折りたたみベッドはどれが人気?通販からおすすめを厳選

折りたたみベッドは、一般的な据置タイプのベッドに比べてとても機能的でおすすめです。

その名の通り、折りたたんでコンパクトにできるのが最大の特徴であるベッドです。

その点では特に、ワンルームにお住まいの方や省スペースのお部屋への設置に適していると言えます。

今回は、折りたたみベッドが人気の理由やメリット、ネット通販で取り寄せが可能なおすすめの折りたたみベッドをご紹介します。

レビュー評価が高く高品質な折りたたみベッドを厳選したので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

クイーンサイズのベッドが置きたい!部屋が狭くても大丈夫?

お部屋が狭かったとしても、「ゆったりと大きなベッドで眠りたい」という願望をお持ちの方はいませんか...

猫が飼い主のお布団に潜るのはなぜ?猫と添い寝をする方法

漫画やドラマなどで、猫がお布団に潜っているのを見たことはありませんか?一方で、全くお布団に潜...

トイレや寝室に緑の壁紙を使うとどんな効果がある!?

色は部屋のイメージを変えるだけと思っていませんか?実は色には人の気分に大きな影響を与えるとい...

和室に合う寝具5選!おすすめの選び方も解説

マットレスやベッドなどの寝具は、洋室に合わせて作られているものが多く、和室に合うそれらの寝具を探すの...

ベッドや寝具を自分らしくコーディネート!そのポイントは?

一日の疲れを癒してくれる「睡眠」は、とても大切です。そこで、ベッド周りを癒しの空間にする...

パイン材のフローリングの特徴は?塗装はどれを選べばいい?

無垢材は主に、針葉樹と広葉樹に分けられます。パイン材は針葉樹に分類されます。今回は、...

お布団やシーツの破れを直そう!補修方法・縫い方をご紹介

長く同じ寝具を使っていると、シーツや敷布団が破れてきてしまいます。お布団の破れはそのままにし...

洋室にベッドを配置する場合はどこがベスト?徹底調査!

皆さんは、一人暮らしのお部屋や寝室のベッドはどこに配置しますか?最近は和室よりも洋室のお部屋...

6畳のインテリアレイアウト「ロフトベッド」の活用法とは?

6畳しかない手狭なお部屋を「どうにかしてスッキリさせたい…」と、お悩みの方はいませんか?...

フロアベッドや脚を高くする方法は!?ベッド下収納の注意点

フロアベッドをお使いの方、起床時に起き上がりづらいと感じることはありませんか?もう少し高けれ...

寝室のベッドをメインにしたインテリアコーディネート

寝室は1日の疲れを取る大切な空間です。そんな疲れを取ることが出来る、ベッドをメインにしたイン...

より良い睡眠にこだわる!有名ベッドメーカーの魅力をご紹介

寝心地が格別なベッド。ハワイなどのリゾートホテルで、体感した方もいらっしゃるでしょうか。...

赤ちゃんの寝具は難しい?冬を快適に過ごすお布団の選び方

赤ちゃんの寝具ってどのように選んでいますか?まだ話すことができない赤ちゃんには、今掛けている...

寝具で防寒して首を温めよう!首温活で身体の不調を解消

気持ち良く眠っている時に、ふと首が寒くて目が覚めた、という経験がある方もいるのではないでしょうか。...

新築時にコンセントの配線を失敗しないための方法をご紹介!

家を建ててから、コンセントの位置や数で失敗したと感じることはありませんか?プロの設計士が作っ...

