布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

インテリアを激安でゲット!かわいい多肉植物を取り入れよう

2018.12.19

「お部屋は疲れをとる場所にしたい」

「ペットに癒されたいけど、今住んでいるところでは飼えない」

そのように思っている方に、おしゃれでかわいいインテリアの多肉植物をおすすめします。

激安で販売されているものもありますし、高級なものもあります。

また、造花やハーバリウムを置いてもお部屋の雰囲気をかわいらしくすることができます。

「お部屋を癒しの空間にしたい」、「育てることに癒しを感じる」、そのように思っている方はぜひインテリアとして多肉植物を飾ってみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

家庭のキッチン用ゴミ箱からイヤな臭いが!!どう対策する?

ご家庭のキッチンで使っているゴミ箱、イヤな臭いしてませんか!? 気をつけているつもりでも、どう...

子供部屋のクローゼット、奥行は深めと浅めどちらがいいの?

子育て世代のファミリーが、新しく家を建てる際、一番考えるのが「子供部屋」ではないでしょうか? ...

シーツを洗濯するのにネットなしはNG?洗濯手順や頻度は?

皆さんはシーツをどのように洗っていますか? シーツは洗濯物の中でも特に大きいサイズのため、洗うのも...

冷蔵庫やベッドなど、引っ越しは近距離だから自分で運べる?

冷蔵庫やベッドなどの大型家具。 近距離に引っ越しするから、仲間を集めて自分達で運びたい!費用を抑え...

アパートへ入居前の必要費用と蛍光灯の交換費用などについて

あなたは期待を胸に、『アパートで一人暮らしをするぞ!』と決意したとしても、アパートへ住む為には、やは...

100vのコンセントがあれば、自動車がもっと便利に!

ドライブで遠出した先でも、自動車の中で家庭用の100vのコンセントが使えたらとても便利です。 ...

低費用?高費用?寒さを凌げる効果的な部屋の暖房対策方法!

みなさんは、冬が近づくに連れて、不安なことはありますか。 ほとんどの方が、寒さと答えると思...

石油ストーブを使用する上での、注意点と危険性とは!?

ストーブといえば、部屋を暖める暖房器具のひとつですね。 暖房器具として、使用されている方も多い...

新築一軒家での照明器具の費用は?照明を選ぶポイントは?

夢の新築一軒家を建てるとき、照明にかかる費用はどのくらいなのでしょう。 皆さんはご存知ですか? ...

鍵がないっ!!一人暮らしで部屋の鍵を紛失した時の対処法

一人暮らしでアパートやマンションに住んでいる方、鍵をなくしてしまった経験はありませんか? どこ...

モノトーンで揃えるおすすめインテリア雑貨と収納グッズ

お部屋の模様替えやインテリアを変えたいと思っている方におすすめなのが、モノトーンのインテリアコーディ...

ガラスの破片は危険?刺さるだけじゃなく楽しむことも可能?

私たちの日常生活には、必要なものであっても、時に危険なものに変わるものがあります。 そ...

実家に眠る掃除しづらい物のちょっとした手入れのコツ

実家にある普段使ってるもの、使ってないもの、手入れしづらいもの… 掃除しようと思ってもどう...

油圧式の椅子が故障したら修理不可能?ガス圧式は修理可能?

デスクワークを支えてくれる椅子は、作業タイプによって選ぶ基準が違います。 今現在、オフィスや家...

畳交換は貸主or借主どちらの負担?賃貸契約書は要チェック!

賃貸住宅の畳交換は、入居されている方か大家さんのどちらが負担するのでしょうか!? 和室がある賃貸に...

