布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

6畳ワンルームはインテリア性も重視した一人暮らしを

2019.10.27

女性が6畳ワンルームで一人暮らしをする場合、必要なものとそうでないものを把握することが大切です。

あまり考えずに購入してしまうと、多くのものに囲まれて窮屈な生活を送ることにもなりかねません。

また、それを防ぐためには機能性だけでなく、配置するだけでおしゃれに見えるようなインテリア性の高いものを選ぶことも重要です。

そこで今回は、女性が6畳ワンルームで一人暮らしをする際の、家具などの配置についてご説明していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

壁にコンセントとスイッチを取り付けるならどこに注意する?

新しく家を建てる場合、壁に取り付けるコンセントやスイッチの位置も自分たちで決めなければいけません。 ...

テレビなど家電には安い時期がある?電気屋に行く前に確認!

テレビを買い替えたいと考えいる方、すぐに電気屋さんに行くのは、ちょっと待ってください! テレビ...

ポリエステルのお布団は洗濯できる?クリーニングに頼む?

ポリエステルのお布団は、そのほとんどが洗濯可能となっています。 家での洗濯機やコインランドリー...

インテリアと家具の違い!コーディネーターってどんな仕事?

インテリアと家具の違い、ご存知でしょうか。 インテリアと聞くと何やらお洒落なイメージがありませ...

机の塗装に飽きたら、スプレー塗装で自分好みに塗り替えよう

普段の、部屋の風景に、飽きていませんか? その時に、机や椅子などの色合いを替えるだけで、ぐ...

電気が点滅したら危険信号!?その原因と未然に防ぐ方法とは

蛍光灯に白熱電球、LED照明。 さまざまな照明器具にたくさんの電気が使われています。 普...

カラーボックスに可愛いカーテンを!使い勝手の良い付け方

たくさんのものを収納できるカラーボックスはとても便利な家具です。 しかし、扉がついていないため、...

海外のお家が素敵!マンションのインテリアおしゃれ術を学ぶ

海外のお家のインテリアはおしゃれなことが多く、憧れますよね。 しかし日本のマンションに住ん...

インテリアはカラーコーデ次第!家具の色合いをどう選ぶ?

お部屋のインテリアを考える時、床材や扉の色と家具の色合いはどのような組み合わせが良いのでしょうか...

どうコーディネートする!?モノトーンインテリアのポイント

モノトーンのインテリアで統一されたお部屋って、おしゃれで素敵ですよね? 白、黒、グレーで作るモ...

キッチンのゴミ箱位置は重要!家事ストレスが大きく変わる!

新築やリフォームで家づくりをしているときは、間取りや素材選びなど、決めることがたくさんありますね...

台所やシンク下から臭う悪臭の原因は?臭い消しの方法5選!

毎日使う台所ですが、丁寧に掃除をしても、臭うことはありますよね。 その悪臭の原因は、もしかした...

こたつ布団で変わる部屋!インテリア性の高いこたつ選び

寒い季節は、こたつに入ってゆっくりと温まりたいですよね。 冬は、室内にいても足が冷たくなりがち...

白×黒のモノトーンコーディネートでお部屋を統一しよう!!

白×黒を使ったモノトーンコーディネートされたお部屋ってかっこいいですよね。 生活感がなくて都会...

キッチンカウンターの種類と選び方!リフォーム成功のコツ

キッチンカウンターをリフォームして新しくすることで雰囲気も変わり、毎日の料理や食事に対して楽しさも...

スポンサーリンク

6畳ワンルームの一人暮らしでは家具の大きさを把握しておこう!

6畳ワンルームに女性が一人暮らしをする場合、そこで有意義に過ごすためのポイントがあります。

まず挙げられるのが、家具の大きさです。

6畳ワンルームとなると、女性の一人暮らしとは言え、選ぶ家具の大きさによっては狭くなってしまうことが考えられます。

とくに家具は値段が高いものもあるため、「買ったけど6畳ワンルームに合わなかった」ということのないよう注意する必要があります。

そのため、6畳ワンルームで女性が一人暮らしをするなら、家具の種類ごとの一般的な大きさを把握しておくと良いでしょう。

例えば、2人掛けのソファーや4人掛けのテーブルなどは、だいたい1畳くらいの大きさであると言われています。

ソファーやテーブルは家具の中でも必需品であることが多いため、それを目安に他にどのような家具を配置するかを考えると良いでしょう。

また、配置する家具はインテリア性の高いものを選ぶと6畳ワンルームがおしゃれに見えるためおすすめです。

一人暮らしをする地域は暑い?寒い?必要な家電をチェック!

6畳ワンルームに配置するものの中でも、地域によって、必要か不必要かが左右されやすいものに家電があります。

例えば、寒い地域で6畳ワンルームに女性が一人暮らしをする場合、部屋を暖める家電が必要になるでしょう。

エアコンなどは、物件によっては備えつけのところもありますが、寒い地域ではそれ以外にもストーブやこたつなどの家電が必要になるかもしれません。

また、家電の中でもストーブのような熱を放出するものを配置するときは、近くにものがあると火事に繋がることもあると理解しておく必要があります。

特に、「燃えやすい素材でできたインテリア雑貨を近くに配置しない」というような工夫が必要になるでしょう。

それから、暑い地域では一転、部屋を冷やす家電が必要になります。

エアコンはもちろん、その効率を良くするために扇風機などを配置することも考えられます。

このように、6畳ワンルームでは、インテリア性のある家具の配置を考えるだけでなく、実際に一人暮らしをする地域にどのような「家電」が必要なのかも事前に押さえておくことが望ましいです。

