布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

洗剤の使用期限っていつまで?食器を洗っても大丈夫?

2017.10.12

食器用洗剤の使用期限はどのくらいなのか、疑問に思ったことはありませんか?
裏を見てみても、特に記載されてはいないので、古い洗剤でも普通に使っている方もいらっしゃると思います。

しかし、食器は食事を盛り付けるものです。
口に入るものを直接乗せる食器を洗う洗剤は、できれば使用期限内の安全なものを使いたいですよね。

そこで、食器用洗剤の消費期限について調べてみましたので、参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

手芸ブーム到来!オムツケースも手作りできちゃう!

今、女性を中心に手芸ブームが再到来しています。 特に、お子さんがいる方は、子供服やオムツケース...

ウォシュレットを設置するトイレがコンセントなしの場合は

毎日必ず使用するトイレにウォシュレットがない、というご家庭もあるでしょう。 特に賃貸物件や...

【基本を学ぼう】インテリアコーディネートのポイント!

お部屋のインテリアコーディネートでは、ただ好きなデザインや色、柄のものを置くだけでは雑然とした印...

インテリアよりも壁紙がポイント?憧れの西海岸スタイル!

家を建てる際に、多くの方が悩むと言われているのが壁紙です。 部屋の雰囲気を決める上で、壁紙選び...

読書灯でベッドをおしゃれな空間に!失敗しない選び方とは

眠る前のわずかな時間、読書を楽しまれる方はたくさんいらっしゃいますよね。 しかし、くつろいだ姿...

部屋のアレンジにも使える?!マスキングテープの活用法!

最近、よくマスキングテープを目にする機会が多いのではないでしょうか? 種類が多く、可愛いものか...

6畳を理想空間に!インテリア次第で男の夢のおしゃれ暮らし

1人暮らしの間取りの多くは6畳1Kです。 限られたスペースではインテリアに凝れないと、割り...

インテリアでアートを飾るのって難しい?おしゃれな飾り方!

インテリアコーディネートがプロ並みに上手いと憧れますよね。 空間のレイアウトだけではなく、...

石膏ボードに誰でも綺麗に壁紙を張り替えるやり方とは?

部屋の壁紙も古くなり、そろそろ新しい壁紙に張り替えたい! しかし、自分で壁紙なんて張り替えられ...

冷蔵庫のマットが気になる!せっかくならアートなデザインに

ほとんどの人は、毎日お世話になっている冷蔵庫があるのは当たり前で、無意識になっていることが多いようで...

コンクリートに開いたネジ穴、その補修方法って知ってる?

賃貸でも持ち家でも、普通に暮らしていると壁に色々飾ったりしますよね。 壁掛け時計、絵画、ポ...

シーリングライトの設置!壁スイッチなしの部屋でも使える?

最近では、寝室として使う和室にも、シーリングライトを付ける家庭が多くなっているようです。 しか...

壁の傷の修復どうしてる?100均商品で簡単に直してみよう!

自宅の壁をあらためて見てみると、「こんなところに傷が!」とビックリすることがありますよね。 ...

自分の部屋が6畳だった場合に置く物のサイズと必要な物とは

引っ越しや新築を建てた時、親に初めて自分のお部屋をもらった時などは、何を置こうか色々考え、楽しい...

勉強机の蛍光灯が切れた!替え方を覚えて勉強効率アップへ

勉強机の蛍光灯が切れてしまったら、勉強に支障が出るため、すぐに替えなければなりません。 しかし...

スポンサーリンク

食器用洗剤には使用期限があるの?

食器用洗剤には、使用期限が記載されていませんよね?

安売りの時などに買いだめをしている方も少なくないと思いますが、あまり大量に買い過ぎても使用期限があるのかどうか気になります。

メーカーによると、「製造されてから3年は品質や安全性に問題が無い」とされていますが、保管状態によっても変わってくるとも言われています。

たとえば、直射日光の当たる場所や高温多湿の場所に保管しておいた場合などは、3年経たなくても変質していることもあります。

どのような変質が起こるのかというと、洗剤の酸化・分離が考えられ、臭いや使用した感じに違和感を覚えることが多いようです。

危険ではないようですが、洗浄力の低下などは否めないでしょう。

やはり、メーカーも推奨している通り、購入後はなるべく早く使った方が安心ですね。

実際には、3年を経過したものでも使っている方も多いようですが、直接体内に入れるものではないとは言え、食器は料理や食材を乗せるものですので、気になる方は使用を控えた方がいいのかもしれませんね。

無添加洗剤の使用期限はやっぱり短め?

最近は、健康や環境に気遣って、食器洗いにも無添加せっけんを使う方が増えています。

ここで気になるのが、無添加洗剤の使用期限がやはり短く設定されているのかどうかです。

実は、無添加洗剤の使用期限も、普通の食器用洗剤と同じく3年を目安にするとされています。

しかし、酸化防止剤が使用されていません。
そのため、高温多湿での保管を避けて、開封後は早めに使用することが望ましいです。

また、無添加せっけんは長期間保存しておくと黄色に変色してしまうことがありますが、使用上何の問題もありませんので、安心して使うことができます。

ところで、無添加せっけんは防腐剤も含まれていませんが、どうして腐らないのか疑問に思ったことはありませんか?

