布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

インテリアをランクアップさせるには椅子のデザインに注目!

2018.8.13

洋服と同じように、インテリアもオシャレに見せたいものですよね。

インテリアがオシャレだと気分も上がります。

ここでは、インテリアをランクアップさせるコツや、オシャレ度を急上昇させる椅子のデザインについて触れていきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

蛍光灯が消える原因ってなに?突然消えたら故障は確定?

ある日、何の前触れもなしに蛍光灯が消えることってありませんか? 蛍光灯は、普段その存在を意...

実家に眠る掃除しづらい物のちょっとした手入れのコツ

実家にある普段使ってるもの、使ってないもの、手入れしづらいもの… 掃除しようと思ってもどう...

蛍光灯のラピッドとグローの違いは?同じ蛍光灯は使えるの?

日常生活で最も身近で最も使用するもの、それは蛍光灯です。 「蛍光灯」と言われてすぐ思い浮かぶも...

全自動洗濯機の蛇口を開けっ放しにすると思わぬ事故に!?

全自動洗濯機の蛇口は開けっ放しにしてますか? それとも閉めていますか? 開けっ放しの方も閉め...

ワイヤーネットで棚が作れる!?補強次第で強度もバッチリ!

ちょっとした棚がほしいな、と思ってもカラーボックスや既製品の棚は高いし、組み立てや移動が大変だったり...

気持ち悪い!!和室の壁にカビ発生!掃除の仕方と予防法は?

カビを見ただけで気持ち悪くてゾッとしますよね。 家屋に発生するカビは、普通にお掃除しているだけ...

机の塗装がはげた時の対処法、かしこく手軽に補修しよう!

みなさんが子どもの頃に使っていた机はいま、どのような状況ですか? 傷やいたずら書き、シールを貼...

6畳1Kのおしゃれなインテリアコーディネートアイデア!

6畳1Kという限られた空間でのインテリアコーディネートは、難しいと考える方も多いかもしれません。 ...

インテリアコーデのコツ!モダンテイストに合うカーテンは?

皆さんは、インテリアコーディネートをする際、カーテンはどのように選んでいますか。 カーテンは、...

壁に飾れば部屋が劇的に変わる!!タペストリーの飾り方

部屋のイメージを変えようと思ったら模様替えを思い浮かべる方が多いかと思います。 しかし、模...

部屋を汚さないために!キッチンの換気扇フィルターの選び方

キッチンの換気扇掃除はなかなか手強いものですが、換気扇フィルターを使えば汚れが減り、換気扇掃除の...

フィギュアを部屋に飾りたい!おすすめの棚や管理方法は?

アニメや漫画のキャラクターを立体化させた、「フィギュア」に魅了されている方はいませんか? しか...

賃貸のクッションフロアの張り替え費用の相場は!?

近頃の賃貸でも増えている、クッションフロアという床材。 クッションフロアは水に強く、台所やキッ...

キッチンカウンターのリメイクアイデア!おすすめ収納も紹介

古くなったキッチンカウンターのリメイクには、リメイクシートやインテリアマスキングテープといった低...

6畳を理想空間に!インテリア次第で男の夢のおしゃれ暮らし

1人暮らしの間取りの多くは6畳1Kです。 限られたスペースではインテリアに凝れないと、割り...

スポンサーリンク

インテリアもファッションと同じ!?

プライベートな時間を過ごす自宅。

その自宅のインテリアを自分好みにすることは、癒しの時間を快適に過ごすために必要なことともいえるでしょう。

もともとインテリアにこだわりがある方であれば、常に変化を求めていろいろな工夫をほどこしているかもしれませんね。

しかし、そこまでインテリアにこだわりがない方でも、今よりランクアップさせてみたくはありませんか。

そもそも、インテリアにいくらでもお金をかけられるということであれば何も悩むことはありません。

お金に糸目を付けなければ、インテリアをオシャレなもので揃えることは難なくできることでしょう。

しかし、ほとんどの人はそうもいきませんよね。

そこで、どこにお金をかけてどこを節約するのか、自分なりにメリハリをつけることが重要なのです。

例えば、ファッションだと「洋服はお値打ちのものでもバッグだけはいいものにする」というふうに、自分なりにメリハリをつけていませんか?

インテリアもそれと同じことなのです。

つまり、椅子のデザインにこだわりたいから椅子にはお金をかけて、テーブルはそんなにお金をかけなくてもいいなどどいうことです。

インテリアをランクアップ!そのコツとは?

インテリアをランクアップさせるには、椅子などの家具のデザインだけではなく照明にもこだわってみてください。

照明には、蛍光灯のように白く見えるものや、白熱灯のようにオレンジに見えるものがあります。

この色が変わることによって、がらりと部屋の中の印象が変わってくるのです。

また、間接照明を駆使することで雰囲気が出て、それだけでオシャレ空間になるのです。

さらに、絵画を飾るなどアートを取り入れてみることをおすすめします。

アートは、興味がない方であればお金の無駄遣いとも思うかもしれませんね。

しかし、アートがあることによってその部屋の印象は一気に変化します。

最初はどのようなアートを選んでいいか難しいかもしれませんが、そこは素直に「自分のすきなもの」でいいのです。

アートは想像以上にインテリアをランクアップさせるものです。

毎日自分の好きなアートを目にすれば、癒し効果アップも期待できそうですよね。

ダイニングの椅子はデザイン重視?