スポンサーリンク

激安でかわいいインテリア!多肉植物の4つのメリット

多肉植物のメリットは、「ストレスの軽減」、「育てやすい」、「お金がかからない」、「かわいい形をしている」ことなどが挙げられます。

・ストレスの軽減

多肉植物には癒しの効果があります。

それによってリラックスすることができ、ストレスが軽減すると感じる人も多いです。

ストレスが軽減すると仕事の作業効率が上がり、心と体が元気になります。

ぜひ多肉植物をインテリアとして飾り、癒しの空間を作ってみてください。

・育てやすい

多肉植物は、初めて植物を育てる人におすすめです。

なぜなら、丈夫だからです。

「肥料はいらない」、「水やりも1週間に1回ぐらい」、「冬場でも生き生きしている」など、ほとんど世話しなくていいのです。

「植物を育てて癒されたいけど、枯らしてしまうかもしれない」という方は、多肉植物から始めましょう。

・お金がかからない

多肉植物は激安です。

100円ショップにも売っています。

また、鉢などの道具も100円ショップに売っているので、お金のかからないインテリアです。

・かわいい形をしている

多肉植物の特徴は、ぷにぷにとした肉厚の葉っぱ。

見た目で癒され、感触で癒される、とてもかわいい植物です。

また、みどり、赤、青、ピンクなど色の種類も豊富です。

単体でもかわいいですが、寄せ植えするとカラフルでさらにかわいらしくなります。

多肉植物は、まるで植物界のアイドルのようです。

ストレスの軽減、育てる喜び、かわいい見た目、さらには100円からある安さなど、魅力あふれる多肉植物をインテリアとして飾ってみてください。

激安!100円ショップで買えるかわいい多肉植物 3選

多肉植物の魅力の1つが、値段が激安なことです。

100円ショップで色んな種類の多肉植物が買えます。

今回は、100円ショップで買えるかわいい多肉植物をご紹介していきます。

ぜひ、お部屋のインテリアとして飾ってみてください。

・セダム

セダムは、肉厚で丸っこい葉っぱが一か所に密集している可愛らしい多肉植物です。

種類が500種もあり、多肉植物の中で人気な植物です。

とても頑丈な植物なので、日光によく当たる場所、かつ風通しの良い場所においておけば元気に育ちます。

また、寒さや暑さにも強いので初心者におすすめの多肉植物です。

しかし、湿度を嫌うので梅雨の時期の世話やそれ以外の季節の水のあげすぎには気を付けましょう。

・ノトカクタス

ノトカクタスは、ミニサボテンです。

丸っこくてかわいい形をしています。

ノトカクタスは、湿気、寒さ、熱さに強くサボテンの中でも育てやすいです。

耐寒温度は、3℃ぐらいなので冬場は霜に当たらない場所においておけば大丈夫です。

水やりは、土が乾いたらあげましょう。

毎日やってしまうと枯れてしまいます。

セダム同様、育てやすい多肉植物なので初心者におすすめです。

・カランコエ

カランコエは、夏に育つ多肉植物です。

葉っぱはものすごく肉厚で、表面上に産毛の様なものが生えていた種類や、粉を拭いている種類があります。

「夏に育つ」というだけあって、暑さには丈夫なのですが、冬などの寒さは苦手です。

そのため、冬の時期は暖かい日に日光を浴びせてあげて、寒い日は室内の温かい場所に置いておきましょう。

どの多肉植物もとてもかわいくて、サボテン以外の触り心地は最高です。

それが100円で買えるので、ぜひインテリアとして飾ってください。

100円ショップのコップで多肉植物をかわいいインテリアにアレンジ

激安の多肉植物についてご紹介してきました。

次は、100円ショップで買える多肉植物の鉢をご紹介します。

おすすめなのが、カップです。

コーヒーカップに多肉植物を入れるだけで、かわいいインテリアができます。

また、陶器のボウルやポットも良いかもしれません。

小さい多肉植物を1つだけ植えたり、たくさんの多肉植物を寄せ植えしたりして楽しんでください。

しかし、気を付けることがあります。

普通のカップやボウルは、コップの底に穴が開いていないことです。

穴が開いてないと、底に水がたまり根腐れしてしまいます。

しかし、カップに穴をあけようとすると割れてしまうので無理ですよね。

そんな時は、お茶パックが役に立ちます。

まず、カップのサイズにお茶パックのサイズを合わせます。

そして、お茶パックの中に土を入れ、多肉植物を植えます。

最後は、ココマットなどでお茶パックを隠しましょう。

これで完成です。

こうすることによって、お茶パックが鉢カバーとして使え、水やりをした後は、お茶パックごと多肉植物を持ち上げ、カップに溜まっている水を捨てることができます。

これにより根腐れを防ぐことができます。

カップも、お茶パックも全部100円ショップで買えますので、かわいいインテリアを作ってみましょう。

