キッチン用背面収納のおすすめ!引き戸は特に使いやすい!

キッチンは、食器や電子レンジ、炊飯器などの家電類、食品ストックといったさまざまな物が置いてあり、雑然とした印象になりがちです。

そこで、取り入れたいのがキッチン用の背面収納です。

キッチンに背面収納を取り入れることで、雑多な物をまとめてすっきりと片付けることができます。

そこで今回は、キッチン用背面収納の選び方と、ネット通販で取り寄せが可能な、引き戸タイプの背面収納を厳選して5つご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

憧れの部屋スタイルになるアイデア!おしゃれ部屋に大変身!

自分の部屋が、おしゃれなインテリアだったら、帰宅するのが楽しみになっちゃいますよね。インテリ...

教えて!お布団や、大理石の床の掃除の仕方がわからない!

一生のうち、多くの時間を過ごす我が家は、いつも綺麗にしておきたいですよね。しかし、いざ掃除を...

掃除のやる気が出ないとき効果的な方法!音楽は関係ある!?

掃除が苦手だって人は、実は驚くほど多いのです。しかし、掃除をしていない、散らかった、ホコリまみれ...

1Kで運気を呼び込む風水は?インテリアのポイントを紹介!

風水インテリアを取り入れる時、まず最初に考えることは幸運を呼び込むカラーや素材を取り入れることではな...

漂白剤を賢く使い分け!ワイドハイターって色落ちするの?

ワイドハイターの「ハイター」と聞くと「漂白剤だから、すべて色落ちしてしまうのでは?」と思う方も多...

カーテンをおしゃれに遮光!おすすめの遮光カーテンも紹介

遮光カーテンと明記されていないカーテンも、閉じることである程度外からの光を遮断できますが、遮光カ...

家の中にゴミ箱が沢山?!どのくらいの数がちょうどいい?

気が付くと家の中にどんどん増えてしまうゴミ箱。皆さんの家にはいくつゴミ箱がありますか?...

お風呂場や寝室のドアの修理ポイントと修理方法が知りたい!

修理・・・特にお風呂場に関わる設備については、高額になりがちなイメージですよね。しかし、水回りの...

新築時にかかる費用は!?家具・家電選びの注意ポイント

新築のときに、考えなければならないのは予算です。家作りには、建物以外にもたくさんの費用がかか...

コンセントにお布団が接触すると発火する?注意することは?

コンセントからの発火による火災という話はよく耳にしますよね。しかし、コンセントにお布団が接触...

キッチン収納には「かご」が便利!さまざまな活用法をご紹介

なにかと物が多い「キッチン」の収納は、なかなかスッキリせずに、雑然とした雰囲気になりがちですよね...

風水!玄関や寝室の照明の色は電球色・昼白色・昼光色どれ?

風水で重視される場所は、何処かご存知ですか?玄関や寝室が重視される場所です。ここでは...

キッチン用品を安い価格で揃えられるショップをご紹介!

お料理をつくる機会が多い方は、キッチン用品もお気に入りのもので揃えたいですよね。最近では、安...

リビングの電気は何色を選ぶ!?電気によって変わる空間

新しく住む新築やマンションなどに付ける電気照明。どの色にしようか悩みますよね?電気は主に3種...

心地良いと感じるトイレの照明は?手作りタオル枕で快眠促進

毎日使うトイレだからこそ、心地良い空間にしたいものです。そのために、照明はとても重要なんです!...

スポンサーリンク

キッチンの背面収納の選び方!引き戸がおすすめ

まず最初に、背面収納の選び方について解説します。

キッチンの背面収納は、収納力と使いやすさで選ぶことが大切です。

調理器具や食器以外にも、炊飯器や電子レンジなどのキッチン家電をまとめて収納することができる背面収納を選ぶと良いでしょう。

特に、中央がカウンターになっているタイプの背面収納を選ぶと、家電が置きやすいです。

1つの収納棚に、小物類も家電もまとめて収納することで、キッチン全体がすっきりとした印象になり、作業スペースもゆったりと取ることができます。

また、キッチンの背面収納の扉の種類は、大きく分けて「開き戸」と「引き出し」、「引き戸」があります。

扉のタイプそれぞれにメリットがありますが、特におすすめなのが、引き戸タイプの背面収納です。

それはなぜかというと、引き戸は開閉スペースを確保する必要がないためです。

横にスライドして開閉するため、開き戸や引き出しのように、手前の開閉スペースを考慮しなくて済みます。

その点では、手狭なキッチンにも安心して置くことができます。

さらに、食器を片付ける際などに、開けっ放しにしていても扉が邪魔にならない点も引き戸の大きなメリットと言えます。

幅と奥行きと木材が選べるキッチン用背面収納は全て引き戸!

