布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

マットレスが合わない!それならパッドの利用がおすすめ

2018.7.21

ベッドのマットレスに直接寝ている方は、ぜひ、ベッドパッドを使ってみてください。

洗濯できますし、寝心地も良くなります。

他にも、夏は涼しく、冬は暖かく眠れるなど、ベッドパッドにはメリットがたくさん。

そこで今回は、ベッドの必需品とも言える、おすすめのベッドパッドをご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

マットレスのお手入れ方法と、お布団の圧縮方法をご紹介!

マットレスを正しくお手入れしてあげないと、寿命を縮めてしまうことになります。 そこで、マットレ...

インテリアはナチュラルが人気!?白を取り入れる効果とは?

部屋のインテリアにこだわる方が増えてきました。 なかでも最近では、白を取り入れたインテリア...

ふかふかお布団を手に入れよう!干し方の極意は指数にあり!

梅雨入り宣言が発表され、最近では寝苦しい夜も増えてきました。 そんな日は、肌に触れるお布団も汗...

体を支える重要な寝具!マットレスのおすすめ6選!

マットレスは、寝心地を大きく左右する重要な寝具です。 通販サイトでは、数多くの高品質なマッ...

ベッドサイドランプはこれで決まり!私だけのおしゃれ空間!

ベッドサイドのランプは、心を落ち着かせ、眠気を誘い、心地よい時間をつくってくれるアイテムの1つと言え...

クッションフロアの張り替えにかかる費用の相場っていくら?

一戸建てや賃貸住宅で多く使われているクッションフロア! 弾力性のある床材で比較的コストも安く、...

夏の寝具はどう選ぶ?赤ちゃんが快適に過ごすための方法は?

毎年夏になると、暑くて寝苦しい夜が続きますよね。 大人でも体調管理が難しい真夏など、赤ちゃんの...

可愛いペットの睡眠を快適に!ベッドを安いコストで作ろう!

犬や猫、うさぎやハムスター、中には爬虫類や珍しい動物など、家族の一員としてペットを飼っている人も...

新築に引き戸・開き戸、選ぶ際のメリット、デメリットは?

新築を建てるにあたって、たくさんのことを決めていかなくてはなりません。 今回は、ドアについて詳...

寝る時に体や顔周りが寒い!冷え対策・寝る時マスクは良い?

寒い季節、寝る時に体や顔周りが冷たくて、寝つけないなんて経験ありませんか? あたたかい状態で、...

赤ちゃんの寝具は重要!お布団とベビーベッドどちらが人気?

新生児・赤ちゃんは1日の間、寝て過ごすことがほとんどです。 赤ちゃんの肌は大人よりもデリケ...

賃貸住宅の壁に穴を開けてもいいの?補修費用は請求される?

賃貸住宅の壁に穴を開けるのって、なんとなく気が引けませんか? 壁にカレンダーやポスターを貼りた...

ホテルから学ぶ!綺麗にベッドメイクする方法

ホテルに泊まったときに、シーツがピンとしたシワひとつない綺麗なベッドを見ると気分がいいですよね。 ...

使用中の寝具では肩冷えする!冷え対処法とおすすめグッズ!

眠りに就く時に肩や首に冷えを感じると、寒くて眠れない事ってありますよね。 「首肩の冷えを防ぐ良...

腰痛予防になる寝具5選!選び方のポイントも解説

立ち仕事や育児で、腰痛をお持ちの方は多いのではないかと思います。 その中でも腰痛がなかなか...

スポンサーリンク

ベッドで寝るならマットレスだけでは不十分

ベッドを購入したら、ぜひベッドで使う寝具を用意してください。

ベッドに合わせて使用する寝具というと、マットレスや枕、掛け布団を想像する方が多いのでしょうか。

しかし、細かなアイテムとしては、他にも必要なものがあります。

大きなマットレスを使用する場合は、汚れたときに簡単に洗うことができません。

そのため、汚れないようにカバーをかけることをおすすめします。

さらに、季節によっては毛布やブランケットなども用意した方が良いでしょう。

この中でも注目してほしいのが、寝心地に直接アプローチして効果が高い、「マットレスの上に敷くベッドパッド」や「敷パッド」です。

このように、ベッドパッドや敷パッドは、ベッドの必需品とも言える寝具ですから、ベッドを販売しているニトリなどのホームセンターでも購入できます。

また、布製の消耗品なので、シーツやカバーなどと一緒に、大型のショッピングセンターなどでも購入できます。

パッドとマットレスの関係とは?

