かりが点きません。

蛍光灯を交換したからといって、それだけで点くとは限らないのです。
ちなみに、蛍光灯の近くについている、豆電球のようなものがグローランプです。

スタータ式の蛍光灯には、製品番号の頭にFLやFCLと書いてあるので、グローランプが必要かどうかが分かります。

新しい蛍光灯にしたのにも関わらず、電気がつかない場合は、グローランプが切れていないのかを確認してください。

スターター式の蛍光灯は、グローランプが必要ですが、グローランプが必要ない蛍光灯は、ラビットスタート式の蛍光灯と、インバータ式の蛍光灯です。

ラビットスタート式の蛍光灯は、製品番号の頭にFLRと書かれています。
また、インバータ式の蛍光灯は、製品番号の頭にFHFと書かれていますから、それで区別することができます。

勉強机の蛍光灯を交換しても電気がつかない原因②本体の故障

勉強机の蛍光灯の取り替え方が正しいのに、明かりが点かない場合には、蛍光灯が問題ではなく、本体の故障が考えられます。

使っている勉強机は、どの程度の年数が経過しているでしょうか?
10年も使っていると、照明器具本体が故障している可能性も考えられます。

勉強机は10年経っても壊れることは少ないですが、蛍光灯の本体部分は少しずつ劣化していきます。

10年も経過していると、配線コードを保護しているゴム製のカバーが劣化して、電流が流れにくくなっていることがあります。

そして、電流が流れにくくなっていると、明かりが点きにくくなってしまいます。

そこで、新しくライトごと買い替える場合には、勉強机に置くことに適したライトを選びましょう。

卓上型デスクライトは、もっとも一般的な形状をしたタイプで、置く机のタイプを選びません。
どのような机にもマッチしますし、さらに、ベースがしっかりした作りなので安定性も高いです。

また、アーム型のライトも人気が高いです。
アームが自由に伸び縮みするので、自分で光の当て具合を調節することができ便利です。

クリップ型ライトは、おしゃれに見えますが、クリップ部分が机に傷をつける可能性もあります。

このようにライトにも種類があるので、適しているものを選びましょう。

勉強机の蛍光灯の取り替え方を把握しておけば、いざというとき安心!

勉強机の蛍光灯の取り替え方を覚えておけば、急に蛍光灯が切れたときもすぐに対応できます。

蛍光灯のタイプによって取り外し方が異なります。

外し方が分かれば、取り付け方はその逆をすればいいだけなので非常に簡単です。

ただし、蛍光灯のサイズとワット数は間違えないように購入しましょう。