古いキッチンのリメイク術を紹介!費用を抑えておしゃれに

築年数が経ったお家の古いキッチンでは、壁紙や備え付け収納、レンジフードなど、あらゆる場所に劣化が出てきます。

そこで、費用をかけずに古いキッチンをリメイクして生まれ変わらせる方法としておすすめなのが、貼って剥がせる壁紙やリメイクシートなどを使った方法です。

今回は、それらのアイテムを使ったリメイク術を6つご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

16畳のldkの照明の選び方!主照明と補助照明を使い分けよう

16畳ほどのldkの照明を選ぶ時どこに注意したらいいでしょうか?新築の場合、照明を取り付けるとき...

インテリアをコーディネートする時はテレビを重要視する

引っ越しや部屋の模様替えの時などに、インテリアをコーディネートすると思うのですが、何を重要視していま...

収納に便利なメタルラックの簡単な分解方法とは?

自宅や職場などでよく見かけるメタルラック。見せる収納でお部屋をお洒落にコーディネートしたり、...

賃貸の照明器具はアパートの入居と退去の時にはどうするの?

あなたは、引越しをしたことがありますか?アパートなどのほとんどの賃貸物件には、2年に1度...

お布団のいらないこたつ!?利点と欠点、お値段を徹底紹介!

寒くなってくると、温かいこたつでぬくぬくとしたくなりませんか?暖房器具は数多くありますが、エ...

カーテンサイズの基本の測り方・長さの目安はどれくらい?

カーテンを購入する際に、まずは、どれくらいのカーテンサイズがいいのか把握しなくてはいけません。...

ヴィンテージなインテリアでお部屋をクールにコーディネート

味のあるヴィンテージテイストなインテリアは、お部屋に取り入れると一気におしゃれになります。...

ワンルームのお部屋はベッドを隠すと区切りのあるお部屋に!

賃貸に住む場合、ワンルームのお部屋だと、ベッドルームというものがありません。ですが、「ワンル...

インテリアコーディネートの工夫で賃貸マンションを魅力的に

近年のDIYブームで、インテリアを自分好みにカスタマイズする方が増えています。賃貸物件では原...

外国人が驚く日本のトイレ!清潔さの秘密を探ってみよう!!

普段、当たり前に使っているトイレ。海外から日本に来た外国人は、日本のトイレは清潔だと感激する...

模様替えや引っ越しに役立つ家具や部屋の幅と奥行きと高さ

カーテンを買ったら丈が長すぎたり短すぎたり...ぴったりだと思った棚が隙間に収まらなかったり.....

キッチン収納には「かご」が便利!さまざまな活用法をご紹介

なにかと物が多い「キッチン」の収納は、なかなかスッキリせずに、雑然とした雰囲気になりがちですよね...

電球が点かない!チカチカする!電球の接触不良を改善しよう

電球を使っていると、ときどき点きにくくなったり、チカチカしたりしませんか?そんなときに自力で...

新築のキッチン照明を選ぶ時に失敗しない選び方!!

部屋の雰囲気や使い勝手に大きな影響を及ぼす照明。細かい作業中心のキッチンでは、リビングやダイニン...

こたつではなくお布団で寝るべき!こたつに潜むリスクとは?

寒さ厳しい冬の時期、こたつの中に入ったときのぬくもりは、なんとも言えない心地よさがあります。...

スポンサーリンク

古いキッチンの壁紙をリメイク!貼って剥がせる壁紙が便利

キッチンの中で、汚れや水などの影響により劣化が進みやすく目立ちやすい部分が壁紙です。

一般的な住宅のキッチンでは、白や生成りといったシンプルなカラーの壁紙が多いです。

白や生成りは清潔感がありすっきりとした印象になりますが、その分汚れが目立ちやすくなります。

そこで、古いキッチンの壁紙を費用を抑えながらリメイクするには、貼って剥がせるタイプの壁紙を使用するのがおすすめです。

貼って剥がせる壁紙タイプの壁紙は、古くなった壁紙の上から貼ることができ、簡単に綺麗に剥がすことができます。

ハケやのりを使用せずに貼ることができるものもあるため、リメイク初心者の方にもおすすめです。

また、現状回復の問題がある賃貸物件でも取り入れることができます。

築年数が古く、キッチンの壁紙の劣化が気になる際や、デザインを変えたい際などにも活用してみると良いでしょう。

次の章では、キッチンに貼って剥がせる壁紙を取り入れる際の、具体的な選び方について解説します。

古いキッチンに取り入れる壁紙を選ぶ際のポイント!

1章でご紹介した、便利な貼って剥がせるタイプの壁紙は、デザインも豊富です。

まずは、古いキッチンに貼って剥がせるタイプの壁紙を取り入れる際に、デザインで選ぶ場合には無地かモチーフデザインのものがおすすめです。

キッチンは調理器具や家電など、何かとものが多い場所であるため、そこへ派手な柄物の壁紙を取り入れると雑然とした雰囲気になってしまう恐れがあります。

したがって、リメイク初心者の方には無地の壁紙をおすすめします。

無地の壁紙でおしゃれさを演出するには、カラーの選び方が大切です。

淡いパステルカラーのブルーやグリーンといった色合いの壁紙を取り入れると、キッチンが爽やかな印象になります。

また、淡いオレンジやイエローといった暖色系のカラーを取り入れると、明るくあたたい雰囲気に仕上げることができます。

続いて、ある程度DIYに慣れている方におすすめなのは、タイル調や木目調、板目調といったリアルなモチーフデザインの壁紙です。

次の章では、モチーフ壁紙を選ぶ際のポイントについて解説します。

モチーフ壁紙をキッチンに取り入れる際には質感に注目!

