お布団のダニ!布団乾燥機&布団掃除機で効果的にダニ退治!

お布団のダニを駆除するのに、みなさんはどんな方法を使っていますか?

ダニは50度の高温でなければ駆除できません。

今回は、高温でダニをやっつける布団乾燥機と、布団掃除機を使った効果的なダニ駆除方法をご紹介します!

また、布団乾燥機以外にも高温で駆除できるものをお教えします。

お布団のダニでお悩みの方、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

人気の布団用除湿シートをピックアップ!おすすめの選び方も

布団用除湿シートはさまざまな種類があり、選ぶ際に迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。除...

お布団のダニ退治はどうする!?乾燥でダニ退治する方法とは

湿気の多い季節などは、特にお布団のダニって気になりますよね。気にはなっていても、仕事や勉強が...

お布団やベッドにカビが!特徴を抑えたカビ対策が重要!

秋になると、猛暑は終わり、夜も快適に過ごせる日々が多くなりますね。しかし、秋の時期はカビにとっ...

腰痛に悩んでいる人必見!お布団に工夫するだけで和らぐ?

高齢者だけでなく、若い人も悩んでいる人が多い「腰痛」ですが、皆さんは痛い時どうしていますか?...

検証!「お布団」と「ベッド」腰にやさしいのはどっち?!

腰痛持ちの方にとって、悩みの種となるのは「寝具選び」ですよね。お布団とベッドでは、どちらが腰...

お布団をクリーニングに出そう!水洗いとドライでおすすめは?

定期的にお布団を洗いたいという人は多いでしょう。しかし、家での洗濯は大変です。そこで...

綿布団って家で洗えるの?ポリエステル布団の洗濯方法って?

よく使用されている素材のお布団と言えば、綿とポリエステル素材のお布団ですが、自分で洗濯する場合は、ど...

通販で人気のお布団2組セット6選!来客用におすすめ

2組セットで販売しているお布団は、来客用に最適です。来客用布団を一式用意していると、急に...

布団乾燥機のおすすめの機種!2016年おすすめランキング

近年、布団乾燥機は年々進化を遂げており、専用マットを使用しないものやイオンを放出し除菌効果を得られる...

お布団の湿気対策!湿気に気を付けなければいけない理由は?

皆さんはベッドとお布団、どちらを使っているのでしょうか。最近は、畳がある部屋が減って来つ...

お布団を直接床にひくなら、床に湿気をためない一工夫を!

お布団を、直接フローリングなどの床にひく場合、湿気が床とお布団の間にたまりカビの原因になります。...

ダニ・カビ対策に布団乾燥機がおすすめ!高温の熱でダニ退治

ご家庭で布団乾燥機を使っていますか?お布団に温風を当て乾燥させるというものですが、今の布団乾...

コンセントから発火・火事!原因はお布団?発火理由を解析

よくニュースなどで火事の話題を聞きますよね。その火事の理由の1/3がコンセントでの発火という...

日本の湿度が高い原因って?!湿度による様々な被害とは!?

湿度が高いことで有名な日本。湿度が高い原因ってなんだかお分かりですか??湿度が高いことで起こ...

お布団を干す最適な時間帯があるって本当!?正しい干し方

お布団を干す作業は、ふっくら乾燥させ、ダニ対策、殺菌などの効果があります。しかし、ただ天気が...

スポンサーリンク

布団乾燥機&布団掃除機で効果的にダニを退治する方法

湿気のこもりやすいお布団の中には、なんと1㎡につき10万匹のダニが住んでいると言われています。
何とも不気味で気持ち悪い話でしょう。

皆さんはお布団を天日干しすればダニは殺せると思っていませんか。
ところがダニの生命力はそんなに甘くないのです。

天日干しに効果が無いわけではありません。
湿気は飛ぶし、ダニの餌になるようなカビなどは殺菌できるので、繁殖させない様にする事は出来ます。

しかし、住み着いてしまったダニは天日干しでは退治できないのです。
実際に気温26℃の日に6時間天日干しした後でダニの数を調べたら、干す前とほとんど変わらなかったという実験結果が残っています。

それでは、どうやってダニを退治すれば良いのでしょうか。
答えは布団乾燥機と布団掃除機の活用です。

ダニは、50度の熱を20分当て続ければ死ぬと言われています。
この状況を作ることが出来る機能が、最近の乾燥機と掃除機には搭載されているんです。

まず、乾燥機ですが、おおむねどの機種も60度くらいまでは温める事が出来るので、ダニ退治には効果的です。
ただ一つ注意点があり、ダニは機動力があるため、温めている最中に、まだ低温の部分に逃げていきます。

それなので、お布団全体に一気に熱風が行き渡る様な乾燥機が理想的です。

効果的にダニ退治!布団乾燥機の後は布団掃除機できれいに

布団乾燥機でお布団を温めたら、次は掃除機の出番です。

布団乾燥機を使用した後に安心して何もしないと逆効果になってしまうこともあります。
ダニの死骸が残っていると健康被害の元になるので、しっかりと吸い取らなくてはいけません。

掃除機を大人用のお布団なら片面40秒、子供用なら20秒、隅々までくまなくかけて下さい。

ここで使う掃除機は、お布団専用の掃除機じゃなくても大丈夫です。
最近は布団掃除用のノズルが売っていますから、ご家庭にある普通の掃除機にそれを付ければOKです。

ここでの注意点は、ちゃんとご自分の機種に合うノズルを購入することです。
布団掃除機には、「レイコップ」などに代表される専用タイプと、普通の掃除機としても使える兼用タイプがあります。

布団専用タイプは紫外線照射機能、たたき機能、温風機能など独自の技術を駆使した機能が付いており、コストパフォーマンスも十分です。

一方兼用タイプはお布団だけでなく、ノズルを交換すればほかの場所も掃除できるのがメリットです。

ただし、兼用の場合は床や、場合によってはトイレなどを掃除した後でお布団を掃除するという状況が、衛生的に気になるという方もいらっしゃるでしょう。

布団掃除機の効果は?

