布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

キッチンカウンターの種類と選び方!リフォーム成功のコツ

2019.1.24

キッチンカウンターをリフォームして新しくすることで雰囲気も変わり、毎日の料理や食事に対して楽しさも増してくることでしょう。

しかし、リフォームするにしても、キッチンカウンターの種類にどのようなものがあるのかをご存知でしょうか。

人気の形状としては、対面型カウンターです。

そして、この対面型カウンターにリフォームする際にも、注意することもあります。

そこで、リフォームする時に知っておくと便利な、キッチンカウンターの種類や、リフォームする際の注意点について解説していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ひとり暮らしワンルームのテレビとパソコンの配置

みなさん、ワンルームの部屋のテレビとパソコンの配置についてお悩みではないでしょうか。 窮屈感の...

洗面所を造作でおしゃれに変身!イメージはどう決める?

自宅の洗面所をまるでカフェやホテルのパウダールームのようにしてみませんか? 一日のうち何度も使...

キッチンの床はタイルがおすすめ!メリットとデメリットは?

一般的な家庭では、キッチンとリビングダイニングの床は同じ素材であることがほとんどですよね。 しか...

高校生に理想的な部屋とは?勉強机はどのように活用する?

高校生は、大人と子供の部分が共存しているとても難しい年代と言われます。 そんな高校生にとって、...

ダイニングラグで実用的かつおしゃれなインテリアを実現!

ダイニングにラグを敷く主な目的は、やはり「食事による汚れの防止」や「傷の防止」ではないでしょうか...

古い家はカビだらけ!?カビのリフォームと対策とは!?

長年住んでいる、古い家は見えないところにまで、カビが生えてしまっている可能性が大きいです。 住...

インテリアはカラーコーデ次第!家具の色合いをどう選ぶ?

お部屋のインテリアを考える時、床材や扉の色と家具の色合いはどのような組み合わせが良いのでしょうか...

カーテンは「花柄」に決まり!北欧デザインをピックアップ

ご自宅のカーテン選びにお悩みの方はいませんか? 「華やかな印象のお部屋にしたい!」「明るく見せ...

勉強机に蛍光灯は不向き?取り外し方などの難点を紐解く!

意外なインテリアアイテムとして、デスクライトが注目されています。 勉強机に置くだけで、雰囲気が...

電球の外し方と忘れがちな様々なカバーの着脱方法をご紹介!

電球やそのカバーの種類によって、着脱方法は変わってきます。 この記事では、ご家庭・職場で主に使...

キッチンカウンターの用途は食事?作業?上手な活用法とは!

ダイニングやリビングを見渡すことのできる対面式のキッチンは憧れますね。 最近では、そんな対面式...

acアダプターには互換性がある!?互換性をマスターしよう!

acアダプターは、たとえ機種が違っていても、互換性があれば使い回しできます。 とはいえ、互換性をど...

キッチンの食器棚にこだわろう!おしゃれに見せる方法とは?

キッチンの食器棚は、背が高い上に幅も広いので、案外目立つものです。 生活感の出やすいダイニング...

勉強机の蛍光灯の32wに関する問題点を探る!規格を知ろう

勉強机の蛍光灯がチカチカし始めたら、交換する必要があります。 その場合には、蛍光灯の規格を知っ...

インテリアにおしゃれな家具を!カタログ請求はできる?

新しい住まいに転居をするときや模様替えをするときなど、自分好みのインテリアを考えるとワクワクする...

