キッチンメーカーの特徴を知っておしゃれなキッチンを選ぼう

新しく家を建てる時、またリフォームする時に、キッチンのメーカーをどのような基準で選んでいますか?

機能的に優れていることはもちろんですが、最近はおしゃれなシステムキッチンが増えているので、見た目の好みも大きく関わってくることでしょう。

今回は、国内で特にシェアが高いキッチンメーカーの特徴と、それぞれのおすすめ商品についてまとめてみました。

キッチンメーカー選びのご参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

冬の暖房は何度設定にする?冬のエアコン節約術!

冬の暖房器具のひとつとして、エアコンがありますが、皆さんは何度に設定していますか?実は冬のエアコ...

インテリアをもっと快適に!ソファの配置の仕方を変えよう!

ソファは、ゆったりと座ってくつろぐためには最適なアイテムです。しかし、気に入ったものを部...

シーツを洗濯するのにネットなしはNG?洗濯手順や頻度は?

皆さんはシーツをどのように洗っていますか?シーツは洗濯物の中でも特に大きいサイズのため、洗うのも...

可愛いキッチン雑貨が欲しい!おしゃれで安い商品をご紹介!

毎日使うキッチン雑貨がお気に入りのものだと、家事のモチベーションが上がりますよね。近年では、...

失敗しないコンセント計画!新築住宅の電気配線を色々解決!

新築住宅を建てる時、電気配線ついてハウスメーカーさんの設計図にお任せという方が多いのではないでしょう...

洋室風に!お布団派でも洋風インテリアを叶える秘策あり

あなたはベッド派ですか、それともお布団派ですか?今回は、「お布団派だけど、洋室のような素...

高校生になったら考える賢いインテリア術!狭いお部屋の場合

高校生にもなると、お部屋のレイアウトやインテリアなどに気を配るようになる方が多いのではないでしょうか...

気になるピアノの音を防ぎたい!防音室を自作してみよう

ピアノを自宅で演奏する場合、音が響くとご近所にうるさくないか気になりますよね。電子ピアノなら...

ある日突然はじまる蛍光灯のチカチカ…点滅する原因は寿命?

仕事から帰って真っ暗な部屋の電気をつけると…蛍光灯がチカチカ。誰しもそんな経験が1度や2...

ベランダを部屋の上の屋根に付けれる?メリットとデメリット

皆さんの家のベランダは、どれくらいの広さでしょうか?梅雨の合間に晴れた日など、洗濯物を干す時...

100vのコンセントで使用可能な容量とは?電力について知ろう

100vのコンセントの容量は、どれくらいなのでしょうか?世界各国で電力の容量は異なっており、...

フレンチインテリアを取り入れて充実した一人暮らしをしよう

念願の一人暮らしを開始するとき、まず家具やインテリアを自分好みにしたいですよね。人気のインテ...

LED電球に変えたのに電球がつかない?原因は接触不良?

「かなり前から使っていた白熱電球が切れたので、新らたに買ってきたLED電球に変えたらつかない!」...

すのこを使ってDIY!おしゃれで簡単なインテリアの作り方!

お部屋を彩るインテリアですが、市販の物を買うだけではつまらないですよね。そこで、インテリアの...

日本のトイレは世界一?外国人から見た、きれい好きな日本人

私達、日本人が当たり前のように使っているトイレ。しかし、この日本のトイレが、とてもきれい...

スポンサーリンク

キッチンメーカーを選ぶ前にイメージを明確にしておこう!

