ベビーベッドに柵は必要?西松屋やネット通販で手軽に購入!

新しく赤ちゃんを迎えるご家庭は、その準備に大忙しですよね。

中でも、赤ちゃんのメインスペースとなる「ベビーベッド」は、選び方にポイントがあるのです。

そこで今回は、正しい選び方、西松屋やネット通販で手軽に購入できる、おすすめのベビーベッドをご紹介します。

まずは、ベビーベッドにおける柵の役割について学んでいきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

女性の一人暮らし、寂しい気持ちを和らげるには?

一人暮らしを続けていると、ふと寂しい気持ちに襲われることはありませんか?寒い時期には人肌が恋...

トイレや寝室をインテリアや壁紙を使っておしゃれにしよう!

トイレや寝室の内装は、家の中でも大事なポイントです。トイレの場合、家族はもちろんお客さんも使...

「ベッドのギシギシ音」の解決策!下の階にも響かせない方法

ベッドから出るギシギシ音・・・。何とも気に障る音ですよね。このギシギシ音に悩まされてる方...

畳の上にウッドカーペットを敷いた時のメリット・デメリット

畳の上にウッドカーペットを敷いて部屋の雰囲気を変えたい!もしくはすでに敷いている方、いらっし...

フローリングの塗装がはがれた!傷もある!補修する方法は?

フローリングのお部屋で暮らしている方、とても多いですよね。そのフローリング、傷があったり、塗...

クッションフロアの張り替えにかかる費用の相場っていくら?

一戸建てや賃貸住宅で多く使われているクッションフロア!弾力性のある床材で比較的コストも安く、...

マットレス選びは慎重に!高性能な折りたたみタイプは無印で

ノーブランドの商品が「無印」と呼ばれることを知っていますか?宣伝費を上乗せしていない分、高性能...

賃貸住宅の退去時に、部屋の清掃代は支払わないといけない?

賃貸住宅の退去時にハウスクリーニングが行われますが、その清掃代を突然請求されたら驚く方もいらっしゃい...

布団乾燥機はペットのドライヤーとして使える?注意点は?

お布団を乾燥させることやダニの死滅にも効果を発揮する布団乾燥機。今回は、この布団乾燥機の通常...

マットレスコイルの寿命は何年?交換時期のサインってある?

スプリングコイルを使用したマットレスは、弾力性が高く、硬さを選ぶ事もできるので大変重宝しますよね。...

狭い間取りでもレイアウト次第!ベッドの配置が鍵になる!?

狭い間取りの部屋に住もうとすると、家具の配置に困ります。元々の収納がしっかりとあれば、主...

ベッドを購入する際の様々な視点の注意点を一挙ご紹介!

新生活の時期や引っ越しの時期、購入するべき家具の一つがベッドですね。毎日使うものなので、...

ASLEEPのベッドフレーム!アルミにプラスで木質を演出!

自動車のトヨタグループの部品メーカー、アイシン精機が立ち上げたベッドブランド「ASLEEP」。...

腰痛持ちの方必見!敷布団よりも高反発マットレスを選ぶ!

仕事や勉強などで忙しい日々を送る私たちにとって、快適な睡眠はとても重要です。朝起きた時に...

心地の良いベッドルームにしたい!インテリアのポイントは?

忙しい日々の疲れを癒す「ベッドルーム」は、心が落ち着くインテリアコーディネートにしたいものです。...

スポンサーリンク

メリットたくさん!柵があるベビーベッドは西松屋でチェック

もしベビーベッドを用意するならば、柵は不可欠です。

もちろん、生まれてきた赤ちゃんは、まだ自分の力では動けません。

そのため、「ベッドに柵がなくでも大丈夫では?」と思う方がいるかもしれませんね。

しかし、それはあまい考えと言えるでしょう。

赤ちゃんの成長スピードは凄まじく、数ヶ月もすれば、あっという間に寝返りを打ちはじめます。

そして、徐々につかまり立ちへと変化して、一歳を迎える頃までには歩き出す子がほとんどです。

そのため、事前に柵つきのベビーベッドを用意しておきましょう。

また、柵があれば、上のお子さんやペットがいるご家庭も安心です。

赤ちゃんの踏みつけ事故を防げるため、床に敷くお布団よりも安全なベビーベッドが適しています。

さらに、高さのあるベビーベッドは、腰痛をお持ちのママにもおすすめです。

腰をかがめずに、高い位置で赤ちゃんのお世話ができます。

近年では、西松屋などの身近なベビー用品店でも扱っているので、使い勝手やサイズ感を自分の目で確かめてみましょう。

ベビーベッドの種類について

それでは、ベビーベッドの種類を見ていきましょう。

さまざまなタイプがあるので、購入前に特徴を把握しておくことが大切です。

■床下収納ベビーベッド

もっともスタンダードなタイプなので、西松屋などでも取り扱いがあります。

赤ちゃんの洋服や下着、かさばる消耗品のストックなどが入るため、大変便利です。

■折りたたみベビーベッド

ワンタッチでコンパクトになる仕様のため、収納スペースが少ないご家庭でも安心して購入できます。

お子さんが増える予定があるのならば、必要になるときまでしまっておくことも可能です。

■多機能ベビーベッド

近年は、多機能なベビーベッドが増えています。

柵が変化してベビーサークルになったり、収納ラックとして長年使えるタイプ、さらには、高さ調節ができて子ども机に変身するベビーベッドまであるのです。

床下収納ベビーベッドは、不要になったとき「処分に困る」という意見もありますが、多機能ベビーベッドであればそのような心配はいりませんね。

ベビーベッドの選び方とは?

