布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

6畳を理想空間に!インテリア次第で男の夢のおしゃれ暮らし

2018.8.17

1人暮らしの間取りの多くは6畳1Kです。

限られたスペースではインテリアに凝れないと、割り切っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

工夫を凝らせば、叶えたかった理想のお部屋の実現に近づけることができるかもしれません。

6畳1K、1人暮らしの男性のお部屋に焦点をあて、シンプル・おしゃれ・趣味それぞれに合ったお部屋づくりをご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

鍵がないっ!!一人暮らしで部屋の鍵を紛失した時の対処法

一人暮らしでアパートやマンションに住んでいる方、鍵をなくしてしまった経験はありませんか? どこ...

お部屋づくりの参考書!実践に役立つインテリア雑誌一覧!

「おしゃれなお部屋に住んでみたい!」「センスのいいお部屋にしたい!」そんなときに活用できるのが、...

費用をかけずにできる!鍵を部屋の中から取り付けてみよう

一般的に、私たちの住む家やマンション、アパートには、部屋の鍵は1つ付いていますよね。 ですが、...

お洒落なインテリアコーディネート!壁紙はグレーがトレンド

昔ながらの家であれば、壁紙は基本的にホワイトが多いですよね。 しかし、ここ数年、壁紙をホワ...

ダンボールでキッチンを作ろう!子どもが喜ぶアレンジとは

子どもの頃は男の子も女の子も、一度はおままごとをしたことがあるのではないでしょうか? 年々子ど...

コンセントがお布団の上に位置するのは危険!火事の恐れも!

ニュースでよく耳にする「火事」ですが、コンセントからの発火が原因となっていることが多くあります。...

インテリアを激安でゲット!かわいい多肉植物を取り入れよう

「お部屋は疲れをとる場所にしたい」 「ペットに癒されたいけど、今住んでいるところでは飼えない」 ...

畳やフローリングマットを清潔にしてカビ予防をしよう

日本の文化といっても良い程、畳は古くから親しまれてきました。 最近では、畳のお部屋の雰囲気を変...

蛍光灯がチカチカする原因は安定器かも!?安定器の役割とは

蛍光灯が、チカチカ点滅してしまうことってありますよね。 ひとつの原因として、安定器が劣化してい...

部屋を彩る照明と照明についているグローランプとは?

部屋を明るく照らす照明には、白熱球やLED、蛍光灯などの様々な種類があります。 これらの照明、...

ソファーのカバーがずれない!画期的な方法とは!?

お家にソファーがあるというご家庭は多いのではないでしょうか。 そして、ソファーがあるお家に共通...

好みだけで決めないで!部屋別カーテンのおすすめの色

カーテンは閉めているときは特に、壁の大部分を占めるのでお部屋の印象を大きく左右することになります...

100vのコンセントがあれば、自動車がもっと便利に!

ドライブで遠出した先でも、自動車の中で家庭用の100vのコンセントが使えたらとても便利です。 ...

蛍光灯が切れるときに音がする?音の原因を調査!

私たちの暮らしの中に、当たり前のようにある蛍光灯。 蛍光灯から音がする、という経験はありません...

油圧式の椅子の寿命は?目安と修理方法を徹底解説!

油圧式の椅子はオフィスや学校など、幅広い場所で活躍する今では、使ったことない人はいないと言っても過言...

