布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

インテリアをオールドアメリカンに!ヴィンテージが魅力的!

2019.11.10

おしゃれでカッコいい、そして少し懐かしい気持ちにさせてくれるのがオールドアメリカンです。

オールドアメリカンのインテリアテイストはさまざまで、かわいいものから男前なものまで揃っています。

オールドアメリカンのインテリアにおすすめなのが、ヴィンテージ家具です。

ヴィンテージ家具がひとつあると、格段とおしゃれになります。

オールドアメリカンのインテリアテイストや、ヴィンテージ家具のお店をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

海外風おしゃれなベッドルームにするにはどうしたらいいの?

海外ドラマに出てくるような、おしゃれなベッドルームに憧れませんか? 海外のベッドって、どうして...

エアコンのある部屋から隣の部屋に冷気を送る!扇風機の効果

震災以降、節電が求められている昨今・・・ エアコンと扇風機を上手に使って快適な夏の生活が送れていま...

16畳のldkの照明の選び方!主照明と補助照明を使い分けよう

16畳ほどのldkの照明を選ぶ時どこに注意したらいいでしょうか? 新築の場合、照明を取り付けるとき...

足元を快適に!フローリングにラグを敷いて夏を乗り切る!

暑い夏のお部屋を快適にするのは、エアコンや扇風機だけではありません。 冬の足元にホットカーペッ...

リビングの電気は何色を選ぶ!?電気によって変わる空間

新しく住む新築やマンションなどに付ける電気照明。どの色にしようか悩みますよね? 電気は主に3種...

テレビをインテリアとしてコーディネートする方法

みなさんはテレビをインテリアとしてコーディネートしていますか? 今となっては、ほぼ全ての世...

シーツを洗濯するのにネットなしはNG?洗濯手順や頻度は?

皆さんはシーツをどのように洗っていますか? シーツは洗濯物の中でも特に大きいサイズのため、洗うのも...

ダイニングキッチンに最適でおしゃれなテーブルセットを紹介

ダイニングキッチンに、テーブルとチェアを置く際には、テーブルセットを選ぶと簡単に統一感を出すこと...

苦手なミシンでガタガタ縫い目!どうすれば真っ直ぐ縫える?

ミシンが苦手という方、いらっしゃいますよね。 まっすぐ縫いたくても、どうしてもガタガタの縫い目...

新築のリビングや寝室をこだわりたいなら内覧会へ行こう!

建物の完成前に販売された新築住宅は、その建物が完成した後、引渡し前の段階で内覧会が開催されます。 ...

勉強机の明かりは大切!蛍光灯の取り方と選ぶ時の注意点

突然ですが、勉強机の蛍光灯の取り方、ご存知ですか。 交換する機会もそうそうないので、「今まで勉...

お風呂の湯垢を効率よく掃除しよう!クエン酸や重曹が効く?

毎日使うお風呂ですが、皆さんは掃除を定期的にしてますか? 掃除をしないとすぐに湯垢ができてしま...

古書・洋書で落ち着いた空間に!インテリアで飾るポイント

レトロな雰囲気がお好きな方が惹かれるのが、「本」を使ったインテリアです。 古書や洋書などを置く...

気になるお風呂場の湯垢!効果的なお掃除方法とおすすめ洗剤

お風呂場にゆっくり浸かっていると、浴槽や壁の湯垢や汚れが気になりますよね。 お風呂場は毎日使う...

冷蔵庫のマットを床に敷くべき理由は?マットは何を使う?

新居に引っ越した時に迷うのが、冷蔵庫の置き方ですよね。 直置きか。 何かマットを敷いた方がい...

スポンサーリンク

ヴィンテージとアンティークの違いは?

