布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

国内派?海外派?ベッドマットレスのおすすめメーカー紹介!

2019.2.26

ベッドマットレスを購入する際は、どのメーカーが自分に最も適しているのか、事前に把握しておくことが重要です。

そこでこの記事では、おすすめメーカーのご紹介とともに、歴史や特徴、主力商品などについてまとめてみました。

海外の有名メーカーに目がいきやすいかもしれませんが、日本国内にも優秀なメーカーは存在します。

それではさっそく、その一部を見ていきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

冷蔵庫の下にカビ発見!カビが生える原因は?掃除方法とは?

冷蔵庫の下って覗いて見る機会が少ないですよね? 冷蔵庫の下の掃除は大掃除の時か、もしくはした事...

マットレスの染み抜きは業者に頼もう!その効果や費用とは?

「奮発して買った大切なマットレスに、染みができてしまった…」という方はいませんか? マット...

オーダーメイドマットレス!各メーカーの評価や口コミは?

家を建てたり、引っ越しをしたり、新生活のために寝具を買い替える機会があるでしょう。 せっか...

ベッドのダニを退治する方法!布団乾燥機の使い方とは?

日本は高温多湿の島国です。 そのため、ダニが発生する環境が整いやすく、多くの方がダニが引き...

シングルベッドやダブルベッドの掛け布団サイズの選び方

お布団の上げ下げの必要もなく、クッション性のいいマットレスで腰にやさしいとも言われているベッド。 ...

年中使用できる寝具の毛布!季節問わずのおすすめ毛布を紹介

寝具は、夏と冬では違いますが、どちらでも使用する事ができるような寝具があると便利だと思いませんか? ...

眩しい寝室のダウンライトをシーリングライトに交換できる?

天井に埋め込まれたダウンライトは、照らされた対象を浮かび上がらせ、とても美しく見せてくれます。 ...

床の傷や凹みを防ぐためにベッドや冷蔵庫の下に敷くものは?

自宅に大型家具を置く際、床に傷や凹みができないか心配になりませんか。 特に賃貸の場合は、傷や凹みを...

ベッドのマットレスにベッドパッドは必要なのか?

ベッドのマットレスに敷く、シーツや敷きパッドの他にベッドパッドがあります。 ベッドパッドと敷き...

東京西川の人気マットレス「エアー」!その評判は?

東京西川といえば、高品質な高級寝具でおなじみのメーカーですよね。 そんな東京西川で評判のア...

北欧風のヴィンテージベッドでおしゃれコーディネート!

誰しも憧れるヴィンテージベッド。 いつかは、ヴィンテージのベッドを購入して、北欧の独特の雰...

寝具の収納アイデア6つ!クローゼットでもすっきり

掛け布団や敷布団などの寝具は場所を取るので、収納が大変です。 そこで今回は、低予算でできる...

マンションの和室でもベッドを置きたい!注意点とは?

マンションには洋室と和室と2タイプの部屋がありますね。洋室が増えてきているのも確かですが、和室は無く...

昼光色と昼白色と電球色、これらはどのような違いがあるの?

ホームセンターなどで蛍光灯やLED電球を見ると、「昼光色」「白昼色」「電球色」と、色に違いがあります...

やっぱり欲しい布団クリーナー!価格だけじゃない徹底比較!

気になるお布団のダニやハウスダスト。 アレルギーの原因にもなるので徹底的に除去したいですよね。...

スポンサーリンク

国内のおすすめメーカーと言えば「日本ベッド」

まずはじめにご紹介するおすすめメーカーは、国内で最も古くからある「日本ベッド」です。

1926年(大正15年)、西欧のライフスタイルに感銘を受けた創設者「宇佐見竹治」氏によって、その歴史をスタートさせました。

日本国内では、有名ホテルだけでなく宮内庁で採用されるほどの実績を誇ります。

そんな日本ベッドのマットレスは、コイルの違いから2シリーズに分類されているのが特徴です。

それぞれについて、以下にまとめてみました。

●シルキーポケットマットレスシリーズ(7タイプ展開)

就寝中の身体の動きに、細かく対応してくれるのが「シルキーポケットマットレス」です。

超高密度構造のポケットコイルで、滑らかな寝返りや快適な寝心地を実現してくれます。

●ビーズポケットマットレスシリーズ(4タイプ展開)

太めのコイルを使用しており、安定感があるのが「ビーズポケットマットレス」です。

非常に頑丈で、耐久性や寝姿勢保持力に優れているため、体格の大きな男性や疲れが溜まりやすい方に向いています。

ご自分の体型や硬さの好みで、どちらのシリーズを選択するか判断してみましょう。

マットレスの通気性にこだわるなら「フランスベッド」

続いてご紹介するおすすめメーカーは、国内販売シェア率トップの「フランスベッド」です。

フランスベッドという名称ながら、れっきとした日本発祥のベッドメーカーです。

その歴史は古く、1949年(昭和24年)に前身となる製作所が創業されました。

高度経済成長期の中、西洋風の暮らしに憧れを抱く風潮が社名の由来だと言います。

現在、日本国内で唯一「高密度連続スプリング」を製造できるライセンスを有しており、耐久性に優れたマットレスを販売しているのが特徴です。

この高密度連続スプリングは、1本の銅線によって編み上げられており、部分的な落ち込みを防ぎます。

さらに、通気性に優れている構造のため、日本の風土に合っていることが最大のメリットです。

寝室の湿気にお悩みの方や、メンテナンスを怠りがちな方にとっては、うれしいポイントなのではないでしょうか。

そんなフランスベッドには、実にさまざまな種類のマットレスがあります。

中でもベーシックなのは、「ライフトリートメントマットレス」です。

硬さとグレードが分かりやすく分類されているので、このマットレスを基準に選んでいくといいでしょう。

「東京ベッド」のマットレスはポケットコイルに注目!

