素敵インテリアといえば北欧のおしゃれブランドマリメッコ!

素敵だなと感じる家のインテリア、「北欧スタイル」が多いと感じませんか?

昨今大人気の北欧インテリアですが、たくさんあるブランドの中でも代表格ともいえるのが「マリメッコ」です。

マリメッコのインテリアアイテムを取り入れて、おしゃれな家を目指しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

インテリアにポスターは高レベル?フレームの選び方と飾り方

ポスターは、誰でも気軽に飾ることができるアイテムで、ぐっとおしゃれなインテリアを演出してくれます...

椅子が下がるのはガス抜けが原因?誰でもできる修理方法とは

レバーを引くと座面が下がるガスシリンダー式の椅子は、使っているうちにガスが抜けてしまい、下がりっぱな...

かわいくて機能的!北欧風のカーテンで魅力あふれる空間に

おしゃれなデザインが豊富で、魅力的な北欧スタイルのカーテン。しかし、本場ヨーロッパの製品は、...

畳にウッドカーペットを敷くときのダニ・カビの対策方法とは

畳のお部屋をプチリフォームするのに、とても便利なウッドカーペット。設置する際には、ダニ・カビの対...

新築に引き戸・開き戸、選ぶ際のメリット、デメリットは?

新築を建てるにあたって、たくさんのことを決めていかなくてはなりません。今回は、ドアについて詳...

木材に生えたカビの除去方法は?どうしたら予防できるの??

湿っぽい場所にある木材や木部には、どうしてもカビが生えやすいですよね?除去したいけど木材を傷...

スマホの電磁波は危険!?枕元に携帯を置いて寝ても大丈夫?

スマホの電磁波は、身体に悪いと言うことを耳にしたことがあります。しかし、色々な機能やアプリが...

6畳を理想空間に!インテリア次第で男の夢のおしゃれ暮らし

1人暮らしの間取りの多くは6畳1Kです。限られたスペースではインテリアに凝れないと、割り...

電球の様子がいつもと違う?接触が悪い時の改善方法とは

普段何気なく使っている電気ですが、突然つかなくなったりすることありますよね。そんな時、新...

ワイドハイターを詰め替え!別の容器への詰め替えはNG?

花王から販売されている漂白剤、ワイドハイターをご存知ですか?「衣料の漂白剤と言えばコレ!...

ベランダに洗濯機を置くなら排水には特に配慮を!

ベランダで洗濯機を使うのは、決して珍しいことではありません。ワンルームの狭いスペースを有効に使う...

シンプルなインテリアがベター!賃貸で快適に暮らしてみよう

「新しいインテリアを買ったけど、しっくりこない」「モノが多すぎてまとまらない」と悩んでいる人は多いの...

カーペット下のフローリングにカビが!!除去方法は?

カーペット下を掃除しようとしたらカビが!フローリングにカビが生えてしまったとき、慌てて対処しよう...

洗面所は既成か造作か?メリットデメリットをご紹介

マイホームを建てるにあたって、既成の洗面所にするか、こだわって造作の洗面台にするのかは大きな選択...

畳のサイズや機能性!8畳の部屋の実際の住み心地って?

皆さんは、畳のことをどれぐらい知っているでしょうか?畳にも実はサイズがあり、それが場所によっ...

スポンサーリンク

北欧インテリアブランド・マリメッコを手軽に取り入れるには?

北欧ブランド・マリメッコは、いろいろなかわいらしい柄が人気です。

しかし、マリメッコの柄は大胆なデザインが多いので、家の印象を左右するインテリアアイテムにをどう取り入れていいのか難しく感じることもあるでしょう。

そのように感じる方は、まずは小さなインテリアアイテムでマリメッコを取り入れてみましょう。

おすすめは「ファブリックパネル」です。

ファブリックパネルとは、パネルに布をはりつけたものです。

ファブリックパネル自体も北欧うまれといわれています。

マリメッコのお好きな柄の小さなファブリックパネルを、リビングや寝室、玄関やトイレなどに置いてみましょう。

パネルが小さくても大胆な柄が存在感を放ちますので、それだけでおしゃれな空間になります。

もしも、小さなファブリックパネルでもの足りなくなってきたら、同じものを二つ増やしてみましょう。

そして、三つのファブリックパネルをバランスよく同じ空間に飾ります。

そうすると、また一気に雰囲気が変わります。

いろいろなものが市販されていますので、サイズや価格等は割愛いたします。

気になる方は、インターネットなどでチェックしてみてくださいね。

ファブリックパネルは一般的に木製パネルに布をはりつけるのですが、重さが気になる方は、発泡スチロールでもまったく問題ありません。

DIYで簡単に作成できますので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

マリメッコのポストカードがおしゃれなインテリアに!?