スポンサーリンク

折りたたみベッドが人気の理由!メリットとは

ネット通販で取り寄せ可能なおすすめの折りたたみベッドをご紹介する前に、折りたたみベッドが人気の理由やメリットについて解説します。

折りたたみベッドの最大の特徴でありメリットとして挙げられるのは、やはり折りたたむことができる点です。

ベッドを折りたたむことで、使用しない時間にはベッドを置くスペースを子供の遊び場や洗濯物を畳むスペースなどとして有効活用できます。

その点では、ワンルームにお住まいの方や省スペースのお部屋への設置もおすすめです。

特に、省スペースのワンルームにお住まいの方は一般的なベッドを使っていると、圧迫感があったりベッドに座って食事を摂ったり、生活が不便になる点も多いかと思います。

そこで、折りたたみベッドを使用すれば、ひとつのお部屋を寝る時間はベッドルームとして、ベッドを使用しない時間はリビングとして使用できるようになります。

また、必要なときにだけ取り出して使用できるという点では、来客用としてもおすすめできます。

さらに、折りたたみベッドのメリットには掃除のしやすさがあります。

一般的なベッドは、ベッドの下を掃除する際に掃除機のノズルやフローリングワイパーなどが届かなかったり、無理な姿勢をとらなければなかったりと不便な点が多いです。

その点折りたたみベッドは、折りたたんでお部屋の隅に置いておくことで、ベッドを置くスペースを楽々と掃除することができます。

折りたたみベッドは湿気対策ができる点でも人気でおすすめ!

折りたたみベッドが人気の理由のひとつに、湿気対策ができる点も挙げられます。

一般的なベッドの場合、お布団を敷きっぱなしにしておくと湿気が溜まりやすくなり、カビやダニが発生しやすい環境になってしまいます。

お布団にカビやダニなどが発生すると不衛生なだけでなく、アレルギーの原因にもなります。

特に、厚みのあるマットレスはアレルゲンが発生した際の対策が難しい上、外に干すことが難しいため敷きっぱなしにしている方が多いのではないでしょうか。

その点、折りたたみベッドは、折りたたむことができるため、手軽に室内で干すことができます。

また、折りたたみベッドの中には、布団干しのことを考えて作られた製品もあります。

そのため、使用した敷布団を一緒に干すこともできます。

加えて、折りたたみベッドの中には素材がすのこのタイプがあり、通販でも人気を集めています。

すのこタイプの折りたたみベッドは吸湿性と放湿性に優れており、通気性が良いという特徴があるのです。

ベッドやお布団の湿気が気になる方は、すのこタイプの折りたたみベッドを選ぶことで、より湿気対策が期待できおすすめです。

折りたたみベッドの種類や選び方!ネット通販で人気なのは?

折りたたみベッドが人気の理由やメリットがわかったところで、ここからは折りたたみベッドの種類や選び方について解説します。

折りたたみベッドの中には、すのこタイプとマットレスが一体になっているタイプなどがあります。

この章では、すのこタイプの折りたたみベッドについて詳しく解説します。

すのこタイプの折りたたみベッドは、桐やひのきといった木材を原料としており通気性が良く、速乾性があるのが特徴です。

折りたたんでお布団を干す際にも便利で、お布団を湿気から守り、衛生的に保つことが期待できます。

その点では、湿気が発生しやすいお部屋や日当たりが悪いお部屋での使用にも向いているでしょう。

また、すのこタイプの折りたたみベッドはサイズや種類が豊富であり、ネット通販でも人気です。

折りたたみベッドはシングルサイズが主流ですが、すのこタイプはダブルサイズ以上が選べるものもあります。

加えて、一般的な折りたたみベッドは2つ折りが多いですが、すのこタイプは3つ折りや4つ折りタイプなどもあります。

それらは、山型に折りたたむことで、下に土台ができるので、その土台に立てかけたり、乗せたりすることでマットレスを干すことが可能です。

マットレスの下は湿気が溜まりやすいため、通気性を確保できる3つ折りや4つ折りタイプは、その点で特におすすめです。

マットレス一体型折りたたみベッドはどんな所がおすすめ?

