6畳ワンルームはインテリア性も重視した一人暮らしを

女性が6畳ワンルームで一人暮らしをする場合、必要なものとそうでないものを把握することが大切です。

あまり考えずに購入してしまうと、多くのものに囲まれて窮屈な生活を送ることにもなりかねません。

また、それを防ぐためには機能性だけでなく、配置するだけでおしゃれに見えるようなインテリア性の高いものを選ぶことも重要です。

そこで今回は、女性が6畳ワンルームで一人暮らしをする際の、家具などの配置についてご説明していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

あなたも部屋の片付け上手に!?ブログに載せたい片付け方法

部屋の片付けが苦手な人って以外にも多いのですよ。そこで今回は、部屋の片付けのコツとポイントを...

キッチンが狭い!まな板を置けないときの対処法とは?

ワンルームや1Kの賃貸物件では、お部屋が狭いように、キッチンのスペースにもゆとりがありません。...

インテリアに便利!さみしい壁は「紐」でお洒落に変身する!

「テーブルやカーテン、ソファにラグ…」と、どんなに家具にこだわっていても、お部屋の雰囲気がパッと...

一般家庭の電源コンセントはなぜ100vと200vがある?違いは?

一般の家庭での電源元になるコンセントですが、100vと200vの2種類あります。その違いはな...

ぴったりなカーテンが欲しい!基本の採寸方法とチェック項目

カーテンを新調しようと思った時、意外と困ってしまうのが「採寸方法」です。レールを測れば良いの...

こたつ布団は洗えるの!?こたつ布団の正しい洗い方

こたつの布団、洗えないと思っている方も多いのではないでしょうか?実はこたつのお布団は自宅で洗...

お得で便利な寝具セットは和敷でもベッドでもおすすめ!

寝具というと、最低でも枕と掛け布団と敷布団、さらにそれぞれカバーが必要で、そろえるのは大変です。...

白×黒のモノトーンコーディネートでお部屋を統一しよう!!

白×黒を使ったモノトーンコーディネートされたお部屋ってかっこいいですよね。生活感がなくて都会...

インテリアには観葉植物!初心者が育てやすい種類を紹介

仕事や勉強などで疲れていても、植物を見ると「癒される」という人は多いのではないでしょうか。観...

コンクリートの壁にネジ止めするなら下穴は必須なのか?

鉄筋コンクリート造のマンションに住んでいると、どうしてもコンクリート部分にフックを取り付けたり、家電...

心地の良いベッドルームにしたい!インテリアのポイントは?

忙しい日々の疲れを癒す「ベッドルーム」は、心が落ち着くインテリアコーディネートにしたいものです。...

エタノール消毒で傷口は癒えない!?正しい消毒の仕方とは?

怪我をしたときに大活躍するのが消毒用エタノールですね。みなさんも子供の頃、怪我をしたら親...

突然の鼻血で寝具に血液付着!よく落ちる正しい洗濯方法は?

突然の鼻血で寝具に鼻血が付いちゃった!どうやって取ればいいんだろう?血って簡単に取れるの?と心配...

インテリアをおしゃれに!女子に人気のテイストとは?

インテリアコーディネートをするときには、どのようなテイストの部屋にしようか考えるとわくわくし...

引用していると連絡があり_非公開_  椅子や重機にも使われている油圧式の構造について知ろう!

油圧という言葉を聞いたことはあるでしょうか。普段使っている椅子や、もっと大きなところで言えば...

スポンサーリンク

6畳ワンルームの一人暮らしでは家具の大きさを把握しておこう!

6畳ワンルームに女性が一人暮らしをする場合、そこで有意義に過ごすためのポイントがあります。

まず挙げられるのが、家具の大きさです。

6畳ワンルームとなると、女性の一人暮らしとは言え、選ぶ家具の大きさによっては狭くなってしまうことが考えられます。

とくに家具は値段が高いものもあるため、「買ったけど6畳ワンルームに合わなかった」ということのないよう注意する必要があります。

そのため、6畳ワンルームで女性が一人暮らしをするなら、家具の種類ごとの一般的な大きさを把握しておくと良いでしょう。

例えば、2人掛けのソファーや4人掛けのテーブルなどは、だいたい1畳くらいの大きさであると言われています。

ソファーやテーブルは家具の中でも必需品であることが多いため、それを目安に他にどのような家具を配置するかを考えると良いでしょう。

また、配置する家具はインテリア性の高いものを選ぶと6畳ワンルームがおしゃれに見えるためおすすめです。

一人暮らしをする地域は暑い?寒い?必要な家電をチェック!