スポンサーリンク

1人暮らしの6畳1K!テーマを考えたインテリア選び

初めての1人暮らしはワクワクしませんか。

1人の時間を楽しく豊かな生活にするために、生活の拠点となるお部屋は気合いを入れてインテリアにこだわりたいですよね。

1人暮らしのお部屋の間取りは、その多くが6畳1Kです。

限られたスペースで理想の空間をつくりあげることは難しいでしょう。

しかし、狭い空間を上手く活用して、理想のお部屋に近づけることは可能です。

そのために、大事なことはテーマを決めることです。

例えば、趣味の筋トレをしたいし、友人も招きたい、となると、バーベルやベンチは置くだけでスペースを広く取ってしまいます。

すると、友人を招き入れても、足の踏み場が無い、といった事態になりかねません。

筋トレをとるか、友人との憩いの場にするか、複数のテーマを共存させることは難しいです。

デザインの面でも、メーカーやカラーリングなどのテーマを統一して揃えることで、狭いお部屋でもすっきり見せることができます。

では、ここから6畳間の限られた狭いスペースで、男性の1人暮らしを潤わせる、お部屋のインテリアを考えていきましょう。

初めての6畳1K男1人暮らし!シンプルなインテリア選びから

初めての1人暮らしでは、学校、仕事などの環境に慣れることから始めなければなりません。

環境の変化で気疲れした心身を休めるために、必要なものだけを揃えてシンプルなお部屋にしましょう。

間取りが6畳1Kの場合、一つの空間で生活の基本「衣食住」を揃えなければなりません。

衣食住を充実させるために最低限必要なものを挙げるなら、寝具、テーブル、カーテン、収納です。

特に、睡眠は生活の質に影響するので、寝具は良いものを選ぶことをおすすめします。

テーブルは食事だけでなく課題などの作業に必要ですし、カーテンは男女問わずプライバシーの保護のためにも購入しておきましょう。

収納スペースがあれば、洋服などの生活感が出るものを収められ、さらにインテリアを楽しむ余裕が生まれます。

初めての1人暮らし、まずは十分に体を休められるように、シンプルなお部屋から始めてみましょう。

6畳間におしゃれなインテリアを!3つのポイントに気をつけよう

6畳間の限られたスペースをおしゃれに見せる、基本的なポイントは、

・インテリア
・配置
・カラーリング

の3つです。

この3つをベースに、どうやっておしゃれなお部屋を演出するか考えていきましょう。

まず、インテリアです。

生活に必要な寝具やテーブルは、それだけで広くスペースをとってしまいます。

だからといって、不要なものとしていいわけではありません。

そこでポイントなのが、高さの低いインテリアのチョイスです。

存在感のあるインテリアを、例えばローベッド・ローテーブルのように低くコンパクトなフォルムにすると、開放的な空間に見せることができます。

次に、配置です。

配置には2つのコツがあります。

1つ目に、正方形のスペースです。

部屋の中心に正方形の空間を置くことで、お部屋を広く見せることができます。

2つ目に、奥行きの凸凹を少なくすることです。

例えば、テレビラックや本棚など壁際に配置するインテリアの奥行きがバラバラで凸凹していると、ごちゃごちゃした印象になります。

事前に奥行きのサイズを測って面を揃えると、見た目を綺麗にすることができます。

最後のポイントは、カラーリングです。

壁や床など、視界に多く入る面を明るい色にすると、お部屋を広く見せることができます。

また、カーテンやソファなどのインテリアのベースとなるカラーは3色までにしましょう。

それ以上色が使われると、まとめづらい上にかえっておしゃれから遠ざかる場合もあります。

個人のセンスにもよりますが、3色までに抑えるのがおすすめです。

例えば、ホワイトやグレーの男性らしいスタイリッシュなモノクロに、ブラウンを組み合わせると、シンプルでありつつもあたたかみのある印象を与えることができます。

どんな色にすればよいかわからないときは、参考にしてみてください。

6畳間に最適?世界中の男女が注目の北欧インテリア

おしゃれの3つのポイントをご紹介しましたが、6畳間のように限られたスペースにぴったりのインテリアがあります。

それは北欧インテリアです。

初めて耳にした方の中には、「北欧?むずかしそう」と一歩引いてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、北欧インテリアはシンプル&ナチュラルが追求されたスタイルです。