次にご紹介するおすすめメーカーは、ポケットコイル一筋といった印象が強い「東京ベッド」です。

1928年(昭和3年)創業で、1968年(昭和43年)からはフランスベッドグループと業務提携しています。

東京ベッドは、日本ではじめてポケットコイルを採用したベッドメーカーで、現在に至っても、その技術開発や研究に力がそそがれています。

また、全ての製品は千葉県にある自社工場で、職人の手によって丁寧に仕上げられているのが特徴です。

こだわりのポケットコイルは、配列の仕方によって2タイプ展開されているので、その違いを見てみましょう。

●並行配列(点で支えるマットレス):フィット感のある寝心地で、通気性に優れている

・商品一例「New Rev.7 ブルーラベル」

●交互配列(面で支えるマットレス):配列の密度が高く、体圧分散性に優れている

・商品一例「ファイテンX50 プロフェッショナル」

配列によってこのような違いがあるので、ぜひ覚えておきましょう。

独自構造のマットレスが魅力!おすすめメーカー「アイシン精機」

引き続き、日本国内のおすすめメーカーをご紹介します。

「アイシン精機」は、トヨタグループの傘下にあるメーカーです。

もともとは「トヨタベッド」という名称で、1966年(昭和41年)からベッド事業が開始されました。

現在では、「ASLEEP(アスリープ)」というブランドを主軸に展開しています。

アスリープは、「質の高い眠りのブランド」というキャッチコピーを掲げており、その研究開発力の高さが評価されています。

中でも注目なのは、「FINE REVO(ファインレボ)」という新素材です。

ムニュムニュとした感触で、柔軟性とクッション性に優れています。

安全性が高い無毒の樹脂とオイルの複合体となっているため、リサイクルをすることも可能です。

また、気温差による変形といった心配もありませんから、夏場でも快適な寝心地を維持します。

こちらの新素材を使用した「ファインレボマットレス」は、「チェンジタイプ」「チョイスタイプ」「ファインレボ+ウレタン」の3タイプに分類されています。

好みや睡眠環境に合わせて選ぶことができますから、気になる方はショールームに足を運んでみましょう。

全国5箇所、東京・横浜・名古屋・金沢・大阪にあります。

アメリカ発祥の定番おすすめメーカー「3S」とは?

これまで、日本のおすすめメーカーをご紹介してきましたが、ベッド産業の中心であるアメリカ発祥のメーカーについても触れましょう。

アメリカの大手ベッドメーカー3社「SIMMONS(シモンズ)」「Sealy(シーリー)」「Serta(サータ)」は、その頭文字から通称「3S(スリーエス)」と呼ばれています。

高級ホテルで採用されることも多く、本格的な品質を求めている方にはおすすめです。

それぞれの特徴を簡単にまとめてみたので、ぜひ参考にしてください。

●シモンズ(1870年創業):世界ではじめてマットレスを開発

ポケットコイルの銅線に高級素材を使用しており、耐久性の高さが魅力です。

非常に高額なマットレスが多いですが、スタンダードタイプであれば手の届きやすいものもあります。

●シーリー(1881年創業):科学的なアプローチで勝負

整形外科医と連携を図り、科学的な視点から独自の開発をしているのが特徴です。

体圧分散性の高い構造を実現しているため、良質な睡眠を求めている方におすすめしたいです。

●サータ(1931年創業):全米での売り上げ1位

ホテルでの導入率が高いためか、防炎に対しての意識が強い印象です。

腰への負担を低減させる構造なので、安定感のある寝心地が魅力となっています。

「3S」以外の海外おすすめメーカーを紹介!

最後になりますが、アメリカの大手3社「3S」以外の海外おすすめメーカーをご紹介します。

日本での知名度は低いかもしれませんが、さまざまなメーカーの特色を知ることで選択肢も広がるでしょう。

●RUF(ルフ)

1926年に創業されたドイツのベッドメーカーです。

ヨーロッパテイストのデザインが魅力で、インテリア要素が強いのが特徴です。

アップホルスターベッド(布張りベッド)は、ユーザーから高い支持率を得ています。

●Koala Sleep(コアラスリープ)

2015年にオーストラリアで創業されたマットレスメーカーです。

「マットレスはデジタル時代の家具」という理念のもと、2017年から日本の市場に参入しています。

通気性に優れたウレタンマットレスで、振動が伝わりにくい、寝返りが打ちやすいといったメリットが挙げられます。

マットレス選びはメーカーを知ることからはじまる!

今回は、おすすめのマットレスメーカーをご紹介してきました。

気になるメーカーを見つけたら、カタログやパンフレットを請求したり、ショールーム(ショップ)を訪れてみましょう。

実際に試し寝をすると、自分の身体との相性が分かります。

睡眠環境を改善できるよう、この記事を参考にメーカー選びからはじめてみてください。

 - 寝具全般