先ほどもご紹介したように、ベッドパッドや敷パッドは、マットレスが汚れないようにマットレスの上に敷き、その上に寝るのが正しい使い方です。

そのため、ベッドの寝心地は、ベッドパッドや敷パッドも左右することになるので、選ぶ際には注意が必要です。

例えば、硬い生地で作られているマットレスに直接横になると、その感触が気になってしまいます。

しかし、そこに、柔らかい生地のベッドパッドを敷くことで、安心して眠れることもあります。

また、硬いマットレスを使う場合は、中に綿が入った厚めのベッドパッドを敷くことで、マットレスの硬さが緩和されるので、寝ているうちにマットレスの硬さがそれほど気にならないこともあります。

そして、汗をかきやすい方は、寝ている時にかく汗をベッドパッドに吸わせることで、マットレスに湿気が籠りにくくなります。

ベッドパッドを洗濯し、マットレスを定期的に干すことで、カビが生えるトラブルも防げます。

このように、マットレスで気になることが、ベッドパッドを使うことで大きく改善できます。

ただし、マットレスには幾つか種類があるので、目的に応じたものを選ぶのがおすすめです。

パッドのおすすめの使い方

ベッドで使うパッドには、ベッドパッドと敷パッドが売られています。

このうちベッドパッドは、マットレスの上に敷いて使うものですが、ゴムバンドで固定するタイプが多いです。

しかし、寝返りを打ったりしていると、寝ているうちにずれてしまいます。

洗濯で縮むと、よりいっそうずれやすくなります。

もし、ずれてしまって、直接マットレスに寝てしまうようでは、ベッドパッドを使う意味がありません。

そのため、ベッドパッドがずれないように固定して使いましょう。

おすすめの使い方は、マットレスの上に敷いて、その上からボックスシーツで一体化させる方法です。

なお、薄いベッドパッドは、マットレスの厚さに合わせたボックスシートでも十分です。

一方、敷パッドは、肌に直接触れるもので、ボックスシーツの上に敷いて利用します。

敷パッドは、寝ているうちにずれないように、四隅に固定用のゴムバンドが付いている商品が多いので、それをマットレスの底にかけて固定してください。

夏におすすめの敷パッド

夏の寝苦しい夜には、ベッドのマットレスが暑くて眠れない、といったことがよくあります。

むしろ、フローリングの床に直接横になった方が涼しいのでは、と感じた方もおられることでしょう。

そのような夏の夜には、ぜひ、マットレスの上に夏用の敷パッドを使ってください。

ただし、触ってひんやりする素材を使った敷パッドはおすすめできません。

そういった商品は、触った直後は涼しいものの、ずっと触れていると涼しく感じなくなるからです。

そのため、ベッドを利用される方には、ざらざらした感じが涼しげで、同時に吸湿性に優れている麻を使用した敷パッドの利用をおすすめします。

なお、ざらざらした感じが涼しいのは、身体とパッドが完全に密着しないことで、体温の熱がすきまから発散しやすいからです。

また、麻は吸湿性に優れていることから、夜寝ている間に汗をかいても、ある程度からっとした状態で眠れます。

そして、麻の中でも繊維の細いリネンを原料にした敷パッドは、手触りと吸湿性に特に優れていることから、夏の夜にぐっすり眠れるための必需品とも言える、おすすめの商品です。

冬におすすめのベッドパッド

冬の寒い夜にベッドで寝ていると、床から冷たい空気が上がってきて寒く感じることがあります。

そのように、ベッドの下から上がってくる冷気が気になる方は、冬用のベッドパッドの活用をおすすめします。

なお、冬用のベッドパッドには、ベッドの下から上がってくる冷気を遮断するとともに、身体の近くの熱を保温し、さらに人の汗による湿気を吸収する、といった特徴があります。

また、中に吸湿性の素材が入った、厚い生地をベースにしていることから、マットレスの上に敷いて、その上に汚れを防ぐためにボックスシーツをかけるのが一般的です。

さらに、水分を吸収して発熱する素材や、遠赤外線性の素材を使ったタイプもあります。

また、それでも寒い、と感じる方は、中に熱を遮断するアルミシートの入ったタイプをおすすめします。

なお、寒い日には、掛け布団の他にアクリル製の毛布など、何枚も重ねてかける方がいますが、そのようなやり方はおすすめできません。

上にかけるのは保温性の高い羽毛布団など軽いものにし、下からの冷気を遮断するのが、寒い冬に暖かく寝るためのおすすめの方法です。

マットレスが合わない場合もパッドの活用を

ベッドには大きさやフレームの素材の違いにより、多くの種類がありますが、そのベッドで使われるマットレスにも、構造の違いや硬さなどにより、多くの種類があります。

その多くの種類の中なら、自分に合ったベッドを選ぶのがおすすめです。

しかし、購入してしまったベッドが、後から自分に合わないと感じることもあります。

そのような場合は、マットレスの上に敷くベッドパッドで寝心地を改善できるので、ぜひ、試してみてください。

例えば、購入してしまったマットレスが硬すぎて寝心地が良くない、と感じているのなら、中綿が多めに入った厚いベッドパッドを使ってみてください。

それだけで、寝心地が少し改善します。

さらに、マットレスが柔らかすぎて腰痛等に悩んでいる方は、硬めの素材で作られた腰痛対策のベッドパッドで改善するかもしれません。

また、マットレスは高価なので簡単には買い替えできませんが、安価なベッドパッドなら手軽に買い替えられます。

ぜひ、自分に合ったベッドパッドを探して、良い夢をみてください。

マットレスが合わないならベッドパッドがおすすめ

以上、ベッドの必需品とも言えるベッドパッドについてのご紹介でした。

今回、ご紹介したように、ベッドのマットレスは高価で、簡単には買い替えできません。

しかし、比較的安価なベッドパッドを使うことで、ベッドの寝心地を良くできます。

もし、「マットレスが合わないな」と感じているのでしたら、ベッドパッドを活用することをおすすめします。

 - 寝具全般