布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

インテリアをナチュラルに!コーディネートのポイントを紹介

2018.7.29

お部屋のコーディネートの中で、非常に多く取り入れられており、人気が高いのがナチュラルインテリアで統一したコーディネートです。

比較的取り入れやすく、落ち着いた空間になるのでおすすめです。

そこで今回は、そんなナチュラルインテリアコーディネートのポイントを詳しく解説します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

全自動洗濯機の蛇口を開けっ放しにすると思わぬ事故に!?

全自動洗濯機の蛇口は開けっ放しにしてますか? それとも閉めていますか? 開けっ放しの方も閉め...

スイッチを入れても真っ暗?蛍光灯は切れる前に取り換えよう

人間は、蛍光灯もない生活から、さまざまな技術を駆使して、現代では夜でも明るく過ごせる生活をすることが...

16畳のLDKは本当に狭いのか?快適なリビングについて考える

念願の新築マイホーム、あれこれ希望はつきません。 特にLDKは、くつろぎの場所、おもてなしの場所と...

納得!家の階段の寸法は安全を考え計算されていた!

いつも何気なく上り下りしている家の階段は、うっかり踏み外したりしない限りは、落ちたりすることはありま...

お洒落なインテリアは本も飾る時代!ディスプレイ術をご紹介

お部屋のインテリアを考えるとき、何か良い案はないかとネット等で検索する方も多いでしょう。 ...

ワンルームでテレビの音量が気になる!防音テクニックで対策

一人暮らしをしていると隣の部屋の音が気になったり、逆に自分の部屋の音が周りの部屋に漏れているのではな...

インテリアで人気のある通販商品の傾向!オンリーワンの部屋

お部屋を彩るインテリアですが、これらの物を購入する場合、皆さまならどちらで購入されるでしょうか。 ...

ベランダに洗濯機を置くなら排水には特に配慮を!

ベランダで洗濯機を使うのは、決して珍しいことではありません。 ワンルームの狭いスペースを有効に使う...

壁の修復は義務!?賃貸の退去時の原状回復と自己修復方法

賃貸住宅にお住まいの方で、「壁に穴を開けてしまった」という人は、少なくないのではないでしょうか。 ...

シーリングライトはリモコンがあれば壁スイッチなしでもOK

リビングや寝室で活躍するシーリングライト、リモコンが付いていればとても便利です。 たとえば賃貸...

インテリアコーデのおしゃれポイント!海外の実例から解説

海外のインテリアコーディネートでは、おしゃれで真似したくなる実例が豊富です。 とても簡単に取り...

まるで隠れ家!コンクリート天井の物件のインテリア術!!!

壁や天井がコンクリートの物件ってかっこいいですよね。 デザイナーズ物件に多い使用ですが、最近で...

コンクリートに開いたネジ穴、その補修方法って知ってる?

賃貸でも持ち家でも、普通に暮らしていると壁に色々飾ったりしますよね。 壁掛け時計、絵画、ポ...

色の違いはどこにある?ネイビーとインディゴについて

皆さんは、ネイビーとインディゴと聞いて、何を思い浮かべますか? また、この2つの色の違いを知っ...

一人暮らしや模様替えにインテリアを考えるならブログを活用

「好きなインテリアを揃えた素敵な部屋で一人暮らしをしたい!」 「模様替えをしたいけど、そろそろ今ま...

スポンサーリンク

まずはベースカラーを決めてコーディネート!

お部屋をナチュラルインテリアでコーディネートする際は、はじめにベースとなるカラーを決めると良いです。

インテリアコーディネートをする上でのベースカラーとは主に、天井や壁、床のカラーのことを指します。

お部屋全体のおよそ70%を占めるカラーになります。

そこで、ナチュラルインテリアコーディネートのベースカラーとしておすすめの色が、白やクリーム色、生成りといったナチュラルカラーです。

特に、白はお部屋を広く見せる視覚的効果がある上、明るい印象になるのでおすすめです。

また、白はどんなインテリアにも馴染み、飽きがこないという点でもおすすめできます。

そして、壁と天井のカラーを決める際は、壁のカラーよりも天井のカラーのトーンを明るくすると、天井が高い印象になります。

したがって、壁紙はクリーム色や生成りといったカラーを選び、天井を明るい白にすると、ナチュラルインテリアコーディネートのコンセプトにもマッチし、天井が高く広々とした印象になります。

ナチュラルインテリアに合うメインカラーとは

お部屋のベースカラーが決まったら、続いてはメインカラーを決めましょう。

インテリアコーディネートをする上でのメインカラーとは、主にカーテンやソファ、キャビネットといった大きめのインテリアのカラーを指します。

お部屋全体のおよそ30%を占めるカラーになります。

そこで、ナチュラルインテリアでお部屋をコーディネートする場合のメインカラーとしておすすめなのが、グレーやベージュ、ブラウンなどです。

ナチュラルインテリアのコーディネートでは、木製家具を取り入れることが多いので、木の色であるベージュやブラウンなどは非常にマッチします。

特に、ナチュラルインテリアコーディネートの中でも人気のカフェテイストは、グレーやベージュ、ブラウンといったカラーが合います。

明るいカフェテイストにしたい場合は、ナチュラルベージュを取り入れたり、木製家具の色はパイン調や白に近いカラーにすると良いでしょう。

落ち着いたカフェテイストにしたい場合には、ソファの色をグレーにしたり、木製家具の色のトーンを少し暗くすると良いです。

このように、同じカフェテイストの中でもメインカラーによって印象が大きく変わります。

補足として、メインカラーは3色以内に抑えると、お部屋全体にまとまりが生まれ、ナチュラルインテリアコーディネートのコンセプトから逸れにくいと言えます。

ナチュラルなアクセントカラーでコーディネート!