次に、ベビーベッドの選び方をご紹介します。

それぞれポイントを以下にまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

■大きさ

ご自宅の間取りに合わせて、ベビーベッドのサイズ感を決めてください。

〇レギュラーサイズのベビーベッド:約125cm×約79cm

〇ミニサイズのベビーベッド:約95cm×約68cm

都市部のマンションやアパートにお住まいであれば、お部屋が狭いこともあるでしょう。

そのようなご家庭には、圧迫感の少ないコンパクトなミニサイズがおすすめです。

■素材

ベビーベッドの素材は、パイン材などの木製が多いです。

しかし、「ぶつかって怪我をしないか心配…」という場合であれば、ネットタイプの柵がついているベビーベッドを選びましょう。

これなら、赤ちゃんが寝返りをしても、弾力のあるネット柵がやさしく守ってくれます。

■移動

お部屋を行き来することが多いのであれば、移動できるタイプのベビーベッドが便利です。

キャスターがついているベビーベッドは、赤ちゃんを乗せたままスムーズに移動できます。

■安全性

ベビーベッドの品質にも目を向けてみましょう。

日本の安全基準をクリアしているベビーベッドには、「PSCマーク」や「SGマーク」がついています。

海外製品は、日本の基準を満たしていない可能性もあるため、少し注意が必要です。

それでは次章から、おすすめのベビーベッドをご紹介します。

まずは、西松屋で取り扱っている製品です。

安くて使える!西松屋の柵あり人気ベビーベッド

低価格な子供服のイメージが強い西松屋ですが、赤ちゃんを寝かせるためのベビーベッドやバウンサーなども扱っています。

中でも人気があるのは、使いやすい床下収納タイプの【ミニベビーベッド ネルネル】でしょう。

フレームや柵の素材はパイン材なので、ナチュラルな印象のベビーベッドです。

キャスターつきで、お部屋の移動がスムーズにできます。

もちろんキャスターにはストッパーがあるので、不使用時も安心です。

さらに、高さが3段階(上44.7cm、中30.2cm、下15.4 cm)で調整可能になっています。

ご自分に合った高さ設定で、赤ちゃんのお世話もしやすくなるでしょう。

また、ミニサイズなので、お部屋が広く使える点も優秀です。

見た目も機能もまさに王道で、どんなお部屋にもマッチするシンプルなミニベビーベッドですね。

参考価格は、税込みで11,999円と安価な点もうれしいポイントです。

性能抜群!ネット通販の柵あり人気ベビーベッド

西松屋に続いて、ネット通販で取り扱いのある、人気のベビーベッドをご紹介します。

まずは、アップリカの【ココネルエアー】です。

こちらのベビーベッドは木製ではなく、通気性の高いクッション素材でできています。

さらに、柵もメッシュ素材なので、赤ちゃんがより快適に眠れる設計となっています。

また、コンパクトに折りたためる上に、キャスターもついています。

これなら、収納や移動の際にも便利ですね。

機能的な新素材ベビーベッドの参考価格は、税込みで24,838円 です。

次にご紹介するのは、スリーピーの【NEWプロヴァンス】です。

こちらのベビーベッドは、デザインに定評があります。

赤ちゃんにぴったりなホワイトのカラーリングや、ハートの彫り込みがかわいらしい印象です。

そして、見た目だけでなく、機能性や安全性にも優れています。

高さ調節やキャスター移動、床下収納だけでなく、スライド扉には金具でロックがかかります。

さらに、シックハウス症候群の原因とも言われている、ホルムアルデヒドも不使用なので、赤ちゃんを安心して寝かせられます。

キュートなデザインの日本製ベビーベッドの参考価格は、税込みで19,800円となっています。

添い寝がしたいときどうする?西松屋でも手に入る「ベッド柵」

これまで、ベビーベッドについてお話ししてきましたが、中には「大人用のベッドで一緒に添い寝したい」と言うママもいるのではないでしょうか?

実際に、「赤ちゃんは添い寝の方が寝かせやすい」と言う意見も多くあります。

さらに、夜泣きがひどくなると、わざわざベビーベッドまで移動することが億劫になることも考えられます。

そこで、赤ちゃんとベッドで添い寝する方法についてご紹介します。

まず、ベッドでの添い寝で気をつけたい点は、マットレスの硬さです。

大人用のベッドマットレスは沈み込みやすいため、生まれたての赤ちゃんには向いていません。

そのため、首がすわる3ヶ月頃からが目安となります。

さらに、ベッドから転落する危険性を考慮し、「ベッド柵」や「ベッドガード」を設置することが必要です。

これらは、西松屋などのベビー用品店やネット通販でも取り扱っています。

転落事故を防ぐために、ぜひとも用意していただきたいアイテムです。

また、寝返りによる下敷き事故に注意しましょう。

ママは意識が赤ちゃんに向きやすいのですが、パパは気にせず熟睡してしまう傾向にあります。

そのため、しばらくはパパに別のベッドで寝てもらうことを検討しましょう。

安全なベビーベッドで赤ちゃんの快適な眠りをサポート!

今回は、ベビーベッドの選び方や、おすすめの製品などを中心にご紹介しました。

ベビーベッドは、赤ちゃんだけでなく、お世話をするママの目線で選ぶことも重要です。

ご家庭の状況や生活環境を考慮して、便利で使いやすい製品を見つけてください。

また、利便さだけでなく、安全性に目を向けることも忘れないようにしましょう。