6畳ワンルームをゾーニング!インテリア雑貨配置で抜けを作る

2LDKなどであれば、部屋が複数あることで空間にもメリハリを出しやすいと言えます。

しかし6畳ワンルームとなると、1つの部屋で長時間過ごすことになるため、なんとなく変化がないような感覚に陥りがちです。

そこで、女性が6畳のワンルームで一人暮らしをする際にはゾーニングをおすすめします。

6畳ワンルームの場合、棚などの家具などを使って行いましょう。

圧迫感が出ないよう、目線くらいの高さの棚を配置するようにしてください。

6畳ワンルームは広さに限りがあるため、あまり奥行きのある棚だと場所を取ってしまうため注意が必要です。

また、6畳ワンルームをすっきりと見せるためにも、棚は背板がないものがおすすめです。

窓からの光を遮ることなく、部屋を明るく見せてくれます。

背板のない棚であっても、本など背の高いものだけだと圧迫感を感じやすいですが、そこに小さなインテリア雑貨などを一緒に配置すると視線に抜けができます。

このように、背板のない棚は「さりげなくゾーニングしたい」という女性にもおすすめの家具といえます。

6畳ワンルームでの一人暮らしはインテリア性の高い照明で時間の流れを

6畳ワンルームで、女性が一人暮らしの時間に流れを感じるには光の演出も重要です。

例えば、1日のうちに照明によって光を変化させることにより、生活にもメリハリが出やすくなります。

朝であれば、照明を白い光にすることで身体と心を活動的にするのに役立ちます。

ベッドの近くなどに照明を配置すれば、カーテンを開ける前にすぐ光を浴びることができ手軽です。

また、夕方など辺りが暗くなる頃には、暖色の光で6畳ワンルームを落ちついた雰囲気にしましょう。

照明のタイプによっては、暖色でも数段階選べるもの選べばその日の好みによって調整ができます。

それから、6畳ワンルームに配置する照明は、機能性はもちろんインテリア性の高いものを選ぶようにしてください。

あまり6畳ワンルームの空間と合わないものを選ぶと、なんとなく落ち着かない印象になってしまいます。

できれば、6畳ワンルームに配置する照明はあまり派手すぎず、シンプルなものが良いでしょう。

6畳ワンルームには機能性とインテリア性の高いカラーボックスを

ここからは、女性が6畳ワンルームに一人暮らしをする際におすすめなアイテムについてご紹介していきます。

【ニトリ カラーボックス Nカラボ 3段扉付き】

・参考価格:1843円(税別)
・サイズ:高さ87.8cm×横42cm×奥行29.8cm

一般的なカラーボックスと違い、ニトリのこのアイテムは扉がついているのが特徴です。

中身が見えないことから、書類など散らかりがちなものの収納にも役立ちます。

また、縦置きだけでなく横置きもできるため、6畳ワンルームに合わせて配置できるのも魅力でしょう。

特に横置きであれば、インテリア雑貨を横に並べた配置などもしやすいですよね。

凹凸もあまりないため、6畳ワンルームに配置しても掃除の手間も少なく済みます。

カラーは3種類あるのでインテリア性はもちろん、6畳ワンルームの壁の色と合わせて選ぶのもおすすめです。

6畳ワンルームはベッドで一人暮らしの収納をまかなう!

一人暮らしの女性の中には、布団ではなくベッドを寝具として選ぶ方もいるでしょう。

寝具は質の良い睡眠を取るためにも重要なため、6畳ワンルームであっても自分に合ったものを選ぶことが大切です。

しかし、6畳ワンルームでベッドを配置するとなると、場所を取ってしまうことが考えられます。

そのため、6畳ワンルームの寝具にベッドを選ぶ場合、他の収納家具などの配置を極力減らすことが重要になります。

そこで、ここでは収納機能を備えたベッドをご紹介しましょう。

【無印良品 収納ベッド・シングル】

・参考価格:29900円
・サイズ:幅105.5cm×高さ27cm×奥行201cm

無印の収納ベッドは、サイズが豊富な点も特徴です。

シングルやダブルなどだけでなく、スモールという幅88.5cmのサイズもあります。

特に小柄な女性であれば、6畳ワンルームにスモールサイズを配置するのも良いですね。

シンプルなデザインのため、6畳ワンルームの中央に配置しても圧迫感がありません。

ベッド下のスペースは広さがあるため、女性の6畳ワンルームの一人暮らしであれば、ほとんどの衣類などを収納することができるのではないでしょうか。

また、ベッドは大きく目につきやすい家具のため、シーツなどを季節により変えればインテリア性を高めることもできます。

6畳ワンルーム一人暮らしはインテリア性だけでなく実用性も重視!

女性が6畳ワンルームで一人暮らしをする際は、インテリア性も大切ですが、まず実用性を重視して選ぶ家具やその配置などについて考えましょう。

こだわりのインテリア雑貨を選んでも、家具の配置などによりそれが魅力的に見えないこともあります。

また、6畳ワンルームでは、スペースが限られている分、統一感も重要です。

色や素材などがバラバラであると、6畳ワンルームがごちゃごちゃした印象になってしまうこともあるため注意しましょう。

 - インテリア・家具, 生活