ウォールナットがおすすめ!すのこベッドの魅力とは?

お布団を衛生的に保つことができる、「すのこベッド」が気になる方はいらっしゃいますか?

すのこベッドには、さまざまな利点があり、その需要は近年上昇しています。

中でも、「ウォールナット」という木材を使用したすのこベッドは、人気が高いと言うのです。

そこで今回は、その魅力やウォールナット材について、詳しくお話ししていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ベッドのダニを退治する方法!布団乾燥機の使い方とは?

日本は高温多湿の島国です。そのため、ダニが発生する環境が整いやすく、多くの方がダニが引き...

マットレスを徹底検証!フランスベッドVSシモンズ

最近は、毎日の健康維持のために「睡眠」が改めて注目されています。日中の活動で疲れた脳や身体の...

失敗しないベッドマットレスの選び方!最適の1枚で快眠を!

日本人のライフスタイルにベッドが多く取り入れられ、質のよい睡眠のためにマットレスが重要視されていま...

布団カバーをピンクにするだけ?風水で恋愛運をアップしよう

普段、なにげなく使っている布団カバーですが、風水で自分の運勢に合ったものに替えるだけで、開運が期待で...

赤ちゃんはベビーベッド?添い寝?寝具セットはどう選ぶ?

初めての出産の場合、赤ちゃんをどのように寝かせるか悩んでいる、という方も多いのではないでしょうか...

現代版日本家屋、和畳の部屋のインテリアはとてもおしゃれ!

日本伝統の畳のお部屋「和室」。現代風にアレンジされている畳の部屋のインテリアはとてもおしゃれで、...

まるで海外!!ベッド周りがおしゃれになるテクニック!!

海外のお部屋は広くて洗練されていておしゃれ、そんなイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。...

ベッドで寝ると足元が冷える!お布団をかけても寒い!対策は

体は温かいのに、足だけが冷たい。ベッドで寝ると、足元が冷える。布団をかけても足元だけは温かくならずに...

布団乾燥機はシャープがオススメ!その理由とは?!

お布団を乾燥して清潔に保つことができる布団乾燥機。良い睡眠には欠かせない家電製品です。...

トイレなどの照明をペンダントライトに!選ぶ時のポイント!

家のトイレは毎日使いますよね!トイレは、一般的に他の部屋よりも狭いですが、狭いからこそ思い切...

白い家具の黄ばみやベッドのシミを落とす方法とは?

ソファなどの家具や寝具、プラスチック製品などは、長く使っているとシミや黄ばみができてしまうことってあ...

ベッドと壁掛けフレームを取り入れてアンティークな寝室へ

アンティークと言うと、どんなことを思いますか?骨董品や猫足の家具、金銀の装飾品など高級なイメ...

新生活スタート!一人暮らしで失敗しない寝具の選び方は?

新生活を一人暮らしでスタートする方の最大の悩みは、お部屋の家電や家具選びですよね。その中でも...

マットレスのおすすめ4選!セミダブルも選べるタイプを厳選

マットレスは、種類が豊富で選ぶ際には迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。今、ネット通販...

ベッドで快眠できるおすすめの方法!シングルでも快眠は可能

毎日人間は、平均7時間から8時間の睡眠をとります。これは、1日の3分の1を過ごしている計算に...

スポンサーリンク

すのこベッドの魅力を知ろう!

今回ご紹介していく「すのこベッド」は、その名の通り、すのこがベッドに使用されています。

すのことは、薄い板を等間隔に並べて打ちつけたものを指し、水場の床滑り防止や、押し入れの収納でカビ予防などに用いられてきました。

そのため、すのこベッドは通気性に優れています。

すのこであれば、梅雨で湿度の高い時期であっても、ベッドの隙間から湿気が抜けていきます。

お布団に湿気が溜まりにくくなることで、カビ対策につながるのです。

それだけでなく、熱を逃すことも得意とされています。

寝苦しい熱帯夜であれば、体温がマットレスにこもりやすいでしょう。

しかし、すのこベッドを使用すれば、寝汗の湿気とともに、こもった熱も排除することができます。

このように、湿気や熱対策に有効なすのこベッドですが、さらに、就寝時のリラックス効果が高まることも魅力なのです。

すのこやベッドフレームに使用されている木材は、その香りを楽しむことができます。

木材の香りは、天然アロマのようなものですから、良質な睡眠へといざなってくれることでしょう。

また、木材の風合いもポイントです。

ウォールナットなどの良質な木材であれば、よりその魅力は高まります。

すのこベッドには種類があった!