せっけんは弱アルカリ性なので、微生物が発生したり発育したりするのが難しい環境となっています。

一般的に、家庭で生息する微生物は中性から弱酸性の環境下で繁殖するものが多いので、せっけんには繁殖しにくくなっています。

このように、せっけんのような無添加洗剤でも、腐らない理由があるのです。

重曹を洗剤としても使える!気になる使用期限はどの位?

重曹は、キッチン周りのお掃除にもかなり重宝するものですが、食器用洗剤として使うこともできます。

使用期限ですが、水にぬらさないようにして直射日光と高温多湿での保管を避け、タッパーなどの密閉容器に入れて保管すると、3年から5年は変質することもなく問題なく使えるとされています。

しかし、いつ購入したのか忘れてしまっていると、何年経っているのかはっきりと分かりませんよね。

その時に試していただきたいのが、ビネガーをかけてみる方法です。
重曹に数滴のビネガーをかけて、ブクブクと泡が出るようでしたら、使っても大丈夫でしょう。

もし泡立ちが悪かったりダマになっただけだったりする場合は、品質が低下している可能性もあるので、食器洗いには使わずに流しのお掃除などに使用したほうがいいです。

また、重曹を使って手作りの洗剤を作っているかたもいらっしゃると思います。

手作りの重曹洗剤は安定剤や防腐剤が入っていないので、時間とともに効果が薄れてしまいます。
1週間程度を目安として使い切るようにしましょう。

使用期限切れの食器用洗剤の処分方法

使用期限が切れてしまった食器用洗剤を、いざ処分しようとしたとき、「処分方法が分からない!」と困ってしまうこともあると思います。

「食器洗い用だから、普通に流しから捨てていいのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それはやめた方がいいでしょう。

洗剤の多用は排水管のつまりの原因になりますし、その後に油汚れを流してしまうと排水溝の中がどろどろになってしまいます。

また、洗剤を新聞紙などに染み込ませて燃えるゴミとして出すということも考えられますが、ダイオキシンが発生する可能性もあることから、燃えるゴミとして処分するのも問題です。

おすすめの処分方法としては、「トイレ掃除に使ってしまう」という方法です。

下水につながっている場合は、流しの掃除に使っても大丈夫ですが、つながっていない場合は、トイレ掃除に使うほうがいいでしょう。

中身を使い切ったら、空になった容器を水道水でよくすすいで、行政のきまりに従って処分しましょう。

行政のホームページを見ても、洗剤の処分方法についてはあまり詳しく書かれていないことが多いので、気になる方は直接確認してみることをおすすめします。

食器用洗剤の正しい「詰め替え」方法を知っていますか?

古い食器用洗剤でも、未開封で3年以内のものならば、安心して使えることが分かりました。

その洗剤が詰め替えタイプのものであれば、今使っている食器用洗剤が使い終わってから詰め替えることになりますよね。

その「詰め替え」ですが、正しい詰め替え方法を知らない方が少なくないようです。

正しい詰め替え方法は、使用しているボトルの中をきれいに洗って乾燥させてから新しい洗剤を詰め替えます。

キッチンは湿気のある場所のため、雑菌が繁殖しやくカビが生えやすい環境と言えます。
雑菌の繁殖したままのボトルに新しい洗剤を足すと、雑菌が増々増えていくことになってしまいます。

また、食器用洗剤に限ったことではありませんが、洗剤は開封した時点で劣化が始まります。

詰め替え用の洗剤も、詰め替え時に空気に触れることになるので、遅くても1年以内に使い切るようにしましょう。

洗剤できれいに食器を洗ってるつもりが、カビなどの雑菌が繁殖した泡で洗っていたと思うと、ぞっとしてしまいますね。

洗剤の使用期限を守るとともに正しい詰め替え方で衛生面も守っていきたいですね。

キッチン周りを確認して、食器用洗剤を溜め込まないのも大切

食器用洗剤の使用期限が気になる時というのは、「掃除をしていたら、棚の奥の方から古い洗剤がたくさん出てきたけど、まだ使えるの?」と疑問に思った時ではないでしょうか?

スーパーやドラッグストアなどで食器用洗剤の安売りを見かけると、「安い時に買っておこう」とあまり考えずに購入してしまうことが多いと思います。

実際、1つ位はストックとして置いておきたいですよね。

しかし、安いからといってあまりたくさん買い過ぎてしまうと、使用期限内に使い切れるかどうかも分かりませんし、収納場所にも困ってしまいます。

「とりあえずまとめてしまっておこう」とすると、数年後にまとめて発見されるということが繰り返されてしまうかもしれません。

メーカーで使用期限は3年を目安にとされている以上、その期限を守って使いたいですね。

また、キッチン周りは色々なものが置かれているので、余計なものが増えると増々散らかっているように見えてしまいます。

キッチン周りをできるだけすっきりと見せるためにも、購入するのは必要最小限に抑えておく方がいいかもしれませんね。

食器用洗剤の使用期限は3年!溜め込み過ぎに注意しよう

食器用洗剤の使用期限は、未使用のもので3年とされています。
保管状態にもよりますので、なるべく早めに使うことをおすすめします。

また、使用期限切れの洗剤を処分する方法は、トイレ掃除などで使うことで無駄なく使い切ることができますが、どうしても処分したいという場合は、行政に問い合わせてみましょう。

洗剤などの日用品はつい安いときにまとめて購入しがちです。

使い切れるかどうか、現在のストック状況はどうかなどを確認しながら、購入するのは必要最小限にしておきましょう。

 - 生活