キッチンの換気扇にフィルターカバーを取り付けるメリット!

キッチンの換気扇には、もともと金属でできたフィルターが取り付けられています。

この金属性のフィルターが付いているとはいえ、換気扇掃除は必要です。

しかし、換気扇のお掃除はとても大変ですし、長年蓄積した油汚れはより落とすことが困難です。

少しでも掃除の手間を軽減させるためには、外付けのフィルターカバーを取り付けるのがおすすめです。

ここでは、外付けフィルターのメリットや選び方から、交換目安までご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

冷蔵庫のマットが気になる!せっかくならアートなデザインに

ほとんどの人は、毎日お世話になっている冷蔵庫があるのは当たり前で、無意識になっていることが多いようで...

マンションに多いリビング・ダイニングの家具配置方法のコツ

マンションに多い、リビング+ダイニングの家具配置ってどうやって置くのがいいのか?なんて疑問を...

ベランダにしか洗濯機を置く場所がない!排水方法を知ろう

古いワンルームや一部のマンションなど、部屋の構造によっては、ベランダにしか洗濯機を置くスペースが...

壁の修復方法を知りたい!自分で修復できる?注意点は?

「壁に穴が開いてしまった・・・。」そんな経験をしてしまったことはありませんか?でも安心し...

こたつテーブルはどう選ぶ!?こたつを簡単にdiyする方法

寒い時期と言ったら、こたつテーブルですね。今は、こたつもおしゃれなデザインが多く出ています。...

インテリアを彩る壁掛け時計!選ぶ際のポイントや種類も必見

時計は、私たちにとって不可欠な存在ですよね。またその存在は、インテリアの一部としても機能...

100均のキッチン用品は便利?こんなに可愛いのに実用性も!

キッチン用品を購入する時に、まず最初に考えるのは使いやすさですよね。しかし、使いやすいだけで...

古い家はカビだらけ!?カビのリフォームと対策とは!?

長年住んでいる、古い家は見えないところにまで、カビが生えてしまっている可能性が大きいです。住...

トイレなどの故障は誰が負担する!?賃貸の責任問題

賃貸などに住んでいても、トイレや電化製品など、故障してしまうことがあります。そういった場合、...

夜、カーテンを開けて寝るときの効果は?体内時計を整えよう

寝室用に人気の遮光カーテンですが、朝になっても全く光が入らないので、体は朝が来たことに気がつかず、体...

インテリアはカラーコーデ次第!家具の色合いをどう選ぶ?

お部屋のインテリアを考える時、床材や扉の色と家具の色合いはどのような組み合わせが良いのでしょうか...

都内に女性が一人暮らしするのにおすすめな地区&お部屋作り

就職、入学、職場など新しい環境で生活を始める方も多いと思います。その際に住居の移転、「引越し」が...

LEDシーリングライトなら壁スイッチでも調光可能!

LEDのシーリングライトには、リモコンで簡単に操作できる調光機能が搭載されています。さらに、...

お風呂の湯垢を効率よく掃除しよう!クエン酸や重曹が効く?

毎日使うお風呂ですが、皆さんは掃除を定期的にしてますか?掃除をしないとすぐに湯垢ができてしま...

カーテンレールを天井に!カーテンを吊り下げる理由と方法!

皆さんは、カーテンが天井から吊り下げられているお部屋を見たことはありますか?カーテンが天井か...

