布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

ベランダに洗濯機を置いて使う時には、専用の台が必要なのか?

2017.9.14

基本的に家のベランダは洗濯ものや布団干しなどに使うのが当たり前ですが、マンションなど屋内に洗濯機が置けない場所に住んでいる方は、ベランダに洗濯機を置いて使うという選択肢に迫られるのも事実です。

もし、ベランダに洗濯機を置く時には専用の台が必要なのでしょうか。

また、洗濯機専用の台はどのようなものがあるかなど、多方面にわたってお話していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ウォシュレットをコンセントから抜くと本当に節電出来る?

ウォシュレットは、家電製品の中でも特に電力を消費する製品だと知っていますか? 今ではすっかり当...

電球に書かれている「100v」と「60wまで」とは?

ふと気付いたら、電球が切れそうになっていることが多いです。 そんな時、電球を取り替えますよね。...

窓の隙間テープはどこに貼るべき?わかりやすく解説!

冬になると、防寒対策として窓からの隙間風防止を考える必要があります。 そこで、100均でも買え...

ナチュラルなインテリアで北欧風のキッチンを演出

近年では定番になり始めている北欧インテリアですが、キッチンにもこれを取り入れることが人気になってきて...

畳やフローリングマットを清潔にしてカビ予防をしよう

日本の文化といっても良い程、畳は古くから親しまれてきました。 最近では、畳のお部屋の雰囲気を変...

インテリアのカラーでアイボリーに似合うのは何色?

部屋のインテリアのカラーを決めるとき、何を基準に選んでいますか? 日本の壁紙の色はアイボリー系...

インテリアはカラーコーデ次第!家具の色合いをどう選ぶ?

お部屋のインテリアを考える時、床材や扉の色と家具の色合いはどのような組み合わせが良いのでしょうか...

かわいくて機能的!北欧風のカーテンで魅力あふれる空間に

おしゃれなデザインが豊富で、魅力的な北欧スタイルのカーテン。 しかし、本場ヨーロッパの製品は、...

効果あり?!ダイソン掃除機の布団ノズルを使ってみよう!

ジメジメした梅雨に入ると気になりだすのが、お布団の中のダニや埃です。 掃除機で一気に除去したい...

カビキラーの正しい効果的な使い方で頑固なカビを撃退!

浴室や洗濯槽などのカビ汚れに噴射することでカビを除去できる商品、カビキラー。 使ったことが...

便利でかわいく!キッチンの出窓はおしゃれに活用しよう!

「キッチンが雑然としていておしゃれじゃない!」という、不満をお持ちの方は多いでしょう。 生活感...

我が家の洗濯機のサイズ!入らないほどの洗濯物はどうする?

洗濯機を購入する前に、どの程度の容量が入る洗濯機を購入するべきか知っておくことも大切です。 そ...

インテリア選びに活用!最新式の3Dシミュレーション!

VRやARという言葉を耳にする機会は、徐々に増えてきつつあります。 我々の生活を豊かにしてくれ...

ダイニングラグで実用的かつおしゃれなインテリアを実現!

ダイニングにラグを敷く主な目的は、やはり「食事による汚れの防止」や「傷の防止」ではないでしょうか...

カーテンを高い位置に変えるだけ!部屋のアレンジ方法ご紹介

部屋を模様替えするときに、カーテンについて考えたことってありますか? 部屋の造りに対して、どの...

スポンサーリンク

ベランダに洗濯機を置く時に台は本当に必要か?

ベランダに洗濯機を購入して設置する時に、台が必要かどうかはその場所や状況によって異なってきます。

例えば、排水溝の差込口の位置によって、台のあり方も変わってきます。

最近建てられたマンションや一戸建ての脱衣所などに洗濯機が置ける場合には、床に直に排水溝の差込口があり、台を設置せずに直置きでよいタイプが主流になっています。

この場合には洗濯機を置く台を使わずに、設置し使用することが可能です。

築年数が古いマンションなどでベランダに洗濯機を置いたり、戸建てでも屋外に洗濯機を置くようにする場合には、洗濯機の専用の台を使用した方が無難です。

室内と違って屋外に洗濯機を置くこと自体、無防備な状態であるといえます。

洗濯機の底面に枯れ葉やゴミなどが飛んできて詰まってしまったりすると、掃除も簡単にできませんし、台風などでベランダが浸水した場合には冠水によって洗濯機が壊れることがあります。

また、築年数が古いマンションの2階以上に住む場合には、屋内であってもベランダであっても、漏水の危険性がありますので、防水パンや洗濯機の専用の台はあった方がいいのです。

ベランダ用に使う洗濯機の下の台としてレンガを使う

さて、実際にベランダ用に使う洗濯機の下の台を考えても、なかなか自分では作れないのが普通です。

しかし、外に直置きにはできません。
直置きすることで一番起きやすい故障の原因に、冠水があります。

洗濯機を設置する専門の業者によると、できるかぎり洗濯機は台の上に置いた方がいいという話です。

そこで考えられるものとして、「通販などで購入する」方法と、「レンガを使う」という方法があります。

洗濯機を動かすことがない場合に、とても簡単にまた安価に設置する方法は、レンガを使うというものです。

よくホームセンターの園芸コーナーなどで、レンガを見かける機会があるかと思います。
レンガなら、1個あたり数百円で購入できます。

洗濯機を設置する際に、洗濯機の下部4隅にレンガを置けば終了です。

ただし、この方法はとても簡易なだけに、洗濯機の下部と床の隙間はとても無防備になってしまいます。
洗濯機を長持ちさせて使いたいなら、専用の台を購入するのが一番です。

ベランダに洗濯機の台を置くときに注意することとは?