実は、すのこベッドには大きく分類して、2つの種類があります。

それは、「折りたたみタイプ」と「ベッドタイプ」です。

どちらも、すのこベッドとして扱われており、湿気対策としては優秀です。

しかし、それぞれ特徴が異なりますので、見比べてみましょう。

<折りたたみタイプの特徴>

・脚がない(=高さがない)

・折りたためて持ち運びに便利

・収納に困らずお手入れがしやすい

・安価なものは破損しやすい

<ベッドタイプの特徴>

・脚がある(=高さがある)

・移動させることが困難

・下部にスペースがあり、通気性が良い

・安価であっても、比較的耐久性に優れている

このような違いがありますが、寝室環境や用途で選ぶことをおすすめします。

寝室が狭かったり、ワンルームにお住まいの場合でしたら、コンパクトになる折りたたみタイプが適しているでしょう。

また、折りたたみタイプは、敷布団の湿気対策として利用することが目的とも言えます。

そのため、「ベッド」ではなく「マット」と区分しているメーカーもあるのです。

あくまでも、補助的な役割としてとらえたほうが良いでしょう。

そして、寝室のスペースに余裕のある場合でしたら、断然ベッドタイプがおすすめです。

それは、折りたたみタイプよりも、耐久性や通気性に優れているためです。

さらに、寝心地も快適になりますから、睡眠の質を重視している方であればなおさらです。

また、デザイン性の高いベッドタイプは、人気のウォールナット材を使用した製品があることも特徴です。

どちらのタイプにするか悩んだときは、ぜひ上記を参考にしてみてください。

ウォールナットが人気な理由①

すのこベッドに限らず、「ウォールナット」を使用している家具は、人気が高いイメージがありますよね。

そこでここからは、そんなウォールナットについて掘り下げていきましょう。

家具に使用されるウォールナットは、くるみ科の植物です。

チークやマホガニーと並ぶ「世界三大銘木」として名高く、高級家具に使用されることもあります。

<木目が美しい>

加工することで美しい木目が強調され、高級感や存在感が増します。

その風合いにも定評があり、アンティークテイストやビンテージテイストのお部屋にはピッタリです。

<加工性に優れている>

その加工性や接着性から、テーブルやタンス、さらには工芸品まで多岐にわたって使用されています。

<衝撃に強く耐久性がある>

無垢材であれば、より耐久性に優れていると言えます。

無垢材とは、製材したまま使用することを指し、ベニヤや合板とは差別化されます。

そのため、価格も高くなる傾向にあります。

安価な製品であれば、それは「ウォールナット塗料を塗ったもの」でしょう。

本来のような耐久性は期待できませんが、予算がなく風合いだけでも近づけたい場合には、こちらを選択することも悪くないかもしれません。

ウォールナットが人気な理由②

前章でお話ししたように、ウォールナットには優れている点がいくつもありました。

さらに近年では、「ウォールナットは男前インテリアとの相性が良い」ということでも話題なのです。

男前インテリアは、男性らしさあふれる無骨さや、ブラックやブラウンなどのダークなカラーリングが特徴となっています。

そのため、濃いブラウンカラーのウォールナットを使用した家具が人気となっているのです。

寝室においても、古材感のあるウォールナットのすのこベッドをレイアウトすることで、一気にテイスト感が高まるでしょう。

また、アメリカのブルックリンスタイルも、男前インテリアに属しています。

ウォールナットの家具で、スタイリッシュさとビンテージ感の融合を楽しめるのも人気の理由です。

おすすめはコレ!ウォールナットを使用したすのこベッド

それではここで、ウォールナット無垢材を使用したすのこベッドをご紹介します。

耐久性に優れた、ベッドタイプです。

【家具の里:心落ち着くウォールナット無垢材の木製すのこベッド】

こちらのすのこベッドは国産で、無垢のウォールナット材を使用していることがポイントです。

そのため、品質を心配する必要はないでしょう。

無駄のないすっきりとしたデザインのベッドヘッドが特徴で、ウォールナットの高級感が漂う一品です。

さらに、自然塗料を使用しているため、嫌なニオイもなく有害物質を含む危険性もありません。

すのこ部分には桐を使用していますから、通気性にも優れています。

サイズは、シングル・セミダブル・ダブルとあり、マットレス等の寝具は付属されていません。

希望小売価格はシングルサイズで、110,762円(税別)となっています。

すのこベッドのカビ対策

これまで、すのこベッドやウォールナットの魅力についてお伝えしてきましたが、「カビ対策」を怠ってはいけません。

すのこベッドが、いくら通気性に優れているからといっても、絶対にカビが生えないわけではないのです。

〇寝室の換気をする

〇寝室の掃除を怠らない

〇お布団カバーやシーツはこまめに洗う

〇お布団やマットレスを敷きっぱなしにしない

〇ベッドを壁際に設置しない

〇除湿シートや除湿マットレスを使用する

上記のような対策が、カビ予防として有効です。

それでも、すのこベッドにカビが生えてしまったら、逆性石鹸で対処してみましょう。

逆性石鹸とは、主に殺菌目的で使用される、陽イオン界面活性剤のことです。

これを200倍ほどに薄めて布に含ませ、カビの生えた部分を拭きとります。

天気の良い日におこなって、きちんと水分を飛ばしたら、シミになってしまった部分はサンドペーパーで削りましょう。

ウォールナットのすのこベッドでお洒落に湿気対策

今回は、すのこベッドやウォールナット材についてお話ししました。

湿気の多い日本では、通気性の高いすのこベッドを使用することがすすめられています。

また、ベッドフレームが人気のウォールナットであれば、インテリアとしての魅力も高まるでしょう。

これからベッドを購入予定の方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。