布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

涼しい夏と暖かい冬のために断熱カーテンを!おすすめは?

2019.1.5

「暑い夏を涼しく、寒い冬を温かく」をキャッチフレーズとして、各社より断熱カーテンが販売されています。

各社は、断熱の原理を研究し素材を開発したり、カーテンの構造の工夫により、独自の断熱カーテンを開発しています。

「カーテンで部屋を美しく飾る」という目的だけでなく、防音効果なども期待できる断熱カーテンを購入するのがおすすめです。

今までよりもっと快適に過ごすために、断熱カーテンについて知っておきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

キッチン周りをおしゃれに仕上げるコツ!おすすめ商品も紹介

キッチン周りは、物が多いので、どうしても雑多な雰囲気になりがちです。 しかし、ちょっとしたポイ...

フィギュアは並べて飾るだけ?台座を使って魅せる飾り方を!

ついつい集めてしまい、気が付くと部屋の一角を占めていることはありませんか。 そう、フィギュアで...

洗面所は既成か造作か?メリットデメリットをご紹介

マイホームを建てるにあたって、既成の洗面所にするか、こだわって造作の洗面台にするのかは大きな選択...

カーペットのカットはサイズに合わせて自分でできる!

カーペットを自分でカットすると、ほつれてカーペットが使えなくなりそうだと思うかもしれませんが、カーペ...

おしゃれなカフェ風インテリアのポイント!使えるアイテム!

おしゃれなカフェ風インテリアは日本でも海外でも人気で、お部屋に取り入れる方が多いです。 し...

キッチンのゴミ箱位置は重要!家事ストレスが大きく変わる!

新築やリフォームで家づくりをしているときは、間取りや素材選びなど、決めることがたくさんありますね...

台所やシンク下から臭う悪臭の原因は?臭い消しの方法5選!

毎日使う台所ですが、丁寧に掃除をしても、臭うことはありますよね。 その悪臭の原因は、もしかした...

費用をかけずにできる!鍵を部屋の中から取り付けてみよう

一般的に、私たちの住む家やマンション、アパートには、部屋の鍵は1つ付いていますよね。 ですが、...

16畳のLDKは本当に狭いのか?快適なリビングについて考える

念願の新築マイホーム、あれこれ希望はつきません。 特にLDKは、くつろぎの場所、おもてなしの場所と...

オフィスの椅子、油圧式やガス圧式タイプ別の故障と修理

オフィスでよく見かける、レバーを上げ下げすると座面の高さが変わる椅子、ありますよね。 便利...

安心!快適!布団クリーナー「ひなた」でダニとさようなら!

鼻炎や喘息、皮膚炎などアレルギー疾患の患者数は年々増加し、大きな要因は「ダニ」とされています。 ...

あなたも部屋の片付け上手に!?ブログに載せたい片付け方法

部屋の片付けが苦手な人って以外にも多いのですよ。 そこで今回は、部屋の片付けのコツとポイントを...

汚れやすいキッチンは「除菌スプレー」で清潔に保とう!

毎日使うキッチンや流し台は、知らない間に菌が増殖しているかもしれません。 さらに、まな板や包丁...

ベランダに洗濯機を置くなら排水には特に配慮を!

ベランダで洗濯機を使うのは、決して珍しいことではありません。 ワンルームの狭いスペースを有効に使う...

セレブな暮らしはインテリアで演出!リビングから始めよう

セレブな家の象徴とも言える、品格あるリビングに憧れたことはあるでしょうか。 広大な敷地に広...

スポンサーリンク

断熱カーテンでお部屋を快適に!

