布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

おしゃれにpcのデスク周りとお部屋をレイアウトするコツは?

2017.1.5

みなさんのデスクにあるpcの周りは、きちんと整理整頓されていておしゃれにレイアウトされていますか!?

正直、毎日デスクで仕事や勉強、趣味をしていると、どうしても生活感を感じるごちゃごちゃした雰囲気になってしまいますよね。

そこで今回は、部屋作りの参考にもなるpc周りをおしゃれにレイアウトするコツをご紹介します。

是非、参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

肌荒れ防止には質のよい睡眠時間が不可欠!その対策とは?

「吹き出物ができてる!」、「なんかお肌がカサカサ!」と、肌荒れでお悩みの方、いらっしゃいませんか...

子どもの睡眠には絵本がおすすめ!眠りを誘う人気の絵本紹介

睡眠前に子どもに本の読み聞かせをする人は多いのではないでしょうか。 やさしい明りで本を読む...

徹夜をするなら短時間でも睡眠を!作業の効率アップを図ろう

「どうしても仕事が間に合わない」 「明日テストだから」 様々な理由で徹夜を考える方は...

睡眠サイクルを見直そう!アラームの上手な活用方法

現代人は毎日忙しいです。 忙しさで睡眠不足になったり、生活サイクルが乱れて体調が優れない人も多...

小さい子供は悪夢を見やすい!?怖い夢を見る悪夢障害とは?

小さい子供は大人に比べ、悪夢を見やすいとされています。 子供が悪夢を見やすい原因のひとつと...

短い睡眠の回復効果ってどのくらい?短い睡眠で得られる影響

「短い睡眠時間」と聞くと、「あまり熟睡できないのでは?」と心配になりますよね。 しかし、実際は...

机に座ると眠気が襲ってくるのはなぜ!?眠気を覚ます方法

いざ、勉強や仕事をしよう!と思って机に座るとたん、眠気に襲われることってありませんか? それに...

インバーター蛍光灯が故障した!蛍光灯がつかなくなる原因!

夜、帰宅して部屋のスイッチを押してもインバーター蛍光灯がつかない! 急に故障してつかなくなると、と...

睡眠とストレスの関係を知って快眠!要因別の対処法

「寝ようと思っても眠れない。」 「眠気はあるけど思うように寝付けないで浅い眠りで、ボーッとした...

すっきりした睡眠がとれない!効果的な飲み物ってあるの?

短い時間でもすっきりと目覚めるような良質の睡眠を取りたい! このようなことは、誰でも望むことで...

食後の眠気を改善する方法とは?睡眠とダイエットの密な関係

おいしいご飯をお腹いっぱい食べた後って、眠くなりますよね。 デスクワークの仕事をしている人は、そん...

春はどうして眠い?睡眠が浅いと感じるワケとその解消法とは

春眠暁を覚えず、といわれるように春はついつい居眠りしたくなりますよね。 寒かった冬を越え、...

【不眠でお悩みの方へ】アロマのリラックス効果で上質な睡眠

良い睡眠はとれていますか? 最近は、ストレスや不規則な生活などが原因で、よく眠れないという方が増え...

2ヶ月で寝返りしようとする赤ちゃんのリスクと対策

初めての育児の中、生活のリズムがわかり始めたと思っても、次から次へどんどん心配事が生じます。 ...

自然の奏でる音の下で睡眠を深めよう!様々な自然の音の効果

「川のせせらぎ」などの自然が奏でる音には、心を緩ませ、穏やかに睡眠へ誘う力があると言われています...

スポンサーリンク

部屋がおしゃれに見えるテクニック!

おしゃれな部屋を演出するにはメインカラーを絞ることの大切です。
それからワンポイントとなるカラーを決めましょう。

メインカラーを白と決めたなら、ポイントカラーはたとえばピンクにして、白だけの寂しいイメージを払拭しましょう。
ペッドカバーや窓枠に置く小物にピンク色を取り入れることで、メリハリのある部屋になると思います。

収納ケースを同じシリーズのものに揃えるだけでもおしゃれになります。
別々のシリーズで揃える場合は、色だけでも揃えると良いです。

収納ケースを整然と並べまることで、コレクションしている感じが生まれておしゃれになります。

写真を飾るなら集合させて飾るのが良いです。
集合させるだけでアートのようになり、カラー写真だけでなくモノクロ写真を混ぜることでアートっぽさが倍増します。

間接照明を取り入れることでもおしゃれになります。
部屋に陰影ができて、雰囲気が良くなりますし、間接照明はおしゃれ部屋への王道アイテムとも言えます。

植物を置くのも良いです。
pcや録画機器など機械類だけではなくて、観葉植物を配置することで部屋が一気に開放的になります。

部屋のpc周りをおしゃれにするコツとは?