自分の部屋はリラックスして過ごす空間ですので、自分の好きなインテリアテイストにしたいものです。

インテリアテイストにはさまざまなものがありますが、今回はオールドアメリカンテイストにスポットを当ててお伝えします。

オールドテイストに欠かせないのが、「ヴィンテージ」です。

ヴィンテージ家具がひとつ部屋に置いてあるだけで、ぐんと雰囲気がオールドアメリカンに近付きます。

お気に入りのヴィンテージ家具を見付けることが、インテリアテイストを統一させるのに大事なことです。

ところで、「ヴィンテージ」と同じような意味で使われる「アンティーク」という言葉があります。

この違いをご存知ですか。

「アンティーク」はフランス語で「骨董品」という意味で、製造されてから100年以上経過したものを指します。

一方、「ヴィンテージ」はもともとはワイン用語で、ぶどうの収穫・醸造・瓶詰までの工程を意味しています。

ヴィンテージワインは当たり年の良いワインを意味し、そこから派生してヴィンテージは名品や年代物の楽器も指すようになりました。

ヴィンテージ家具は、おおむね製造後30年以上100年未満の価値のある古いもの、という解釈で使われているのが一般的です。

それよりも新しいものになると、「中古」として扱われます。

アーリーアメリカンにヴィンテージを取り入れよう

「ヴィンテージ」はアンティークほど古くなく、中古品より味わいがある、ちょうど良いオールド感が部屋に取り入れやすくておすすめです。

オールドアメリカンといっても、時代やテイストがいくつかありますのでご紹介します。

★アーリーアメリカン

パイン材の家具に花柄の壁紙、赤いチェックのカーテンなどのファブリックが似合うのがアーリーアメリカンです。

物語に出てきそうなかわいらしいテイストで、アメリカの片田舎を彷彿とさせます。

どっしりとした木製の家具は、まるでおままごとのキッチンのようです。

ヴィンテージ家具としてロッキングチェアやカップボードがあると、アーリーアメリカンの雰囲気が出ますが、大きすぎて部屋に置けない場合はチェストがおすすめです。

曲線やハートの飾りがあるパイン材の家具があると、アーリーアメリカンテイストのインテリアに近づきます。

家具が難しい場合は、パッチワークの布小物を取り入れてみるのもおすすめです。

アメリカンでカラフルな明るいレトロポップのインテリア

次にご紹介するオールドアメリカンのインテリアテイストは、「ザ・アメリカ」といったテイストです。

★レトロポップ

カラフルで遊び心にあふれたインテリアなのが、アメリカンレトロポップテイストです。

見ているだけで元気が出るようなアイテムが満載です。

ポップなカラーリングやレトロなポスター、そしてアメリカンレトロポップに欠かせないのがコカ・コーラのロゴが入ったアイテムです。

ヴィンテージ家具としておすすめなのは、革張りのソファです。

このソファひとつで、軽くなりがちなレトロポップテイストにヴィンテージの重厚感をもたらしてくれます。

そしていろいろな小物をたくさん飾ると、アメリカのダイナーのような雰囲気を出すことができます。

クラシックカーやバイクのフィギュア、カラフルなガムが詰まったガムマシーン、ブリキの看板やネオンサインなど、好きなアイテムを並べていきましょう。

食器棚に並べておきたいのはファイヤーキングのヴィンテージ食器です。

ミルクガラス食器で有名なファイヤーキングのヴィンテージ食器は、アメリカンレトロポップにピッタリです。

特にヒスイ色のファイヤーキングは、コレクターにも人気が高いです。

無骨でスタイリッシュ!ブルックリンスタイルのインテリア

アーリーアメリカンやレトロポップは明るいアメリカンなイメージですが、「もう少し落ち着いているほうがいい」という人におすすめなのが、次にご紹介するインテリアスタイルです。