モチーフ壁紙は、木目調や板目調、タイル調といったリアルなデザインのものを選ぶのがおすすめです。

貼って剥がせる壁紙の中にも、本物の木やタイルと見間違えるほどリアルな質感を再現しているものがあります。

そういったリアルな質感の壁紙をキッチンに取り入れることで、高級感や重厚感が生まれます。

壁紙は、キッチンの中でも大きな面積を占めるため、質感にこだわらずに選ぶと失敗しやすいと言えます。

また、木目調や板目調、タイル調の壁紙を貼る際の注意としては、つなぎ目を合わせて貼るという点が挙げられます。

2枚以上の壁紙を貼る際には、つなぎ目の柄が揃っていないと素人仕事な印象が伝わってしまい、かっこ悪いです。

自分で壁紙を貼る際にも妥協せず、つなぎ目カットして揃えるなどしてこだわって貼りましょう。

また、モチーフ壁紙は色合いも大切です。

少し色あせたような白っぽいカラーのモチーフ壁紙は、シャビーシックなイメージになり、ナチュラルテイストや西海岸テイストといった雰囲気のキッチンに合います。

また、濃いトーンのモチーフ壁紙は、キッチンをモダンなイメージに変えることができ、近年話題の男前インテリアにもマッチします。

このように、古いキッチンの壁をモチーフ壁紙でリメイクする際には、素材感と色合いに注目して選んでみましょう。

古いキッチンの収納には100均のリメイクシートが便利!

古いキッチンでは、備え付けの収納部分の劣化が気になることがあるかと思います。

引き出しや扉の塗装が剥げてしまったり、汚れなどが色素沈着してくすんでしまう場合があります。

そこで、キッチンの収納を新品のような見た目に生まれ変わらせる方法としておすすめなのが、100円ショップで販売しているリメイクシートを使用したアイデアです。

近年のDIYブームで、100円ショップにもお家の内装をリメイクすることができるグッズがたくさん取り揃えられるようになりました。

中でもリメイクシートは、キッチンの収納部分に合わせて貼るだけで、簡単に安価な費用で模様替えができる優れものです。

リメイクシートは取り扱う店舗にもよりますが、デザインも豊富なので、キッチン収納の扉を思い思いのデザインにリメイクすることができます。

例えば、白を基調とした木目調のリメイクシートは、キッチンをナチュラルテイストに仕上げたい場合に取り入れると良いでしょう。

また、シックで高級感ある印象に変えたい場合には、ダークな色合いのリメイクシートを取り入れるのがおすすめです。

加えて、リメイクシートも壁紙と同様に質感や色合いに注目して選んでみましょう。

古いキッチンのレンジフードを素敵にリメイクするアイデア

古いキッチンでは、レンジフードの劣化も気になるところです。

特に白いレンジフードは、サビついたり蓄積汚れなどによって変色した際に目立ちやすく、見栄えが悪くなってしまいます。

そこで、レンジフードをおしゃれにリメイクする方法としておすすめなのが、壁紙やシールを貼ってリメイクする方法です。

壁紙をレンジフードの大きさに合うようにカットし、貼ることでデザイン性が生まれ、劣化部分をおしゃれにカモフラージュすることができます。

レンジフードに壁紙やシールを貼る際には、キッチン全体のコンセプトに合うデザインのものを選びましょう。

例えば、カントリーなイメージのキッチンで、壁紙はレンガ調、収納部分はベージュやオレンジといったあたたかみのカラーでまとめている際には、レンジフードにも暖色系の壁紙を貼ると良いです。

また、柄はメインの壁紙に合わせてレンガ調にしたり、フローリングと合わせて暖色系の板目調を選んだり、キッチン全体のテイストに合わせながらコーディネートしましょう。

古いキッチンカウンターはマスキングテープでリメイク!

最後にご紹介する古いキッチンのリメイクアイデアは、キッチンカウンターにインテリアマスキングテープを貼るという方法です。

キッチンカウンターは、キッチン側からもリビング側からも見えるため、劣化していると目立ちます。

また、キッチンカウンターの下の壁の部分は、お子さんの手が届く位置にあるため、汚れやすく、目立ちやすいです。

そこで、キッチンカウンターの下の劣化した壁紙を生まれ変わらせる方法としておすすめなのが、インテリアマスキングテープを使った方法です。

インテリアマスキングテープは、その名の通りマスキングテープのように貼って、手軽にキッチンをリメイクすることができる優れものです。

このときの貼り方で注意するポイントは、マスキングテープを隙間なく貼っていくことです。

もし、キッチンカウンターの下にお子さんの落書きがある場合も、落書きの上から縦にインテリアマスキングテープを貼ることで隠すことができるでしょう。

また、柄もののマスキングテープを使用することで華やかな印象にしてくれます。

古いキッチンの壁紙などは費用を抑えて素敵にリメイク!

古いキッチンの壁紙は、貼って剥がせるタイプの壁紙を取り入れて簡単にリメイクしてみましょう。

また、汚れや劣化が気になるキッチンの収納やレンジフードには、リメイクシートや壁紙を貼ることで、大きく印象を変えることができます。

さらに、キッチンカウンターには、インテリアマスキングテープを貼るだけで簡単にリメイクすることができますよ。