キッチンのカウンター上インテリアを魅力的にする方法とは?

キッチンのカウンター上は、常にきれいな状態が保たれていますか。

キッチンのカウンターに「ついつい余計な物を置いてしまう…」というのであれば、インテリアにこだわってみましょう。

すると、キッチンだけでなく、リビング全体の雰囲気が魅力的になります。

そこで今回は、カウンター上をおしゃれにするポイントや、アイデアを中心にご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

蛍光灯でも明るさ調節が出来る!?インバーター蛍光灯とは?

本来の蛍光灯は、明るさの調節が出来ないとされていました。しかし最近では、インバーターの技術に...

お部屋が宇宙に?インテリア・小物を使い幻想的な空間を再現

宇宙は広大で、幻想的かつ神秘的でわずらわしい現実から遠く離れたイメージを持っています。お...

畳やフローリングマットを清潔にしてカビ予防をしよう

日本の文化といっても良い程、畳は古くから親しまれてきました。最近では、畳のお部屋の雰囲気を変...

賃貸物件のキッチンが狭い!解決のヒントは収納方法にあり?

賃貸物件でキッチンが狭いけど、安いからという理由で住んでいるという方もいますよね。今回は...

キッチン用品を揃えるなら新宿が便利!人気ショップをご紹介

お料理をつくるのが億劫な日も、お気に入りのキッチン用品があれば意欲が沸いてくるかもしれませんね。...

カーテンは通販で購入!おしゃれなおすすめカーテンを紹介

カーテンは、お部屋の中で大きな面積を占めるため、そのデザインにはこだわりたいところです。また...

エアコンのある部屋から隣の部屋に冷気を送る!扇風機の効果

震災以降、節電が求められている昨今・・・エアコンと扇風機を上手に使って快適な夏の生活が送れていま...

インテリアに悩む6畳ワンルーム!一人暮らしの男性のケース

6畳程度しかないワンルームの物件は、お家賃が比較的安くコンパクトなつくりなので、一人暮らしの男性...

知らないと危険!お部屋の湿度が70%を超えるとどうなる?

みなさん、お部屋の湿度が高すぎて困っている、ということはありませんか?一人暮らしを始めたばか...

ワンルームと1Kは違う!?設置するテレビの大きさ・配置は?

新生活を始めるにあたって、ワンルームと1Kの物件どちらにしようか悩む人も多いのではないでしょうか?...

全自動洗濯機の蛇口を開けっ放しにすると思わぬ事故に!?

全自動洗濯機の蛇口は開けっ放しにしてますか?それとも閉めていますか?開けっ放しの方も閉め...

北欧風にアレンジ!トイレや寝室などの照明を変えてみよう!

夜になると、家に明かりを灯してくれる照明。この照明も、時代とともに変化しつつあります。現代の...

直管型・丸型蛍光灯の交換方法をご紹介!寝室の照明の色は?

丸型蛍光灯や直管型蛍光灯を自分で交換できますか? 蛍光灯の外し方や取り付け方を知らない方は、...

賃貸物件でも大丈夫!?壁の修復方法を穴の大きさ別で知ろう

賃貸だから壁に穴を空けたくないとは思っていても、生活していれば多少の傷や穴ができるのはしかたのないも...

実家への帰郷、ちょっとした掃除をして母への恩返し!

実家へたまに帰郷して、のんびりするのもいいかもしれません。久しぶりの母の味を楽しみ、ゆっくり...

スポンサーリンク

あなたはどっち派?「すっきりタイプ」と「見せる収納タイプ」

キッチンカウンター上のインテリアには、2つのタイプがあります。

それは、「すっきりタイプ」と「見せる収納タイプ」です。

「すっきりタイプ」の場合は、シンプルでスタイリッシュなインテリアテイストがお好みの方におすすめです。

生活感を極力減らし、洗練されたイメージを演出していく手法なので、空間全体がシャープな印象になります。

カウンター上にはアクセントとして、お花や観葉植物などの自然物を取り入れるといいでしょう。

すると、室内が明るくなり、リラックス効果も見込めます。

一方で、「見せる収納タイプ」の場合は、あえて生活感を出していくスタイルです。

こちらは、近年流行しているカフェ風のインテリアテイスト・ブルックリンテイスト・インダストリアルテイストによく見られます。

しかしながら、ただただ雑然とした雰囲気になってしまっては、おしゃれなインテリアになりません。

そこで、収納するアイテムのデザイン性や、見せ方にこだわりましょう。

例えば、カラーをモノトーンにしてみたり、素材に統一性を持たせるといったことが挙げられます。

このように「すっきりタイプ」と「見せる収納タイプ」、どちらのタイプにも、それぞれのよさがあります。

ご自分の好みや、キッチン・リビングインテリアの雰囲気に合わせて選んでみましょう。

キッチンカウンターの素材でインテリアテイストを決める!