北欧の暮らしというのは、寒い日が多く、またお宅の面積が狭いこともあり、お部屋にいる長い時間をいかに少ないインテリアで豊かに送るか、という知恵が絞られています。

こうした北欧のライフスタイルや、北欧をイメージしたインテリアを含めて北欧インテリアと呼びます。

北欧インテリアは日本だけでなく、世界中の男女ともに注目しているライフスタイルです。

ポイントはシンプルであることなので、真似しやすく、また、お部屋をすっきりとさせた印象にできます。

その北欧インテリアですが、生活を快適にさせるため、インテリアは必要最低限のものしか置きません。

まさに、6畳間の条件にぴったりです。

また、主にウッドテイストの素材でできたインテリアが用いられているので、お部屋全体が優しくあたたかみのある空間を演出することができます。

さらに、スカンジナビア柄という、北欧由来の自然をモチーフにした柄を取り入れるとグッと北欧インテリアに近づけられるでしょう。

以上の特徴を踏まえるだけで、お部屋を北欧のライフスタイルへと変身させることができます。

北欧インテリアのように狭い空間を豊かに彩る生活、まさに理想とする方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そうでない方も真似しやすいので、ぜひ北欧インテリアのあるお部屋で豊かな生活を始めてみませんか。

モテる男性のおしゃれ部屋!6畳間をカフェ風に演出

気になっている女の子を、いざ部屋に招き入れる場面が訪れたときのための準備はかかせません。

しかし、「女の子が気に入りそうなお部屋なんて皆目検討もつかない!」とお困りの男性も少なくありません。

そこで、女性に気に入られるためのお部屋づくりのコツをご紹介していきます。

まず、欠かせないのは「清潔感」です。

お部屋に限らず女性は、男性の身だしなみから爪の先、食べ方にまで目を向けています。

汚く散らかったお部屋を目にしたら、せっかく来てもらったのに幻滅されかねません。

また、臭いも気になるポイントです。

そして、清潔感と臭い、両方に効果を発揮するのが植物です。

植物があるだけでも、視覚から入る緑は爽やかな印象と癒し効果を与え、嗅覚からはナチュラルな自然の香りに加え清浄作用で空気をキレイにする効果もあります。

では、植物を置くと印象がよくなりそうなのはわかりましたが、具体的にどんなインテリアを置けば良いのでしょうか。

そこで、おすすめなのが「カフェ風」スタイルのお部屋です。

カフェの雰囲気を出すために、ソファとテーブル、この2つのアイテムにこだわりましょう。

バイキャストレザーのソファでクラシックな大人の雰囲気を出し、味わいのある木製のテーブルを合わせたらおしゃれなカフェ空間を醸し出せます。

そこに植物を加えれば、爽やかさがプラスされます。

そこにサッとコーヒーや紅茶、手料理をさりげなく差し出せば好評価につながりそうです。

また、自分の行きつけのカフェや、話題のカフェの雰囲気を取り入れてみるのも方法の1つです。

限られた6畳間を上手に駆使して、自宅におしゃれなカフェ空間を演出し、女の子から好印象をゲットしましょう。

6畳間を好みの趣味部屋に!インテリアはシンプルにしよう

「せっかく24時間自分の好きにできるのだから、とことん趣味を満喫するぞ!」という趣味を大切にしたい方も多くいらっしゃるでしょう。

例えば、ゲーム好きの男性なら、極端にいえば24時間ゲームをしても怒られない、誰からも文句を言われない、最高の環境といえるでしょう。

そこで、趣味を大切にしたい方が気をつけるポイントですが、それはベッドの配置です。

6畳間の限られたスペースで、大半の時間を過ごすのはベッドの上になります。

手の届くところに好きなものを置ければ、楽でわずらわしくありませんよね。

ベッドを配置する際は、趣味のものの近くに置くと良いでしょう。

趣味でお部屋を充実させるためには空間を節約しなければなりません。

そのため、趣味以外のインテリアはシンプルなもので揃えると、理想の趣味部屋に近づけることができるでしょう。

限られたスペースで夢の6畳間に!

6畳間という限られたスペースでは、多くのものは配置できません。

しかし、おしゃれな空間で過ごしたい、女の子にモテる部屋をつくりたい、趣味に没頭したいと1人暮らしに夢は膨らみます。

配置、カラーリング、収納などさまざまな角度から工夫を凝らして、理想の6畳間に近づけていきましょう。

 - 生活