定番のマットレスと一体になっているタイプの折りたたみベッドは、機能性の高さが魅力でネット通販でも人気です。

マットレスを買い足す必要がないため、ネット通販で購入した場合には届いたその日にそのまま使用することができます。

また、組み立てる手間が必要ない点でもおすすめです。

マットレスと一体になっているタイプの折りたたみベッドは、マットレスの素材を「ウレタンタイプ」「低反発タイプ」「高反発タイプ」に分けることができます。

一般的なウレタンタイプのマットレスと一体になっている折りたたみベッドは、しっかりとした硬さがあるタイプが多いです。

硬すぎると感じる方は、マットレスに敷きパッドやベッドパッドを使用すると良いでしょう。

次に低反発タイプのマットレスと一体になった折りたたみベッドは、寝返りを打った際に復元力が緩やかであるのが特徴です。

横になった際に体がゆっくりと沈み込み、包み込まれているような感覚を体感できます。

ただ、腰が沈み込むという点では、腰痛がある方が選ぶ際には注意が必要です。

そして、高反発タイプはしっかりとした弾力があるため、寝返りをスムーズに打つことができます。

やや硬さがあり、体の中で重い部分である腰や頭、肩が沈み込み過ぎないので、腰痛がある方などにもおすすめです。

折りたたみベッドは種類が豊富!フレームや畳タイプって?

折りたたみベッドの中には「フレームタイプ」や「畳タイプ」もあります。

フレームタイプの折りたたみベッドは、フレームのみでマットレスが付属していません。

パイプでできており、天板は網目状になっているものが多いのが特徴で、ネット通販でも取り扱っています。

フレームタイプの折りたたみベッドは、自分好みのマットレスと組み合わせて使用することができます。

また、折りたたんだ際のサイズがコンパクトで、比較的軽い点もポイントです。

加えて、折りたたみベッドの中には珍しい「畳タイプ」もあります。

畳タイプの折りたたみベッドは、寝床がマットレスではなく畳になっているタイプです。

脚は木製や木目調のデザインが多く、和室にも合わせやすい点でも人気で、おすすめできます。

また、畳タイプの折りたたみベッドは畳によるさまざまな効果を体感することができます。

畳は、自然の空気清浄機と言われるほど、空気を綺麗にする効果を持っています。

二酸化窒素や揮発性の有害物質などを吸着してくれるため、気持ち良く使用することができます。

また、畳の素材であるいぐさには鎮静作用もあるため、畳タイプの折りたたみベッドで寝ることでよりリラックスすることができるでしょう。

加えて、畳には調湿作用がある点でもおすすめできます。

折りたたみベッドの種類の解説に戻りますが、中には折りたたんでソファとして使用できるタイプもあります。

ソファタイプの折りたたみベッドは2WAY~3WAYのものや、カウチ、脚を伸ばして座ることができるタイプもあり、ネット通販でも人気を集めています。

ベルメゾンの折りたたみひのきベッドは通販で人気!

折りたたみベッドのメリットや種類などについて詳しく分かったところで、ここからはネット通販で取り寄せが可能なおすすめの折りたたみベッドをご紹介します。

はじめにご紹介するのは、ベルメゾンネットで取り扱っている「折りたたみひのきベッド」です。

折りたたみひのきの畳ベッド

こちらは、通気性が良く機能的な折りたたみベッドで、レビュー評価が高く人気でおすすめできます。

ひのき製の折りたたみベッドで湿気がこもりにくいのが嬉しいポイントです。

床板と床板が間を空けて並んでいるため、隙間が風の通り道になっておりカビが発生しにくい仕様となっています。

加えて湿気だけでなく、熱もこもりにくいため暑い夏にも快適に使用することができます。

また、脚にはキャスターが付いているため移動や設置が簡単な点でもおすすめです。

さらに、こちらの折りたたみベッドのフレームはスプリングが付いており、強い力を込めなくても楽々とたたむことができるのです。

設置や移動の際に体への負担が少ないので、ご高齢の方にもおすすめです。

サイズはシングルとワイドシングルの2種類から選ぶことができます。

また、高さは圧迫感が少ないロータイプと、立ち座りがスムーズなハイタイプから選ぶことが可能です。

カラーバリエーションは、ナチュラルとブラウンのおしゃれな2種類が揃っています。

選べるサイズは以下の通りです。

・シングル・ロー:幅94.5、長さ199、高さ23.5cm
・ワイドシングル・ロー:幅106.5、長さ199、高さ23.5cm
・シングル・ハイ:幅94.5、長さ199、高さ36cm
・ワイドシングル・ハイ:幅106.5、長さ199、高さ36cm

参考価格は以下の通りで、すべて税込み価格です。

・シングルサイズ ロータイプ:29,100円
・ワイドシングルサイズ ロータイプ:35,600円
・シングルサイズ ハイタイプ:35,600円
・ワイドシングルサイズ ハイタイプ:42,100円

桐3つ折れ式すのこベッドはお布団が干しやすくておすすめ!

