布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

インテリアはシンプルに!一人暮らしに最適なインテリアとは

2018.8.6

自分の好きなようにアレンジできる一人暮らしのインテリア、あなたはこだわりがありますか?

これまでいろいろなテイストのインテリアで過ごしてきた方が最終的に目指すのは、シンプルなインテリアということが多いです。

そこで、一人暮らしのインテリアをよりシンプルにするための秘訣をお話ししていきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

実家を掃除したい!帰る場所をきれいに保つ方法

一人暮らしを始めたり、結婚を機に新しい場所で暮らし始めたことで、なかなか実家に帰ることができないとい...

ペットと暮らす快適なインテリアは?リビングを憩いの空間に

大切なペットと同じ空間で過ごしたいのは、飼い主の方に共通する思いではないでしょうか。 できれば...

知らないと危険!お部屋の湿度が70%を超えるとどうなる?

みなさん、お部屋の湿度が高すぎて困っている、ということはありませんか? 一人暮らしを始めたばか...

椅子が下がるのはガス抜けが原因?誰でもできる修理方法とは

レバーを引くと座面が下がるガスシリンダー式の椅子は、使っているうちにガスが抜けてしまい、下がりっぱな...

低費用?高費用?寒さを凌げる効果的な部屋の暖房対策方法!

みなさんは、冬が近づくに連れて、不安なことはありますか。 ほとんどの方が、寒さと答えると思...

工夫次第で活用方法はいろいろ!突っ張り棒の取り付け方法

突っ張り棒といえば、洋服をかけるというイメージですが、工夫次第で収納やおしゃれインテリアに大変身しま...

高校生にオススメ!部屋の模様替えでお気に入り空間を作ろう

最近、自分の部屋に飽きてきた。 模様替えをして、気分を変えたいと思っている高校生の皆さん。 ...

部屋のドアにオリジナリティを出すならガラスが効果的!

部屋のインテリアにこだわるように、部屋のドアのガラスにもこだわってみたい! そういった方が増え...

お子さまの勉強机に設置した蛍光灯の交換についての対応策!

お子さまの勉強机に設置した蛍光灯は、買ってきてすぐに取り替えるような消耗品ではなく、長年使用するもの...

ベランダの洗濯機に凍結問題発生!賢く上手に付き合おう。

冬の寒いある日、「ベランダにある洗濯機で洗濯をしようとしたら動かない!」という経験されている方も...

ベランダに洗濯機を置くときの注意点!雨よけはどうする?

部屋の中に洗濯機を置くスペースがないと、ベランダに置くことになります。 ベランダは雨風にさらさ...

トイレのインテリアを上手に使って運気アップ!緑がおすすめ

トイレは毎日使用する場所ですよね。 そんなトイレ空間がオシャレで快適だったら、日常生活もさ...

子供部屋を5つのアイデアで可愛い快適スペースに!

子供部屋って、おもちゃや勉強道具などがごちゃごちゃしがちで生活感が丸出しになりがち。 せっかく...

あなたの家にまだ残ってる?昔のストーブの上手な活用法

雪国に限らず、冬の寒さを凌ぐのに必須なストーブですが、昔の古いストーブはどうしていますか? 新...

インテリアとしておしゃれに!万能な本を使ったお部屋づくり

1人暮らしのお部屋というのは、どうしても趣味の空間になりがちです。 その人の個性がにじみ出る空...

スポンサーリンク

一人暮らしのインテリアはシンプルイズベスト?

インテリアテイストにはさまざまな種類があり、好みは人それぞれです。

例えば

・雑貨をたくさん飾ったり、ラグやクッションなどを柄物で揃えるアメリカンスタイル

・リゾート感のあるアジアンスタイル

・古き良き時代のアンティーク

などです。

好きなものに囲まれての一人暮らしの生活は楽しいのものですよね。

しかし、部屋はリラックスして過ごすための場所でもあります。

いろいろな色が目に飛び込んできて、ものが多いようなインテリアでは案外リラックスすることができません。

結局、さまざまなテイストのインテリアで過ごしてきた人が最終的に目指すのは、シンプルなインテリアなことが多いのです。

それでは、一人暮らしの部屋をよりシンプルなインテリアにするためには、いったいどうしたらいいのでしょうか。

一人暮らしのインテリアをシンプルにするための条件

これまで、ものが多い生活を送ってきてはいませんでしたか?

