布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

布団乾燥機でダニは退治できる!?布団のダニ対策方法

2017.3.30

お布団に潜んでいるダニは32万匹とも言われています。

ダニの糞や死骸は、アレルギーを引き起こす原因になってしまいます。

ダニの繁殖を食い止めるために、布団乾燥機は効果があるのでしょうか?

今回はアレルギーの原因、ダニを退治する方法をご紹介していきます。

ぜひ、参考にしてみてください!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

日本のトイレは世界一?外国人から見た、きれい好きな日本人

私達、日本人が当たり前のように使っているトイレ。 しかし、この日本のトイレが、とてもきれい...

ベビー布団や衣類に行う、水通しは必要なの?水通しの方法

赤ちゃんが生まれる前に行う水通しですが、水通しを行うことで、どういった効果があるのでしょうか。 ...

お布団に潜む刺す虫の種類!刺されてかゆい場合の処理の方法

お布団で寝ている間に、いつの間にか何かの虫に刺されて、かゆい思いをしたことはありませんか? 私...

アクリル素材の特徴を知ろう!季節の変わり目に選ぶお布団は?

様々な素材の毛布がありますが、量販品に関しては安価な合成繊維の毛布が増えてきています。 そのう...

お布団はポリエステルと綿のどっち?それぞれのメリットは?

家で毎日眠っている、お布団の素材はなんでしょう? 当たり前のように使っていながら、素材を意...

お布団の干し方と干す時間帯は?曇りの日に干してもいいの?

せっかくの休みの日、久々にお布団を干そうと思っていたにもかかわらずお天気が悪いと、がっかりしてしまい...

お布団のいらないこたつ!?利点と欠点、お値段を徹底紹介!

寒くなってくると、温かいこたつでぬくぬくとしたくなりませんか? 暖房器具は数多くありますが、エ...

お布団を干した後の太陽の匂いの真実!清潔に保つためには?

天気のいい日は、お布団を外に干したいものです。 太陽の光を十分に浴びたお布団は太陽の匂いがしますよ...

ファブリーズを使用する際に気を付けたいお布団の湿気

人は誰でも、寝る時に必ず使うのがお布団ですよね。 毎日使うものだけど、毎日お洗濯やクリーニングは難...

お布団についた血液は洗濯で消える?感染する病気はある?

怪我をしている時など、そのままお布団に入ってしまい、朝起きるとお布団に血液が付着・・・なんて経験、あ...

畳が日焼けしたり傷んできた時に、裏返しは自分で出来るの?

畳のお部屋はありますか? 来客時の寝室にしたり、子供の遊び部屋にしたりと、一部屋あると便利な和...

お昼寝用お布団の人気のポイントは?大人と子供で違う?

お昼寝は大切な健康管理の一つと言われていますが、大人と子供によって、その重要性は微妙に違ってきます。...

こたつではなくお布団で寝るべき!こたつに潜むリスクとは?

寒さ厳しい冬の時期、こたつの中に入ったときのぬくもりは、なんとも言えない心地よさがあります。 ...

寒い時期の快眠方法!身体に無理なく、お布団から出るには?

寒い時期、身体が冷えて寝付けなかったり、寒くて夜中に目が覚めてしまうことはありませんか? 寒いから...

部屋のカビってどこから生える!?カビ対策をして予防しよう

カビというのは実は、空気中どこにでも漂っているそうです。 そのカビがあちこちに付着し発育条件が...

スポンサーリンク

あなたもダニアレルギーかも!?今ダニアレルギーが増えている!

