キッチンの換気扇にフィルターカバーを取り付けるメリット!

キッチンの換気扇には、もともと金属でできたフィルターが取り付けられています。

この金属性のフィルターが付いているとはいえ、換気扇掃除は必要です。

しかし、換気扇のお掃除はとても大変ですし、長年蓄積した油汚れはより落とすことが困難です。

少しでも掃除の手間を軽減させるためには、外付けのフィルターカバーを取り付けるのがおすすめです。

ここでは、外付けフィルターのメリットや選び方から、交換目安までご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

エアコン取り付け工事の流れや料金!ベッド位置を考慮しよう

エアコンを取り付け工事を行う際、気になるのが料金ですよね。ここでは、エアコンの取り付けの流れ...

ダイニングキッチンに最適でおしゃれなテーブルセットを紹介

ダイニングキッチンに、テーブルとチェアを置く際には、テーブルセットを選ぶと簡単に統一感を出すこと...

お風呂の湯垢の正体って!?水垢・湯垢を取り除く掃除方法

お風呂に付く湯垢は、一度付くとなかなか取れませんよね。湯垢が付いてしまう原因と、湯垢の正体っ...

6畳のお部屋や寝室に合うテレビの大きさはどのくらい?

みなさんは、寝室にテレビを置いていますか?その寝室のテレビは、大きいですか?それとも、小さいです...

敷布団のシーツのゴムが伸びる!その原因と対処法をご紹介!

皆さんは、敷布団にシーツを敷いていますか?ピシッと敷かれた清潔なシーツで眠るのは、とても...

日本の湿度が高い原因って?!湿度による様々な被害とは!?

湿度が高いことで有名な日本。湿度が高い原因ってなんだかお分かりですか??湿度が高いことで起こ...

メタルラックは組み立ても分解も簡単!便利な活用術もご紹介

ちょっとした小物を置いたり、服を畳んで収納したり、その他色んな用途に使えるのがメタルラックです。...

まるで海外!!ベッド周りがおしゃれになるテクニック!!

海外のお部屋は広くて洗練されていておしゃれ、そんなイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。...

ウォシュレットを設置するトイレがコンセントなしの場合は

毎日必ず使用するトイレにウォシュレットがない、というご家庭もあるでしょう。特に賃貸物件や...

ワイヤーネットで棚を作る時に気をつけたい耐荷重のこと

100円均一などで安く買えるワイヤーネットを使って、棚や収納などを作る人が増えています。...

お風呂場の掃除で気になる石鹸カスを綺麗に落とすには?

年末の大掃除にかけて気になる箇所と言えば、水回りですよね。特にお風呂場は、毎日使うけど、石鹸...

トイレ・バスの掃除に専用洗剤は不要!安眠できる入浴剤は?

毎日使用するトイレやお風呂、毎日使う場所だからこそ清潔に保ちたいですよね?今まで使っていた専...

1Kのいいところは?和室の場合はどんなインテリアが合う?

キッチンと部屋が分かれている1Kアパートは、一人暮らしの方に人気のある間取りです。部...

ちょっと待った!ダウンライトをシーリングに交換する方へ!

新築で家を建てた人、特に新築戸建てを購入した人はおしゃれなダウンライト付きのお部屋が多いと思います。...

テレビなど家電には安い時期がある?電気屋に行く前に確認!

テレビを買い替えたいと考えいる方、すぐに電気屋さんに行くのは、ちょっと待ってください!テレビ...

