布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

「海外の王室」情報集!これであなたも王室通になれる!

2017.9.15

「約196か国」この数字は、日本が国として他国を承認した数を指します。

そのうちの27ヶ国は、独立国家として王室を持つ国々です。

海外の王室と聞くと、真っ先に思い浮かぶ国は、イギリスではないでしょうか。
最近では、ウィリアム王子のご子息「ジョージ王子」に関するニュースを日本でもよく取り上げています。

今回は、「海外の王室」というキーワードと一緒に、関連付けられて検索されるものについてまとめました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ガラスを割って、破片が飛び散った!そんな時の対処法!

ガラスのコップを割ってしまった! そんな時、むやみに処理をするのは、怪我をしてしまったりとても...

子供部屋のクローゼット、奥行は深めと浅めどちらがいいの?

子育て世代のファミリーが、新しく家を建てる際、一番考えるのが「子供部屋」ではないでしょうか? ...

覚えると便利に!ポットの安全装置について良く知っておこう

電気ポットならあらかじめ沸かしたお湯をすぐに使えとても便利なものですが、電気ポットに搭載されている安...

お部屋を手軽にアレンジできる!100均一のアイテムを紹介

お部屋を低予算で手軽にアレンジでき、おすすめなのが100均一ショップのアイテムです。 最近...

カビキラーの正しい効果的な使い方で頑固なカビを撃退!

浴室や洗濯槽などのカビ汚れに噴射することでカビを除去できる商品、カビキラー。 使ったことが...

【お悩み解決】ガラスの破片が体内に入るとどうなるの?

ガラスを割ってしまった時、どんなにきちんと掃除したつもりでも、破片が残ってしまっているのではないかと...

憧れの的!海外王室の情報をブログを参考にチェック!

「聖人君子」、こういった言葉に相応しく、常に国民の見本となる憧れの的の海外の王室。 彼らの...

意外と知らない?賃貸アパートについている照明に関するお話

賃貸物件に引っ越して住むときに、照明の存在はとても気になるポイントです。 引っ越し先のアパート...

子供が一人で寝られるように助けよう!ベッドの大きさは?

毎日なにげなく生活している中で、子供の存在は、生活を幸せにしてくれますよね。 たまには、いたず...

鍵は部屋用も必要?メリット・デメリットと簡易錠をご紹介!

お子さんがいるご家庭では、書斎や子供部屋用に鍵を付けるかどうか悩んだという経験がある方も多いので...

勉強机の蛍光灯が切れた!替え方を覚えて勉強効率アップへ

勉強机の蛍光灯が切れてしまったら、勉強に支障が出るため、すぐに替えなければなりません。 しかし...

フィギュアの組み立て!台座に入らないときはどう対処する?

多くの方が組み立てたことがあるであろうフィギュアですが、たまに台座に「入らない」「届かない」なんてこ...

シーリングライト操作は壁スイッチ?リモコン?違いと利点

居室や寝室、子供部屋など生活するうえで活躍する照明。 デザインを重視したペンダントライトが見直...

フィギュアを台座に正しく固定してディスプレイを楽しもう!

見た目の可愛さと細部まで技巧が施されたフィギュアについつい手を出してしまったけど、どうやって飾ったら...

コンクリートの壁にネジ止めするなら下穴は必須なのか?

鉄筋コンクリート造のマンションに住んでいると、どうしてもコンクリート部分にフックを取り付けたり、家電...

スポンサーリンク

海外王室の美女たち

「海外の王室」と、一緒に関連付けられて調べられているものが、「美女」というキーワードです。
少し意外に思われる方も多いかと思いますが、多くの方が関心を持っている事柄なのでしょう。

ここでは、海外王室の中でも特に「美しい」、「可愛らしい」と称賛された3人をご紹介します。

・モナコ公国『グレース・ケリー公妃』

マリリン・モンローやオードリー・ヘプバーンは、知らない人はいない世界的美女です。
この美女たちと共に、「20世紀を代表する絶世の美女」と称されたのが、女優のグレース・ケリーです。