続いてご紹介するネット通販で人気の折りたたみベッドは、ベルメゾンネットで取り扱っている「桐3つ折れ式すのこベッド」です。

桐三つ折れ式すのこベッド

こちらは3つ折れタイプの折りたたみベッドで、よりコンパクトに折りたたむことができます。

レビュー件数が多く評価も高いため、自信を持っておすすめできる折りたたみベッドです。

使用しているすのこには、1本1本に溝を作ることで風の通り道を確保しています。

また、すのこの量は27本と、一般的なすのこ製折りたたみベッドよりも多い仕様です。

3つに折りたたむことができる点では、コンパクトになるだけでなく、山型に折りたたむことでお布団をそのまま干すことができます。

また、脚がないロータイプの折りたたみベッドとなっているため、使用しない際には押し入れの湿気対策として使用することも可能です。

さらに、こちらの折りたたみベッドに使われている桐すのこは、高い調湿効果があります。

桐材は、衣類の湿気対策が必要な箪笥にも使用されており、ベッドにも適した素材なのです。

また、桐すのこは木材ながら軽量である点嬉しいポイントで、軽々と折りたたむことができます。

選べるサイズは以下の通りです。

・シングル:幅100、長さ200、高さ3.5cm
・セミダブル:1枚あたり幅60、長さ200、高さ3.5cm×2枚
・ダブル:1枚あたり幅70、長さ200、高さ3.5cm×2枚

参考価格は以下の通りで、すべて税込み価格となっています。

・シングル:9,690円
・セミダブル:12,900円
・ダブル:15,900円

ゆったりくつろぎ4WAYソファベッドは多機能でおすすめ

ベルメゾンネットの通販サイトで取り寄せが可能な「ゆったりくつろぎ4WAYソファベッド」は、シーンに合わせて4つのパターンで使用できる折りたたみベッドです。

ゆったりくつろぎ4WAYソファーベッド

デザインもおしゃれで人気があり、レビュー件数が多く評価が高い点でも非常におすすめできます。

こちらの折りたたみベッドの使用パターンは「ソファ」「カウチ」「ベッド」「モバイルスタイル」の4つです。

まず、ソファとして使用する際には、ウレタンがたっぷり入っているため贅沢な座り心地を体感することができます。

また、ベッドの片側を2つに折って背もたれを作り、反対側は折り曲げずにフラットな状態にすることで脚を伸ばして座ることができます。

さらに、ベッドの片側を2つに折ってフラットにし、反対側を折り曲げずにフラットな状態にすると、うつ伏せで肘を立ててスマートフォンやゲームを楽しめます。

2つ折りの部分に肘を乗せることで体にあまり負担をかけず、モバイル操作ができます。

本を読む際にも適しているでしょう。

また、こちらの折りたたみベッドはソファとして使用する際に、背もたれを14段階のリクライニング調整ができる点も嬉しいポイントです。

テレビを観る際や雑誌を読む際など、シーンに合わせてベストな角度に調節して使用することができるため非常に便利でおすすめです。

さらに、カラーバリエーションも豊富で、北欧テイストなお部屋からカジュアルなお部屋まで幅広く合うおしゃれな色合いが揃っています。

ターコイズ・インディゴブルー・モカブラウン・スモークグレー・ウォームレッドの5種類から選ぶことができます。

サイズと税込みの参考価格は、以下の通りです。

・参考価格:10,900円

・サイズ:幅90、奥行69~194、高さ17.5~50cm

折りたたみベッドメホールは寝心地が良く通販で人気!