最近は、ダニアレルギーで悩んでいる人が増えています。
その数は、4人に1人、2900万人と言われています。

特に夏場は、ダニが大繁殖するので、放置していると症状が悪くなってしまいます。

そこで、対策する必要があるのが寝具です。
寝具のダニ退治ためには、布団乾燥機が効果的ですので、後ほどご紹介します。

ダニのエサは、人の垢やフケなどで、ダニにとって快適な温度と湿気により、あっという間に増殖してしまいます。
そして、洗濯や天日干しでも、簡単には死なないとも言われています。

また、生きているダニは、掃除機でも吸い取れません。

アレルギーの原因になるダニは、「ヤケヒョウダニ」と「コナヒョウダニ」の二種類です。
家の中の8割以上がこの2種類というほど、多く生息しています。

この「ヤケヒョウダニ」と「コナヒョウダニ」の二種類を総称したのが「チリダニ」です。
そして、このチリダニの消化器官の酵素が、アレルギーの原因物質の「アレルゲン」で、ダニの死骸やフンにダニアレルゲンが多く含まれています。

ダニはライフサイクルがとても早くて、お布団の内部で死にます。
そのため、お布団内部にダニが繁殖してしまうと、ダニアレルゲンが大量に蓄積することになります。

それでは、このダニアレルゲンで、どのような症状が起きるのでしょうか。 

ダニアレルギーが引き起こす症状とは?

ダニが原因の症状は、皮膚炎、湿疹、咳、鼻炎などの症状が出ます。
この症状の中で、ダニアレルギーで目に見えてわかるものは、赤い湿疹です。

ポツポツした赤い湿疹が広がり、かゆみがあるのが特徴です。
中には、思いあたる人もいることでしょう。

また、ダニに噛まれるだけではなく、フンや死骸を含むハウスダストを吸いこむことでもアレルギー反応が起こります。

他に、ダニによる皮膚炎のことを、アレルギー性皮膚炎と言います。
皮膚炎の治療は、ステロイド剤を処方してもらうのが良いでしょう。

そして、ダニによるアレルギー性鼻炎もあります。
花粉症や風邪もひいていないのに、鼻水が止まらないことがある場合は、アレルギー性鼻炎の可能性があります。

アレルギー性鼻炎の場合は、花粉の量が少ない日にも、アレルギー反応が出てしまいます。
花粉症鼻炎は、季節性のアレルギーなので一時的なものになります。

そして、年間通して起こる鼻炎は、通年性アレルギーの可能性があり、ハウスダストが関係しています。

このような健康被害もありますので、布団乾燥機でお布団のダニを死滅させて、ダニの退治をしましょう。

ダニを退治することは難しい!?

ダニの対策としては、お布団の天日干しや洗濯が思い浮かび上がることでしょう。
ここでは、様々な退治方法を試した結果をご紹介していきます。

お布団を洗濯した場合、ダニを退治することができるのでしょうか。
結果は、80%もダニが残っていて、洗濯して流すことができたのは、たった20%という結果が出てます。

洗濯は、ダニ退治にはあまり効果がないこということです。

お次は、日光にお布団を干した場合ですが、退治はできるのでしょうか。

ギラギラした太陽にそのお布団を干して、30分後にはお布団周りの温度が35度と暑くなるようテストを行いました。
しかし、結果はダニ退治ができず、ダニは生きていました。

そして、ダニは暑さから逃れるために、お布団の繊維に移っているという結果になりました。
4時間、お布団を干しましたが、結果は100%近いダニが元気に生き残ってしまったのです。

次は寒さでダニ退治ということで、冷凍しようと、マイナス13度のところに24時間ダニを置いて実験してみた結果は、ダニは元気に活動していました。

また、殺菌力効果のある紫外線を4時間連続で照射してみましたが、ダニの退治はできないという結果も出てます。

ダニを乾燥させることにして、徐々に湿度を下げて0%に近づけると、ダニがペチャンコになり干からびました。
やっとダニを死滅させることができたと思いきや、部屋の湿度を通常に戻したら、ダニが復活したのです。

また、30分の真空状態で、空気がなくてもダニは生き延びていました。
はたして、ダニ退治はできるのでしょうか。

次は布団乾燥機を使ってダニの退治をします。

ダニ退治に効果あり!?布団乾燥機を使おう!