インテリアアイテムだけではなく、キッチン用品や文房具など、マリメッコからはいろいろな商品が販売されています。

手軽におしゃれな北欧インテリアを楽しむなら、「ポストカード」を活用してみましょう。

方法は簡単です。

マリメッコのいろいろな柄のポストカードでガーランドを作るのです。

用意するものは、ポストカード数種類と麻ひもと木製の洗濯ばさみだけです。

麻ひもに、バランスよく空間をあけながら木製の洗濯ばさみでポストカードを挟みます。

ポストカードの枚数は、5~6枚くらいがバランスいいでしょう。

それを、壁にぶらさげます。

これだけで、一気に北欧インテリアの完成です。

コストもあまりかからず気軽に楽しめますのでおすすめです。

ポストカードもファブリックパネル同様、単品販売やセット販売されており価格もさまざまですので詳細は割愛いたします。

ポストカードガーランドを作成してみたい方は、文房具店やインターネットなどで探してみてください。

これぞ北欧インテリア!マリメッコのスツール

インテリアを北欧スタイルにしたい方なら、「スツール」もはずせません。

脚が白木で、座面がマリメッコ柄のスツールが一つあると、一気に北欧風になります。

マリメッコといえば「ウニッコ」柄を思い浮かべる方がい多いと思いますが、ホワイトとブラックのウニッコ柄のスツールはシックさの中にもかわいらしさがあるので人気です。

【Pieni Unikko スツール ホワイト×ブラック】

参考価格:56,000円(税抜き)

マリメッコのこのスツールはとても素敵ですが、他の柄がいいという方ももちろんいらっしゃるでしょう。

そのような方は、自分で作ってしまいましょう。

もしも、少しの時間と手間をかけられるならば簡単にDIYできます。

基本的には、お好きなスツールにマリメッコの布地をタッカーではりつけるだけです。

この方法であれば、お好きなマリメッコの柄でスツールをつくることができます。

リビングのアクセントにマリメッコ柄のクッションカバー

スツールと同様に人気なのが、マリメッコ柄のクッションカバーです。

さりげなくソファに置いてあるクッションがマリメッコ柄だと、とてもおしゃれです。

北欧スタイルのインテリアに憧れている方にははずせないアイテムの一つかもしれません。

【Vihkiruusu クッションカバー 45×45cm】

参考価格:5,000円(税抜き)

ウェディングローズをモチーフにしたヴィヒキルースのクッションカバーは、日本限定の商品です。

かわいらしく華やかな柄がとてもおしゃれです。

【Puketti クッションカバー 45×45cm】

参考価格:5,000円(税抜き)

こちらも日本限定で、上品な柄で人気のプケッティです。

【Rasyamatto クッションカバー 50×50cm】

参考価格:5,500円(税抜き)

ラシィマットは、○が連なっているシンプルな柄が特徴です。

インテリアをシックな雰囲気に仕上げたい方におすすめのクッションカバーです。

お好きな柄が市販されていなければ、クッションカバーを手作りしてもいいですね。

ダイナミックに北欧テイストを取り入れたいならカーテン!

ダイナミックにインテリアに北欧テイストを取り入れたいならば、「カーテン」がおすすめです。

インテリアアイテムの中でも、カーテンは大きな面積を占めるものです。

カーテンはシンプルなものを選ぶ方が多いかと思いますが、大胆なマリメッコ柄にすれば、がらりと部屋の雰囲気は変わります。

カーテンを引くたびに、まるで大きなファブリックパネルが飾ってあるような印象さえ受けます。

マリメッコのカーテンを購入する場合、マリメッコの取り扱いがある店舗でファブリックを選ぶのが理想的です。

しかし、近隣に店舗がない場合はインターネットで注文することも可能です。

柄やカーテンの大きさで価格は大きく異なりますので、カーテンをご希望の方は専門業者に直接問い合わせてみてください。

カーテンではもの足りない!?それなら壁紙をマリメッコに!

カーテンをマリメッコにするだけで一気に北欧インテリアになりますが、それでももの足りないならば「壁紙」をマリメッコ柄にしてみましょう。

ただし、壁紙全体をマリメッコ柄にしてしまうと少々主張しすぎるきらいもありますので、アクセントで一面だけマリメッコ柄にするのがおすすめです。

他には、クローゼットの中の壁紙や階段の蹴上げ部分をマリメッコ柄にするのも、さりげなくておしゃれです。

壁紙で人気の柄は、マリメッコの代名詞ウニッコです。

しかし、他にも壁紙の柄はありますので、人とは違う北欧インテリアにしたい方はウニッコ以外を選ぶといかもしれません。

壁紙をマリメッコ柄にする場合、他のインテリアアイテムとのバランスをよくみましょう。

全体のバランスをみて柄を決めないと、おしゃれとはいい難いインテリアになってしまうこともあるためです。

壁紙をマリメッコ柄にしたい場合も、業者によって価格が異なりますので割愛いたします。

また、賃貸物件の場合は勝手に壁紙を変えてしまうと契約違反になる可能性がありますので、事前に契約書を確認することをおすすめします。

北欧インテリアを目指すならマリメッコははずせない!

おしゃれな北欧インテリアを目指すなら、マリメッコははずせません。

ここでは、ファブリックパネル・ポストカードガーランド・スツール・クッションカバー・カーテン・壁紙の6アイテムをご紹介しましたが、もちろん他にもたくさんマリメッコのインテリアアイテムがあります。

お好みのマリメッコのインテリアアイテムを選んで、「おしゃれな家に住んでいる人」の仲間入りをしましょう。