実際にベランダに洗濯機の台を置こうと決めたら、いろいろと考えなくてはなりません。

第一考えるべきは、ベランダの幅と洗濯機がマッチするかです。

これは、台を置く置かないの以前の、洗濯機が入るかどうかといった問題です。

マンションのベランダで、たまに幅が狭いところがあります。
見た目では洗濯機が十分置けそうな感じがしていても、置こうとしたら幅が足りないという話がよくあります。

そこで、屋外に洗濯機を置くつもりで引っ越すなら、まずは洗濯機の幅とベランダの幅を調べておきましょう。

市販の洗濯機の台は、最近のものなら洗濯機の外寸、あるいはそれ以下の幅で設置することが可能です。
前述のレンガで対応する場合でも、洗濯機の足の幅の内側にできるだけ入れ込んだ形で設置すれば使えます。

まずは、無事に洗濯機が置けるスペースがあるか確認をしましょう。

また、ベランダの床が斜めになっていないかも見ておきましょう。

もし平らでなかったり斜めだったりしたら、洗濯機を置く際に平らにおけるように工夫しなければなりません。

ベランダに置く洗濯機の台には種類がある!?

ベランダに置く洗濯機の台は、1種類ではありません。

室内でも屋内でも対応でき、キャスター付きで、通常なら大人が2人がかりで運ぶような重いドラム式の洗濯機の移動も楽々できる便利なものがあります。

このタイプの台は鉄やスチールで頑丈にできているので、耐久性にも優れているので安心して使用できます。

また、洗濯機を台に乗せているときに心配なのが、脱水時の振動で外れないかということです。

キャスター付きの洗濯機の台は、ナイロン樹脂で覆われたジャッキ足を回してキャスターよりも長く伸ばしておくことで、しっかり固定できるようになっています。

そのため、脱水中に不意にキャスターが動いて、洗濯機が移動するということはありません。

また、台を兼ねた新型の防水パンも存在します。

従来の防水パンとの違いは、洗濯機の4隅の足が接地する部分だけ高くなっていて、その上に洗濯機を乗せるので、下部の掃除がしやすくなっているというところです。

台を兼ねた防水パンを使用するのは、どちらかというと、漏水が気になる屋内が適しているといえます。

他には、洗濯機の下部にある4隅の足に直に取り付ける、かさ上げ台というものがあります。

このかさ上げ台は、両面テープでとても簡単につけられて、大変便利です。
先ほどお話した、防水パンの4隅の足だけが売られているといった感じのものです。

洗濯機をベランダに置くときに気にしたいこと

洗濯機をベランダに置くときに気にしたいことといえば、まず防塵です。

屋外に置くと、様々なものが風に飛ばされてきます。
大きなものから小さなものまで、たくさんのものです。

中でも砂塵は、ちょっとした隙間であっても入り込んできます。

洗濯機を守るといった対策では、洗濯機カバーを使用することが大事です。

カバーをすることで、まずまずの対策ができます。

更に洗濯機カバーをしたまま洗濯もできるスグレモノが、販売されていますので多少の風が吹いていても安心です。

ただし、洗濯機の専用カバーには、大きな弱点があります。
台風などの強風が吹くと、飛ばされてしまいがちなところです。

また、すぐに破れてしまうといったことも良くあることです。

飛ばされないように、しっかりとひもなどで縛り付けて置くことも必要です。
できればストックを置くなどして置き、洗濯機本体をさらすことのないようにしましょう。

洗濯機カバーには防塵だけではなく、防水機能もあります。

洗濯機が雨にさらされないように、常時付けて置くことをおすすめします。

防水ができれば当然のことですが、防錆対策にもなります。

洗濯機の台に乗せていれば冠水することはなく、洗濯機下部が錆び付くことを防ぐ大きな役割を果たします。

洗濯機はそのままでも屋外で十分に長く使えるといわれていますが、カバーや専用の台などを使うことで掃除も簡単にできますので、洗濯機をベランダに置く場合には考えておきましょう。

ベランダに洗濯機の台をどう設置するか

ベランダに洗濯機の台をどう設置するか考える時には、まず、洗濯機の排水口ががどうなっているか調べておきます。

排水の仕方によって、洗濯機の向きや位置も決まってきます。

ベランダが広い場合には向きや位置に関しては、それほど気を遣わなくて済みそうですが、マンションなどの狭い空間に洗濯機を設置する場合にはとても重要になってくることなのです。

ご自分の洗濯機の給水や排水の位置を、最初に押さえておきましょう。

洗濯機を設置する時に無理な角度で排水ホースを排水口に差し込むと、水漏れを起こしてしまう危険性があります。

また、洗濯機が正常に排水するには、洗濯機の位置が排水口より高くなっていることが大きなポイントになってきます。

もし、洗濯機を設置する時点で高さに問題がある場合には、洗濯機用の台を使用して、高さの調節を行う必要があります。

これらの点を基準にして、設置場所や状態などを良く見て考えてから、洗濯機の台を置くようにしましょう。

台をうまく利用しよう!

ベランダに置く洗濯機のための台について、お話してきました。

洗濯機はただ単に設置すればいい、というものではないのです。

排水には洗濯機の高さが、排水口より高くなくてはなりません。

排水溝の位置が洗濯機よりも高く感じられる時には、必ず洗濯機の台を使用するようにしましょう。

最近売られている洗濯機の台は、場所を選ばず、幅もコンパクトに使えるものばかりです。

場合によってはレンガを使用することも視野に入れ、冠水や防錆、衛生面での対策を考えながら使用してくださいね!

 - 生活