ここでは、キッチンカウンターの素材についてお話しします。

素材次第で、キッチンカウンター上の雰囲気や表情は変わってきます。

そのため、キッチンカウンターに合わせてインテリアテイストをチョイスする方法もおすすめです。

まず代表的なのは、「人工大理石」です。

明るめのホワイトやクリーム色であれば、ナチュラルなテイストにもマッチするでしょう。

ブラックやダークグレーの場合は、クールなイメージのキッチンにぴったりですね。

ステンレス製の調理器具や最新の家電、調理機器などをチョイスし、かっこよくコーディネートしましょう。

そして、キッチンカウンターの素材が「ウッド」だった場合は、ナチュラルなテイストにマッチします。

無垢木材であれば、モダンな雰囲気のインテリアテイストもおすすめです。

また、「キッチンカウンターの素材を変えたい!」というときには、DIYで人気の「カッティングシート」を貼ってみましょう。

古材風やレンガプリントが旬のデザインです。

「自宅のキッチンカウンターに対応しているか」「剥がすことはできるのか」などといったことを踏まえながら活用してみてください。

ちなみに弱粘着タイプだと、張り直しができるので扱いやすいです。

キッチンカウンター上のインテリア例①

ここからは、キッチンカウンター上のインテリア例をテーマ別にご紹介します。

さまざまなテイストのキッチンカウンターを想定してみましょう。

まずは、定番のカフェ風テイストです。

【和カフェ】

最近流行している和カフェ風のテイストは、素朴な雰囲気がらもセンスのよさが光ります。

古材の風合いや、レイアウトする雑貨やファブリックの質感にはこだわりたいところですね。

キッチンカウンター上には、ガラス瓶やブリキの器を並べ、カフェ風に演出していきます。

そして、DIYが得意な方は、キッチンカウンターの上部に「小屋根」を設置してみましょう。

厚めにカットしたダンボールで制作している例もありますから、ぜひチャレンジしてみてください。

【男前カフェ】

ブラックを基調にした男前カフェテイストは、ウォルナットカラーのキッチンカウンターと相性が抜群です。

アイアン脚のカウンターチェアと組み合わせて、本格的なカフェスタイルを生み出しましょう。

また、メニューボードをインテリアのアクセントとして掲げれば、より雰囲気が増します。

キッチンカウンター上のインテリア例②

続いて、キッチンカウンター上のインテリア例をご紹介していきます。

次に取り上げるのは、モダンテイストです。

【北欧モダン】

モダンベースなので、なるべくすっきりとした印象になるよう工夫しましょう。

キッチンカウンター上にはあまり物を置かず、清潔なイメージを演出してください。

インテリアのアクセントとしては、北欧ブランドのティーカップや、ビタミンカラーの調理器具などを取り入れてみましょう。

また、ナチュラルな雰囲気をアップさせる観葉植物もおすすめです。

【ラグジュアリーモダン】

重厚感のあるラグジュアリーモダンを目指すのであれば、キッチンカウンターは光沢感のある素材であることが望ましいです。

そして、天井の高さに余裕があれば、キッチンカウンター付近にペンダントライトをセットしてみましょう。

また、華やかさを演出するために、大きなフラワーアレンジメントを飾るのもいいですね。

キッチンのカウンター上におすすめなアイテム!

それでは次に、キッチンのカウンター上にぴったりなアイテムをご紹介していきます。

人目に付きやすいカウンター上は、おしゃれに演出してください。

●マグカップツリー

マグカップツリーは、木製で温かみのある雰囲気だと、ナチュラルテイストのインテリアにマッチします。

かさばりやすいカップを、見せる収納ですっきりとまとめてください。

●ショーケース風飾り棚

カフェにあるようなショーケース風の飾り棚は、カウンター上収納に最適なアイテムです。

しかしながら、ガラス戸であることが多いため、中身は厳選していきましょう。

また、前面と背面、どちらも扉が開く仕様になっていると扱いやすいです。

●ブレッドボックス

外国の食卓にありそうな、ブリキ製のブレッドボックスをレイアウトしてみましょう。

調味料やお菓子をストックするのもいいですし、扉を開けて観葉植物などを入れてみるのもおすすめです。

このように、単なる収納だけでなく、インテリアアイテムとしても活用することができます。

●カラーボックス

コンパクトサイズのカラーボックスを並べると、小物が置けるディスプレイ棚が完成します。

さらに、少し大きめなカラーボックスを積み上げて設置すれば、オーブントースターやケトルなどの家電を収納するのにも便利です。

キッチンカウンターの下にも注目!

最後になりますが、キッチンカウンター上だけでなく、下の部分にも注目してみましょう。

収納スペースとしても活用することができますし、ちょっとしたアイデアで今よりも暮らしやすくなります。

<本を収納>

キッチンカウンター下には、「長押(なげし)」を設置してみましょう。

本来、長押は日本建築に使用される構造材でしたが、現代では装飾部品として用いられています。

ハンガーに吊るした洋服がかけられるだけでなく、あまり厚みのない本やアートを飾ることも可能です。

おしゃれなカバーの本をレイアウトすれば、インテリアとしても素敵な印象になります。

<ホワイトボードを設置>

大型なホワイトボードを設置すれば、お子さんの遊び場が完成します。

これならきっと、お子さんも夢中でお絵描きを楽しんでくれるでしょう。

また、カフェ風のインテリアテイストであれば、ブラックボードもおすすめです。

個性的なチョークアートで、オリジナリティをアピールしましょう。

キッチンカウンターのインテリアで空間の印象が変わる!

今回は、キッチンカウンター上のインテリアについてお話ししてきました。

キッチンカウンターは、訪れた人の目に付きやすい場所です。

そのため、片付けを徹底し、インテリアにもこだわっていきましょう。

カフェ風のテイストは人気ですが、あまり飾り付けないシンプルなスタイルもあります。

自分らしさを演出して、魅力的なキッチンカウンターに仕上がるといいですね。