キッチンのメーカーを決める前に、まずキッチンをどこへどのような形で付けるのかを考えてみましょう。

キッチンは、壁付け、対面型、L字型にアイランドキッチン、ペニンシュラキッチンと形だけでも非常に豊富にあります。

中でもアイランドキッチンはおしゃれな見た目から、「新しいキッチンを選ぶ時にはコレだ!」という憧れを持っている方も非常に多くいらっしゃることでしょう。

しかし、アイランドキッチンは左右に通路を作る関係上、一般的なキッチンよりも多くのスペースを必要とします。

また、ショールームで見るよりも自宅に入れると大きく見えるため、キッチンのスペース配分を考えて設置する方が安心です。

さらに、キッチンは全てのメーカーの全ての商品が好きに設置できるわけではありません。

商品によって付けられる形状というのは違います。

せっかく気に入ったキッチンを見つけても、自分の望む形で付けられないのでは残念ですよね。

まずは、自宅でキッチンを置く場所のサイズをしっかりと測り、どちらへ向けるのか、カップボードも付けるのかなど、細かいイメージをしっかりと決めてから見に行くようにしましょう。

何といっても見た目がおしゃれ!バランスの取れたメーカーは?

それでは、早速おしゃれで機能的なキッチンをご紹介していきましょう。

まず、総合的にシェアが高く、バランスの取れているメーカーと言えば、リクシルを挙げる方が多いのではないでしょうか。

中でも「リシェルSI」は価格帯としてはグレードが高いものの、その意匠性から人気も非常に高い商品です。

リシェルSIの代表的な特徴は、美しいセラミックトップのカウンターを選ぶことができるということでしょう。

セラミックは熱や傷に強く、焼きものならではの耐久性に優れています。

そして、シックな色味でありながらどこか温かみも感じる、とてもおしゃれなデザインとなっています。

もうひとつの特徴として、収納部分の扉が斜めに引き出せる「らくパッと収納」を採用していることが挙げられます。

実際に扉近くのものを出す時に、重い引き出しを全て出す必要はなく、ひょいと覗くことができたら便利だと考える方も多いのではないでしょうか。

毎日のことですから、力が軽減できるのはキッチンに立つ女性目線でよく考えられていると言えますよね。

また、カウンターの高さを5段階から選ぶことができるのも、キッチンへ立つ方への配慮に溢れているのではないでしょうか。

リシェルSIは、吊り戸棚の下のポケットや背面収納の意匠性も高く、コーナークローゼットや家電タワーなどを合わせると、よりキッチンがおしゃれな空間となりそうです。

人工大理石で明るくおしゃれなキッチンにしたい!

システムキッチンと言えば、以前はステンレスのシンクが一般的でしたが、近年では人工大理石や人造大理石も当たり前に選べる時代となりました。

人工大理石はカラーを選べることも多く、キッチンが明るい印象になることや、お部屋のインテリアと合わせやすいことなどから人気が高まっています。

人工大理石に関してはほとんどのメーカーで取り扱いがありますが、中でも評価が高いのはトクラスの「Berry(ベリー)」でしょう。

トクラスというとあまり馴染みがないかもしれませんが、旧ヤマハリビングテックというと聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか。

Berryの大きな特徴というと、まずそのデザイン性の高さと豊富なカラーバリエーションです。

壁付けや対面型、アイランド型にL字型など、ほとんどのレイアウトに対応しており、扉などのカラーバリエーションは114色にシンクのカラーも8色と非常に豊富です。

お部屋の雰囲気と合わせておしゃれなカラーを選びたい方には、特におすすめしたいメーカーと言えます。

人工大理石に傷が付いた時も、トクラスの人工大理石は他のメーカーと比べて厚みがあるため、ナイロンたわしなどで安心して研磨をすることができます。

また、ハイバックカウンターで汚れが溜まりにくく、付属のハンガーアイテムで便利な「浮く収納」を付けられるのも、おしゃれにスッキリと見せられるポイントのひとつとなります。

ステンレスが好きな方へおすすめのおしゃれなキッチンメーカーは?

