布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

マットレスからお布団がずれる!その対策や便利グッズを紹介

2019.1.21

寝ている間に、お布団がずれることってよくありますよね。

これが冬の寒い時期だと、眠りが妨げられてしまうので厄介です。

また、ベッドで寝ている方は、下に落ちたお布団を拾うのが大変でしょう。

さらに、「マットレスから敷布団がずれてしまう」というお悩みもあります。

そこでこの記事では、マットレスやお布団のずれ対策やアイデア、便利グッズをご紹介します。

お困りの方は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

お布団のクリーニングの値段相場ってどのくらいなの!?

寒い冬の時期が終わると、お布団をしまう前に清潔な状態にしたいと思いませんか? しかし、大きいお...

お布団やお風呂、床の掃除って毎日すべき?どうやるの?

お布団、お風呂、床・・・毎日利用するものですが、掃除の頻度はどれくらいなのでしょう。 また、掃...

布団干しの頻度や、シーツ・カバーの洗濯頻度はどれくらい?

布団干しって、どれくらいの頻度でしていますか? 晴れた日には必ず干すという方は、ごく僅かではな...

新築住宅の木材にカビが発生!?欠陥住宅なのでしょうか?

新築住宅の木材にカビが生えることがあるのをご存知でしょうか。 心機一転で、新築の家を考えている...

布団干す際に一工夫!ベランダが汚い場合の干し方のコツとは

マンションやアパートに住んでいる場合、一軒家と違って不便なこともあります。 例えば、布団干す場...

寒い時期の快眠方法!身体に無理なく、お布団から出るには?

寒い時期、身体が冷えて寝付けなかったり、寒くて夜中に目が覚めてしまうことはありませんか? 寒いから...

幼稚園のお昼寝布団選び!サイズは?柄は?選ぶポイントは?

幼稚園に入園する際の準備物で、最も悩んでしまうのが「お昼寝布団選び」ではないでしょうか? 小さ...

夏でも薄い掛け布団で気持ちの良い睡眠をしっかりととろう!

夏のお布団はどのようなものを選べば良いのか、迷ったことはありませんか。 お部屋を涼しくして掛け...

お布団を干す場所に困っているアパート暮らしのお布団干し

アパートやマンションでのお布団の干す場所に困ったという方は多いのではないでしょうか? その上、...

濡れた髪のままお布団で眠るとカビ菌が!ドライヤーの重要性

疲れた時に髪を乾かさずにお布団で眠ってしまうことはありませんか? 実は、髪が濡れた状態のまま眠...

布団乾燥機のおすすめの機種!2016年おすすめランキング

近年、布団乾燥機は年々進化を遂げており、専用マットを使用しないものやイオンを放出し除菌効果を得られる...

天日干しだけで大丈夫?ベビー布団とマットレスの洗い方

スヤスヤと気持ちよさそうに眠る赤ちゃん。 実は大人の2倍もの寝汗をかいています。 おしっ...

お布団は何年使用できる?お布団の買い替え時期って?

今使っているお布団は何年使っていますか? お布団の寿命をご存知ない方は多いのではないでしょうか...

お布団やカバーなど、寝具の洗濯頻度はどのくらいが目安?

お布団やカバーの洗濯頻度は、どのくらいで行われていますか? お布団は毎日使うものですから、出来...

掛け布団を洗濯機で丸洗いしよう!洗うときの注意点はある?

最近では、「洗える掛け布団」も多く販売されています。 しかし、定期的に掛け布団を洗っているとい...

スポンサーリンク

なぜお布団やマットレスはずれるのか?

そもそも、お布団やマットレスがずれやすいのはなぜでしょうか?

どうやらこれには、「寝返り」が関係しているようです。

人は眠りについてから一晩で、平均20~30回も寝返りを打っているといいます。

ならば、「寝返りを打たなければいいのでは?」と、考える方がいるかもしれませんね。

しかし、無意識に行っている寝返りには大切な役割があるのです。

まず、同じ姿勢のまま眠り続けてしまうと、一部の血管が圧迫されて血流が滞ってしまいます。

すると、疲れが取れなくなったり、身体のあちこちに痛みが生じます。

こうなると、倦怠感などのダルさを感じ、腰痛や肩こりのような症状が現れるでしょう。

さらに、レム睡眠とノンレム睡眠を切り替える際にも、人は自然と寝返りを打っています。

正しい睡眠リズムは、健康への第一歩です。

では、寝返りを制御することなく、お布団のずれを防止するにはどうしたらいいでしょうか。

そこで次項からは、お布団がずれるときの対策や便利グッズをご紹介します。

ベッドマットレスからお布団を落下させないために!

ベッドで寝ている方は、ベッドマットレスの上にベッドパッドや敷布団、掛け布団をのせていますよね。

厚みのあるベッドの寝心地は素晴らしく、ついつい眠りも深くなります。

しかし寝相が悪いと、「お布団が床下に落ちて寒さで目覚める!」なんてことありませんか?