インテリアをランクアップさせるには、ダイニングの椅子にも注目をしていただきたいです。

ほとんどの場合、ダイニングの椅子は同じデザインのものであることが多いですよね。

しかし、そこにこだわらないでほしいのです。

オシャレなカフェを思い出してみてください。

案外、椅子のデザインが揃っていないというところも多くないでしょうか。

椅子は、有名なデザイナーのものであればかなり高価です。

ダイニングの椅子をすべてデザイナーのものにするのは、出費がかさみますよね。

そこで、一脚だけ憧れのデザイナーの椅子にして、他はもう少しお手頃な椅子でというように使いわけをするのです。

あえてダイニングの椅子すべてをお揃いにするよりも、全部異なるデザインの椅子にする方が垢抜けた感じになります。

どんな椅子のデザインがおすすめ?①

オシャレなインテリアにするためには、どのようなデザインの椅子がいいのでしょうか。

人の好みはそれぞれですが、ここではおすすめのオシャレな椅子を、いくつかご紹介していきます。

まずは、「イームズシェルチェア」です。

イームズは誰もが耳にされたことがあるのではないでしょうか。

イームズシェルチェアはたくさんの色から選ぶことができ、デザインもシンプルなのでどんな部屋のイメージにも対応しやすい椅子でしょう。

ただし、少々価格が高めということが難点ともいえます。

イームズシェルチェアとデザインが似ている「セブンチェア」も洗練された印象でオシャレなデザインです。

セブンチェアは1955年にデザインされて以来ずっと人気ですが、イームズシェルチェアと同様、価格が高めのためなかなか購入しにくいという点もあります。

しかし、イームズシェルチェアやセブンチェアにはリプロダクト品が販売されているので、同じようなデザインの椅子をお手頃に買うことができます。

(リプロダクト品とは、意匠権が切れてしまった製品を同じようなデザインで復刻することです。)

どんな椅子のデザインがおすすめ?②

前項では、海外の名作と呼ばれる椅子をご紹介しました。

しかし、日本にも名作と呼ばれる椅子は多くあるのです。

例えば、徳島県にある宮崎椅子製作所の「bo」は日本人デザイナーがデザインした椅子です。

boは見た目は華奢なものの、いったん座ると体が包み込まれるような座り心地の良い椅子です。

同じく、宮崎椅子製作所の別の日本人デザイナーがデザインした「PePe chair」もおすすめです。

PePe chairは全体的に滑らかな曲線で作られているので見た目に優しく、座り心地ももちろんいいです。

また、座るという椅子の役割だけではなく、インテリアの一部として大きな存在感を出すような椅子です。

他には、山形県に本社をおく天童木工の「バタフライスツール」も有名です。

バタフライスツールも日本人デザイナーがデザインした名作と呼ばれる椅子です。

リビングの一角にこのスツールを置いているだけで、一気に部屋の雰囲気が変わるような椅子です。

椅子としてだけではなく、スツールの上にオシャレな小物を置いてみるのもいいですよ。

最後に、マルニ木工の「HIROSHIMA」をご紹介しましょう。

HIROSHIMAシリーズも日本人デザインのもので、椅子のみならずテーブルやサイドボートなどのランナップもあります。

HIROSHIMAの代表でもある「アームチェア」は座面が板張りのものと布張りのものがあるので、自分の好みに合わせられます。

こちらも価格は少々高いですが、一脚だけでも部屋の中にあると今のインテリアより数段ランクアップするはずですよ。

インテリアランクアップにはベンチもあり!

前項までは、椅子についてお話をしてきました。

どのような椅子を選び、どのように配置するかによってがらりとインテリアの印象は変わります。

椅子に近いもので、「ベンチ」もインテリアをランクアップさせるものの一つです。

ベンチは「座るだけのものではない」と、とらえるのです。

つまり、ベンチにオシャレな本を重ねて飾ったり、カゴに雑多なものを収納してベンチの下に置いておいたりと工夫次第でいろいろな使い方ができるのです。

また、ベンチは座る人数が決まっていないので、来客があったときに本来の椅子として使用することができる、便利なものでもあります。

ベンチは単純な構造なので自分で作ってしまうこともできます。

自分で作ると、好きなデザインにもできるので楽しいでしょう。

DIYは最近のブームでもありますから、一度挑戦してみるのもおすすめですよ。

インテリアにこだわってみよう

インテリアは、いわば洋服と同じようなものです。

毎日過ごす部屋を自分好みのインテリアにすることで、モチベーションも変わってきます。

インテリアの中でもデザイナーが生み出すオシャレな椅子は、一つあるだけでインテリアの雰囲気が一気に変わります。

椅子は高価なものも多いですが、取捨選択して一脚でも取り入れてみてはいかがでしょうか。

 - インテリア・家具, 生活