最近の日本の住宅は、気密性の高いものが多く、空調により温度が最適に保たれやすくなっています。

しかし、湿気の多い夏や乾燥する冬に空調を過度に利用すると体調にも影響し、電気代も高価になりがちです。

そこで、「夏を涼しくし、冬を温かくするカーテン」がキャッチフレーズの、断熱カーテンの人気が上がっています。

断熱カーテンを利用することで、熱の流れを遮断し、夏は涼しく冬は暖かく、お部屋を快適に保りやすくできます。

また、カーテンは断熱以外の目的として、「お部屋を自分の好みの雰囲気で美しく飾る」という目的もあるので、断熱カーテンを選ぶ際、素材にも注目したいところですね。

それでは、断熱カーテンにはどういったものがあり、どういうものがおすすめなのかをお伝えしていきます。

断熱カーテンは日差しを遮る!暗いのが好みの方におすすめの遮光カーテンの等級

窓を通して夏の暑さが室内に入り込む比率は、極めて高いものです。

クーラーをかけていても、窓際は日が照って熱いことがよくありますよね。

また、冬の暖房の熱が、窓を通して逃げていくことも考えられます。

これらはすべて電力のロスに繋がっています。

そこで、断熱カーテンで窓を覆えば、この熱の透過を防ぐことができます。

断熱カーテンにはその断熱の原理に関して様々なものがあり、それぞれで断熱の効果に違いがあります。

遮光に関しては、「日本化学繊維調査協会」の性能試験が行われ、遮光のレベルによって、1級、2級、3級と等級が分けられています。

それぞれの等級による種類の違いは、次のようなものです。

3級とは、遮光率:99.79%~99.40%で、照度:200ルクス超~600ルクス以下の状態のため、「人の表情は分かるが作業には暗い」状態です。

2級とは、遮光率:99.98%~99.80%で、照度:10ルクス超~200ルクス以下の状態であるため、「人の顔あるいは表情は分かる」状態です。

そして、1級とは、遮光率:100%~99.99%で、照度:0ルクス超~10ルクス以下の状態ですから、人の顔が認識できません。

1級ともなりますと、ほとんど光を通さないため、昼間でも暗くすることができます。

暗い部屋をお望みの方には、1級のものがおすすめです。

断熱カーテンの原理!その効果は?

ここでは、断熱カーテンの原理についてご説明していきます。

まず、断熱により涼しさや温かさが保たれる理由について触れていきましょう。

部屋の中に外の熱が伝わるのには、2つの方法があります。

一つは、物を通して熱が伝わっていくもの、もう一つは光によって熱が入り込むものです。

太陽の光による熱は、光そのものが透明なガラスを通りますから、遮らなければ室内に入り込み、熱を伝えます。

そのため、まず太陽の光を遮断する必要があります。

しかし、遮断された太陽光は遮断したものの表面で熱を発生します。

したがって、遮断したもの、そのものの温度が上がることは理解できるでしょう。

これをそのまま室内に伝えてしまっては室内の温度が上がってしまいます。

そのため、光を受けたところに使うものとしては、光を反射して熱を蓄積しないものか、熱を伝えにくいものを使う必要があります。

では、「熱を伝えにくい」とはどういうことでしょうか?