これでは、せっかくの睡眠環境も台なしです。

そこで、ベッドをお使いの方におすすめしたいのは「ベッドガード」です。

ベッドガードは、お布団がずれるのを防止するだけでなく、転落を防ぐ効果もあります。

これなら安心して、朝までぐっすりと眠ることができるでしょう。

後付けタイプの製品は、マットレスの下に差し込むだけで設置が完了します。

また、ベッドガードにはさまざまな種類があるので、ベッドフレームの素材や寝室のインテリアに合わせて選ぶのがおすすめです。

シンプルなスチール素材のベッドガードは、どんなインテリアスタイルの寝室にもマッチします。

そして、高級感を求める方には、ウッド素材のベッドガードがおすすめです。

曲線がゆったりとしているデザインだと、よりリッチなテイストになります。

マットレスの上で敷布団がずれるとき!

続いて、ベッドを使用せずマットレスの上にお布団を敷いているケースについて考えてみましょう。

マットレスから敷布団がずれると、寝室の見た目が一気にだらしない印象になってしまいます。

そして何より、ずれてしまった敷布団を元の位置に戻すのが面倒です。

そこでおすすめしたいのは、「マットレスと敷布団の間に目の粗いバスタオルを敷く」というアイデアです。

すると、バスタオルによる摩擦の力で、敷布団がずれてしまうことを防げるといいます。

さらに効果をアップさせたい方は、100円均一ショップなどでも販売されている「すべり止めシート」を併用してみましょう。

バスマットや玄関マット用でも構いませんが、カーペット固定用として販売されているタイプのものがおすすめです。

粘着剤が付いていれば、より強力な効果が期待できます。

掛け布団用のずれ防止シートもある!

敷布団がずれることも気になりますが、掛け布団がずれ落ちてしまうことも防ぎたいですよね。

そこでおすすめなのが、「おふとんズレないシート」です。

【サンコー:おふとんズレないシート】

・参考価格:2,404円(税込)

・サイズ:60cm×55cm(厚み0.38mm)

このシートは、すべり止め部分にポリウレタンコーティングがなされています。

使い方は簡単で、敷布団(マットレス)と掛け布団の間に挟み込むようにセットします。

【使い方】

①敷布団の足側にシートを20cm程度重なるように置く

②その上に掛け布団をのせる

③掛け布団とシートを巻き込みながら、敷布団の下に挟む

このように、掛け布団の位置(足元)が固定されることで、ずれ落ちを防ぎます。

蹴落としてしまう心配もなくなりますから、寝冷えすることはありません。

インターネット通販でも取り扱われているので、気になる方は探してみてください。

布団クリップで掛け布団を固定!

前項では、ずれ防止シートを使って敷布団と掛け布団を固定しましたが、「布団クリップ」を使用することもおすすめです。

【ズレないくん お布団ずれ落ちないゴムクリップ5cm 2個セット(日本製)】

・参考価格:1,000円(税込)

・サイズ:13.5cm(クリップ部分を含む全長)

布団クリップ「ズレないくん」は、敷布団と掛け布団の組み合わせだけでなく、マットレスの上にのせたベッドパッドと敷布団を固定することもできます。

クリップ部分はオール樹脂製なので、お布団の生地を傷めることはなく、人に当たっても安全です。

また、伸縮性のあるゴムを使用しているので、お布団が少しずれただけでは外れません。

さらに、ゴムが無地でシンプルなタイプであれば、寝室のインテリアを邪魔することもありません。

中には、オリジナルデザインでイラストが可愛らしい「キュートタイプ」も販売されていますから、お子さんのお布団がずれることを防止したい方は、こちらを選んでみてはいかがでしょうか。

そして、布団クリップは活用方法が寝具だけに留まらないのが魅力です。

ブランケットホルダーやハンカチホルダーとして利用することができ、袖をまくし上げるときに便利なアームクリップとしても使えます。

こちらの商品も、一部通販サイトにて取り扱いがあります。

お布団がずれる心配なし!寝袋タイプで安眠を

マットレスや敷布団がずれることよりも、「寝相が悪くて掛け布団のずれのほうが気になる!」という方に、「寝袋タイプ」の寝具をご紹介します。

これなら、寝返りが多い方でも安心して眠れますよ。

【フランネルすっぽり寝袋毛布】

・参考価格:1,980円(税抜)

・サイズ:210cm×80cm

こちらの寝袋毛布は、ディスカウント通販のヒラキで販売されています。

寝袋のように袋型になっているため、いくら寝返りを打っても冷気が入り込みにくくなっています。

また、肌触りのいいフランネル素材を使用しているため、ユーザーからの評判も高い商品です。

【カンガルー敷パッド シングル】

・参考価格:5,500円(税抜)

・サイズ:205cm×100cm

こちらは、寝袋タイプの敷パッドです。

毛布が一体化しており、ファスナーを首元まで上げれば、中のあたたかい空気が抜けることはありません。

どちらの商品も、ベージュとブラウンカラーの2色展開となっています。

ご自分の好みやインテリアに合わせて選んでみてくださいね。

お布団のずれ落ちを防ごう!

今回は、さまざまなケースを想定しながら、お布団のずれ対策についてお話ししてきました。

ベッドで寝ている方であれば、ベッドガードがおすすめです。

さらに、シートやクリップを活用しながら、ご自分の睡眠環境に合わせて対応していきましょう。

また、寝返りが多い方の場合は、寝袋タイプの寝具を使ってみるのもいいですね。

 - お布団