布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

インテリアはシンプルに!一人暮らしに最適なインテリアとは

2018.8.6

自分の好きなようにアレンジできる一人暮らしのインテリア、あなたはこだわりがありますか?

これまでいろいろなテイストのインテリアで過ごしてきた方が最終的に目指すのは、シンプルなインテリアということが多いです。

そこで、一人暮らしのインテリアをよりシンプルにするための秘訣をお話ししていきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

お部屋が宇宙に?インテリア・小物を使い幻想的な空間を再現

宇宙は広大で、幻想的かつ神秘的でわずらわしい現実から遠く離れたイメージを持っています。 お...

インテリアコーデのコツ!モダンテイストに合うカーテンは?

皆さんは、インテリアコーディネートをする際、カーテンはどのように選んでいますか。 カーテンは、...

ただ素敵なだけじゃない、お部屋紹介ブログにみる理想の空間

皆さんにとって、お部屋で過ごす時間とは一体どのようなものですか? お部屋で過ごす時間、そんな些...

お部屋を上手にアレンジするにはどうしたら良い?壁に注目!

無機質な真っ白い壁に、つまらなさを感じている人は多いでしょう。 しかし、賃貸住宅であることでな...

勉強机の明かりは大切!蛍光灯の取り方と選ぶ時の注意点

突然ですが、勉強机の蛍光灯の取り方、ご存知ですか。 交換する機会もそうそうないので、「今まで勉...

団地のキッチンでもカウンターテーブルはつくれちゃう!

賃貸や団地のキッチンでも、カウンターテーブルがあればいいなと思った方は多いと思います。 キッチ...

蛍光灯の気になる点滅!グロー球なしの蛍光灯は点滅しない?

蛍光灯のスイッチを入れて、点滅しないですぐに明るくなったら、それはグロー球なしの蛍光灯かもしれま...

家の玄関灯や車のヘッドライトなど交換が可能な「led」とは

あらゆる物が進化している現代ですが、明かりに関しても便利なものが、世には沢山出ています。 その...

ある日突然はじまる蛍光灯のチカチカ…点滅する原因は寿命?

仕事から帰って真っ暗な部屋の電気をつけると…蛍光灯がチカチカ。 誰しもそんな経験が1度や2...

ワイドハイターを詰め替え!別の容器への詰め替えはNG?

花王から販売されている漂白剤、ワイドハイターをご存知ですか? 「衣料の漂白剤と言えばコレ!...

鍵をかけたいお部屋はどこ?部屋別に鍵の後付けを考える

部屋の扉に鍵が欲しい、と思うことはないでしょうか。 プライベートを守りたいということもあるかと...

敷布団のシーツのゴムが伸びる!その原因と対処法をご紹介!

皆さんは、敷布団にシーツを敷いていますか? ピシッと敷かれた清潔なシーツで眠るのは、とても...

インテリアを楽しむためにリビングにオブジェを取り入れよう

リビングのインテリアを変えてみようと思った時、まずどこから手を付けるでしょうか? 家具を動...

人気の電気マット6選!ベッドでも使えるアイテムをご紹介

寒さ厳しい冬に重宝するのが、あたたかい電気マットです。 寝る前にベッドの上に敷いて、スイッ...

ファブリーズの除菌効果は?ウイルスにも効果はあるの?

【新ファブリーズで瞬間お洗濯!99.9%除菌・消臭】 これは、TVCMや商品陳列などでよく見か...

スポンサーリンク

一人暮らしのインテリアはシンプルイズベスト?

インテリアテイストにはさまざまな種類があり、好みは人それぞれです。

例えば

・雑貨をたくさん飾ったり、ラグやクッションなどを柄物で揃えるアメリカンスタイル

・リゾート感のあるアジアンスタイル

・古き良き時代のアンティーク

などです。

好きなものに囲まれての一人暮らしの生活は楽しいのものですよね。

しかし、部屋はリラックスして過ごすための場所でもあります。

いろいろな色が目に飛び込んできて、ものが多いようなインテリアでは案外リラックスすることができません。

結局、さまざまなテイストのインテリアで過ごしてきた人が最終的に目指すのは、シンプルなインテリアなことが多いのです。

それでは、一人暮らしの部屋をよりシンプルなインテリアにするためには、いったいどうしたらいいのでしょうか。

一人暮らしのインテリアをシンプルにするための条件

これまで、ものが多い生活を送ってきてはいませんでしたか?

