布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

グレーと水色の組み合わせは最強!?お洒落なインテリア術

2018.8.24

お部屋のインテリアを決めるうえで、色の組み合わせは重要です。

お洒落なインテリアにしたい場合、多くの方はデザインの良い家具から見はじめることが多いでしょう。

しかしお洒落な家具がなくても、お部屋の配色に気を付けるだけで、センス抜群のインテリアを作り上げることができるのです。

ここでは最強の組み合わせともいわれているグレーと水色で、お洒落なインテリア術をご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

人気の電気マット6選!ベッドでも使えるアイテムをご紹介

寒さ厳しい冬に重宝するのが、あたたかい電気マットです。 寝る前にベッドの上に敷いて、スイッ...

こたつの修理といえば?温度ヒューズと電気コードが基本!

もし、電気こたつがつかなくなったら、その原因のほとんどは温度ヒューズか電気コードです。 電気こ...

高校生にオススメ!部屋の模様替えでお気に入り空間を作ろう

最近、自分の部屋に飽きてきた。 模様替えをして、気分を変えたいと思っている高校生の皆さん。 ...

壁紙で部屋をおしゃれに演出!インテリアの合わせ方も解説

壁紙は、部屋の印象を大きく左右します。 部屋をおしゃれに演出するには、壁紙の色や柄にこだわって...

インテリアとしてグリーンを吊るす!気軽に始める植物生活

インテリアとしてグリーンを吊るしてみませんか? グリーンを吊るすと場所を取りません。 ...

どうコーディネートする!?モノトーンインテリアのポイント

モノトーンのインテリアで統一されたお部屋って、おしゃれで素敵ですよね? 白、黒、グレーで作るモ...

キッチンの排水溝が臭いのはなぜ?原因と対処法をご紹介!

「キッチンは片付いているのにどこか臭い」 そんな経験はありませんか? シンクに洗い物が溜まっ...

インテリアをもっと快適に!ソファの配置の仕方を変えよう!

ソファは、ゆったりと座ってくつろぐためには最適なアイテムです。 しかし、気に入ったものを部...

蛍光灯と白熱電球の寿命を決める要因&おすすめな照明の色!

住宅で使用されている照明の蛍光灯や白熱電球が切れると、交換するのが面倒で嫌ですよね。 電球は可...

カーテンレール「シングルorダブル」だけで選んでませんか?

カーテンレールを選ぶ際、ただ「シングルかダブルか?」だけで決めていませんか!? カーテンと違っ...

フローリングのカーペットを綺麗に使ってカビを防ぐ方法は?

フローリングに敷いたカーペットを剥がしたら、床にカビが生えていた…なんてことになったら、ショックです...

冷蔵庫の下に保護シートを敷こう!マットの下に敷く物は?

フローリング床はいつの間にか家具の引きずりや、物を落としたことでキズがついたり、食べこぼしなどの汚れ...

キッチンのゴミ箱はどう選ぶ?目的に合ったおすすめ商品は?

キッチンに置くゴミ箱を選ぶ時は、どのような理由で選ぶと良いのでしょうか? 最近のゴミ箱はスタイ...

電球が切れているのかわからない!接触をよくするための方法

電気は、普通についているのが当たり前だと思ってしまいがちですが、いざトラブルが起きると厄介です。...

耐えられない古い家のカビ臭!臭さを消すにはどうする?

古い家に一歩足を踏み入れた時に漂ってくる、古い墨汁のようなツンとした臭い。 カビ独特の臭いは臭...

