洗剤の使用期限っていつまで?食器を洗っても大丈夫?

食器用洗剤の使用期限はどのくらいなのか、疑問に思ったことはありませんか?
裏を見てみても、特に記載されてはいないので、古い洗剤でも普通に使っている方もいらっしゃると思います。

しかし、食器は食事を盛り付けるものです。
口に入るものを直接乗せる食器を洗う洗剤は、できれば使用期限内の安全なものを使いたいですよね。

そこで、食器用洗剤の消費期限について調べてみましたので、参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

冬の室内は湿度が高い!?カビが生えないようにするには!?

冬の室内って実は湿度が高いってご存知ですか??カビは多種多様なエリアに生えてきます。寝室のマ...

エアコンと併用して隣の部屋を冷やす方法&ダクト化粧カバー

湿度のある暑い夏が、毎年やってきます。暑さで体調を崩さない様にする為にも、ほとんどの方がエアコン...

グレーと水色の組み合わせは最強!?お洒落なインテリア術

お部屋のインテリアを決めるうえで、色の組み合わせは重要です。お洒落なインテリアにしたい場...

ワイドハイターの使い方!柔軟剤と一緒に使っても大丈夫?

ワイドハイターは漂白剤とはいえ酸素系のため、白いものは白く、色柄ものもすっきりときれいに洗い上げてく...

電球がつかない!チカチカの原因は接触不良?その直し方は?

最近では、白熱球からLED電球へと家の中の電球を少しずつ変えている家庭が多いようです。LED...

白い家具の黄ばみやベッドのシミを落とす方法とは?

ソファなどの家具や寝具、プラスチック製品などは、長く使っているとシミや黄ばみができてしまうことってあ...

昼光色と昼白色と電球色、これらはどのような違いがあるの?

ホームセンターなどで蛍光灯やLED電球を見ると、「昼光色」「白昼色」「電球色」と、色に違いがあります...

ダイニングラグで実用的かつおしゃれなインテリアを実現!

ダイニングにラグを敷く主な目的は、やはり「食事による汚れの防止」や「傷の防止」ではないでしょうか...

間仕切りをカーテンでオシャレに!お部屋に合った選び方は

大きなお部屋をふたつに分けて使いたい時、あるいは扉がない場所に間仕切りが欲しい時は、オシャレなカ...

団地でも大丈夫!憧れのキッチンカウンターの作り方

キッチンは毎日使う所なので、よりおしゃれに使いやすくしたいですよね。中でも、カウンターキッチ...

手芸ブーム到来!オムツケースも手作りできちゃう!

今、女性を中心に手芸ブームが再到来しています。特に、お子さんがいる方は、子供服やオムツケース...

部屋の模様替えはカーテンから!安い・かわいいカーテン特集

部屋の模様替えをする際に、まずは、「一番目を引くカーテンから替えてみよう!」と思う方も多いのではな...

実家の掃除で運気がよくなる?親の家を仲良く片づける方法

皆さんの実家は、どんな状態ですか?きれいに掃除がされていますか?実家に里帰りすると、...

木製家具と白い壁で北欧風インテリア!塗装でアレンジも!

インテリアには様々なタイプがありますが、ここ最近安定した人気の北欧風インテリア。このように北欧風...

キッチン窓にぴったり合うカーテンを紹介!選び方も解説

家で気軽に買えるネット通販では、キッチンの窓に合うおしゃれなカーテンが数多く取り揃えられています...

スポンサーリンク

食器用洗剤には使用期限があるの?

食器用洗剤には、使用期限が記載されていませんよね?

安売りの時などに買いだめをしている方も少なくないと思いますが、あまり大量に買い過ぎても使用期限があるのかどうか気になります。

メーカーによると、「製造されてから3年は品質や安全性に問題が無い」とされていますが、保管状態によっても変わってくるとも言われています。

たとえば、直射日光の当たる場所や高温多湿の場所に保管しておいた場合などは、3年経たなくても変質していることもあります。

どのような変質が起こるのかというと、洗剤の酸化・分離が考えられ、臭いや使用した感じに違和感を覚えることが多いようです。

危険ではないようですが、洗浄力の低下などは否めないでしょう。

やはり、メーカーも推奨している通り、購入後はなるべく早く使った方が安心ですね。

実際には、3年を経過したものでも使っている方も多いようですが、直接体内に入れるものではないとは言え、食器は料理や食材を乗せるものですので、気になる方は使用を控えた方がいいのかもしれませんね。

無添加洗剤の使用期限はやっぱり短め?

最近は、健康や環境に気遣って、食器洗いにも無添加せっけんを使う方が増えています。

ここで気になるのが、無添加洗剤の使用期限がやはり短く設定されているのかどうかです。

実は、無添加洗剤の使用期限も、普通の食器用洗剤と同じく3年を目安にするとされています。

しかし、酸化防止剤が使用されていません。
そのため、高温多湿での保管を避けて、開封後は早めに使用することが望ましいです。

また、無添加せっけんは長期間保存しておくと黄色に変色してしまうことがありますが、使用上何の問題もありませんので、安心して使うことができます。

ところで、無添加せっけんは防腐剤も含まれていませんが、どうして腐らないのか疑問に思ったことはありませんか?