激安だけじゃない!高級多肉植物

先ほどは、100円ショップで買える激安の多肉植物をご紹介してきました。

しかし、激安の多肉植物よりも、高価な多肉植物を育てたいという人もいるでしょう。

したがって、次は高級な多肉植物もご紹介していきます。

多肉植物界の中で、1番高価な種類はハオルシアという種類です。

ハオルシアは、12cmくらいの小型な多肉植物で、1500種の種類があります。

形は、ぷっくりしたかわいいものから、ごつごつしたユニークなものまでさまざまです。

ハオルシアは、丈夫な多肉植物ですが、育てる時に注意することがあります。

それは、真夏と真冬には水やりをしてはいけないことです。

成長期が春と秋にあり、夏と冬は成長が止まります。

そのため、真夏や真冬に水をあげると、水を吸収せずに根腐れしてしまいます。

あとは、日向と風通しの良い所においておけば大丈夫です。

ハオルシアの値段はピンからキリで、200円のものもあれば、200万円するものもあります。

とくに有名なのが、万像と玉扇です。

2つとも200万円くらいします。

もちろんピンからキリで、1万円で買える万像や玉扇もあります。

それでは、なぜ高いハオルシアがあるのでしょうか。

それは、需要に対して供給が間に合っていないからです。

ハオルシアは成長が遅く、ほしい人すべてにいきわたらないのです。

そのため、高額のハルシオンがあるのです。

200万円の多肉植物はものすごい買い物ですが、「多肉植物が大好き」、「インテリアとして万像、玉扇を使いたい」という人におすすめです。

多肉植物を育てるのが面倒な人は造花のインテリアがおすすめ

ここまでは、本物の多肉植物の素晴らしさについて書いてきました。

しかし、「土でお部屋が汚れるから植物を育てたくない」、「週に1回の水やりも面倒」という人もいることでしょう。

多肉植物はとてもかわいいですし、癒しの効果があるメリットの多いインテリアなので、ぜひ飾ってほしいです。

そのため、造花の多肉植物をインテリアとして飾ってはいかがでしょうか。

本物の植物ではないので、土でお部屋が汚れず、水やりをする必要もありません。

また、「本物の植物と同じように癒しの効果がある」、「本物の多肉植物と同じように値段も激安」など本物の多肉植物と同じメリットもあります。

デメリットとしては、ホコリがたまりやすいことです。

定期的に掃除をしないとすぐに汚れてしまい、癒しの効果が得られません。

ホコリまみれで汚れきった造花を見ても「癒される」とはならないでしょう。

ホコリをとるのに手間がかかるのが1番のデメリットです。

とはいえ、お部屋が汚れることもなく、水やりをする必要もありませんので、植物を育てたくない人はぜひ試してみてください。

造花のインテリアを掃除するのが面倒な人はハーバリウムがおすすめ

造花についてご紹介しましたが「ホコリを取るのが大変」という人もいるでしょう。

そのような方におすすめなのが、ハーバリウムです。

ハーバリウムは、瓶に花とミネラルオイルを入れて飾るインテリアです。

ハーバリウムの特徴は、「掃除が楽」、「バリエーションが豊富」、「手作りできる」ことです。

・掃除が楽

ハーバリウムは、瓶に花などを入れて楽しむインテリアです。

そのため、ホコリがついても瓶を拭くだけでキレイになります。

造花は根本などにホコリがたまるので掃除がしにくいですが、ハーバリウムではそれがありません。

・バリエーションが豊富

瓶に入れる植物は、花、木の実、コケなど種類豊富です。

また、色も変えられるので、みどりの癒し効果だけでなく、オレンジのビタミンカラーで元気になるインテリアを作るなど、自由にアレンジできます。

・手作りできる

ハーバリウムは、手作りキットや教室などがあります。

自分で作ったハーバリウムは、とてもかわいいですよ。

また、手作りなら多肉植物のハーバリウムも作れます。

教室は1回1000円からあるので、ぜひ試してみてください。

このように、メリットだらけのハーバリウムですが、1つだけデメリットがあります。

それは、激安ではないことです。

しかし、「手入れもいらない」、「癒される」植物のインテリアです。

植物をインテリアにしたけど、育てること、掃除することが面倒な人には、ピッタリなインテリアと言えるでしょう。

ぜひ試してみてください。

多肉植物は、たくさんのメリットがあるインテリア!

いかがだったでしょうか。

「リラックス効果がある」、「かわいい」、「値段が激安」、「育てる喜びも知ることができる」。

このように、多肉植物はたくさんのメリットがあるインテリアです。

ぜひ、あなたのお部屋に飾ってみてください。

日々の生活に笑顔が増えること間違いなしですよ。

 - インテリア・家具, 生活