布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

新築時、床の色選びに迷わない為に!フローリングの色別特徴

2017.1.10

新築時に床の色を決めるのって難しいですよね?

フローリングはそう簡単に張り替えられるものではないので、選ぶ際はどうしても慎重になってしまいます。

そんな時には、この記事を読んでみてください。

色別のメリット・デメリットをご紹介します!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ウォシュレットを使いたい!コンセントがない場合の対処法

ウォシュレットを取り付けようと思ったとき、「トイレにコンセントがない」ということがあります。 ...

お子さまの勉強机に設置した蛍光灯の交換についての対応策!

お子さまの勉強机に設置した蛍光灯は、買ってきてすぐに取り替えるような消耗品ではなく、長年使用するもの...

古い家のカビ臭が気になる!原因は何なのか?対処法は?

「家に帰って来たら何となく部屋が臭う」 「目には見えないけど、何となくカビ臭い気がして気になる」 ...

ハワイを感じるインテリアに!100均グッズでお部屋を変身

ハワイをイメージしたインテリアは、明るく開放感があって長く日本人に愛されていますよね。 しかし...

電球は100Vより110Vの方が経済的?白熱電球の存在意義

電球は100Vより110Vの方が経済的だといわれていますが、本当にそうなのでしょうか。 ...

部屋が綺麗すぎても逆効果?殺風景にならない対処法

今では、片づけの本が書店でたくさん売られています。 みなさんの部屋は綺麗ですか? 今回は...

知って楽ちん!掛け布団カバーの簡単な付け方

敷布団は形がしっかりしているので比較的着脱が楽ですが、掛け布団はサイズが大きくて柔らかいので扱い...

リビングダイニングの窓に付けるカーテンの選び方のポイント

家族やお客さんが集まるリビング、ダイニングの窓のカーテン選びも慎重に行いたいものですよね。 何...

夏ファッション!綿とポリエステルを比較して涼しいのは?

地球温暖化の影響で年々、夏の暑さが強烈になっていますね。 猛暑を通り越して命の危険のある暑さだ...

エアコンのある部屋から隣の部屋に冷気を送る!扇風機の効果

震災以降、節電が求められている昨今・・・ エアコンと扇風機を上手に使って快適な夏の生活が送れていま...

ネット通販で人気のベビー寝具カバーを紹介!選び方も解説

ベビー寝具カバーは、赤ちゃんの寝具を清潔に保つ重要なアイテムです。 ネット通販では、高品質...

二段ベッドには布団乾燥機が有効!毎日清潔なお布団で休もう

二段ベッドを使用していると、お布団を干すのに苦労しますよね。 お布団は重いのに、抱えてはしごを...

【1人暮らし】ベッドVSお布団生活!どっちが快適で便利?

1人暮らしを始める時は、考えることが山積みです。 ベッドにするか、床や畳に敷くお布団にするかも...

インバーターの蛍光灯とは?寝室の場合は交換すべき?

蛍光灯には、グロー、インバーター、ラピッドといった種類がありますが、一体それぞれ何が違うのでしょうか...

コンセントにお布団が接触すると発火する?注意することは?

コンセントからの発火による火災という話はよく耳にしますよね。 しかし、コンセントにお布団が接触...

スポンサーリンク

新築時、床は何色にする?白いフローリングの特徴

白のフローリングは、いつの時代でも人気があります。
新築の家に白のフローリングを用いて建てられることがよくあります。

白のフローリングの場合、壁も白にして統一感を出します。
そこに色彩のあるインテリアを使うことで、アクセントにするのが定番となります。

それでは、白のフローリングのメリットとデメリットについてご紹介していきます。
まず、メリットからです。

フローリンングを白にすると、部屋が明るくなります。
どうしてかというと、光が反射しやすくなるからです。
フローリングに濃い色を使った場合はそこまで光が反射しないのに対して、白はしっかり反射して明るくなるので、その差を見るとはっきりわかります。