近年は花粉症などのアレルギー疾患やマンションなどの集合住宅の取り決めで、屋外にお布団を干せない状況が増えています。
そんな悩みが多くなり、需要に応える形で生まれたのが布団掃除機です。

人間は人生の1/3を寝て過ごします。
だからこそお布団は綺麗で安全なものを使いたいところです。

まずは、週に1回程度お布団を掃除しましょう。

レイコップなどの専用機には、お布団に紫外線を当てる事が出来る機能が付いている物が多いです。
紫外線をお布団に直接当てるタイプの物と、掃除機本体を除菌するタイプがありますが、どちらも除菌効果は認められています。

特にレイコップは、直射日光の紫外線ほど強くはないものの、医療現場で殺菌灯として用いられているほど、強めの紫外線を採用しており、ダニや細菌を99.9%除菌します。

女性でも片手で楽に掃除が出来る様に、お布団の上を滑る様に進む工夫がされていたり、お布団を叩き、ハウスダストやダニの死骸を表面に追い出してくる機能など、従来の掃除機の常識を超えたクリーナーであると言えます。

布団掃除機の効果抜群おすすめ商品

それでは、ここからは布団掃除機のおすすめ商品をご紹介します。

●「紙パック式ふとん掃除機 MC-DF500G」(パナソニック)

家電メーカー大手パナソニックから発売された布団専用掃除機です。

1988年、パナソニックは掃除機にハウスダスト発見センサーを初めて搭載しました。
ホース部に搭載されている高速赤外線センサーが、目に見えない細かなハウスダストまで検知するすぐれものです。

また、布団掃除機として初めて紙パック式のダストBOXを採用しており、ホコリが舞い上がることなくゴミを処理出来ます。

お布団を叩く機能もあるので、たまったハウスダストや虫の死骸を表面に叩き出して吸い上げる事が出来ます。

●『レイコップ RS』(レイコップ)

布団掃除機と言えば「レイコップ」と言われるほど市民権を得た超売れ筋商品です。
韓国の医師によって開発された掃除機で、たたき機能によって奥に溜まったゴミを叩き出すなど、従来の掃除機にはなかった機能を多々搭載しています。

女性でも片手で軽く動かせる様な軽い操作性でありながら、吸引力にも優れた信頼感抜群の布団掃除機です。

●『Dyson V6 Mattress+』(ダイソン)

吸引力でお馴染みのダイソンから販売されているマットレス掃除機です。
高性能のフィルターによって部屋の空気よりもきれいな排気を実現し、空気清浄の効果も併せ持つ優れものです。

付属のノズルでお布団の上もスムーズに掃除出来ます。

布団乾燥機でダニに効果的なものは?布団掃除機があれば尚可!

先ほどもご説明しましたが、ダニは50度の暑さでの中、20分以上で死滅すると言われています。

ここからは布団乾燥機以外のものを使って、お布団のダニを退治する方法をご紹介します。

真夏の車の中って信じられないくらい暑いです。
この暑さをダニ退治に活かしましょう。

車のフロントガラスにお布団をかけ2時間ほど置き、ひっくり返します。
隅々まで十分に熱気が行き渡る為、非常に効果が高いです。

ダニは梅雨を経て7~8月に一気に繁殖するので、一度加熱しておくとよいでしょう。
加熱は3ヶ月に1度を目処に行うので、秋前にもう一度行いましょう。

スチームアイロンを使うのも簡単で効果的です。
ただし、素材によってはお布団を痛めかねないので注意して下さい。

まず、水にぬらしたタオルを敷き、その上から温度最強にしたスチームアイロンを噴射しながら当てていきます。
隅々までくまなく当てたら、少しおいて冷まします。

あとは死骸を吸い取る為に、ゆっくりと布団掃除機を掛けます。

ダニ対策に効果的な寝具

最後にダニ対策に効果のある寝具をご紹介します。

寝具の中で最もダニが潜んでいるのは実は枕の中なんです。
ダニは人のフケのニオイに惹かれて集まってくるので、どうしても枕に集まりやすくなります。

さらに人は寝ている間に口や鼻からダニの死骸やフンを吸い込んでしまうので、しっかりと対処しなくてはいけません。

そこで、特殊加工によってダニを寄せ付けなくする枕やカバー、防ダニスプレーなども販売されていますのでおすすめです。
さらに防ダニの布団カバーやシーツも販売されています。

また、薬品による防ダニ加工ではなく、びっしりと高密度に繊維が織り込んであり、物理的構造でダニやほこりを通さない様にするという優れものもあります。

お布団よりもずいぶんと安いですし、手入れは洗うだけなので手軽に使えます。
アレルギーを持っている方やぜんそくの持病がある方には、定番の寝具です。

ただし、防ダニシーツは表面のダニは防げても内側に入り込んでしまったら防げません。
シーツを交換する時などに布団掃除機を掛ける事も忘れてはいけません。

ダニは高温の熱で退治

ダニは50度以上の高温で死滅します。

定期的に布団乾燥機を使って、ダニ退治しましょう。

退治した後は掃除機で吸い取るのをお忘れなく。
この時に、専用の布団掃除機があれば尚良いですね。

布団乾燥機をお持ちでないご家庭では、スチームアイロンを使ってもダニ退治できますよ。ぜひ試してみてください。