人工大理石の需要が高まってきたとは言え、やわらかさや使い勝手の良さ、お手入れのしやすさなどからステンレスシンクの人気もまだまだ根強いです。

ステンレスのキッチンメーカーと言えば、システムキッチンの中でも長い歴史を持つクリナップの「クリンレディ」をご紹介します。

クリンレディは、基本的にどのようなレイアウトにも対応できて、間口のサイズも1mm単位で対応してくれます。

そして、最大の特徴であるのが「ステンレスキャビネット」を採用しているということでしょう。

一般的なキッチンは引き出しなどを木製にしているのに対して、クリンレディはシンクのみならずワークトップや引き出し、側面やレール受けまでもステンレスが使われています。

ステンレスは水や熱に強く、臭いも付きにくいとされています。

さらに、錆びやカビにも強いことから、キッチンには特に向いている素材であるため、クリンレディは非常に衛生的で美しさを保つことができるキッチンだと言えます。

キッチンをおしゃれに見せるためには、汚れにくく清潔感があることはとても大切なことですよね。

また、排水溝が手前勾配の「流レールシンク」を採用しているので、散らばりがちな野菜のクズや生ゴミなどを機能的に集めて流してくれます。

シンクの裏側にクッション材を入れる「サイレントシンク」も、ステンレスシンクの数少ないデメリットである水音の大きさを軽減してくれるので嬉しいですね。

設備も充実!美しさも機能性も高いメーカーは?

デザインのおしゃれなことはもちろん、設備も充実して使い勝手の良いキッチンといえば、パナソニックの「Lクラスキッチン」もぜひご紹介しておきたいところです。

パナソニックと言えば、キッチンよりも電化製品メーカーとしての印象が強いですが、美しいデザインとパナソニックならではの設備の充実したキッチンにも定評があります。

パナソニックのキッチンで特に人気が高いのは、横並びに並んだ「トリプルワイド」のガスコンロやIHです。

従来品の三角形に設置された3口コンロは、スペース上仕方がないこととしても、使い勝手の悪さを感じる方は多いのではないでしょうか。

横並びのコンロは、調理中の動線を主婦目線でしっかりと考えられています。

Lクラスはカラーバリエーションも豊富で、扉の色は100色以上でカウンターの色も25種類の柄から選ぶことができます。

中でも、有機ガラス系人造大理石のカウンターである「グラリオ」は、人工大理石と比べると天然石の質感をしっかりと活かしたデザインとなっていて非常におしゃれです。

カウンターは厚みが抑えられているため、スタイリッシュでクールな印象を与えることができます。

また、家電を気持ち良く美しく収めることができるカップボードの存在も、家電メーカーならではと言えるのかもしれませんね。

お掃除楽々!いつまでもキレイを保てるキッチンとは?

さて、最後にご紹介するのは、日々のお手入れが簡単で、見た目をおしゃれに保つことができるキッチンメーカーです。

また、キッチンは長く使うものですから丈夫であることも重要ですよね。

丈夫でお手入れ簡単と言えば、高品位ホーローによる美しさの長持ちが人気のタカラスタンダードでしょう。

ホーローのキッチンはマグネットが付くので、レードル掛けや調味料収納を好きなところに付けて、簡単に外してお掃除ができるのも良いですよね。

さらに、油性マジックのような強い汚れも水拭きで簡単に落とせるのがホーローの強みと言えるでしょう。

タカラスタンダードのキッチンの中でも「レミュー」はガスコンロが「ハイパーガラスコンロ」となっており、鏡面のように輝く美しさが特徴的です。

お手入れも簡単で、こちらも汚れたらサッと拭くだけのお手軽さが嬉しいですね。

また、カウンターの中から「高級人造大理石クォーツトップ」を選ぶこともできるため、人工大理石と違う天然石特有の美しさがキッチンをさらにおしゃれに見せてくれます。

フロントポケット収納や、水切りなど細かい部分が主婦目線で便利にできているのも嬉しいです。

こちらも、対面型やアイランド型などほとんどのレイアウトに対応しているので、選びやすいキッチンだと言えるでしょう。

キッチンのメーカー選びは慎重に

ほんの数年前から比べても、近年のシステムキッチンのデザイン性や使い勝手の良さには目を見張るものがあります。

しかし、美しければ美しいほど、使い勝手が良ければ良いほどに、さらに素敵なものを選びたくなりますよね。

毎日、何度も立つ場所だからこそ慎重に、ショールームなどで現物をしっかりと確認して自分に合ったキッチンメーカーを選ぶようにしてみてくださいね。