ロフトベッドのおすすめ!安い価格で高品質なベッドを厳選

ロフトベッドは、空間を有効活用できる機能的なインテリアです。

ベッドの下の空間に、デスクやテレビなどを置くことができて便利なので、狭い部屋のインテリアにもおすすめです。

そこで今回は、ロフトベッドのメリットと、安い価格で高品質なロフトベッドを4つご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

直管型・丸型蛍光灯の交換方法をご紹介!寝室の照明の色は?

丸型蛍光灯や直管型蛍光灯を自分で交換できますか? 蛍光灯の外し方や取り付け方を知らない方は、...

壁にコンセントとスイッチを取り付けるならどこに注意する?

新しく家を建てる場合、壁に取り付けるコンセントやスイッチの位置も自分たちで決めなければいけません。...

布団乾燥機を使えば、梅雨や冬だって洗濯物を乾かせる!

梅雨や冬場など、洗濯物が乾きにくい時期には、みなさんはどうしていますか?湿気が気になる室内で...

生まれた季節で選ぼう!新生児寝具の選び方のポイントとは?

もうすぐ、出産を控えたママはベビー用品をそろえ始めることを、検討しているのではないでしょうか。...

寝室にエアコン取り付け時、コンセントと高さに注意しよう!

寝室など、エアコンを新しく付けることになったとき、いくつか注意点があります。コンセントについ...

和室を子供部屋に!ラグなどのインテリアでお洒落に変身!!

子供が小さい間は危険な事もあるので、ママの目の届くところを子供部屋にできたら安心という方も多いのでは...

睡眠中に枕に付いたよだれが臭い!その原因と対策は?

睡眠中に、よだれを垂らしてしまう方がいるかと思いますが、そのよだれが異常に臭い場合は対策が必要で...

ミニベビーベッドが欲しい!お布団サイズ・硬さ・素材で選ぶ

ベビー用お布団には、スタンダードサイズのベビーベッドとミニベビーベッド用の2種類があります。...

ワンルームを快適に!ベッドスペースは「間仕切り」で区別!

ワンルームの物件は、コンパクトなつくりで家賃も安く、単身者には最適な間取りですよね。しかし、...

2歳までは要注意!ベッドから落ちる危険性を考慮しよう!

大人用ベッドから落ちる事故が多発する中で、消費者庁は「2歳までのベビーベッド使用」を呼びかけてい...

ソウルの部屋を雑貨と家具を使って北欧スタイルにしてみよう

近年、日本の方で韓国を訪れる人が増えてきました。特に、首都のソウルは「見る・買う・食べる」の...

保温性が高い寝具6選!冬に最適な人気の寝具を紹介

寒い冬はお布団の中もひんやりとしていて、なかなか寝付けないという方も多いのではないでしょうか。...

かさばりがちな寝具収納!ブログ発アイディアで簡単便利に!

ご家庭の収納で、一番かさばるのは寝具ではないでしょうか。ブログなどを見てみるとたくさんの意見...

ホテルライクなベッドに!フットスローとは?選び方も解説

ホテルのベッドの足元にかけてあるベッドスローは、本来どういった役割を持っているのでしょうか。...

意外に悩む、ロフトベッドの簡単な解体方法を知っておこう!

普段使いで心地がいい、ロフトベッド。お部屋の模様替えやインテリア合わせて移動したり、引っ越し...

スポンサーリンク

ロフトベッドのメリット その1

安い価格で高品質なロフトベッドをご紹介する前に、ロフトベッドのメリットについてお伝えします。

ロフトベッドは、冒頭でもお伝えしたように、お部屋の空間を有効活用することができます。

ベッドは、お部屋の中で大きな面積を占めるので、限られたスペースに置くと、その分お部屋が狭くなってしまいます。

また、他の家具も置くと余計にスペースが狭くなり、お部屋全体に圧迫感が漂ってしまいます。

その点、ロフトベッドにすることで、ベッドの下の空間に家具を置くことができ、1つのスペースを最大限に生かすことが可能になります。

また、ロフトベッドの下のスペースには、デスクを置くイメージがある方が多いかと思います。

しかし、ロフトベッドの下のスペースは、デスク以外にもさまざまな家具を置くことができます。

勉強机やパソコンデスクなどが特に必要でないという方は、ロフトベッドの下にテレビやテーブルなどを置くと良いでしょう。

特に、大きなテレビを置きたいけど、スペースに余裕がないという方にもおすすめです。

ロフトベッドのメリット その2

ロフトベッドの一番のメリットは、お部屋の空間を有効活用できることですが、ロフトベッドには生活する上での気持ちの面におけるメリットもあります。

お部屋にロフトベッドを置く場合、下のスペースが生活スペースとなり、上の部分が睡眠を取るスペースというように、はっきり分けられます。

ワンルームなどで、デスクの隣にベッドがあったりすると、やらなければならない勉強や仕事があってもつい怠けて、ベッドに横になってしまいたくなります。

また、ベッドの上で横になりながらテレビを観てお菓子を食べたりと、生活が堕落しがちになってしまうという方も多いかもしれません。

そこで、ロフトベッドを置くことで、生活スペースと睡眠スペースを切り離すことができ、生活にメリハリを効かせることができるようになります。

勉強が大切な時期のお子さんには特におすすめで、「横になりたい」という誘惑に負けず勉強に集中しやすくなるでしょう。

また、階段を上がってベッドで寝るというルーティンを設けることで、体を「寝るモード」に切り替えやすくなる、というメリットもあります。

堕落しがちでメリハリのある生活に変えたいという方は、思い切ってロフトベッドを導入してみてはいかがでしょうか。

次の章からは、安い価格で高品質なロフトベッドをご紹介してきます。

LOWYAのロフトベッドは便利な機能が満載で安い!