部屋に置いたpc周辺をおしゃれにしたいなら、必要なもの以外を置かないようにしましょう。
不要なものが置かれているだけで部屋全体が散らかった印象になってしまいます。

配線は、長いので混雑する事があると思います。
更に不要なものを置くことでスペースがなくなってしまいます。
配線に関してはまとめたり隠せたりするツールを使ってすっきり目立たなくしておきましょう。

モノトーンに色を統一されることでもpc周辺がきれいになります。
pcに関しては、そもそもカラーバリエーションが少ないため部屋の色に合わせるのではなく、モノトーン、黒や白を使うのが無難です。

それでも差し色として原色を取り入れることが出来れば、ますますおしゃれになるでしょう。

そして、照明が大切です。
pc周りで一番大切なのが照明といっても過言ではありません。

pcを使って勉強したりゲームをしたりするときには部屋を明るくしてしまいますが、若干照明を暗くしてみてください。
間接照明やスポットライトを使っても良いです。

そうすることで雰囲気がガラリと変わっておしゃれになります。

趣味や仕事にもおすすめなスタイリッシュでおしゃれなpc周りの部屋

pc用の机としてよく使うL字の机は、作業効率を上げるだけでなく、収納と組み合わせることで部屋までおしゃれになります。

奥行きが確保されるので、色鉛筆やカラーマーカーをきれいにまとめて収納できますし、ペンタブレットを使う方でも広いスペースのおかげで邪魔されることなく使いこなせます。

しかし、いくらスペースが広いと言ってもデスク周りには必要最低限の物を置くのが鉄則です。
作業効率だけでなくて見た目からしても不要なものは置くべきではありません。

代わりと言っては何ですが、貼るのはOKです。
物を置けない分、ペタペタとpc周りに紙を貼っておしゃれにできます。

お気に入りのフィギュアを置くこともデスク周りを華やかにおしゃれにしてくれます。
趣味も仕事もデキるという雰囲気を作り出すためにフィギュアを配置するというわけです。

照明をブルーライトすれば、青の心を落ち着かせる効果を期待できますし、作業効率が上がりそうで、見た目は落ち着いた雰囲気になります。
そして、ダメ押しとして観葉植物を配置するとそれがアクセントになって、よりおしゃれになります。

色遣いにこだわったおしゃれなpcのデスク周りの部屋

pc周辺もこだわればおしゃれな空間を演出できます。

pc本体やデスクなど形状から見ていくこともできますが、ここでは色でおしゃれにしていきたいと思います。

黒で統一するなら、ガラスや鏡を使うことでスタイリッシュになります。
白で統一するなら、透明を入れることでとても明るい雰囲気になり、朝から気合が入る部屋になります。

pcから小物までトータルでコーディネートすれば、さらにおしゃれになって、雰囲気も変わってきます。

明るい緑で統一すれば派手すぎず暗すぎずおしゃれです。

ファイルから収納までデスクに置くものをすべてマリンブルーで統一すれば、常夏の気分になります。
さらにマウスから香水から文房具まで細部もブルーを取り入れると色だけで海がイメージできるような部屋になります。

収納やデスクや棚などの家具はシンプルに白で揃っているなら、ブルーの小物を置くだけで印象がさわやかになって可愛くなります。

また、所々に散りばめるようにして、赤を入れるとアクセントになっておしゃれになります。

寝室をおしゃれで安眠できる部屋にする為にも色遣いは重要!

pcを置いている部屋をおしゃれな部屋にするためには、色の統一が大切で、それと同様のことが寝室のような安心したい部屋でも言えます。

寝室では、青・緑・茶のようなアースカラーを基調にしましょう。

青には、鎮静作用がありますし、土の色に近い茶はのんびりとリラックスした気分にさせてくれます。

緑は、気持ちを落ち着かせてくれるので、安心して眠りやすい配色になります。

青なら、掛け布団、枕カバー、カーテン、カーペット、それらに取り入れるのがおすすめです。

茶色は、木目でも良いので、家具類にあると良いでしょう。
他にも穏やかなカラーで統一することもおすすめです。

暖色系は、アースカラーにも茶で含まれていますが他にもあって、黄色を取り入れることで睡眠ホルモンとされるセロトニンの分泌を促せます。

しかしながら寝室の色は少ないほうが良いことも忘れないようにしましょう。
何色も取り入れてしまうと落ち着きのない部屋になってしまいます。

寝ようとするときにリラックスできない原因となるので、寝室に多くの色を配置するのはやめてください。

できれば3色以内にしましょう。

pcはなるべく寝室におかない!就寝前は使用しない方がいい理由

寝室にpcを置くのは作業と休憩が両立できるしおしゃれに見えるし、良いだろうと思うかもしれませんが、pcの作業部屋と寝室は同じでないほうが良いです。

快眠を思うなら、就寝前の光の刺激は避けるべきです。
できれば、就寝の2時間から3時間前には部屋を薄く暗くしておきましょう。

文明の発展と共に、夜遅くまで活動するようになったのは、人工的に光を作り出せるようになったからです。
最近では、テレビやパソコンや携帯電話など人工的な光を四六時中浴びることで、昼夜逆転している人もいます。

自然な光なら昼間だけですし、それが自然な生活リズムです。
人工的な光に包まれて生活することは自然な生活リズムを乱す要因になり、自然な生活リズムが崩れることで、体内時計も乱れてしまいます。
結果、寝つきの悪さ、眠りの浅さ、不眠といった悪い症状が出てきます。

それにパソコンの光は「ブルーライト」というものが含まれています。
ブルーライトを長時間直視していると、不眠や睡眠障害につながる恐れがあります。

そのため、寝室では特にブルーライトを発するpcを置くのが良くありません。
ワンルームに住んでいるのであれば、睡眠するスペースとpcをなるべく離すことをおすすめします。

おしゃれな部屋でpc作業をしてみよう!

私達現代人は、pcに触れる時間が多いですよね。

その空間をおしゃれに居心地を良くすることで、とっておきの素敵な時間を過ごせると思います。

pcの作業効率アップとおしゃれさを両立させるには、まずは部屋に出来るだけ物を置かず、すっきりさせるところから始めてみましょう!

 - 睡眠