全自動洗濯機のカビや汚れ!効果的に落とす様々な掃除方法!

全自動洗濯機は、定期的に掃除をしなければならないとわかっていても具体的な頻度や方法をご存知の方は、以外と少ないのではないでしょうか。

洗濯槽は、カビや菌の温床になりやすいです。

今回は、全自動洗濯機の正しい掃除方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カーテンは「白」だと万能!おしゃれな空間を演出しよう!

あなたのご自宅では、何色のカーテンを使っていますか?おしゃれなインテリアにマッチするのは、断...

子供部屋の間仕切り法!カーテン・家具・ベッド・パネルドア

小さなお子さんも、ある程度大きくなってくると「自分だけの部屋が欲しい!」と言い出す日がくるかもし...

コンセントにお布団があたって火事?正しい使い方を覚えよう

新しい部屋に引っ越したら、家具を配置する前にまずコンセントの位置を確かめませんか?そのくらい、私...

インテリアにアンティーク家具を取り入れよう!一人暮らし編

一人暮らしの狭い部屋では、インテリアにこだわったりアンティーク家具を置いたりするのは難しいで...

日本の冬は湿度が低い?乾燥しているとどんな影響がある?

日本の冬は湿度が低いと言われますが、はたしてそうなのでしょうか?また、乾燥していた場合、人体...

象印のポットに組み込まれている安全装置って知ってる?

昔から暑い夏でも温かい飲み物を飲むことは、健康に良いとされています。自宅でインスタントラ...

クッションフロアの張り替えにかかる費用の相場っていくら?

一戸建てや賃貸住宅で多く使われているクッションフロア!弾力性のある床材で比較的コストも安く、...

インテリアには観葉植物!初心者が育てやすい種類を紹介

仕事や勉強などで疲れていても、植物を見ると「癒される」という人は多いのではないでしょうか。観...

フレンチインテリアを取り入れて充実した一人暮らしをしよう

念願の一人暮らしを開始するとき、まず家具やインテリアを自分好みにしたいですよね。人気のインテ...

白いフローリングのメリット・デメリットとワックスの効果!

フローリングの色選びって『何色にしたらいいんだろう?』って悩みますよね。そこで、白いフローリ...

インテリアをコーディネートする時はテレビを重要視する

引っ越しや部屋の模様替えの時などに、インテリアをコーディネートすると思うのですが、何を重要視していま...

一般家庭の電源コンセントはなぜ100vと200vがある?違いは?

一般の家庭での電源元になるコンセントですが、100vと200vの2種類あります。その違いはな...

新築時にかかる費用は!?家具・家電選びの注意ポイント

新築のときに、考えなければならないのは予算です。家作りには、建物以外にもたくさんの費用がかか...

様々な種類がある玄関灯の電球を簡単に交換する方法を考える

「ただいま!」と帰ってきて家族よりも一番に出迎えてくれる玄関灯のあかり。暗い中歩いて帰ってき...

猫を飼う際、部屋の中だけと制限するとストレスの原因に!?

散歩の必要がなく、部屋の中でも飼育しやすい猫は人気があります。しぐさを見ているだけでも心が和...

スポンサーリンク

全自動洗濯機はカビの温床!塩素系洗剤だけでは不十分?

冒頭でもお伝えしたように、全自動洗濯機は、大量の水を使うため、カビや菌の温床になってしまいます。
洗濯をし終わったあと、洗濯槽に残った汚れや水分が、カビや菌を増殖させてしまうのです。

定期的に掃除をしているから問題ないと思っている方も油断はできません。
正しい掃除方法で行わないと、カビや菌は除去できないので注意が必要です。

実は、洗濯槽の掃除を間違った方法で行っている方は、少なくありません。
全自動洗濯機の洗濯槽の掃除に、塩素系の洗剤を使っている方はいませんか。

実は、洗濯機用として売り出されている洗剤でも塩素系のものだと、カビや汚れが十分に落ちない可能性があります。

なぜかというと、塩素系の洗剤の大きな役割は、カビや汚れを「殺菌・分解」することなので、洗濯槽にこびりついたカビや汚れを「剥がし取る」という仕事には、少し不向きなのです。

このことから、塩素系洗剤だけでは洗濯槽のカビや汚れを根こそぎ取り除くというのは難しいことがわかります。

では、何を使えば、カビや汚れを十分に取り除くことができるのでしょうか。

次の章で、カビや汚れを効果的に落とす方法をお伝えします。

全自動洗濯機は、二段階掃除が効果的

一章では、全自動洗濯機を塩素系洗剤だけで掃除するのは、カビや汚れが十分に落ちないとお伝えしました。
では、どうすれば十分にカビや汚れを落とすことができるのでしょうか。

先ほどもお伝えしたように、塩素系の洗剤は、カビや汚れの「殺菌・分解」の効果に優れています。
ですので、この効果を利用し、最初に塩素系洗剤で洗濯槽のカビや汚れを殺菌します。