また、フローリングが白だとホコリが目立ちにくい、というメリットもあります。

次に、デメリットです。

フローリングが白いと、床に落ちた髪の毛が目立ってしまいます。
髪の毛は自然に抜けるため、まめに掃除をしても、いつも綺麗にしておくのは困難です。

また、黒い汚れも目立ちます。
フローリングの継ぎ目にたまる汚れも目立つため、まめに掃除をしないといけません。

新築時、床は何色にする?黒いフローリングの特徴

新築の家を、黒のフローリングにすることもあります。
黒には、真っ黒からダークブラウンまでいろいろとあります。

黒と言っても、濃い色の床をイメージするほうが良いでしょう。

それでは、黒のフローリングのメリットとデメリットをご紹介していきます。
まず、メリットからです。

黒のフローリングにすると、落ち着きのある部屋になるというメリットがあります。
また、和モダンのインテリアにしたいときにも、便利です。

床が黒いと、細かい傷が目立たないのも、メリットです。

それでは、デメリットです。

黒のフローリングは、ホコリが目立ちやすいというデメリットがあります。
掃除をまめにしなければ、床が白くなってしまうこともあります。

また、フローリングが黒ければ、部屋が暗くなったり、部屋が狭く見えたりします。
黒い服を着たら、細く見えるというのと同じ効果なのです。

以上のことから、黒と白のフローリングには、反対の特徴があるということがお分かりいただけたと思います。

新築時の床、1番人気はナチュラル色のフローリング

新築の家のフローリングで、最も人気があるのは、ナチュラルなカラーのフローリングです。
ナチュラルなカラーとは、ブラウン系からアイボリーまでの色のことを言います。

それでは、ナチュラルなカラーのフローリングのメリットとデメリットをご紹介していきます。
まず、メリットです。

ナチュラルなカラーのフローリングは、床の汚れがあまり目立たないというメリットがあります。
白のフローリングだと目立つ髪の毛も、ナチュラルカラーにすることでそんなに分かりません。

また、黒フローリングだと目立つホコリも、ナチュラルカラーだとそんなに目立たないです。

それから、部屋が落ち着いた雰囲気になるというメリットもあります。

それでは、デメリットです。

ナチュラルなカラーのフローリングは、素材感が強調される、というデメリットがあります。
つまり、選ぶフローリングのグレードが部屋の見え方に強く影響するということです。

安いフローリングにすると、部屋が安っぽく見えるのです。
新築の家で安いグレードのフローリングにすると、賃貸住宅のように見えてしまうので、気をつけてくださいね。

その点、白や黒のフローリングの場合は、グレードの影響は少ないです。

新築時の床、その他のもの

新築の家で、 白や黒のフローリングを選ぶときは、白1色、黒1色のフローリングだけではなく、木目のあるフローリングもおすすめです。
1色ではないほうが、髪の毛やホコリが目立ちません。

この場合のデメリットは、フローリングの値段が高いことです。
まるで本物の木のようなフローリングは、値段が高いです。

そこで、無垢材の床にしたいなら、木の色合いを活かすものと木に塗装するものがあります。

和風の感じにしたいなら、無垢材のフローリングを黒っぽく塗装すれば良いでしょう。

アジアっぽい感じにしたいなら、濃いブラウンに塗装すると良いでしょう。
ただ、塗装は表面に染み込みますが、その下は元の色なので、凹みなどの傷がつけば、元の色が見えてしまいます。

そうなってくると、再塗装しないといけません。
そのため、塗装をする場合は、再塗装のことも考える必要があります。

濃い色に塗装する場合は、ウォルナットのような濃い色の無垢材を使用するのをおすすめします。

寝室フローリングが明るい色の場合、家具や寝具や色は?

良くある質問の中で、新築の家の寝室のフローリングが明るい色なら、家具や寝具は何色にすれば良いでしょうか、という疑問を持つ人がいます。

その答えは、ナチュラルな感じの色やカントリー調の薄い色にするのが良いでしょう。
しかし、実際には、家具を置かなければ分からないことが多いです。

そのため、ベッドの色は床や壁の色合いを見て決めましょう。

また、日本の壁はほとんどが白なので、合わせやすい色となっています。
そのため、壁よりも床の色を考えることが大切です。

床が明るめなら、モノトーン風はやめたほうがいいでしょう。
先程も言いましたが、明るめの床に合うものは、ナチュラルとカントリーです。

ナチュラルにしたいなら、ベッドも自然な色にして、アクセントにモスグリーンを使うとおしゃれになります。

ダークブラウンのベッドは、違和感が出るのであまりおすすめできません。
カントリー調にしたいなら、オレンジ系ではなく、白系のフレンチカントリー調にするのをおすすめします。

床に近い色か、床より薄い色のベッドにするのが良いでしょう。

寝室フローリングが濃い色の場合、家具や寝具や色は?

新築の家の寝室のフローリングが濃い色なら、家具や寝具は何色にすれば良いですか、という疑問もよく聞きます。

その答えは、グリーン系、ベージュ系、オレンジ系などがおすすめです。

床の色が濃い場合は、コーディネートが難しいです。
床が濃いと、部屋が重たい感じになりがちなので、反対のナチュラルな色のアイテムでまとめると良いでしょう。

全てをナチュラルにするのではなく、落ち着いたトーンのアイテムを選びましょう。
濃い色の床なら、明るい色の家具にすれば、重たい感じが減りますが、グリーン系でも重たさが減ります。

グリーン系にすると、落着いた感じになりますし、重さも抑えてくれます。
また、ラグを使用して、重さを抑えることもできます。

グリーン系のラグを敷けば、自然な感じの部屋になります。
ベージュ系やオレンジ系もおすすめです。

ラグは、色やデザインがたくさんあるので、部屋に合うものが選べます。
季節に応じて、ラグを替えることもできるので、ラグはとても便利の良いアイテムと言えるでしょう。

色ごとに、それぞれ長所・短所がある

家の雰囲気を決めるのに、フローリングは重要ですね。

フローリングの色によって、それぞれメリットとデメリットがあります。

メリットとデメリットも踏まえた上でフローリングを選ぶのが良いでしょう。

満足のいくフローリングが選べるといいですね。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

 - 寝具, 暮らし, 生活