スポンサーリンク

もっと楽しいお食事タイム!キッチンカウンターのリフォーム

カウンターがキッチンの近くにある場合は、洗い物をした際の水や、調理の際の火や汚れが長年の間に汚れています。

これを新しくリフォームすれば見た目も美しく、日々の料理、食事が楽しくなります。

せっかくリフォームするのですから、料理する時や、できたものを運ぶのが便利になるようにしたいものですね。

キッチンのカウンターの配列にもいろいろな種類があります。

その間に冷蔵庫やレンジなどを配列するのですから、作業しやすくなるように、よく考えて決める必要があります。

「食事する側と顔を合わせて料理が出せる」ということで人気のある配列としては、対面型のカウンターがあります。

対面型にリフォームしたいという方は多いのですが、部屋全体の広さなど、注意すべき点もあります。

キッチンカウンターの種類

キッチンカウンターは、その形状によりいくつかの種類があります。

リフォームに際しては、どれを選ぶかを検討する必要があります。

まず、大きく分けて壁付け型と対面型に分かれます。

壁付け型は、壁側にキッチンを据え付けたもので、対面型は食堂と壁の間にキッチンを設置し、食堂にいる人と対面型で料理ができるものです。

さらに壁付け型では、横側に垂直方向にキッチンを増やしてL字型にしたものもあります。

また、対面型では壁側にもキッチンを設置したものや、さらにその間に垂直にキッチンを設置し、コの字型にしたものもあります。

これらの間に食器棚を設置して、いろいろな組み合わせ、形が考えられます。

その他の点としては、この空間に冷蔵庫、ガスレンジ、シンクなどを配置するのですが、その配置によってもいろいろな形態が考えられます。

対面型の場合は、それ自体の対面側がダイニングやリビングと接するわけですから、見ための感じの良いものにしたいところでしょう。

また、場合によってはリビングにお客様を招き入れることもあるので、この点も考慮して選びたいところです。

人気なのは対面型!便利でおしゃれなキッチンカウンターへ

キッチンカウンターのリフォームの際には、リビングとダイニングの間取りの関係により、その形態を検討する必要があります。

一番重要なのは対面型か、壁付け型かの選択です。

対面型は人気があり、「対面型で楽しい料理と食事を」と、憧れる方も多いと思われます。

対面型の場合、やはりスペースを取るので、その余裕があるか否かの十分な検討が必要です。

対面型にした影響でダイニングの椅子やテーブルに余裕がなくなり、窮屈なところで食事をするのでは、せっかくのリフォームが逆効果にもなり得ます。

また、対面型の台の幅の検討も大切です。

台の上には完成した料理や、食べ終わって片付ける食器を一時的に載せます。

片付けの場合は、それをシンクで洗うことになります。

料理や洗い物の時に手が届き、必要なものが載せられる幅でなければ不便です。

キッチンはおそらく毎日使うものなので、主婦にとっては仕事の大きな部分を占める場所ですから、便利に料理できる構造でなければなりません。

シンクとレンジ、冷蔵庫の位置関係など、これまでのものと比べてどうしたらいいのか、よく検討する必要があります。

こうした理由で、L字型やコの字型を選ぶ方も多いです。

さらに、カウンターの材質や飾りも大切な要素です。

材質や装飾は、できるだけダイニングとリビングの雰囲気とマッチしたデザインにすることで、統一感が出ておしゃれになるでしょう。

キッチンカウンターのリフォーム前に考えるべきこと

古くなったキッチンカウンターをリフォームして新しくすることで、日々のお料理も楽しくなってくることでしょう。

もし、「キッチンのカウンターをリフォームしよう」と思われたのなら、計画をしっかり立てる必要があります。

インターネットなどで、実際にリフォームした例がたくさん見つかりますから、調べるのは容易です。

それにより、どんな種類のキッチンカウンターがあるのかが分かるでしょう。

次にリビング、ダイニングを含めた「間取りの検討」です。

特にキッチン部分にどれだけの余裕があるのか、ということの検討が大切です。

また、現在のキッチンの使い勝手を思い浮かべれば、「今不便なところはどこか」「どういう配置がいいのか」がわかります。

キッチンは家族全員に関係がある場所ですから、これらの検討を家族全員で行うのもいいでしょう。

みんなの意見を聞いて使い勝手の良い、おしゃれなキッチンを考えるのも楽しいものです。

これらの検討が済んだら、実際のリフォーム業者に相談するしていきましょう。

キッチンのリフォームに慣れた、リフォーム業者を選ぶことが大事です。

また、業者と相談するためには、かけられる予算をはじめに検討しておく必要があります。

そして、予算、キッチンカウンターの種類、間取りを決めたあとは、内容を業者に伝えましょう。

その際に、親身に相談に乗ってくれる業者ですと、自身のイメージしたキッチンの環境に近づきやすくなるでしょう。

キッチンカウンターを対面型にリフォームする時の注意点!

カウンターキッチンを対面型カウンターにリフォームしたい方は多いと思いますが、この時の注意点についてご説明します。

まず、壁付け型よりカウンターの分だけ場所を取りますから、部屋全体が狭くなります。

ここにカウンターを設置したらどうなるか、テーブルや椅子を置いてみて、全員が座って評価することをおすすめします。

また、カウンターの側にシンクやレンジなどを押し込むのですから、壁付け型より窮屈になることもあります。

これで、お料理がしにくくなってしまったら本末転倒です。

十分検討して「壁側に何を残すのか」、それで「お料理の手順に支障をきたさないか」を検討する必要があります。

そして、カウンター側で料理をするのですから、火を使ったり、ものを洗ったりする場所もダイニングとリビングで近くなります。

そのため、熱や臭い、煙などの影響も受けやすくなります。

また、水ハネや油ハネもダイニング側に飛ぶことがあります。

これらの影響があっても、「ダイニング側で快適な食事をすることができるのか」の検討が必要です。

リフォーム業者の選び方と注意点

キッチンカウンターをリフォームする時の業者選びについてですが、まずキッチンのカウンターリフォームの経験が豊富な会社を選定する必要があります。

過去のリフォーム例を、写真集などで紹介している業者が理想的です。

次に大事なのは、丁寧に相談に乗ってくれるか否かを判断することが重要です。

今の間取りに対してどういう案が候補に挙げられるのか、一緒になって親身に相談できる相手を選ぶべきです。

しかしながら、一番大事なのは費用ですね。

リフォームの費用は、カウンター台やシンクなどの設備費と工事費です。

これらの詳細を分かりやすく見積もってもらう必要があります。

その際、複数の業者から相見積もりを取るのも効果的です。

また、キッチンカウンターの主要部分は、大手メーカーより標準品が販売されています。

これらは、メーカーの展示場で見ることができるので、複数のメーカーの展示場を訪問されて、種々見られることをおすすめします。

メーカーの方から十分に説明を聞けば、いろいろな情報が得られます。

その上、この部分は標準価格が提示されていますから、価格に関してもよく理解することができます。

キッチンカウンターのリフォームの注意点

長く使ってきたキッチンのカウンターをリフォームして新しくすることで、日々の料理や食事も楽しくなります。

そして、キッチンのカウンターはその配列、形状でいろいろなものがあります。

その中でも人気のカウンターは対面型カウンターですが、これを採用するにはいろいろな注意が必要ということもお分かりいただけたかと思います。

部屋全体の広さ、配列を考えて選ぶ必要がありますね。

また、業者の選択にも気を配る必要があります。

これらの注意点を踏まえて、満足度の高いリフォームを成功させてください。

 - 生活