一人暮らしのインテリアをよりシンプルにするには、まず、ものを減らす努力をしましょう。

ものを減らすということは、シンプルなインテリアを手に入れるための一番大切な条件です。

「まだ使うかもしれないから、クローゼットにしまっておこう」なんてことはしないでくださいね。

このような場合、大体は結局使わないことが多いからです。

また、このようなことを一度すると、同じことを繰り返す場合が多いのです。

ですから、思い切って断捨離をするようにしましょう。

さらに、インテリアにシンプルさを求めるのであれば、部屋の「色」を3色までにおさえるようにしましょう。

これ以上色が多くなってしまうと、雑多な印象になってしまうためです。

そして、大きい家具や家電を同じ色に統一するといいでしょう。

こうすることで、部屋に一体感を持たせることができます。

一人暮らしのインテリアをシンプルにするためのコツ

続いては、一人暮らしのインテリアをシンプルにするためのコツについて、ご紹介していきましょう。

まず、これまでの家具を一新したい時、すべての家具を同時に買ってしまうことは避けるようにしてください。

できれば、少しずつ、気に入った必要なものだけを追加していくようにした方がいいでしょう。

また、気に入ったものが見つかるまで「とりあえず、これでいいか…」と、家具を買わないようにしてくださいね。

このような場合、結局その家具を捨てることができずにずっと使ってしまうことになりかねないからです。

そもそも、インテリアをシンプルにする大前提が「ものを減らす」ことなのです。

熟慮していない買い物はしないように気をつけてくださいね。

そして、シンプルなインテリアを手に入れるコツとして、またもや「色」についてお話をしておきましょう。

さきほど、色は3色までにおさえましょうとお話ししましたが、その3色を選ぶにもコツがあります。

それは、自然で見られる色を選ぶことです。

つまり、蛍光色などの自然にない色は選ばないということですね。

そうすることで、すっきりとした印象の部屋になりますよ。

インテリアをシンプルにするには家具の形や素材も重要

一人暮らしのインテリアをシンプルにするには、選ぶ家具の形や素材も重要になってきます。

例えば、どっしりとした印象の家具を置くと、どうにもすっきりとした部屋に見えません。

つまり、シンプルには見えないのです。

家具の形は部屋のシンプルさに関係がない気もしますが、見た目には大きく異なります。

よって、家具はすっきりとした印象のものを選ぶようにしましょう。

また、家具の素材も重要です。

よりシンプルにしようとステンレスやアルミなどを多く選び、部屋の中がそればかりになってしまうと部屋全体が冷たい印象となってしまうことがあります。

ですから、家具にステンレスやアルミなどを使用してる場合は、観葉植物などグリーンを置くと冷たい印象が緩和されておすすめです。

さらに、家具の一部に木材が使われていると温かい印象のインテリアとなります。

ですから、家具に木材を取り入れることはおすすめですよ。

シンプルなブラックインテリアの注意点

一人暮らしのインテリアをシンプルにするということで、ブラック系で統一した部屋にしたいという方は多いことでしょう。

ブラック系でまとめたインテリアは洗練された印象ですものね。

しかし、インテリアをブラック系でまとめる際には注意点があるのです。

それは、家具などの高さと形です。

ブラック系にまとめるとなると重たい印象となりがちです。

そこに、背が高かったり角ばった家具を取り入れると、さらに重たい印象となってしまうのです。

ですから、ブラック系にまとめたい時にはなるべく家具類の高さを低めにして、形も丸みを帯びているようなデザインのものを選ぶようにしましょう。

ですが、インテリアをシンプルにするにはすっきりとした印象の家具を選びましょうとさきほどご説明したばかりですよね。

この場合、部屋のインテリアをどの色でまとめるかによって異なってきますので、それによって対応するようにしてくださいね。

また、もしも一人暮らしの部屋の床色が暗めの色の場合は、ブラック系のインテリアでまとめることはおすすめできません。

なぜなら、床も暗くてインテリアも暗いと、シンプル以前に部屋全体が暗い印象となってしまうためです。

シンプルの極み!オールホワイトインテリア

これまでのお話では、色は基本的に3色でおさえましょうとお伝えしてきましたね。

一人暮らしの部屋をシンプルなインテリアにするためには、必須条件でもあるでしょう。

しかしそこを3色ではなく、ホワイト1色にしてしまうオールホワイトインテリアがシンプルなインテリアの極みなのです。

オールホワイトインテリアは上級者向けとも言えますが、思いきってトライしてみるとかなり居心地のいい空間になるかもしれませんよ。

オールホワイトインテリアにするためのコツは、家具などの素材感を重視することにあります。

例えば、ソファは布張り、ラグはウール、ダイニングテーブルは大理石…などと、同じ白でも家具によって素材感を大切にするのです。

そうすることで、オールホワイトでも魅力的な空間に大変身します。

オールホワイトといっても、小物などの要所要所でブラウンなどの差し色を入れると、空間が引き締まって素敵な雰囲気になります。

また、オールホワイトインテリアは、一人暮らしだからこそ行えるともいえます。

子供がいるようなご家庭であればジュースなどをよくこぼしたりするでしょうから、オールホワイトで揃えることは困難です。

オールホワイトは、誰にも邪魔されない一人暮らしの空間だからこそできるインテリアです。

インテリアをシンプルにして快適な一人暮らしを!

ものがあふれている場所に身を置いていると、思考がひとつに定まらないことも多いです。

人によって居心地のいい空間は違いますが、インテリアがシンプルだと心が落ち着くものです。

これを機に、まずは断捨離から始めて、一人暮らしの部屋をシンプルにしてみませんか?

 - 生活