布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

ブルックリンスタイルのお部屋に挑戦!インテリアのポイント

2020.1.26

ブルックリンスタイルというものをご存知でしょうか。

「ブルックリンスタイル」と聞いてなんとなくイメージすることはできても、実際どんなものがブルックリンなのか理解できていない方も多いのではないでしょうか。

ここでは、お部屋をブルックリンスタイルに仕上げるために、インテリア選びのポイントをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

カーテンを使った「防音対策」は外の騒音に対して効果的?

カーテンの遮音機能は、今や特別高額になる事もなく、普通の安価なカーテンにもついている事が多くなっ...

気になるお風呂場の湯垢!効果的なお掃除方法とおすすめ洗剤

お風呂場にゆっくり浸かっていると、浴槽や壁の湯垢や汚れが気になりますよね。 お風呂場は毎日使う...

子供部屋のクローゼットに扉は付ける?付けない?どっち?

みなさんは、クローゼットといえば、どういったものを思い浮かべますか? 少し前までのクローゼット...

低費用?高費用?寒さを凌げる効果的な部屋の暖房対策方法!

みなさんは、冬が近づくに連れて、不安なことはありますか。 ほとんどの方が、寒さと答えると思...

L字型のリビングを上手に使おう!おすすめのインテリアとは

1日の内で最も多く家族が集まるリビングですが、主にI型とL字型に分けられますよね。 I型はキッ...

気になるピアノの音を防ぎたい!防音室を自作してみよう

ピアノを自宅で演奏する場合、音が響くとご近所にうるさくないか気になりますよね。 電子ピアノなら...

6畳ワンルームはインテリア性も重視した一人暮らしを

女性が6畳ワンルームで一人暮らしをする場合、必要なものとそうでないものを把握することが大切で...

インテリアをもっと快適に!ソファの配置の仕方を変えよう!

ソファは、ゆったりと座ってくつろぐためには最適なアイテムです。 しかし、気に入ったものを部...

木材の家具をリメイク!初心者にオススメの塗料と方法とは!

塗装されていない木材の家具、なんとかしたい・・と思っている方いらっしゃるのでは?特にベッドの木枠は塗...

引っ越しの時がおすすめ!冷蔵庫の下にマットを敷いて防水

引っ越しの際、冷蔵庫の下に敷く防水マットを勧められたことはありませんか? 冷蔵庫には、水漏れのトラ...

眩しい寝室のダウンライトをシーリングライトに交換できる?

天井に埋め込まれたダウンライトは、照らされた対象を浮かび上がらせ、とても美しく見せてくれます。 ...

お部屋を格上げするインテリア!通販の椅子を上手に使おう!

インテリアとしての家具というと、どんなものが思い浮かぶでしょうか? パッと浮かぶのは、ソファや...

インテリアの小物使いで、安いものも安く見せないテクニック

おしゃれなインテリアを目指したいけれど、お金はあまりかけたくないと思っている人は多いのではないで...

家の玄関灯や車のヘッドライトなど交換が可能な「led」とは

あらゆる物が進化している現代ですが、明かりに関しても便利なものが、世には沢山出ています。 その...

インテリアコーデのコツ!モダンテイストに合うカーテンは?

皆さんは、インテリアコーディネートをする際、カーテンはどのように選んでいますか。 カーテンは、...

スポンサーリンク

ブルックリンスタイルとは

そもそもブルックリンとは、ニューヨーク州にある5区のうちの1つの地区のことです。

そして今回取り上げるブルックリンスタイルは、ブルックリンを発祥としたスタイルのことをいいます。

このブルックリンには、倉庫や工場、古いアパートが立ち並び、賃金の安さから移民や労働者、若くおしゃれなアーティストやデザイナー、クリエーターなどが多く集まっています。