スポンサーリンク

お洒落なインテリアを作るには!配色に意識しよう

お洒落なインテリアと聞くと、「置かれている家具がお洒落」や「使い勝手の良いレイアウト」などといったポイントが挙がってくるかと思います。

最近ではヴィンテージ感のある家具でそろえたり、広いワンルームの平屋にして家事動線をよくするインテリアを作る方もいます。

もちろん、これらもお洒落なインテリアといえるのですが、意外と見落としがちなポイントもあるのです。

それは色の組み合わせです。

「色を制する物はインテリアを制す」と言う人もいるほど、お部屋の色使いによってセンスがあるかどうか判断されることもあります。

お洒落な家具を使っていても、それぞれの家具の色にまとまりがなければ、せっかくのお洒落な家具が台無しになってしまう場合も考えられます。

ですから、家具を購入する際も「ただお洒落だから」という理由で決めるのではなく、その家具を置くお部屋の色合いとマッチするか考えることが大切です。

特に、一からインテリアを作る場合、配色から考えるほうが圧倒的に簡単にお洒落なインテリアを作れるといえます。

例えば、「アメリカ西海岸風のインテリアを作ろう!」という場合と「グレーと水色で統一されたインテリアを作ろう!」と考えた場合では、どちらのほうが簡単にできそうですか。

多くの方が、後者のほうを選ぶのではないでしょうか。

そのため、お洒落なインテリアを作りたいのならば、まずは色の組み合わせるかを考えることが、実現のための第一歩となり得るのです。

どんな色の組み合わせがお洒落?

お洒落なインテリアの第一歩として、色の組み合わせを考えることからはじめます。

それでは、どんな色の組み合わせがお洒落に決まるのでしょうか。

はじめての方の場合は、何色もの組み合わせを考えるのではなく、シンプルに2色からはじめましょう。

2色でも、インテリアのメインカラーなのか、それともアクセントカラーなのかを決めなくてはなりませんから、意外と考えることが多くなります。

ちなみに、お部屋のセンスを高める配色にも構成があります。

インテリアカラーといわれるもので、大きく3つのカラーで構成されています。

・ベースカラー:天井や床などのベースとなる色

・メインカラー:ソファやカーテンといった、お部屋の主役となる色

・アクセントカラー:クッションなど、すぐに色を変更できる部分に使う色

これらのカラーには割合もあり、理想の割合はベースカラーが70%で、メインカラーが25%、そしてアクセントカラーが5%とされています。

自分が最も使いたい色をメインカラーに設定し、その色を引き立たすことのできる色をアクセントカラーにすると良いでしょう。

どの色を組み合わせていいか分からない方に向けて、オススメの色の組み合わせをご紹介します。

ベースカラーの多くはアイボリーやブラウンの系統ですから、これに合う配色は以下のようなものです。

●黄色と黒

●ピンクと黄色

●ブラウンとオレンジ

●水色と黄色

●緑とピンク

以上のような配色がオススメですが、中でも最強とも言われている色の組み合わせがグレーと水色の組み合わせなのです。

なぜ、この組み合わせが最強といわれているのか次項からお話ししていきます。

グレーと水色の組み合わせが最強!?それはなぜ?