スポンサーリンク

キッチンの換気扇周りは汚れやすい!汚れの原因は油とホコリ

毎日キッチンに立ち、料理を作る方はこまめに換気扇掃除を行っているでしょうか。

「何年も換気扇掃除をしていない…」という方は換気扇が汚れている可能性が高いはずです。

換気扇には、金属製のフィルターが始めから付いているものの、それだけでは換気扇の汚れを防ぐことはできません。

そもそも、換気扇の汚れは油とホコリが主です。

換気扇に付着した油は、熱や光、酸素によって水あめのように変性し、変性油となりベタベタとこびりつきます。

当然ホコリも付着しやすくなり、落とすのが大変になってしまいます。

特にお掃除を長年行ってこなかった場合、こびりついた油も分厚くなります。

こうなると洗剤だけで落としきることは困難で、道具を使ってそぎ落とす必要があります。

また、変性油が多くなると、調理中の熱によって油が溶け出し垂れてくることも考えられます。

すると、料理の最中に汚れた油が混入してしまう可能性もあるのです。

こうならないためにも、換気扇はこまめな掃除が必要です。

しかし、換気扇掃除は手間がかかるうえ、非常に労力を使うものです。

そこで、換気扇に付着する汚れを減らす対策を取っていきましょう。

代表的なもので、「外付けフィルターカバー」があります。

次からは、フィルターカバーを取り付けるメリットを解説していきます。

換気扇備え付けのフィルターに外付けフィルターカバーを取り付けるメリット

揚げ物や炒め物など、料理をするときにお鍋やフライパンから蒸気が出ますよね。

この蒸気の中には油が含まれており、換気扇が蒸気を吸い込むことで油が付着していきます。

この油を吸着し、換気扇の汚れを抑える効果があるのが、外付けのフィルターカバーです。

もともと換気扇に備え付けられている金属製のフィルターは、多少の油をキャッチしてくれるものの、それほど高い吸着性はありません。

一方で、外付けのフィルターは多くの油を吸着してくれるため、換気扇が汚れにくくなるのです。

この外付けフィルターを使用したのと使用しないのでは、換気扇本体および、フィルターの汚れ具合に大きな差が出てくるでしょう。

ただし、外付けのフィルターは油が付着したまま使用し続けると、吸気効率が下がる可能性があるため、使用頻度にもよりますが定期的に交換していく必要があります。

逆をいえば定期的に交換さえすれば、キッチンの換気扇の汚れを防ぎ、掃除の手間を減らすことにも繋がりますから、これは大きなメリットといえます。

そして、外付けのフィルターにはいくつか種類があり、適切に取り付けないと本来の効果が得られないほか、火災の原因にもなりますので、必ず自宅の換気扇のタイプを把握しておく必要があります。

キッチンの換気扇に取り付ける外付けフィルターの種類

キッチンの換気扇フィルターに取り付ける外付けのフィルターには、いくつか種類があります。

ここでは、外付けフィルターの種類を簡単にご説明していきいます。

外付けフィルターには大きく分けて2つの種類があります。

1つは枠が付いていないもの、もう1つは枠が付いてるものです。

それぞれを簡単にご説明していきます。

●枠なし

枠なしタイプは、備え付けの金属フィルターの上から被せて取り付けるカバータイプです。

安いものですと、100円から購入できます。

ただし、金属性のフィルターと合わせて使用するため、換気機能が低下する可能性もあります。

●枠付き

フィルターの周りに枠が付いているタイプです。

カバータイプと異なり、もともと付いている金属製のフィルターを外し、その代わりに取り付けていきます。

使用後はそのまま捨てられるので、交換の手間が掛かりません。

安いものですと、1枚500円前後から購入できます。

フィルターの素材!カバータイプで注意する点は?

フィルターの素材は主に、不織布とガラス繊維の2種類です。

備え付けの金属フィルターの上から被せて取り付けるカバータイプは、ほとんどが不織布です。

不織布は、安価で販売されているものも多く、キッチンペーパーのようにロール状になっていたり、磁石で取り付けられたりするものもあります。

そして、フィルターを購入するときは、必ず「キッチンの換気扇用」として販売されているものを購入し、使用してください。

また、念のためにも「難燃性不織布」であることを確認しておきましょう。

というのも、不織布の大半は不燃性でないため、コンロから近い位置にあると何かの拍子に引火する可能性があります。

そのため、キッチンの換気扇用以外のものでフィルターを代用するのは、安全とはいえずおすすめできません。

加えて安全のためにも、火元から換気扇までの距離を100センチ以上離して使用しましょう。

これは、法令で義務付けられています。

もし、火元と換気扇までの距離が100センチ未満であれば、引火の心配のないガラス繊維でできたフィルターを使用することをおすすめします。

外付けフィルターを購入する前に!キッチンの換気扇周りのサイズ確認をしよう

外付けのフィルターカバーを購入する前に、必ずキッチンの換気扇周りのサイズ確認をしておく必要があります。

サイズが合わないフィルターを使用すると、換気性能が落ちたり、換気扇に被せたフィルターカバーが外れてしまったりする可能性が考えられます。

近年の家庭用換気扇は、レンジフードと呼ばれるカバーフードとファンが一体化した大型換気扇が主流です。

また、このレンジフードは主に、ブーツ型(深型)、スリム型(薄型)、フラット型(浅型)があり、換気扇の種類によっても、適したフィルターが異なります。

基本的には、フィルターの商品説明に「浅型用」「深型用」と記載されていますので、悩んだときの目安としてみてください。

加えて、ガラス繊維でできたフィルターは、レンジフードの種類によっては相性が合わないことがあるため、購入する前は特にサイズに注意が必要です。

フィルタカバーの交換時期の目安は?

外付けのフィルターカバーは、定期的に交換してこそ、本来の効果を得ることができます。

では、フィルターの交換時期はどのくらいが目安なのでしょうか。

うっかり交換せずに忘れてしまったままにすると、フィルターにホコリが溜まって換気性能が悪くなり、汚れた空気を外に排出できなくなります。

すると、汚れた空気がキッチンで充満してしまい、床や壁がベタベタと汚れてしまうことにもなりかねません。

交換時期の目安としては、揚げ物調理をよくする家庭ならば1ヵ月に一度、そのほかは3ヶ月に一度が目安です。

また、期間に限らず目視して「フィルターが汚れてきたな」と感じたときは交換するのがベターです。

フィルターカバーはこまめに交換することで、換気扇そのものへの汚れを防ぐことに繋がります。

交換時期の目安を覚えておき、定期的に交換をしていきましょう。

換気扇にフィルターを取り付けて掃除の手間を軽減!

備え付けの換気扇のフィルターに、外付けのフィルターを取り付けるだけで、換気扇の掃除にかかる手間を軽減させる効果が期待できます。

また、フィルターは付けてから1~3ヶ月に一度を目安に、定期的な交換をすることも肝心です。

適切な方法でフィルターを利用し、換気扇の汚れを軽減させましょう。

もちろん、フィルターをしていても換気扇は汚れるため、半年から1年に一度は、換気扇掃除をすることも必要となるでしょう。