海外のお家が素敵!マンションのインテリアおしゃれ術を学ぶ

海外のお家のインテリアはおしゃれなことが多く、憧れますよね。

しかし日本のマンションに住んでいると、どうにも海外のようにおしゃれなお家にならないと思いませんか?

できれば、海外のお家を真似て、素敵な自宅にしたいものですよね。

日本のマンションでも、海外のようなおしゃれなお部屋にすることができるのでしょうか。

海外のお家のインテリア術を学んでいきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カーテンを高い位置に変えるだけ!部屋のアレンジ方法ご紹介

部屋を模様替えするときに、カーテンについて考えたことってありますか?部屋の造りに対して、どの...

インテリアにポスターは高レベル?フレームの選び方と飾り方

ポスターは、誰でも気軽に飾ることができるアイテムで、ぐっとおしゃれなインテリアを演出してくれます...

家の壁スイッチの位置に注意!寝室ライトを消すのには!?

新築を建てるときに注意したいのが、壁のスイッチ位置です。この位置を失敗してしまうと、無駄な動...

電球は100Vより110Vの方が経済的?白熱電球の存在意義

電球は100Vより110Vの方が経済的だといわれていますが、本当にそうなのでしょうか。...

インテリアを自分好みに!車に便利な小物アイテムをご紹介!

車をお持ちの方は、車内を「第二のプライベート空間」とさえ感じる方もいるのではないでしょうか。...

背中が熱い!身体が熱くて眠れない原因と対策を徹底解明!

夏の夜、「背中が熱い」と感じ、眠れないといった経験はありませんか。実は、背中が熱いと感じるの...

コロコロでお布団の掃除を手軽にしよう!正式名称は??

掃除用品としておなじみの「コロコロ」。カーペットやシーツとかについたホコリやゴミなどを取るのに皆...

なぜ日本は、100vコンセント!?アースの目的って?

日本は先進国だというのに、電圧が100vのコンセントなのでしょうか?日本は100vの電圧が多いで...

賃貸住宅の退去時、フローリング傷の補修費用は借主が負担?

賃貸住宅のフローリングに傷が出来てしまった場合、退去時にその補修費用は請求されるのでしょうか?...

冷蔵庫の下にマットを敷くならホームセンターのがオススメ!

皆さん、冷蔵庫の下にマットを敷いていますか?「そんなの知らない」「先に冷蔵庫を置いてしまった...

ワイドハイター粉末と液体の使い分け!タオルの嫌な臭い予防

お天気の悪い日が続くと、お洗濯に困りますよね。とりわけ、部屋干しをしたタオルや衣類から出る、あの...

インテリアをカントリー風に!キッチンをアレンジしよう!

カントリー風なインテリアって憧れますよね。まずは、自分で手のかけやすいキッチンやベッドルーム...

お気に入りインテリアのコツ!好きなカラー別コーディネート

自分の家、部屋は、一日の疲れを癒し明日への活力を養う場です。できるだけ自分の好みどおりに作り...

カーテンをおしゃれに!メンズ部屋におすすめなのは?

「なかなか部屋がおしゃれにならない…」と、お悩みの男性はいらっしゃいませんか?そんなときは、...

カーテンでお部屋をおしゃれに!おすすめカーテンを紹介

カーテンは、お部屋の雰囲気をがらっと変えることができる重要なインテリアです。お部屋をおしゃれ...

スポンサーリンク

海外のお部屋のインテリアがおしゃれなワケ

現代では、インスタグラムで簡単に世界中の人がポストした写真を見ることができますよね。

そのときに、おしゃれなインテリアを目にすることがよくあります。

そのおしゃれなインテリア、海外のものも多いです。

もちろん、日本でも家を自由設計して海外のおうちのようにおしゃれなお宅もあることでしょう。

ですがマンションの場合、そのようなお家は不可能だと感じる方もいますよね。

実は、それにはワケがあるのです。

まず、海外のお家と日本のマンションでは、「床」が大きく違います。

例えば、海外であれば真っ白な無垢の木を使った床、タイルを並べた床、ヘリンボーンになっている床など、単調なものではなく凝ったデザインのものが多いです。

かたや、日本のマンションだとだいたいみんな同じようなフローリングであることが多いのです。

また、「窓」のデザインも異なります。

海外のお家であれば、窓が格子状になっていて、両開きできる形状のものをよく見かけます。

しかし、日本のマンションの窓は普通の引き戸のものが一般的に多いです。

このように、そもそも家のつくりが大きく異なるので、日本のマンションが海外のお家のようにはならないのです。

日本のマンションでもおしゃれに!海外のお家から学ぼう

しかし、そうは言ってもどうにか今住んでいるマンションをおしゃれにしたいものですよね。

そこで、海外のお家から学んでおしゃれなご自宅にしてしまいましょう。

まず、海外のおしゃれなお家を真似るには、「カラー」に注目をしましょう。

海外のお家と日本のマンションの違いは床や窓だけではありません。

「壁」についても違いがあります。

日本のマンションであれば、無難な「白」が多いですよね。

白はすっきりする色であるものの、なんとなく味気ないものです。

しかし、海外のお家の壁はカラーウォールであることが多いため、インテリアの雰囲気が数段階アップするのです。

賃貸マンションであれば、簡単に壁紙を替えることはできませんよね。

しかし、今は簡単に貼ってはがせる壁紙があるので、実は簡単に自分でDIYすることも可能なのです。

海外のお家へ一歩近づくために、まずは気軽に替えることのできる壁紙から手を加えてみるのはおすすめですよ。

海外のインテリアに近づくためにはカラーが重要?