現在では、デザインやアートを融合する文化の発信地ともなっています。

また、ブルックリンはおしゃれなカフェも多く、カフェが持つ独特のテイストからブルックリンスタイルが誕生したともいわれています。

ブルックリンスタイルには、最先端の流行を取り入れつつも、古いものを生かしてお部屋の雰囲気を楽しむという考えがあります。

そのため、新品でぴかぴかの既製品の家具や雑貨を利用するのではなく、リユースのヴィンテージアイテムを使うスタイルが特徴です。

ブルックリンには、あえて古さを残した建物も多く見られ、その古い建物にはやはりヴィンテージアイテムが非常に合うのです。

次からは、ブルックリンテイストのお部屋にするために、インテリアのポイントをいくつかご紹介していきます。

ブルックリンスタイルのお部屋にしたい!インテリアのポイントは「壁」

先ほどお伝えしたように、ブルックリンスタイルは、古くからあるものの形を変えずに、ヴィンテージアイテムをインテリアとして活用するという特徴があります。

また、使用するアイテムも木目調のフローリングやアイアンなど、それぞれ素材感があるもの同士を組み合わせることが多く見られます。

ブルックリンスタイルで特に重視すべきなのは、素材のセレクトです。

まず、お部屋を大きく変化させるためには、多くの面積を占める壁に手を加えていくのがおすすめです。

ブルックリン地区では、レンガを使った建物が多く存在しており、ブルックリンスタイルと相性が非常によいです。

選ぶ際は、アンティーク感のあるレンガを選ぶと、よりブルックリンスタイルに近づけることができます。

ただし、本物のレンガを壁一面張り付けるのは大変な作業になりますし、賃貸物件では難しい可能性があります。

そこで、手軽にできるウォールステッカーやクロスなどを利用するのがおすすめです。

近年では賃貸でもDIYが可能な剥がせるタイプもありますので、手軽にリノベーションできます。

本物には及びませんが、雰囲気を変化させるには十分なアイテムとなるでしょう。

他にも、コンクリート風の壁紙や、サブウェイタイル風の壁紙もブルックリンスタイルと相性がよいのではないでしょうか。

お部屋にヴィンテージなインテリアを取り入れよう

ブルックリンスタイルには、ヴィンテージアイテムが欠かせません。

ヴィンテージのアイテムは、ブルックリンスタイルと相性がよいだけでなく、お部屋に深みを持たせてくれます。

ヴィンテージアイテムには、古材を使ったテーブルやベッドフレーム、テレビボード、チェアなどが挙げられます。

ほかにも、濃い目の革張りのヴィンテージソファも、ブルックリンスタイルと相性がよいのではないでしょうか。

特にアンティーク感が出やすい無垢の古材は、リユース感が出て、よりブルックリンスタイルに近づけられます。

また、黒のアイアンも非常に相性がよいので、古材とアイアンこれら2つが組み合わさったインテリアを取り入れてみてもよいですね。

ブルックリン地区は工場や倉庫が多く、無機質なアイアンがとてもマッチします。

その雰囲気に合わせて黒を取り入れることで、お部屋に重厚感を与え、より引き締まった印象になるでしょう。

お部屋のインテリアは暗いカラーで統一して

ブルックリンスタイルは、色味を抑えて落ち着きのある空間に仕上げることもポイントです。

そのためにも、お部屋の内装はなるべく赤や黄色、オレンジやピンクなどのポップな色味を使いすぎないことが重要です。

ブルックリンスタイルの基本カラーは、グレーや黒、こげ茶などいずれもダークカラーをメインにしてインテリアを揃えます。

もし、色味を加えたいのならば、主張しすぎない小物類にするか、明度を抑えたくすんだカラーを取り入れると統一感が出ます。

おすすめの色味としては、ブルックリンテイストと相性がよい、くすみ感のあるダークブルー、ネイビーがよいでしょう。

暗いカラーで統一することで、それぞれの質感が際立ち重厚感が増したり、素材の存在感を強調したりする効果が期待できます。

ブルックリンスタイルは照明にもこだわりを!

洗練されたブルックリンスタイルのお部屋に仕上げるためには、インテリアとして存在感のある照明にもこだわって選ぶ必要があります。

ブルックリンスタイルに合わせる照明の素材は、艶のないものを基準に選びます。

素材としては、アイアンやスチールがおすすめです。

カラーチョイスも、ブラックやグレーなどの空間に溶け込むようなものを選ぶと、うまくまとめられます。

近年ではペンダントライトや、シャンデリア、スポットライトなど、ブルックリンスタイルに合う照明がたくさん販売されています。

おしゃれな照明は、家具屋のほか、インターネットなどでも購入できますので、お部屋のイメージに合わせて選んでみてください。

また、電球照明の色にも注目してみましょう。

電球の色を大まかに分けると、オレンジ色、白色、青みがかった白色があります。

この中でブルックリンスタイルにおすすめなのは、「オレンジ色」です。

オレンジ色は、この中でも最も明度を抑えたカラーのため、暗めのブルックリンスタイルのお部屋にぴったりです。

また、オレンジ色の照明は、お部屋に温かみを与えたり、料理を美味しそうに見せたり、リラックス効果をもたらしたりする効果があるといわれています。

そのため、オレンジ色の照明はリビングだけでなく、ダイニングや寝室にもおすすめです。

お部屋に合わせるならお花よりも観葉植物がおすすめ!

ブルックリンスタイルは、どちらかというとクールな印象のお部屋です。

無骨でカッコいい雰囲気をかもし出しますが、その反面殺風景なムードになることも多いのではないでしょうか。

そこで、お部屋をよりくつろげる空間にするために、ぜひ植物を取り入れてみてください。

お部屋に植物を飾ることは、ニューヨークスタイルの基本ともいわれています。

また、ブルックリンスタイルに飾る植物としては、お花よりも観葉植物がおすすめです。

観葉植物は、無骨なブルックリンスタイルと非常に相性がよいとされています。

特に、緑が濃く葉が大振りの大きめの観葉植物は、ブルックリンスタイルにぴったりで、インテリアのポイントにもなります。

おすすめの観葉植物としては、オーガスタ、ケンチャヤシ、ドラセナコンシンネ、ショウナンゴムなどがあります。

お好みで選んでみてくださいね。

ポイントをおさえてブルックリンスタイルを作り上げよう

ブルックリンスタイルは、お部屋全体の色味を抑えること、そして素材のセレクトを重視することが大切です。

一見難しいと思われるかもしれませんが、ポイントさえ押さえればすぐに取り入れられるでしょう。

今あるものとヴィンテージアイテムをうまく組み合わせて、自分だけのスタイルを手に入れましょう。

 - インテリア・家具, 生活