彼女は、カンヌ国際映画祭に出席していた際に、当時のモナコ公国大公(国の主君という意味)「レーニエ3世」と知り合いました。

その出会いがきっかけとなり、めでたく結ばれ、1956年にモナコ公国公妃となりました。

結婚式の様子は、ヨーロッパ諸国でも生中継される程、人々の高い関心を集めるものとなり、「シンデレラストーリー」を歩んだ女性として知られています。

・スペイン『レオノール王女』

彼女は、「フェリペ王太子」と「レティツィア妃」の長女として生まれ、現時点でのスペイン王位継承順位は第1位となっています。

澄んだ青色の瞳に、華やかなブロンドの髪が特徴で、可愛らしい王女と人々から称賛されています。

2014年に、父であるフェリペ王太子が即位し、スペイン国王となるに伴い、9歳の若さで「アストゥリアス女公」の称号を得ました。

スペインは基本、男子が優先して王位を継承される制度を有しています。
そのため、両親との間に男児が誕生すれば、王位継承権がなくなります。

レオノール王女が、父王の後を継いで女王となるのか、注目が集まっています。

・ヨルダン『ラーニア王妃』

「パレスチナ人医師」の娘として、彼女はクウェートで誕生した後、大学では経営学を専攻します。
その後、イランがクウェートに侵攻したことをきっかけに、ヨルダンへ移住しました。

モデルのようなルックスをした彼女ですが、大学卒業後は銀行員として勤務します。

知人のパーティに出席した際に「アブドゥルツラー2世」と知り合い、半年の交際期間を経て、1993年年に結婚しました。

ヨルダン王室の一員として迎え入れられたのです。

海外王室のイケメン大集合!

美女の次に、多く関連付けられて調べられている言葉は「イケメン」です。
海外王室を彩る、男性をご紹介します。

・モナコ公国『アンドレア王子』

モナコ公国公子継承権2位を持つ「アンドレア王子」は、イタリアの「実業家である父」と「カロリーヌ公女」の間に誕生しました。

王子や、公子、と呼ばれるケースが多い方ですが、一般人の父を持つ為、その称号は保有していないそうです。

祖母に女優「グレース・ケリー」を持ち、その端正な顔立ちから、1999年に「世界で最も美しい50人」にも選出されています。

・ベルギー『アメデオ王子』

ベルギーの王位継承権7位を有するのが、「アメデオ王子」です。
彼は、オーストリアの「ローレンツ大公」と「ベルギー王アルベール2世の長女」との間に、長男として誕生しました。

兵役を終えた後は、ベルギー陸軍の予備士官、という立場でもあります。
2017年から、父親であるローレンツが、頭取を務める銀行に勤務しています。

・スウェーデン『カール王子』

王位継承権2位を持つ、スウェーデンの若き王子です。
1979年に「国王カール16世」と「シルヴィア王妃」の第2子として誕生し、姉と妹を持つ第1王子でもあります。
2000年に兵役を終え、2002年に海軍へ入隊しました。
2003年からは、グラフィックデザインを学び始めています。

現在は、王子としての公務に携わると同時に、プロのレーサーとしての活動も行っています。

海外王室を支える子供たち

王室に生まれたロイヤルベビーたちは、やがて王や女王となり、国を支えていきます。
そんな海外の王室の未来を担う子どもたちを、ご紹介していきます。

・イギリス『ジョージ王子』

2013年に「ウィリアム王子」と「キャサリン妃」との間に誕生し、現在は「エリザベス女王」の3人目のひ孫にあたります。

ジョージ王子誕生のニュースは、ヨーロッパのみならず、日本でも広く報道され、人々の関心を集めました。

また、彼が着ていた服や身に着けていたものがテレビに出ると、そのメーカーに問い合わせが殺到し、これらの品が品薄状態になる、という現象も引き起こす程人気のある王子です。

・スウェーデン『エステル王女』

「ヴィクトリア王太子」と「ダニエル王子(ヴェステルイェート公爵)」の第1子です。
スウェーデンの王位継承は現在2位で、1位は母であるヴィクトリア王太子です。

物おじしない性格で、とても可愛らしいと評判になっています。
女王を継ぐ身分である彼女が、いつ女王の地位に就くのか注目が集まりつつも、現在も健やかに成長しています。

・デンマーク『クリスチャン王子』

2005年に、デンマーク王太子「フレデレク」と「メアリー妃」の第1子として誕生しました。
王位継承権第1位は、父のフレデレク王太子なので、王位継承権2位を有しています。