ここからは、ネット通販で取り寄せが可能な、おすすめのキッチン用背面収納をご紹介します。

1章でおすすめした、引き戸タイプの扉が付いているものを厳選してご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

まず、最初にご紹介するおすすめのキッチン用背面収納は、ベルメゾンオンラインで取り扱っている「オーダー 幅と奥行と木材が選べるレンジ台」です。

こちらは、あたたかみのある無垢材を使用したキッチン用背面収納で、キッチン家電から食器類までひとまとめにして収納することができます。

幅を80~150cmの間で、10cm単位でオーダーすることができるので、自宅のキッチンスペースにぴったりのサイズを取り寄せることが可能です。

上段のガラス戸は、窓枠まで無垢材を使用しており、細部にまでこだわりを感じます。

中段は、スライド棚になっており、電子レンジや炊飯器を置くのに便利です。

また、スライド棚の前方を持ち上げることが可能なので、掃除がしやすく隅々まで清潔に保つことができます。

加えて、中天板の奥と足元に2つずつコンセントが付いており、家電の設置がスムーズな点も嬉しいポイントです。

参考価格は、およそ186,700~331,800円となっています。

ベルメゾンの引き戸のキッチンボードは作業しやすくおすすめ!

続いてご紹介する、ネット通販で取り寄せが可能なキッチン用背面収納は、ベルメゾンオンラインで取り扱っている「引戸のキッチンボード」です。

こちらは、C・D・Eと3つのパターンから選ぶことができるキッチン用背面収納となっています。

3種類ともレンジ台と、引き戸の棚で構成されています。

まず、Cタイプは幅が100cmとコンパクトなサイズで、左側がレンジ台で右側が引き戸棚になっており、限られたスペースにも置くことができおすすめです。

Dタイプも、同じく左側がレンジ台で右側が引き戸棚になっており、幅120cmとややワイドサイズで引き戸棚の幅も広いため、大きめのお皿などの収納に役立ちます。

そして、Eタイプは幅が140cmとワイドサイズで、中央がレンジ台になっており、左右に引き戸棚が付いているため、食器をたっぷりと収納することができます。

3種類とも、レンジ台が作業しやすい高さになっている点もポイントです。

素材には天然木を使用しており、あたたかみを感じる背面収納の参考価格は、およそ90,000~130,000円となっています。

大量の食器が収納できる背面収納は大きな引き戸で使いやすい!

ベルメゾンオンラインで取り扱っている「大量の食器がすっきり収納できるスライド扉のカップボード」は、高さが195cmに幅は90cmと、非常に大きなサイズのキッチン用背面収納です。

こちらは、食器の収納部が大きく引き戸になっており、たくさんの食器を収納することができます。

扉は、くもりガラスの引き戸になっているため、目隠しになり中が見えにくい点がポイントです。

また、ガラス戸には飛散防止フィルムが貼ってあるため、万が一割れた際にもガラスが飛び散る心配がありません。

そして、棚板も耐震棚になっており、非常に安全です。

下段は、ゆっくりと閉まる引き出しが付いており、鍋類やペットボトルなどの収納に向いています。

幅は、コンパクトな90cmとややワイドサイズの120cmの2種類から選ぶことができます。

カラーは、ホワイトとダークブラウンの2種類から選ぶことが可能で、どちらも上品な木目調のデザインが目を惹きます。

参考価格は、およそ113,000~135,000円となっています。

キッチンの背面収納に最適な引き戸パントリー食器棚は機能的

ディノスオンラインで取り扱っている「リフォームみたいにすっきり!引き戸パントリースライド食器棚 幅148cm」は、物が多いダイニングキッチンの雑多な雰囲気を一気に解消することができるキッチン用背面収納です。

大きな扉の引き戸式で、開けた際には中に収納している物をパッと見渡すことができます。

その点では、非常時のための備蓄品や食品ストッカーとして最適です。

また、引き戸には滑らかなローラーが内蔵してあるため、軽い力でスムーズに開閉することができます。

カラーは、シンプルで清潔感のあるホワイトと、光沢があり上品で木目が美しいダークブラウンの2種類から選ぶことが可能です。

汚れを拭き取りやすい素材である点もポイントの、引き戸パントリー食器棚の参考価格は、およそ151,000円となっています。

頑丈引き戸キッチンストッカーは防災備蓄の収納に最適!

最後にご紹介するネット通販で取り寄せが可能なキッチン用背面収納は、「頑丈引き戸キッチンストッカー 幅91cm」です。

こちらは、全体の耐荷重が100kgの頑丈なストッカーで、飲料品や防災備蓄品をたくさん収納しておくことができます。

強度のある棚板は、1段約20kgまでの重さに耐えられるので、2リットル入りのペットボトルなども安心して収納することが可能です。

また、棚板の奥行は34cmで、箱入りで購入した飲料を箱ごと収納できる点もポイントです。

さらに、引き戸は裏に滑車が付いており、滑らかに開閉できるため余計な力がいりません。

そして、表面材には光沢仕上げが施されているため、スタイリッシュなシステムキッチンにもマッチします。

加えて、扉は水はねや汚れが付いた際にもさっと拭き取ることができます。

機能的でお手入れも簡単なキッチンストッカーの参考価格は、およそ41,000円です。

キッチンの背面収納は引き戸でお手入れしやすいものを!

キッチンに置く背面収納は、扉の開閉スペースを確保する必要がない「引き戸」を選ぶと使いやすいことがわかりました。

また、食器類だけでなく、電子レンジや炊飯器などのキッチン家電もまとめて収納できるものもおすすめです。

さらに、日々のお手入れのことも考えて、水はねや汚れが付着した際にさっと拭き取れるかどうかも考えて選ぶと良いでしょう。

以上を参考に、ご紹介した中から、自宅のキッチンに最適な背面収納を選んでみてください。