楽天市場内のネット通販ショップ、エムールで取り扱っている「組立不要 折りたたみベッド メホール セミシングルサイズ」は、楽天ランキングでも上位で人気がある折りたたみベッドです。

折りたたみベッド セミシングルサイズ 『メホール』リクライニングベッド

レビュー件数は500件越えで、高い評価を受けています。

こちらは組み立てが不要で、届いたその日から使用することができる折りたたみベッドとなっており、組み立てが苦手なご高齢の方などにもおすすめできます。

耐久性にも優れており、耐荷重はなんと500kgと非常にタフな折りたたみベッドです。

センターフレームが20mmと太さがあることで強い耐久性を実現しています。

また、こちらの折りたたみベッドは寝心地の良さも人気のポイントとなっています。

中材に、硬さや性質が異なる綿とウレタンを使用した4層構造のマットレスは、しっかりと寝姿勢を支えることができます。

贅沢な寝心地を体感でき、床付き感がない点も嬉しいポイントです。

一般的なベッドと比べたときに、折りたたみベッドは寝心地が心配という方にも自信を持っておすすめできます。

また、キャスターも付いているため折りたたんで移動する際にも楽々です。

折りたたみときのサイズは、幅が約26cmと非常にコンパクトになるため、お部屋の中のちょっとした隙間にも入れておくことができます。

さらに、5段階のリクライニング機能も付いており、ソファとしても使用することが可能です。

ワンルームなど、ソファとベッドを置くことが難しいお部屋への設置もおすすめです。

取っ手とマガジンポケットも付いており、細かい部分の機能面までこだわっています。

カラーは、高級感のあるビターブラウンとやさしい印象のモカベージュの2種類から選ぶことができます。

セミシングルサイズのサイズと税込みの参考価格は、以下の通りです。

・参考価格:20,520円

・サイズ:全長の幅84、長さ192cm
ノーマルタイプの高さ:30cm
ハイタイプの高さ:40cm

Mallowは通販で大人気!コンパクトなサイズが女性におすすめ

最後にご紹介するのは、楽天市場に出店している複数のネット通販ショップで取り扱っている「コンパクト折りたたみベッド Mallow セミシングル ショート丈」です。

女性に優しいおしゃれで可愛いコンパクト折りたたみベッド Mallow マロウ セミシングル ショート丈

こちらは、縦180×幅85cmとコンパクトなサイズの折りたたみベッドで、大人の女性に特におすすめです。

女性が寝たときに窮屈でないと感じるベッドの幅は、肩幅プラス40cm程度と言われており、日本の一般的な成人女性の肩幅は40~45cm程度です。

また、日本の一般的な成人女性の平均身長は、155~160cmであり、横になった際に枕も含めた身長は175~185cm程度です。

したがって、こちらの折りたたみベッドの幅85cm、縦180cmというサイズは、コンパクトながら女性が窮屈と感じない絶妙なサイズであると言えます。

また、コンパクトである点では、ワンルームや省スペースのお部屋に設置した際に空間を広く取ることができるところがポイントです。

さらに折りたたんだ際のサイズも非常にコンパクトで、お布団を干すことができるため部屋干しにも向いています。

花粉が気になる季節や雨の日など、お布団を外に干すことができない日にも便利でしょう。

さらに、こちらの折りたたみベッドは、強い力を入れなくても楽々と折りたたみ広げることができるため、とことん女性にやさしく人気です。

ふわっと広げることができるため、お仕事で疲れた日にも簡単に設置できます。

マットレスは、高反発ウレタンとチップウレタンの2層構造になっており、厚みは10cmとボリューム感があるため快適な寝心地を体感できます。

参考価格は、取り扱いショップにより異なり、税込み22,000~24,000円となっています。

折りたたみベッドは便利で人気!通販で好評なものがおすすめ

折りたたみベッドと一言で言っても中には「すのこタイプ」「マットレス一体タイプ」「フレームタイプ」「畳タイプ」「ソファタイプ」など、さまざまな種類があります。

すのこタイプは、通気性が抜群でカビやダニの発生を効果的に防ぐことができます。

定番のマットレスと一体になっているタイプは、マットレスをあとから買い足す必要がなく、通販で購入する場合は届いたその日から使用することが可能です。

ご紹介してきた折りたたみベッドは、ネット通販サイトの中でもレビュー評価が高く人気で、自信を持っておすすめできるものばかりです。

今回おすすめした中から、最適な折りたたみベッドを選んでみてください。