布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

畳にウッドカーペットを敷くとカビが生える?!その対処法は

2016.11.22

畳の上にウッドカーペットを敷いてお部屋の雰囲気を変えたい!
というかた、いらっしゃいますよね。ウッドカーペットには色々種類もありますし、お部屋の雰囲気を変えるにはとても便利なものですよね。

しかし、畳にウッドカーペットを敷くと良いことばかりではないですよね。

湿気がこもって、カビやダニの原因にもなります。

お布団にカビが生えてしまうとなかなか素人では対処できないようです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

布団入れの袋を考える!保育園ではどんなものを選ぶ?

保育園に入園が決まったら、お昼寝用のお布団が必要となります。 そのお布団は週初めに持って行き、...

布団乾燥機のおすすめ6選!2017年の人気商品総ざらい!

お布団の湿気は、カビやダニを繁殖させる原因になるので、早めの対処が必要です。 そんまお布団の湿...

お布団を干して快適に!庭で干す時の注意点やおすすめ商品

天日でお布団を干すのがいいとわかってはいるものの、重いお布団を2階のベランダまで運ぶのは面倒です。 ...

洗えるお布団はどうやって丸洗いする?シーツの洗濯方法は?

毎日使っているお布団、汗や汚れが気になりますよね。 最近では、洗えるお布団が人気ですが、どうや...

お布団のダニ対策で、スプレーや掃除機どれが効果的?

お布団に潜んでいるダニは32万匹とも言われています。 様々なアレルギーを引き起こす原因にもなる...

お布団のダニ!布団乾燥機&布団掃除機で効果的にダニ退治!

お布団のダニを駆除するのに、みなさんはどんな方法を使っていますか? ダニは50度の高温でなけれ...

猫はお布団に入ってくるけど、窒息してしまわないの?

あなたの飼い猫は、お布団に入ってきますか? 猫がお布団に入ってくるのはなぜでしょう。窒息の危険...

お布団にカビが生える原因とは?カビの防止策をしよう!

お布団は、毎日換気してあげることが大切です。 お布団をきちんと手入れをしないと、カビが生えやす...

エアコンの除湿が効かない?お布団の湿気を除去する方法!

エアコンの除湿が効かない。などと思うことはないでしょうか。 そもそもエアコンの除湿機能と冷房機...

お布団に掛ける夏にお勧めのシーツは?大切なのは素材選び!

皆さんは夏に使うシーツをどのように選んでいますか? 夏は、快眠を得るのが一番難しい季節です...

お布団で虫のダニに刺されたら、症状は?ダニの対処法!

お布団で、寝ている間いつのまにか虫に刺されてしまったことありませんか? 人を刺す虫は蚊や、ダニ...

お布団を持ち運びするなら布団袋が便利!使い方とは?

お布団を持ち運びしようとすると、意外に重い上に、持ちづらくて困ってしまうことはないでしょうか。 ...

猫がお布団で占領している!これは安心している証拠!?

猫の行動でお布団に入ってきたり、一緒に寝てくるという行為があります。 飼い主としては、可愛い猫...

女子必見!!お布団と部屋の掃除方法とは??

女子の皆さん。お部屋は綺麗に片付いていてもお布団の掃除は忘れていませんか? 布団は汚れが目に付...

お布団の悩みに布団乾燥機がおすすめ!メーカー人気商品は?

毎日の疲れを癒してくれるお布団、とても大事な日常生活アイテムですよね。 しかし、湿気が溜ま...

スポンサーリンク

畳にウッドカーペットを敷くメリット

畳が敷いてある和室でもフローリングの洋室に変えたいというならウッドカーペットがおすすめです。

その名前の通りウッドカーペットはカーペットのように敷くだけで簡単に部屋の印象を変えられます。
そして畳の上に敷くのですから畳へのダメージをカバーしてくれます。

それから部屋のサイズに合わせるのもウッドカーペットならカットもできるので簡単に敷き詰められます。
洋室に変更することで他の部屋とも調和が取れますし、何より洋風インテリアを合わせられるようになることが最大のメリットでしょう。
また、好みの家具も似合うことでしょう。

そのためウッドカーペットは気軽にリフォームできる素材として人気を集めていますし、フローリングになることで掃除だって楽になります。

畳ではタオルの拭き掃除や箒の掃き掃除をしますが、フローリングなら掃除機で掃除できるようになりウェットシートで拭くこともできるようになります。

ただしカビも生えやすくなる要因にもなるので、使用には注意することも必要です。

畳の上にウッドカーペット・・気になるダニ・カビの対策は?

フローリングの部屋にするために畳にウッドカーペットを敷こうというときにまず行わなければならないのは畳の掃除です。

畳の掃除を疎かにしてしまうとダニなどの虫の発生源を残すことになってしまいます。
最初に掃除することで虫の発生を最小限に抑えられるので畳の掃除は必須です。

また、ダニ除けシートを敷きましょう。
畳の上にはダニ除けシートを敷くことでよりダニが発生しなくなるのでおすすめです。
ただし、ダニ除けシートは数ヶ月で交換するものなので時々ウッドカーペットをめくって交換しましょう。