物質はその材質により熱の伝え方が異なります。

一般的にコンクリートのような固体の物質は熱を伝えやすく、空気のような気体では熱を伝えにくくなります。

つまり、熱を伝えにくい物質として「中に空気を多く含む物質が効果的」ということです。

こうした理由で、断熱材としてはコルク、ガラス繊維、プラスティックの繊維状のものなどが使われます。

しかしながらこれだけでは、光による熱は通ってしまう可能性があります。

そのため、裏側に遮光性のものを張る、または一部の繊維に遮光性の成分を混ぜたものを用いることにより、光の遮断効果を得ているのです。

この遮光性の材質に遮断された光は、室内には届きません。

そして、遮光性の材質で遮られて止まった熱は、今度は空気が豊富に含まれる材質に遮られて伝導できなくなります。

これにより太陽光の熱は室内に入るのを遮られます。

ちなみに、太陽光以外の熱は、窓の外と内側の温度の差による伝導があります。

これも、その間に熱の伝わりにくいものを置けば、それで遮られて伝わる量が少なくなります。

これにより、夏の外気の温度が室内に入るのを防ぎ、冬の暖房により暖められた室内の空気の温度が外に逃げるのを妨げるので、室内の温度を一定に保ちやすくなるのです。

こういった構造のものが、おすすめの断熱カーテンです。

断熱カーテンの種類

断熱カーテンの種類にはいろいろなものがあります。

・糸を高密度に織り込むことで生地に厚みを持たせ、窓から入ってくる熱の流れを遮断するもの

・生地の表面は風通しの良い織り方で仕上げ、裏面にアルミ・酸化チタンなどの特殊なコーティングを施し、それにより熱の侵入を防ぐもの

・糸そのものに酸化チタンなどの遮光性の材料を塗り込んだもので織った布を採用するもの

・光熱を遮断する特殊な繊維を利用するもの

・アルミを蒸着したフィルムを糸状にしたものを繊維として利用し、魔法瓶効果で熱を遮断するもの

・カーテンの形状を工夫して、床まですっぽり覆うことにより熱を遮断するもの

これらを断熱カーテンの断熱の原理と照らし合わせてみれば、その原理と効果がわかります。

まずどれも、光そのものを通しにくくすることに気を配っています。

当たり前のことですが、すっぽり覆って暗くしてしまえば光は一切通しません。

しかし、それでは部屋が真っ暗になってしまうので、ある程度の明るさを確保して、いかに光を通さなくするかということに工夫を重ねています。

糸そのものにチタンなどを織り込んだものや、「光を遮断する材質の繊維でカーテンを織る」というのも、その材質で光を遮断したいからです。

裏にアルミやチタンのコーティングをするのも、それで光を遮断するのが目的です。

その表面の室内側を、風通しの良い空気を多く含んだ繊維で覆い、これによりコーティング部に光が当たって熱に変わったものが伝導するのを遮っています。

このように様々な種類の断熱カーテンがあります。

それでは、次では好みに合わせたおすすめのタイプの断熱カーテンについてお伝えしていきます。

好みに合わせたおすすめの断熱カーテンの種類

断熱カーテンといっても、やはりお部屋を飾る効果も期待するものですから、見て気持ちが良く美しさを感じるものが望ましいですね。

また、「真っ暗に近いのが好みな方」と「部屋は明るく、それでいて涼しくしたい」という人など様々な方がいらっしゃいます。

これらの要求に応えるために、メーカーは種々の技術と製品を開発しています。

真っ暗に近いのが好みの方には、重厚なもので何重にも重ねた織り方など高い遮光、断熱効果が得られるカーテンがおすすめです。

シンプル目の生地で、見た目にも重たさをもたせることもできます。

また、明るさと清々しさを保って熱を遮断したい方には、「表面はレースなどで透けて見え、裏にコーティングをしたもの」や、「チタンなどを配合した特殊繊維などと重ね合わせたもの」などをおすすめします。

薄い生地のものは、レースなど美しい柄のものを選ぶことができます。

今では、レースのみで極めて断熱効果の高い物なども開発されています。

断熱カーテンには他の効果もある!おすすめの効果とは!

ここまで、断熱効果についてお伝えしてきましたが、断熱カーテンには断熱以外にも効果のあるものも存在します。

それでは、その他の効果についてもお伝えしていきます。

●紫外線防止効果

太陽の光に含まれる紫外線から、肌を守ってくれる効果があります。

●防音効果

カーテンにより、室内の音が外に漏れるのを防ぐことができますので、ピアノや音楽の演奏でご近所に迷惑をかけたくない方にはおすすめです。

また、外の音も内に入ってくるのを防げますから、うるさい車の音なども気になりづらくなります。

●防火効果

燃えにくい生地でカーテンを作っているものです。

火が移りにくいため、火事被害の拡大を多少遅らせることができます。

●結露の防止

暖房器具で暖まった空気が、窓に直接あたることを断熱カーテンが防ぐため結露防止に役立ちます。

快適なお部屋を保つには断熱カーテンを!

お部屋を夏の暑さと冬の寒さから守るには、断熱カーテンが役立ちます。

各社から様々な製品が発表され、人気が上がってきています。

各社は熱を遮断し、伝えにくくするために材質の開発や構造の工夫を進めています。

これにより、お部屋の明るさや見た目も自由に選べる断熱カーテンの種類がそろっています。

また、防音効果や紫外線防止効果も期待できます。

お好みの断熱カーテンで快適にお部屋を飾ってください。

 - 生活