★ブルックリンスタイル

ブルックリンはニューヨークにある地名のひとつで、倉庫や古いアパートが立ち並ぶ歴史ある地区です。

家賃が安かったため、若いアーティストやクリエイターが集まるようになり、倉庫を改装して作り上げたインテリアがブルックリンスタイルといわれています。

倉庫の無骨なコンクリートや鉄骨、古いレンガをそのまま活かしているのがブルックリンスタイルの特徴です。

インダストリアルテイストのインテリアと似ている部分もありますが、ブルックリンスタイルのほうが重厚感や装飾性が高いです。

インダストリアルの無骨さを活かしながら洗練されたデザインも取り入れているのがブルックリンスタイルです。

ヴィンテージアイテムとしては、工場で使われていたようなむき出しの照明器具などがおすすめです。

ほかにも、スチール製のロッカーは実用性もあり、ブルックリンスタイルにマッチしたヴィンテージ家具です。

グッと男前系のインテリアに近付きます。

また、ブルックリンスタイルはマリンテイストとも相性が良いため、インダストリアル寄りにしたくない場合は、マリンアイテムを取り入れましょう。

そうすることで女性にも受け入れられやすくなります。

ほかにもある!オールドアメリカンのインテリア

3つのオールドアメリカンテイストのインテリアをご紹介してきました。

気になるインテリアスタイルはあったでしょうか。

オールドアメリカンスタイルはまだほかにもありますので、簡単にご紹介します。

★ウェスタンスタイル

カウボーイや西部劇の雰囲気にまとめたインテリアスタイルです。

アーリーアメリカンのインテリアのまま、かわいい小物の代わりにサボテンやアイアン系のアイテムを置くとウエスタンスタイルに早変わりです。

★ルート66スタイル

ガレージのようなコンクリートの壁、クラシックカーのフィギュアやポスターは男の隠れ家というイメージです。

ヴィンテージの黒い革張りソファが似合います。

★ネイティブアメリカンスタイル

素朴で自然なインテリアで、ファブリックの柄に特徴があります。

有名なのは、「オルテガ柄」や「ナバホ柄」です。

ファブリックを上手に使うと、ネイティブアメリカンの雰囲気が作りやすいです。

子ども用のティピーテントもインテリアを彩るアイテムとしておすすめです。

ヴィンテージ家具を手に入れよう!

オールドアメリカンスタイルは、古き良き時代を感じられるとして日本でも人気が高いです。

ぜひ、オールドアメリカンのヴィンテージ家具を手に入れてインテリアを楽しみましょう。

オールドアメリカンのヴィンテージ家具が手に入るお店をご紹介します。

★Ashley(アシュレイ)

本場アメリカの老舗家具ブランドであるアシュレイは、世界中に販売店を持っています。

ヴィンテージスタイルの家具だけでなく、さまざまなアメリカンスタイルの家具を販売しています。

日本では横浜市・愛知県みよし市・兵庫県神戸市に店舗がありますが、ウェブショップからの購入も可能です。

★glow(グロウ)

福岡県粕屋郡新宮町にある、アメリカンヴィンテージ家具を取り扱っているお店です。

倉庫を改装したお店はヴィンテージ家具でいっぱいで、覗くだけでもアメリカンヴィンテージの世界に浸れます。

実際にアメリカで買い付けているため、本物のヴィンテージに出会えます。

こちらもウェブショップからの購入が可能です。

★PalmSprings(パームスプリングス)

愛知県名古屋市にあるお店です。

買い付けた商品を一度修復してからお店に出しているため、よみがえった状態の家具を買うことができます。

ウェブショップからの購入が可能で、掲載されているレイアウトカタログが見やすくて雰囲気が分かりやすいです。

カタログを見ているだけでも楽しいですね。

どのお店も魅力的な商品が勢ぞろいしていますので、お近くに行った際にはぜひ立ち寄ってみてください。

ヴィンテージ家具は見ているだけで楽しい!

お好みのテイストのインテリアは見付かりましたか。

オールドアメリカンのインテリアは、魅力がたくさんです。

憧れた映画の真似をしても良いですし、カフェやダイナーのような雰囲気にするのもおしゃれですね。

ご紹介したヴィンテージ家具のお店は、ホームページを見ているだけでも楽しいのでぜひ覗いてみてください。

 - インテリア・家具, 生活