そして、吸湿シートを使うこともオススメします。吸湿シートを使えば畳にこもる湿気を吸ってくれるので虫の発生だけでなくカビの防いでくれます。

ただしダニ除けシートと一緒で使用期限があるので、やはりウッドカーペットをめくって定期的に交換しましょう。

また、畳にこもる湿気を気にするなら小まめな換気も効果的ですし、除湿機の使用でも畳の湿気を減らしてくれます。

ウッドカーペットやお布団に生えるカビは湿気が原因

そもそもカビというものは条件が整えばどこでも生えます。

湿度65%以上、温度20度から25度、人でもちょうど心地良さそうな条件で生えてしまうのです。
条件が揃いやすいのでカビは生えやすいということです。

気をつけておかないと自分でカビの生えやすい環境を整えていることになりますので気をつけましょう。

フローリングにお布団を敷いている人もいませんか。

フリーリングにカビが生えるのはお布団によって温度が逃げず湿度も逃げないこともあります。
夏でも冬でも人間は一晩で汗を約コップ1杯かいてしまってフローリングが結露することもあります。
それが毎晩ですからカビは生えやすい環境にいると言えますね。

フローリングの上に、マット、カーペット、ウッドカーペットなど敷いている人もいると思います。

1枚敷くことで湿度が溜まりやすくなるのは畳だけではないのです。
フローリングの上に1枚敷くだけでも湿度が溜まりやすくなります。
フローリングを守ったり部屋の見た目を変えたりと便利なカーペットもさすがにお布団ほどではありませんが、湿気が溜まりやすいので小まめな換気などでカビには注意が必要です。

ウッドカーペットのカビの取り方とお布団のカビの対処法

畳に生えたカビは大変ですが、フローリングやウッドカーペットにカビが生えてしまった場合は拭き掃除しましょう。

なるべくカビの胞子を広げないことが大切で、フローリングワイパーなどで静かにカビを拭き取りましょう。
それから掃除機をかけるのが正しい除去方法となります。

拭いてもカビが取れないという場合は、無水エタノールを80%まで希釈して(無水エタノール800ccと水200ccを混ぜて)からカビに吹きかけて拭き取ります。

注意点としては色落ちの可能性です。
目立たないところで試してから80%無水エタノールを使いましょう。

色落ちしてしまうというのなら逆性石けんを使います。
消毒作用があってエタノールのような色落ちがありませんし、ワックスを白くすることもありません。

お布団にカビが生えている場合は、表面に見えているということはすでに奥までカビが入り込んでいると考えるべきです。
その場合は自分でカビ除去するのは大変ですし、自分で頑張ってもお布団を痛めただけということになりがちなので、クリーニング出すのが良いでしょう。

ウッドカーペットもいいけど湿気の多い日本には畳がおすすめ

ウッドカーペットはその名前の通りカーペットなので畳の上に簡単に敷くことができて見た目を和室から洋室に変更できるのですが、畳の上にカーペットを敷くというのは実はあまり良くありません。

ダニの温床になってしまいます。

昔は、イベントなどの行事などで畳が使用されることもあり、畳が顔を出す機会が良くありました。

しかし最近では畳の汚れを隠すためや普段使いからカーペットや絨毯を畳の上に敷いておくことが多くなりました。
そのため、畳が顔を出す機会もなくなり、畳を取り外すこともなくなるため、湿気が溜まりやすくなってしまっているのです。

畳はある程度水分がある状態が好ましいものの湿度が高すぎるとカビやダニなどを発生させてしまいます。

そのため対策は欠かせません。
対策法としては、まず換気が大切です。
部屋の湿度を逃がすのに効果的です。

それから掃除です。
埃などにも湿気は溜まるので掃除をすることでカビやダニの発生を抑えられます。

そして畳干しです。
半年に一度くらいは畳を起して太陽の光を当てたり風通しを良くして湿気を逃がしましょう。

このようにしっかり対策をして、カビやダニが発生しないように努力しましょう。

和畳に癒し効果?畳の楽しみ方とは

テーブルやデスクなど洋風のインテリアを使いたいということからフローリングにしたりウッドカーペットを敷いたりして洋室に変更することもできます。

しかし、フローリングにするにはリフォームしなければなりません。

ウッドカーペットではカビやダニの心配もあります。
畳の良さをご紹介しますので今一度畳の良さを再確認しましょう。

あまり知られていないことですが実は、畳は、燃え難い素材だということです。

更にメリットとしては、吸湿・保湿効果もあります。

また、二酸化炭素を吸収して部屋の空気を綺麗にしてくれる効果もあります。

畳には匂い効果もあり、イグサの匂いには心と体をリラックスさせてくれるアロマテラピーの効果があります。

他にも畳には弾性があるのでクッションのように働きますし吸音性もあります。

最近では、畳は素材を見直すことでダニを防いだり断熱性を高めたりしてくれるものまででています。

このようにメリットを挙げると沢山あります。
住みやすい環境を整えてくれる畳は日本人と切っても切れないものだと思います。

人工素材ではなく自然素材ということもあって温かみがあることも畳の特徴の一つでしょう。
イグサの香りに包まれてゴロリと寝転がるだけでも日本ならではの贅沢な瞬間だと言えるのではないでしょうか。

日本人の生活には和畳が一番のようですね

いかがでしたか。

畳の上にウッドカーペットを敷くのも、部屋の雰囲気を変えるのに、とても便利で、素敵なことですよね。

しかし、湿気はカビやダニの原因になってしまいますし、カーペットに付いたカビは対処できても、お布団は専門の方にお願いしないといけないんです。
これはちょっと大変ですね。

既に敷いている方は、通気性を良くするよう心がけ、これから敷く予定の方は、注意点を守って作業していくと良いかもしれません。

多湿の日本には、和畳が一番適しているのかもしれませんね。

 - お布団