6畳ワンルームに配置するものの中でも、地域によって、必要か不必要かが左右されやすいものに家電があります。

例えば、寒い地域で6畳ワンルームに女性が一人暮らしをする場合、部屋を暖める家電が必要になるでしょう。

エアコンなどは、物件によっては備えつけのところもありますが、寒い地域ではそれ以外にもストーブやこたつなどの家電が必要になるかもしれません。

また、家電の中でもストーブのような熱を放出するものを配置するときは、近くにものがあると火事に繋がることもあると理解しておく必要があります。

特に、「燃えやすい素材でできたインテリア雑貨を近くに配置しない」というような工夫が必要になるでしょう。

それから、暑い地域では一転、部屋を冷やす家電が必要になります。

エアコンはもちろん、その効率を良くするために扇風機などを配置することも考えられます。

このように、6畳ワンルームでは、インテリア性のある家具の配置を考えるだけでなく、実際に一人暮らしをする地域にどのような「家電」が必要なのかも事前に押さえておくことが望ましいです。

6畳ワンルームをゾーニング!インテリア雑貨配置で抜けを作る

2LDKなどであれば、部屋が複数あることで空間にもメリハリを出しやすいと言えます。

しかし6畳ワンルームとなると、1つの部屋で長時間過ごすことになるため、なんとなく変化がないような感覚に陥りがちです。

そこで、女性が6畳のワンルームで一人暮らしをする際にはゾーニングをおすすめします。

6畳ワンルームの場合、棚などの家具などを使って行いましょう。

圧迫感が出ないよう、目線くらいの高さの棚を配置するようにしてください。

6畳ワンルームは広さに限りがあるため、あまり奥行きのある棚だと場所を取ってしまうため注意が必要です。

また、6畳ワンルームをすっきりと見せるためにも、棚は背板がないものがおすすめです。

窓からの光を遮ることなく、部屋を明るく見せてくれます。

背板のない棚であっても、本など背の高いものだけだと圧迫感を感じやすいですが、そこに小さなインテリア雑貨などを一緒に配置すると視線に抜けができます。

このように、背板のない棚は「さりげなくゾーニングしたい」という女性にもおすすめの家具といえます。

6畳ワンルームでの一人暮らしはインテリア性の高い照明で時間の流れを

6畳ワンルームで、女性が一人暮らしの時間に流れを感じるには光の演出も重要です。

例えば、1日のうちに照明によって光を変化させることにより、生活にもメリハリが出やすくなります。

朝であれば、照明を白い光にすることで身体と心を活動的にするのに役立ちます。

ベッドの近くなどに照明を配置すれば、カーテンを開ける前にすぐ光を浴びることができ手軽です。

また、夕方など辺りが暗くなる頃には、暖色の光で6畳ワンルームを落ちついた雰囲気にしましょう。

照明のタイプによっては、暖色でも数段階選べるもの選べばその日の好みによって調整ができます。

それから、6畳ワンルームに配置する照明は、機能性はもちろんインテリア性の高いものを選ぶようにしてください。

あまり6畳ワンルームの空間と合わないものを選ぶと、なんとなく落ち着かない印象になってしまいます。

できれば、6畳ワンルームに配置する照明はあまり派手すぎず、シンプルなものが良いでしょう。

6畳ワンルームには機能性とインテリア性の高いカラーボックスを

ここからは、女性が6畳ワンルームに一人暮らしをする際におすすめなアイテムについてご紹介していきます。

【ニトリ カラーボックス Nカラボ 3段扉付き】

・参考価格:1843円(税別)
・サイズ:高さ87.8cm×横42cm×奥行29.8cm

一般的なカラーボックスと違い、ニトリのこのアイテムは扉がついているのが特徴です。

中身が見えないことから、書類など散らかりがちなものの収納にも役立ちます。

また、縦置きだけでなく横置きもできるため、6畳ワンルームに合わせて配置できるのも魅力でしょう。

特に横置きであれば、インテリア雑貨を横に並べた配置などもしやすいですよね。

凹凸もあまりないため、6畳ワンルームに配置しても掃除の手間も少なく済みます。

カラーは3種類あるのでインテリア性はもちろん、6畳ワンルームの壁の色と合わせて選ぶのもおすすめです。

6畳ワンルームはベッドで一人暮らしの収納をまかなう!

一人暮らしの女性の中には、布団ではなくベッドを寝具として選ぶ方もいるでしょう。

寝具は質の良い睡眠を取るためにも重要なため、6畳ワンルームであっても自分に合ったものを選ぶことが大切です。

しかし、6畳ワンルームでベッドを配置するとなると、場所を取ってしまうことが考えられます。

そのため、6畳ワンルームの寝具にベッドを選ぶ場合、他の収納家具などの配置を極力減らすことが重要になります。

そこで、ここでは収納機能を備えたベッドをご紹介しましょう。

【無印良品 収納ベッド・シングル】

・参考価格:29900円
・サイズ:幅105.5cm×高さ27cm×奥行201cm

無印の収納ベッドは、サイズが豊富な点も特徴です。

シングルやダブルなどだけでなく、スモールという幅88.5cmのサイズもあります。

特に小柄な女性であれば、6畳ワンルームにスモールサイズを配置するのも良いですね。

シンプルなデザインのため、6畳ワンルームの中央に配置しても圧迫感がありません。

ベッド下のスペースは広さがあるため、女性の6畳ワンルームの一人暮らしであれば、ほとんどの衣類などを収納することができるのではないでしょうか。

また、ベッドは大きく目につきやすい家具のため、シーツなどを季節により変えればインテリア性を高めることもできます。

6畳ワンルーム一人暮らしはインテリア性だけでなく実用性も重視!

女性が6畳ワンルームで一人暮らしをする際は、インテリア性も大切ですが、まず実用性を重視して選ぶ家具やその配置などについて考えましょう。

こだわりのインテリア雑貨を選んでも、家具の配置などによりそれが魅力的に見えないこともあります。

また、6畳ワンルームでは、スペースが限られている分、統一感も重要です。

色や素材などがバラバラであると、6畳ワンルームがごちゃごちゃした印象になってしまうこともあるため注意しましょう。