スポンサーリンク

キッチンの換気扇周りは汚れやすい!汚れの原因は油とホコリ

毎日キッチンに立ち、料理を作る方はこまめに換気扇掃除を行っているでしょうか。

「何年も換気扇掃除をしていない…」という方は換気扇が汚れている可能性が高いはずです。

換気扇には、金属製のフィルターが始めから付いているものの、それだけでは換気扇の汚れを防ぐことはできません。

そもそも、換気扇の汚れは油とホコリが主です。

換気扇に付着した油は、熱や光、酸素によって水あめのように変性し、変性油となりベタベタとこびりつきます。

当然ホコリも付着しやすくなり、落とすのが大変になってしまいます。

特にお掃除を長年行ってこなかった場合、こびりついた油も分厚くなります。

こうなると洗剤だけで落としきることは困難で、道具を使ってそぎ落とす必要があります。

また、変性油が多くなると、調理中の熱によって油が溶け出し垂れてくることも考えられます。

すると、料理の最中に汚れた油が混入してしまう可能性もあるのです。

こうならないためにも、換気扇はこまめな掃除が必要です。

しかし、換気扇掃除は手間がかかるうえ、非常に労力を使うものです。

そこで、換気扇に付着する汚れを減らす対策を取っていきましょう。

代表的なもので、「外付けフィルターカバー」があります。

次からは、フィルターカバーを取り付けるメリットを解説していきます。

換気扇備え付けのフィルターに外付けフィルターカバーを取り付けるメリット

揚げ物や炒め物など、料理をするときにお鍋やフライパンから蒸気が出ますよね。

この蒸気の中には油が含まれており、換気扇が蒸気を吸い込むことで油が付着していきます。

この油を吸着し、換気扇の汚れを抑える効果があるのが、外付けのフィルターカバーです。

もともと換気扇に備え付けられている金属製のフィルターは、多少の油をキャッチしてくれるものの、それほど高い吸着性はありません。

一方で、外付けのフィルターは多くの油を吸着してくれるため、換気扇が汚れにくくなるのです。

この外付けフィルターを使用したのと使用しないのでは、換気扇本体および、フィルターの汚れ具合に大きな差が出てくるでしょう。

ただし、外付けのフィルターは油が付着したまま使用し続けると、吸気効率が下がる可能性があるため、使用頻度にもよりますが定期的に交換していく必要があります。

逆をいえば定期的に交換さえすれば、キッチンの換気扇の汚れを防ぎ、掃除の手間を減らすことにも繋がりますから、これは大きなメリットといえます。

そして、外付けのフィルターにはいくつか種類があり、適切に取り付けないと本来の効果が得られないほか、火災の原因にもなりますので、必ず自宅の換気扇のタイプを把握しておく必要があります。

キッチンの換気扇に取り付ける外付けフィルターの種類

キッチンの換気扇フィルターに取り付ける外付けのフィルターには、いくつか種類があります。

ここでは、外付けフィルターの種類を簡単にご説明していきいます。

外付けフィルターには大きく分けて2つの種類があります。

1つは枠が付いていないもの、もう1つは枠が付いてるものです。

それぞれを簡単にご説明していきます。

●枠なし

枠なしタイプは、備え付けの金属フィルターの上から被せて取り付けるカバータイプです。

安いものですと、100円から購入できます。

ただし、金属性のフィルターと合わせて使用するため、換気機能が低下する可能性もあります。

●枠付き

フィルターの周りに枠が付いているタイプです。

カバータイプと異なり、もともと付いている金属製のフィルターを外し、その代わりに取り付けていきます。

使用後はそのまま捨てられるので、交換の手間が掛かりません。

安いものですと、1枚500円前後から購入できます。

フィルターの素材!カバータイプで注意する点は?

フィルターの素材は主に、不織布とガラス繊維の2種類です。

備え付けの金属フィルターの上から被せて取り付けるカバータイプは、ほとんどが不織布です。

不織布は、安価で販売されているものも多く、キッチンペーパーのようにロール状になっていたり、磁石で取り付けられたりするものもあります。

そして、フィルターを購入するときは、必ず「キッチンの換気扇用」として販売されているものを購入し、使用してください。

また、念のためにも「難燃性不織布」であることを確認しておきましょう。

というのも、不織布の大半は不燃性でないため、コンロから近い位置にあると何かの拍子に引火する可能性があります。

そのため、キッチンの換気扇用以外のものでフィルターを代用するのは、安全とはいえずおすすめできません。

加えて安全のためにも、火元から換気扇までの距離を100センチ以上離して使用しましょう。

これは、法令で義務付けられています。

もし、火元と換気扇までの距離が100センチ未満であれば、引火の心配のないガラス繊維でできたフィルターを使用することをおすすめします。

外付けフィルターを購入する前に!キッチンの換気扇周りのサイズ確認をしよう

外付けのフィルターカバーを購入する前に、必ずキッチンの換気扇周りのサイズ確認をしておく必要があります。

サイズが合わないフィルターを使用すると、換気性能が落ちたり、換気扇に被せたフィルターカバーが外れてしまったりする可能性が考えられます。

近年の家庭用換気扇は、レンジフードと呼ばれるカバーフードとファンが一体化した大型換気扇が主流です。

また、このレンジフードは主に、ブーツ型(深型)、スリム型(薄型)、フラット型(浅型)があり、換気扇の種類によっても、適したフィルターが異なります。

基本的には、フィルターの商品説明に「浅型用」「深型用」と記載されていますので、悩んだときの目安としてみてください。

加えて、ガラス繊維でできたフィルターは、レンジフードの種類によっては相性が合わないことがあるため、購入する前は特にサイズに注意が必要です。

フィルタカバーの交換時期の目安は?

外付けのフィルターカバーは、定期的に交換してこそ、本来の効果を得ることができます。

では、フィルターの交換時期はどのくらいが目安なのでしょうか。

うっかり交換せずに忘れてしまったままにすると、フィルターにホコリが溜まって換気性能が悪くなり、汚れた空気を外に排出できなくなります。

すると、汚れた空気がキッチンで充満してしまい、床や壁がベタベタと汚れてしまうことにもなりかねません。

交換時期の目安としては、揚げ物調理をよくする家庭ならば1ヵ月に一度、そのほかは3ヶ月に一度が目安です。

また、期間に限らず目視して「フィルターが汚れてきたな」と感じたときは交換するのがベターです。

フィルターカバーはこまめに交換することで、換気扇そのものへの汚れを防ぐことに繋がります。

交換時期の目安を覚えておき、定期的に交換をしていきましょう。

換気扇にフィルターを取り付けて掃除の手間を軽減!

備え付けの換気扇のフィルターに、外付けのフィルターを取り付けるだけで、換気扇の掃除にかかる手間を軽減させる効果が期待できます。

また、フィルターは付けてから1~3ヶ月に一度を目安に、定期的な交換をすることも肝心です。

適切な方法でフィルターを利用し、換気扇の汚れを軽減させましょう。

もちろん、フィルターをしていても換気扇は汚れるため、半年から1年に一度は、換気扇掃除をすることも必要となるでしょう。