お洒落なインテリアを作り出すためには、配色に気を付けなくてはなりません。

前の項でオススメの色の組み合わせをご紹介しました。

中でも最強といわれているのがグレーと水色の組み合わせです。

それではなぜ、この2色の組み合わせは最強といわれているのでしょうか。

まず理由の1つとしては、「お洒落」であることが挙げられます。

しかもお洒落でありながら上品さもあることで、センス抜群のインテリアになりやすいようです。

最近では北欧風インテリアも人気ですが、この空間を作りやすいのもグレーと水色といえるでしょう。

また、狭い空間であっても圧迫感を感じにくい色の組み合わせともいわれています。

1人暮らしの方はワンルールや1kに住むことが多いと思いますが、その場合でも圧迫感を感じることのないインテリアにすることができます。

さらに、もう1色追加したい場合も他の色が馴染みやすい色合いであることも、理由の1つです。

これらの理由から、グレーと水色が最強の色の組み合わせといわれるようになったのです。

水色のなかでも特に、ダスティブルーと呼ばれる少しくすんだ水色がオススメです。

まずは寝室から!グレーと水色でそろえてみよう

ここから、グレーと水色でお洒落なインテリア術をご紹介していきます。

まずは、寝室から挑戦してみましょう。

寝室はリビングのように何種類もの家具がないので、はじめての方であれば寝室からはじめてみるのがオススメです。

ベースカラーは、寝室の場合はアイボリーやブラウンがオススメですね。

寝室のメインカラーとなるのは、カーテン・寝具(特に掛け布団カバー)・ラグでしょう。

これらをパステルブルーやダスティブルーのような水色でそろえ、アクセントカラーとしてクッションやランプシェードをグレーでそろえます。

寝具の色使いは悩んでしまうポイントになりそうですが、シーツや枕は白でそろえてもグレーと水色に馴染むので問題ありません。

これだけで、お洒落な寝室を作り上げることができます。

寝室にドレッサーを置く女性の方は、こちらもホワイトやグレーでそろえると統一感が出るのでおすすめです。

リビングもグレーと水色に!北欧風インテリア術

ここでは家の中心でもあるリビングを、シンプルでナチュラルな印象の北欧風インテリアにする術をご紹介します。

北欧風にするためには、ベースカラーはホワイトやアイボリー、明るめのグレーが良いですね。

そして、メインカラーはグレーでそろえましょう。

リビングのメインカラーとなるものは、やはりソファやカーテンですね。

これらは明るめのグレーのものにし、アクセントカラーとなるクッションは水色にします。

カーペットやラグは基本的にはメインカラーになるのですが、ソファが4人以上で座るような大きなものの場合、ラグなどはアクセントカラーの水色にすると良いでしょう。

また、色ではありませんが、テーブルやテレビ台はウッド調のものを用意すると、北欧風にグッと近づきます。

北欧風インテリアはシンプルなのが特徴的ですので、テーブル・ソファ・テレビ台以外の家具は置かない方がベターですね。

これらを意識して、お洒落なリビングにしてみてください。

近所の方などを招く際リビングにお通しすることも多いと思いますので、センスの光ったリビングに招待できるようにしてみましょう。

お洒落インテリア術!もう一色追加してみよう

グレーと水色によってお洒落なインテリアするテクニックをご紹介しました。

ここでは、よりお洒落にするために、この2色にもう1色追加したインテリア術をご紹介します。

グレーと水色が最強といわれる理由の1つに、「もう1色追加しても馴染みやすい」とお伝えしました。

最後にこの2色と相性の良い色についてお話ししていきます。

最も馴染みやすいといえる色は、黄色です。

黄色はグレーとも水色とも相性の良い色ですので、この2色に追加しても違和感を感じにくいのです。

グレーと水色で統一したインテリアは、スタイリッシュで上品な印象を持ちやすいですが、少し寒々しい印象になることもあります。

もう少し温もりのあるお部屋にしたい場合、1つか2つ黄色の小物でアクセントを出すと、程よい温かみを感じれるインテリアにすることができるのです。

また、インテリアに女性らしさを加えたいという方には、同様にピンクの小物を置くことがオススメです。

意外とショッキングピンクのような主張の強いピンクでも、グレーとダスティブルーとの相性が良いといわれています。

色の構成次第では、高級感を演出することもできます。

色の組み合わせに意識を傾けて、他の人と差のつくインテリアを目指しましょう。

お洒落なインテリアにするために配色を考えよう!

今回は最強の相性といわれている、グレーと水色のアイテムの組み合わせをご紹介しました。

「色を制する者はインテリアを制す」といわれるように、やはり家具をお洒落にしても色の統一感がなければ、センスの良さは感じられません。

今まで家具を選ぶ際、配色に意識していなかった方も、この機会に考えてみてはいかがでしょう。

自分好みの配色で家具をそろえ、お洒落インテリアへの第一歩を踏み出してください。

 - インテリア・家具, 生活