前項では、海外のおしゃれなお家に近づくために白い壁紙を替えてみるといいというお話をしました

無難な白から色を変えてみると、自宅マンションも一段階海外のお家に近づけることでしょう。

海外のインテリアのテイストにするには、その「色」がとても重要になってきます。

好きだからと言って、リビングの壁紙を明るい赤や青にすることはおすすめできません。

もちろん、子供部屋をそのような色にすることは問題ありません。

しかし、家族が集まったり来客を通すリビングは、なるべく落ち着いた色を選ぶようにしましょう。

そうすることで、洗練された空間になるのです。

ただし、あまりにも暗めな色にしてしまうと、お部屋の中が暗くなってしまうことにもなります。

ですから、壁紙の色は慎重に選ぶようにしましょう。

具体的には、ブルーグレーやグレージュなどがおすすめですね。

マンションでもできる!海外のお家のインテリア術①

賃貸マンションだと原状復帰が原則ですから、できることも限られてきますよね。

その中でも、できることを行って少しでも海外のお家のおしゃれなインテリアに近づけたいものです。

そこで、簡単にできる海外のおしゃれなお家のインテリア術を真似てみましょう。

まず、マンションに直接手を加えなくても家具でおしゃれな家を演出することができます。

方法としては、リビングなどの広い空間に部屋のポイントとなるような家具を置くことです。

同じような高さや大きさの家具ばかり並べてしまうと、単調な印象となってしまいます。

しかしポイントになるような家具をどんと置くことで、空間が引き締まり印象が一気に変わるのです。

このとき、ポイントになるものだけではなく、いろいろなものをなんでもかんでも取り入れてしまうことはNGです。

そのようにしてしまうと雑多な印象になってしまい、おしゃれなお家とは程遠いものとなってしまうので注意するようにしてくださいね。

マンションでもできる!海外のお家のインテリア術②

日本のマンションにお住まいでも、海外のおしゃれなお家のインテリアを真似る方法は他にもあります。

例えば、机は壁に付けるという固定概念が基本的にありますよね。

しかし、机の壁付けをやめてみましょう。

たったこれだけで、お部屋の印象は大きく変わります。

しかも、その机で作業することが多いのであれば、背中側に壁があった方が集中しやすいとよく聞きますので、作業効率を考えてもおすすめですよ。

そして、その机自体に関してはシンプルなものをおすすめします。

机がシンプルであれば、そこに飾るアートや小物がより映えるからです。

机はそこまで高価なものでなくても、IKEAなどで安くておしゃれなものが手に入ります。

そもそも、IKEAは海外の会社ですからおしゃれな家具が多いです。

そして、お店には実際にIKEAの家具や雑貨を使って展示がされているので、とても参考になります。

一度足を運んでみると、インテリアのアイデアが浮かぶいいきっかけになるかもしれませんよ。

デッドスペースも活用!

お住まいのマンションにデッドスペースはありませんか。

そのデッドスペースを活用することによって、海外のおしゃれなお家のインテリアに一歩近づくかもしれません。

海外のおしゃれなお家では、デッドスペースを上手に使っていることが多いです。

実例を挙げてみましょう。

一つ目のパターンは、デッドスペースにウォールベンチを設置してそこにこだわりのテキスタイルのクッションなどを置いています。

そうすることで、デッドスペースをおしゃれに、かつ自分だけの快適な空間にしてしまうのですね。

二つ目のパターンは、部屋の形が変形しているデッドスペースにおしゃれなスーツケースを置いて、その上に古書などを重ねています。

そうすると、ただの空間だった場所がおしゃれなインテリア空間に変わるのです。

お住まいのマンションによってどのようなデッドスペースがあるかは異なります。

しかしデッドスペースは、工夫することによっていくらでも変えることができるのです。

もしもご自宅にデッドスペースがあるのであれば、自分だけの快適な空間を作ってみませんか。

マンションでもおしゃれに!

原状復帰が原則であるマンションでは、到底、海外のようなおしゃれなインテリアはできないとお思いの方は多いことでしょう。

しかし、アイデアと工夫次第で海外のおしゃれなお家に近づけることができるのです。

自分で想像して作り上げるインテリア空間は、とても満足のいくものになるはずです。

ぜひトライしてみてはいかがでしょうか。