一人暮らしのインテリアをよりシンプルにするには、まず、ものを減らす努力をしましょう。

ものを減らすということは、シンプルなインテリアを手に入れるための一番大切な条件です。

「まだ使うかもしれないから、クローゼットにしまっておこう」なんてことはしないでくださいね。

このような場合、大体は結局使わないことが多いからです。

また、このようなことを一度すると、同じことを繰り返す場合が多いのです。

ですから、思い切ってものを処理して整頓するようにしましょう。

さらに、インテリアにシンプルさを求めるのであれば、部屋の「色」を3色までにおさえるようにしましょう。

これ以上色が多くなってしまうと、雑多な印象になってしまうためです。

そして、大きい家具や家電を同じ色に統一するといいでしょう。

こうすることで、部屋に一体感を持たせることができます。

一人暮らしのインテリアをシンプルにするためのコツ

続いては、一人暮らしのインテリアをシンプルにするためのコツについて、ご紹介していきましょう。

まず、これまでの家具を一新したい時、すべての家具を同時に買ってしまうことは避けるようにしてください。

できれば、少しずつ、気に入った必要なものだけを追加していくようにした方がいいでしょう。

また、気に入ったものが見つかるまで「とりあえず、これでいいか…」と、家具を買わないようにしてくださいね。

このような場合、結局その家具を捨てることができずにずっと使ってしまうことになりかねないからです。

そもそも、インテリアをシンプルにする大前提が「ものを減らす」ことなのです。

熟慮していない買い物はしないように気をつけてくださいね。

そして、シンプルなインテリアを手に入れるコツとして、またもや「色」についてお話をしておきましょう。

さきほど、色は3色までにおさえましょうとお話ししましたが、その3色を選ぶにもコツがあります。

それは、自然で見られる色を選ぶことです。

つまり、蛍光色などの自然にない色は選ばないということですね。

そうすることで、すっきりとした印象の部屋になりますよ。

インテリアをシンプルにするには家具の形や素材も重要

一人暮らしのインテリアをシンプルにするには、選ぶ家具の形や素材も重要になってきます。

例えば、どっしりとした印象の家具を置くと、どうにもすっきりとした部屋に見えません。

つまり、シンプルには見えないのです。

家具の形は部屋のシンプルさに関係がない気もしますが、見た目には大きく異なります。

よって、家具はすっきりとした印象のものを選ぶようにしましょう。

また、家具の素材も重要です。

よりシンプルにしようとステンレスやアルミなどを多く選び、部屋の中がそればかりになってしまうと部屋全体が冷たい印象となってしまうことがあります。

ですから、家具にステンレスやアルミなどを使用してる場合は、観葉植物などグリーンを置くと冷たい印象が緩和されておすすめです。

さらに、家具の一部に木材が使われていると温かい印象のインテリアとなります。

ですから、家具に木材を取り入れることはおすすめですよ。

シンプルなブラックインテリアの注意点

一人暮らしのインテリアをシンプルにするということで、ブラック系で統一した部屋にしたいという方は多いことでしょう。

ブラック系でまとめたインテリアは洗練された印象ですものね。

しかし、インテリアをブラック系でまとめる際には注意点があるのです。

それは、家具などの高さと形です。

ブラック系にまとめるとなると重たい印象となりがちです。

そこに、背が高かったり角ばった家具を取り入れると、さらに重たい印象となってしまうのです。

ですから、ブラック系にまとめたい時にはなるべく家具類の高さを低めにして、形も丸みを帯びているようなデザインのものを選ぶようにしましょう。

ですが、インテリアをシンプルにするにはすっきりとした印象の家具を選びましょうとさきほどご説明したばかりですよね。

この場合、部屋のインテリアをどの色でまとめるかによって異なってきますので、それによって対応するようにしてくださいね。

また、もしも一人暮らしの部屋の床色が暗めの色の場合は、ブラック系のインテリアでまとめることはおすすめできません。

なぜなら、床も暗くてインテリアも暗いと、シンプル以前に部屋全体が暗い印象となってしまうためです。

シンプルの極み!オールホワイトインテリア

これまでのお話では、色は基本的に3色でおさえましょうとお伝えしてきましたね。

一人暮らしの部屋をシンプルなインテリアにするためには、必須条件でもあるでしょう。

しかしそこを3色ではなく、ホワイト1色にしてしまうオールホワイトインテリアがシンプルなインテリアの極みなのです。

オールホワイトインテリアは上級者向けとも言えますが、思いきってトライしてみるとかなり居心地のいい空間になるかもしれませんよ。

オールホワイトインテリアにするためのコツは、家具などの素材感を重視することにあります。

例えば、ソファは布張り、ラグはウール、ダイニングテーブルは大理石…などと、同じ白でも家具によって素材感を大切にするのです。

そうすることで、オールホワイトでも魅力的な空間に大変身します。

オールホワイトといっても、小物などの要所要所でブラウンなどの差し色を入れると、空間が引き締まって素敵な雰囲気になります。

また、オールホワイトインテリアは、一人暮らしだからこそ行えるともいえます。

子供がいるようなご家庭であればジュースなどをよくこぼしたりするでしょうから、オールホワイトで揃えることは困難です。

オールホワイトは、誰にも邪魔されない一人暮らしの空間だからこそできるインテリアです。

インテリアをシンプルにして快適な一人暮らしを!

ものがあふれている場所に身を置いていると、思考がひとつに定まらないことも多いです。

人によって居心地のいい空間は違いますが、インテリアがシンプルだと心が落ち着くものです。

これを機に、まずはいらないものを処理して整頓するところから始めて、一人暮らしの部屋をシンプルにしてみませんか?

 - 生活