メインカラーを決めたら次は、アクセントカラーを選びましょう。

お部屋のコーディネートをする上でのアクセントカラーは、主にクッションや小物類などの細かなアイテムのカラーを指します。

このアクセントカラーは、ベースやメインカラーとの対比を意識して選ぶことが大切です。

メリハリが重要になりますが、奇抜すぎるアクセントカラーはナチュラルインテリアコーディネートというコンセプトから逸脱する恐れがあります。

そこで、ナチュラルインテリアでお部屋をコーディネートする際のアクセントカラーとしておすすめなのが、グリーンやブルーといったアースカラーです。

アースカラーとは、植物や土、空といった自然物をイメージとしたカラーのことを指します。

そんなアースカラーであるグリーンやブルーは、ナチュラルインテリアに良く合い、アクセントにすることでお部屋に爽やかな印象を与えます。

また、グリーンは比較的どんなテイストのナチュラルインテリアにも合います。

ブルーは、ベースカラーが白のインテリアコーディネートによく合います。

西海岸風のナチュラルインテリアコーディネート!

ここからは、ナチュラルインテリアの中で細分化されるテイストごとに、インテリアコーディネートのポイントについて解説します。

ナチュラルインテリアコーディネートの中で、男性にも女性にも合い人気が高いテイストが西海岸テイストです。

西海岸テイストとは、文字通りアメリカの西海岸の雰囲気を表現したテイストを指します。

そんな西海岸テイストのナチュラルインテリアコーディネートでは、白やブルーといったカラーがポイントになります。

ベースカラーは白で統一し、アクセントカラーにブルーを取り入れることで、海辺の爽やかな雰囲気を効果的に演出することができます。

ベースカラーは寒色系に近い白か、少しくすんでいるような白が合います。

例を挙げると、壁に取り入れる場合は、ペンキがかすれたようなデザインの白色の壁紙や古材風の白色の木目調の壁紙などです。

シャビーシックな雰囲気を取り入れることで、海沿いで営むカフェのような趣が生まれます。

アクセントカラーであるブルーの取り入れ方としては、鮮やかなブルーのデニムのクッションを置いたり、海に関係したオブジェなどを飾るのがおすすめです。

人気の北欧テイストでナチュラルにコーディネート!

女性を中心に根強い人気があるのが、北欧テイストです。

木製家具や素材が良いファブリックを多く取り入れたインテリアコーディネートになります。

そんな北欧テイストなナチュラルインテリアコーディネートにする場合のベースカラーは、白がおすすめです。

白は、木製家具と非常に良く合います。

木製家具は、ベージュやブラウンといった落ち着いたカラーのものがおすすめで、テーブルは丸みのあるタイプが取り入れられている場合が多いです。

また、北欧テイストなインテリアコーディネートの中で、よく取り入れられているのが大柄のファブリックです。

白地に単色の大きな花柄や、幾何学模様のファブリックなどを取り入れると、お部屋が一気に北欧テイストになります。

柄のカラーは、単色である方がシンプルで北欧テイストなコーディネートにマッチします。

フレンチテイストなインテリアコーディネートで上品に!

最後にご紹介するのは、フレンチテイストなナチュラルインテリアコーディネートのポイントです。

フレンチテイストは女性に人気で、白を基調としたアンティーク調のインテリアや、レースがあしらわれたファブリックなどが好きな方におすすめです。

木製で真っ白なダイニングテーブルやチェアなどのインテリアを揃えると、フレンチテイストなお部屋にぐっと近づきます。

また、丸みのあるインテリアを取り入れるのもおすすめです。

丸いテーブルや猫脚のアンティークなチェアなどは、お部屋にエレガントな印象を与えます。

また、真っ白な木製家具で統一した中に、1つだけブラウンの猫脚チェアを置くといったアレンジをすると、さらにおしゃれになります。

全ての家具をアンティークのもので揃えるのが難しい場合も、1つだけ取り入れるといった手法がおすすめです。

ナチュラルインテリアコーディネートはコンセプトが重要!

これまで、お部屋をナチュラルインテリアでコーディネートする際のポイントをお伝えしてきましたが、いかがでしたか。

ナチュラルインテリアコーディネートの中でも西海岸テイストや、北欧テイストなど、特徴が異なるテイストのコーディネートが存在します。

それぞれのコンセプトに合ったポイントを踏まえて、お部屋をおしゃれにコーディネートしてください。

 - 生活