このあと、残ったカビや汚れを取り除くのですが、何を使うかというと、酸素系漂白剤です。

酸素系漂白剤は、カビや汚れをそぎ落とす効果に優れています。

塩素系洗剤と酸素系漂白剤を二段階に分け、使うことで洗濯槽を除菌し、カビや汚れを十分に落とすことが可能になるのです。

それぞれの長所をうまく利用した掃除の方法になります。

次の章では、その具体的な方法についてお伝えします。

塩素系と酸素系漂白剤のダブル使いで全自動洗濯機を掃除

二章では、塩素系洗剤で全自動洗濯機のカビや汚れを殺菌・分解したあと、酸素系漂白剤でカビや汚れをそぎ落とすと十分に掃除できるとお伝えしました。

この章では、塩素系洗剤と酸素系漂白剤を使った全自動洗濯機の掃除の具体的な方法をお伝えします。

まず、洗濯槽に洗濯槽用の塩素系洗剤を入れます。
次に、洗濯槽洗浄モードボタンを押します。

これで完了になります。

塩素系洗剤の使い方は、比較的簡単です。
また、塩素系洗剤の場合は、つけ置きの必要もありません。

しかし、長期間、洗濯槽の掃除をしていない場合は、1時間から2時間ほどつけ置くとより効果的です。

次は、酸素系漂白剤の出番です。

酸素系漂白剤での掃除をするときは、必ずゴム手袋をしましょう。
ほかに用意するものは、ごみ取りネットと洗面器です。

詳しい手順は、次の章でご紹介します。

全自動洗濯機の仕上げ掃除には酸素系漂白剤を使おう

この章では、酸性洗剤を使った全自動洗濯機の具体的な掃除方法をお伝えします。

洗濯槽洗浄モードで水を溜めている時間を利用して、洗面器に酸素系漂白剤を入れ、お湯で溶かします。
それを洗濯槽に投入します。

洗剤が固まったままだと、効果を十分に発揮できないのできちんと溶かしてから投入するようにしましょう。

次に、洗いコースで5分間、全自動洗濯機を回します。
このとき、脱水まで行わないよう、注意しましょう。

洗いコースが終わったら5時間から6時間放置します。
夜に行い、一晩、置いておくと時間効率が良いでしょう。

その後、洗濯槽に浮き出たカビや汚れをごみ取りネットで取り除きます。
このとき、洗浄液を利用して、洗濯槽の淵なども掃除すると効率的です。

その後、取り外していた付属のネットを取り付け、再び洗いコースで5分間、全自動洗濯機を回します。
脱水まで行い、付属のネットと洗濯槽のごみを取り除き完了になります。

時間はかかりますが、ここまで掃除を行えば十分に洗濯槽のカビや汚れを取り除くことができます。

全自動洗濯機掃除に重曹という選択肢

これまでは、市販の塩素系洗剤と酸素系漂白剤を使った全自動洗濯機の掃除方法をご紹介してきましたが、この章では、より安全で安心なアイテム「重曹」を使った掃除方法をご紹介します。

重曹を使った方法も酸性洗剤を使った方法と似ています。

まず、バケツや洗濯機用のホースを使い、45度から50度のお湯を洗濯槽の最高の水位まで入れます。
浴槽で温めたお湯を使うのも良いです。

この後、軽量カップで200ml分の重曹を洗濯槽に入れ、洗いコースで5分間、全自動洗濯機を回します。
洗いコースが完了したら、そのまま一晩置きます。

だいたい5時間から6時間が目安です。
10時間、置けると尚良いです。

その後、浮き出た汚れをごみ取りネットで取り除き、再び、洗いコースで5分間、全自動洗濯機を回します。
脱水まで行い、残っている汚れを取り除きます。

そして、再び、洗いコースで5分間、全自動洗濯機を回します。
2、3回行うと十分にカビや汚れを取り除くことができます。

お子さんがいて、強い成分の洗剤を使うのは、心配だという方におすすめの方法です。

クエン酸をプラスし全自動洗濯機を掃除

これまで、塩素系と酸素系漂白剤を使った全自動洗濯機の掃除方法と重曹を使った掃除方法をご紹介してきました。

実は、全自動洗濯機の掃除方法は、もっとあるんです。

その新たな掃除方法とは、クエン酸と酸素系漂白剤を使った方法です。

塩素系洗剤は、臭いが苦手で使いたくないという方や酸性洗剤は、強い成分が入っているので使いたくないという方におすすめの方法です。

まず、全自動洗濯機の洗濯槽洗浄モードで最高の水位まで水を溜めます。

次に、酸素系漂白剤を規定量投入し、計量カップ200ml分のクエン酸を洗濯槽に投入します。

その後、洗いモードで5分間、全自動洗濯機を回します。

洗いモードが完了したら、一晩ほど置きます。

その後、浮き出た汚れをごみ取りネットで取り除き、再び洗いモードで5分間、回し、脱水まで行い、汚れを取り除けば完了です。

どの方法も基本的なやり方は一緒なので、覚えやすいかと思います。

掃除が好きな方は、ご紹介してきた掃除方法を一通り試してみて、一番、効果があった方法を継続的に実践してみてはいかがでしょうか。

実験感覚で全自動洗濯機の掃除を行うと、面倒な家事も楽しくなるかもしれません。

全自動洗濯機をピカピカに掃除

これまで、全自動洗濯機のさまざまな掃除方法をご紹介してきましたが、参考になりましたか。

塩素系洗剤と酸素系漂白剤でカビや汚れを根こそぎ落とす方法から、重曹やクエン酸を使ったお子さんにも優しい自然派な方法まで、ご紹介しました。

とりあえず、お家にあるもので、できそうな方法を試して綺麗にしてみてはいかがでしょうか。

家事を頑張る皆さんの参考になれば幸いです。