せっけんは弱アルカリ性なので、微生物が発生したり発育したりするのが難しい環境となっています。

一般的に、家庭で生息する微生物は中性から弱酸性の環境下で繁殖するものが多いので、せっけんには繁殖しにくくなっています。

このように、せっけんのような無添加洗剤でも、腐らない理由があるのです。

重曹を洗剤としても使える!気になる使用期限はどの位?

重曹は、キッチン周りのお掃除にもかなり重宝するものですが、食器用洗剤として使うこともできます。

使用期限ですが、水にぬらさないようにして直射日光と高温多湿での保管を避け、タッパーなどの密閉容器に入れて保管すると、3年から5年は変質することもなく問題なく使えるとされています。

しかし、いつ購入したのか忘れてしまっていると、何年経っているのかはっきりと分かりませんよね。

その時に試していただきたいのが、ビネガーをかけてみる方法です。
重曹に数滴のビネガーをかけて、ブクブクと泡が出るようでしたら、使っても大丈夫でしょう。

もし泡立ちが悪かったりダマになっただけだったりする場合は、品質が低下している可能性もあるので、食器洗いには使わずに流しのお掃除などに使用したほうがいいです。

また、重曹を使って手作りの洗剤を作っているかたもいらっしゃると思います。

手作りの重曹洗剤は安定剤や防腐剤が入っていないので、時間とともに効果が薄れてしまいます。
1週間程度を目安として使い切るようにしましょう。

使用期限切れの食器用洗剤の処分方法

使用期限が切れてしまった食器用洗剤を、いざ処分しようとしたとき、「処分方法が分からない!」と困ってしまうこともあると思います。

「食器洗い用だから、普通に流しから捨てていいのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それはやめた方がいいでしょう。

洗剤の多用は排水管のつまりの原因になりますし、その後に油汚れを流してしまうと排水溝の中がどろどろになってしまいます。

また、洗剤を新聞紙などに染み込ませて燃えるゴミとして出すということも考えられますが、ダイオキシンが発生する可能性もあることから、燃えるゴミとして処分するのも問題です。

おすすめの処分方法としては、「トイレ掃除に使ってしまう」という方法です。

下水につながっている場合は、流しの掃除に使っても大丈夫ですが、つながっていない場合は、トイレ掃除に使うほうがいいでしょう。

中身を使い切ったら、空になった容器を水道水でよくすすいで、行政のきまりに従って処分しましょう。

行政のホームページを見ても、洗剤の処分方法についてはあまり詳しく書かれていないことが多いので、気になる方は直接確認してみることをおすすめします。

食器用洗剤の正しい「詰め替え」方法を知っていますか?

古い食器用洗剤でも、未開封で3年以内のものならば、安心して使えることが分かりました。

その洗剤が詰め替えタイプのものであれば、今使っている食器用洗剤が使い終わってから詰め替えることになりますよね。

その「詰め替え」ですが、正しい詰め替え方法を知らない方が少なくないようです。

正しい詰め替え方法は、使用しているボトルの中をきれいに洗って乾燥させてから新しい洗剤を詰め替えます。

キッチンは湿気のある場所のため、雑菌が繁殖しやくカビが生えやすい環境と言えます。
雑菌の繁殖したままのボトルに新しい洗剤を足すと、雑菌が増々増えていくことになってしまいます。

また、食器用洗剤に限ったことではありませんが、洗剤は開封した時点で劣化が始まります。

詰め替え用の洗剤も、詰め替え時に空気に触れることになるので、遅くても1年以内に使い切るようにしましょう。

洗剤できれいに食器を洗ってるつもりが、カビなどの雑菌が繁殖した泡で洗っていたと思うと、ぞっとしてしまいますね。

洗剤の使用期限を守るとともに正しい詰め替え方で衛生面も守っていきたいですね。

キッチン周りを確認して、食器用洗剤を溜め込まないのも大切

食器用洗剤の使用期限が気になる時というのは、「掃除をしていたら、棚の奥の方から古い洗剤がたくさん出てきたけど、まだ使えるの?」と疑問に思った時ではないでしょうか?

スーパーやドラッグストアなどで食器用洗剤の安売りを見かけると、「安い時に買っておこう」とあまり考えずに購入してしまうことが多いと思います。

実際、1つ位はストックとして置いておきたいですよね。

しかし、安いからといってあまりたくさん買い過ぎてしまうと、使用期限内に使い切れるかどうかも分かりませんし、収納場所にも困ってしまいます。

「とりあえずまとめてしまっておこう」とすると、数年後にまとめて発見されるということが繰り返されてしまうかもしれません。

メーカーで使用期限は3年を目安にとされている以上、その期限を守って使いたいですね。

また、キッチン周りは色々なものが置かれているので、余計なものが増えると増々散らかっているように見えてしまいます。

キッチン周りをできるだけすっきりと見せるためにも、購入するのは必要最小限に抑えておく方がいいかもしれませんね。

食器用洗剤の使用期限は3年!溜め込み過ぎに注意しよう

食器用洗剤の使用期限は、未使用のもので3年とされています。
保管状態にもよりますので、なるべく早めに使うことをおすすめします。

また、使用期限切れの洗剤を処分する方法は、トイレ掃除などで使うことで無駄なく使い切ることができますが、どうしても処分したいという場合は、行政に問い合わせてみましょう。

洗剤などの日用品はつい安いときにまとめて購入しがちです。

使い切れるかどうか、現在のストック状況はどうかなどを確認しながら、購入するのは必要最小限にしておきましょう。