お店で売られている布団乾燥機は、機能的にはあまり差がありません。
そして、ほとんどの機種にダニ対策の機能があります。

簡単に布団乾燥機をご説明をすると、温風を敷布団と掛け布団の間に送ってお布団を乾燥させます。
これにより、ダニは50度以上を20分間で死ぬとされているので、布団乾燥機の温風を使いダニを死滅させます。

しかし、この場合の注意点があります。

ダニ退治には、90~120分、2~4回が必要になり、ダニがお布団の内側や反対側に移動した場合には、あまり効果がありません。

布団乾燥機のメーカーサイトやマニュアルを見ると、ダニ退治モードは時間がかかると載っています。
ですので、お布団1セットで一日かかると考えた方が良いでしょう。

お布団の両面に2~4回温風をあてますが、ダニも逃げ回りますのでイタチごっこになります。

また、布団乾燥機にダニ吸い取り機能はありませんので、布団乾燥機を使用した後のお布団はダニを掃除機でしっかりと吸い取ることが必要になります。

布団乾燥機はどのタイプを選ぶ?

各メーカーから布団乾燥機が出ていますが どの機種を選んでも機能的にはあまり差がありません。
ですので、あとはデザインやメーカーの好みになります。

また、機種によっては、洗濯物乾燥機能が付いていたり、靴乾燥用のアタッチメントが付いているものもあります。
他に布団乾燥機の違いとしては、マット式かノズル式かということがあります。

布団乾燥機のマット式は昔からあり、乾燥させるためのマットを、敷布団と掛け布団の間に挟んで、温風を送ることでお布団の乾燥ができるものです。

マットを使わないノズル式は、掃除機のノズルみたいなものをお布団に入れると、乾燥マットと同じ効果があります。

布団乾燥機を使用すると、お布団をわざわざ天日干しにしなくてもよくなり、花粉なども付きません。
ですので、ダニ退治よりも花粉症の人に人気があり、使用されています。

昔からあるマット式は、使用後にたたむ作業があるので、面倒くさいということがあります。
ノズル式は後片づけはとても簡単にできます。

布団乾燥機でダニを退治した後、大切なのは、掃除機かけ!

ダニの退治をするために、布団乾燥機でお布団を高温乾燥させたら、その後には掃除機でしっかりとダニの死骸を吸い取りましょう。

なぜ、掃除機をかけるかというと、ダニの死骸やフンはダニアレルギーの症状を引き起こす原因だからです。
ですので、布団乾燥機を使用した後には、死んだダニやフンをしっかりと掃除機で吸い取ることが大事です。

その時に、掃除機をかける目安としては、

・大人布団…片面40秒
・子供布団…片面20秒

と言われています。

そして、お布団に掃除機をかける時には、お布団専用のノズルを使います。
また、各メーカーからお布団専用の掃除機も出ているので利用するのも良いでしょう。

リーズナブルな方法は、ノズルにいらないストッキングをかぶせて使用すると、お布団を吸いこまず掃除機をかけられます。

掃除機をかける頻度は、週に1回くらいでが目安となります。

また、ダニのフンは、洗濯で洗い流せるので、洗えるサイズであればこまめに洗濯をしても良いです。
しかし、いつの間にかまたお布団にダニがいるので、布団乾燥機は定期的に使用する必要があります。

使用する頻度としては、週に1回、3カ月に1回、年に2回くらいが良いでしょう。
体調が悪くなければ、3ヶ月に1回くらいで良いと思いますが、アレルギー性鼻炎や喘息がある場合は、週に1回は行った方が良いです。

しつこいダニも退治できる!

ダニは洗濯や、天日干ししただけでは、死滅させることは難しいです。

ダニは50度以上の熱で死滅すると言われています。

そのため、布団乾燥機は効果があると言えますね。

布団乾燥機で死滅した後は、必ず掃除機をこまめにかけましょう。

お布団の手入れを定期的にすることで、ダニを繁殖させないことに繋がります。

 - お布団