全名は、「クリスティアン・ヴァルマー・アンリ・ジョン」で、すべて彼の縁者に由来する名前となります。
因みに、クリスチャン王子の名づけ親は、王太子夫妻の友人夫妻を含む計8名です。

海外王室を紹介するブログ

近年、インターネット環境の普及に伴い、様々な事柄をブログとして発信されるようになりました。

人それぞれに関心が違う為、医療のことだったり、恋愛や占いの内容だったり様々な情報をまとめたブログが飛び交っています。

それは海外の王室に関しても同じことです。

海外の王室に興味を持ち、様々な手順を駆使して情報を集めているブログは、近年の王室事情を知りたい人にとって、とても頼りになる物となるでしょう。

海外の王室についてまとめられているブログの中で代表的なものが「ヤプログ」でしょう。

主に、ヨーロッパを中心とした王室情報をお届けし、その内容は王族のプロフィール情報や最新のゴシップ情報等を含んでいます。

最近では、デンマーク王子のフェリクス王子が15歳の誕生日を迎えたことや、7月にベルギーの建国記念日に国王一家が参列した内容が載っています。

海外王室と日本の王室の違い

今まで、海外の王室についてご紹介してきましたが、日本も世界で唯一「天皇」が存在する国であることを忘れてはなりません。

しかし、王室と皇室にはどのような違いがあるのでしょう。
ここでは、王室を代表して、イギリス王室と皇室を比較していきます。

決定的な違いとして挙げられるのは、日本の天皇は「神」であるのに対し、海外の王室に連なるのは「人」という認識が一般的にあることです。

また、日本は、歴史を文字に起こす時代以来、建国の祖となった「王家の家系が連綿と続いている」とされています。

イギリス王室は、他国を次々と征服してきた「征服者の子孫である」というような違いも挙げられるでしょう。

ちなみに、日本の皇室は、神話となっている「天地創造の神」まで家系を遡ることができるとされています。

日本のように、神話の時代まで家系を遡ることができる程、歴史深い王室がある国はとても希少です。
日本は、海外に誇ることができる国なのではないでしょうか。

海外の王室に迎えられた日本人女性

日本には、海外の王室の一員になった方が、実は多くいます。
今回は、その中の2名に焦点を当てていきます。

・『青山光子さん』

1874年、油屋兼骨董商を営んでいた「青山喜八」と、その妻「つね」との間に誕生しました。
稽古事に熱心に取り組み、絵画や琴、三味線を扱うことができたと言われています。

その後、当時のオーストリア=ハンガリー帝国の伯爵「ハインリヒ・クーデンホーフ=カレルギー」が、駐日代理公使として赴任した際に出会い、恋に落ちました。

当時は、由緒正しい伯爵家の血を持つ家系に、日本人が入ることや、日本人女性が外国人男性と結婚することは、常識外の行為とされ、厳しい反対意見も多く出たようです。

その状況下の中でも、2人は周囲の反対をものともせず、結婚することができました。

・『大山清子さん』

兵庫県の山間部にある村で、「木工職人の父」の長女として誕生しました。
19歳となった彼女は、神戸の税関で働く、ごくごく普通の女性だったそうです。

しかし、ある時、仕事仲間とダンスホールを訪れたことで、人生が劇的に変わります。

そのダンスホールには、オマーン国「タイムール前国王」もおり、彼は「清子さん」に一目惚れをしてしまいました。

当時の日本では、国際結婚は珍しく、清子さんのご両親も、タイムール前国王が日本に住むなら結婚を許す、という条件を提示します。

しかし、タイムール前国王は、この時点では、清子さんやご両親に、自分の身分を明かしていません。

彼は、一度オマーン国へ帰国すると、親族に事情を説明し、王室からの離脱を済ませ、再び日本に戻り清子さんと結婚しました。

海外の王室情報は途切れない

一般的な授業では、詳しく知ることができないのが海外の王室の歴史です。
海外好きの方からしたら、とても魅力的な事柄だと思います。

今回ご紹介した情報は、海外の王室と関連付けられて検索される事柄です。

ご紹介した情報が少しでも、海外の王室に興味を持っている人の目に留まることを願っています。

 - 生活