最初にご紹介するおすすめのロフトベッドは、LOWYAの「ロフトベッド 宮棚・コンセント付き 高さ2段階調節 シングル」です。

こちらは、あると嬉しい便利な機能が満載のロフトベッドです。

まず、ご紹介したいポイントが、コンセント付きの宮棚です。

ベッドで寝る際に、枕元でスマートフォンを充電することができ、時計や本なども置くことができます。

宮棚は、左右のどちらにも設置することができる点も嬉しいポイントです。

また、ロフトベッドを購入する際の懸念として、寝返りを打った際や起き上がった際などの揺れがあるかと思います。

その点で、こちらのロフトベッドは、気になる揺れを最小限に抑えるため極太パイプと補強バーが付いており、非常に安定感があります。

続いてのポイントは、メッシュ仕様になっている床です。

床がメッシュになっていることで、空気の通り道ができ、お布団による湿気を解消することができます。

カラーは、ホワイトとブラック、ブラウンの3種類から選ぶことが可能です。

お布団のずり落ち防止機能もあるロフトベッドの参考価格は、およそ20,000円と、安い価格もポイントです。

ロータイプはお布団のお手入れが楽!安いのに機能的な商品

続いてご紹介するおすすめのロフトベッドは、家具ショップクオリアルが取り扱っている「ロフトベッド ロータイプ 高さ151.5cm」です。

こちらは、ロータイプのロフトベッドで、お布団の上げ下ろしがしやすいというメリットがあります。

お布団を毎日干したいという方や、寝具類を頻繁に洗いたいという方にもおすすめです。

機能も充実しており、コンセント付きの宮棚が付いています。

眼鏡や本などを宮棚に置くことができるので、寝る前に読書習慣がある方にもおすすめできます。

また、ベッドの床はメッシュ仕様になっており空気が通るので、お布団の湿気を解消することができます。

はしごは、フラットで上りやすいので、お子さんの使用にも向いています。

さらに、揺れを軽減する補強ワイヤーと大きめのサイドガードもついている点もポイントで、揺れを気にせず眠ることができます。

耐荷重は100キロまでで、パイプの直径はおよそ5センチと、しっかりと安定感があります。

参考価格は、およそ18,000円と安い価格も魅力的です。

スランバーのロフトベッドは安定感抜群で安い!

スランバーの「パイプベッド ロフトベッド シングル」は、通常のロフトベッドのパイプよりも太めのパイプを使っており、安定感のあるロフトベッドです。

パイプベッドのロフトベッドは、きしみ音が気になるという方も多いかと思いますが、こちらのロフトベッドは、きしみ音低減マットを使用しています。

きしみにくい素材であるウレタンと合板でできたマットを敷くことで、ベッドの床のしなりを軽減し、きしみ音を効果的に低減しています。

また、体格の良い男性も安心して使用できるよう、極太パイプと溶接補強されたコの字のバーが2本付いていて、頑丈で揺れにも強いです。

さらに、こちらのロフトベッドの下のスペースは非常に広くゆったりとしており、3人掛けのソファを置くことができます。

ベッドの下にゆったりとくつろげる空間を作ることができ、おすすめです。

はしごには、滑り止めストッパーも付いており、お子さんも安心のロフトベッドの参考価格は、こちらも約18,000円と非常に安いです。

天然木のロフトベッドはモダンなデザインでおすすめ

最後にご紹介する安い価格で高品質なロフトベッドは、Semi-Style「4本の天然木が支える ロフトベッド シングル」です。

こちらは、ぬくもりを感じる天然木を使用したロフトベッドです。

ロフトベッドの脚は、木の素材感を楽しめるシックな色合いの天然木でできており、ベッドの床やはしごなどには、スチールを使用しています。

あたたかみのある天然木と、クールで無機質な印象のスチール素材の組み合わせが新しく、モダンな印象に仕上がっています。

はしごは、場所を取らないシンプルな設計でありながら、しっかりと安定感もあります。

さらに、気になる揺れやきしみを解消するクロスサポートバーとサイドサポートバーも付いており、安定感と安心感があります。

参考価格は、天然木を使っていながらおよそ37,000円と、比較的安い点もポイントです。

ロフトベッドは安い価格でも機能的なものはある!

これまで、ロフトベッドのメリットや、おすすめのロフトベッドについてご紹介してきましたが、いかがでしたか。

ロフトベッドは、高価なイメージがある方も多いかもしれませんが、通販だと安い価格で高品質なものが豊富に取り扱っています。

ご紹介した中から、お気に入りの1点を選んでみてください。