布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

マットレスが合わない!それならパッドの利用がおすすめ

2018.7.21

ベッドのマットレスに直接寝ている方は、ぜひ、ベッドパッドを使ってみてください。

洗濯できますし、寝心地も良くなります。

他にも、夏は涼しく、冬は暖かく眠れるなど、ベッドパッドにはメリットがたくさん。

そこで今回は、ベッドの必需品とも言える、おすすめのベッドパッドをご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

寝具にまつわる便利なアイデア商品をご紹介します!!

寝具のお手入れって大変ですよね?? そこで、お手入れが楽になる、便利なおすすめアイデア商品をご...

夫婦のベッドはシングル二つが便利!おすすめのベッドは?

結婚をして夫婦になると、生活が今までとはガラリと変わりますよね。 特に、今までは一人で使ってい...

賃貸住宅の退去時、フローリング傷の補修費用は借主が負担?

賃貸住宅のフローリングに傷が出来てしまった場合、退去時にその補修費用は請求されるのでしょうか? ...

新築時のバス・トイレやリビング・寝室などの照明の選び方!

新築を予定されている方、今後新築を希望されている方もいますよね。 お部屋ごとの照明を決めるのって、...

ドアの隙間下から冷気が!この隙間は塞げるの!?

今の住宅は、ドアの隙間下が少し開いています。 このドアの隙間からの冷気、気になりますよね。 ...

洋室にベッドを配置する場合はどこがベスト?徹底調査!

皆さんは、一人暮らしのお部屋や寝室のベッドはどこに配置しますか? 最近は和室よりも洋室のお部屋...

30代女性が始めての一人暮らし開始!まず、すべきことは!?

あなたの周りにも何人か30代の独身女性、実家暮らしの方がいるのではないでしょうか? 女性も仕事...

インテリアと家具の違い!コーディネーターってどんな仕事?

インテリアと家具の違い、ご存知でしょうか。 インテリアと聞くと何やらお洒落なイメージがありませ...

女子の部屋の整理整頓、ベッド下収納でまとめちゃおう!

女子のみなさん!お部屋の収納に困っていませんか? 洋服にメイクにと、ついつい物が多くなってしまい収...

寝具は通販でゲット!カラー豊富でお得なシーツセット!

「気分転換したい」「もっとよく眠りたい」などとお考えの方は、寝具を変えて、お部屋の雰囲気をイメチ...

木材の家具をリメイク!初心者にオススメの塗料と方法とは!

塗装されていない木材の家具、なんとかしたい・・と思っている方いらっしゃるのでは?特にベッドの木枠は塗...

コンパクトなベッド・マットレス特集!サイズが小さいと便利

小さいサイズのベッドやマットレスは、狭いお部屋にお住いの方や、小柄な女性に人気です。 そこでこ...

床の傷や凹みを防ぐためにベッドや冷蔵庫の下に敷くものは?

自宅に大型家具を置く際、床に傷や凹みができないか心配になりませんか。 特に賃貸の場合は、傷や凹みを...

寝具カバーの重要性とは?おすすめのブランドもご紹介!

普段、寝具のカバーはどんなものをお使いですか。 好きなブランドや、気に入った柄など、こだわ...

子供のベッドはデスク付きが良い?メリットとデメリットは?

子供の部屋のレイアウトを考える時、何を基準にして決めていますか? 使い勝手が良いのはもちろんで...

スポンサーリンク

ベッドで寝るならマットレスだけでは不十分

ベッドを購入したら、ぜひベッドで使う寝具を用意してください。

ベッドに合わせて使用する寝具というと、マットレスや枕、掛け布団を想像する方が多いのでしょうか。

しかし、細かなアイテムとしては、他にも必要なものがあります。

大きなマットレスを使用する場合は、汚れたときに簡単に洗うことができません。

そのため、汚れないようにカバーをかけることをおすすめします。

さらに、季節によっては毛布やブランケットなども用意した方が良いでしょう。

この中でも注目してほしいのが、寝心地に直接アプローチして効果が高い、「マットレスの上に敷くベッドパッド」や「敷パッド」です。

このように、ベッドパッドや敷パッドは、ベッドの必需品とも言える寝具ですから、ベッドを販売しているニトリなどのホームセンターでも購入できます。

また、布製の消耗品なので、シーツやカバーなどと一緒に、大型のショッピングセンターなどでも購入できます。

パッドとマットレスの関係とは?

先ほどもご紹介したように、ベッドパッドや敷パッドは、マットレスが汚れないようにマットレスの上に敷き、その上に寝るのが正しい使い方です。

そのため、ベッドの寝心地は、ベッドパッドや敷パッドも左右することになるので、選ぶ際には注意が必要です。

例えば、硬い生地で作られているマットレスに直接横になると、その感触が気になってしまいます。

しかし、そこに、柔らかい生地のベッドパッドを敷くことで、安心して眠れることもあります。

また、硬いマットレスを使う場合は、中に綿が入った厚めのベッドパッドを敷くことで、マットレスの硬さが緩和されるので、寝ているうちにマットレスの硬さがそれほど気にならないこともあります。

そして、汗をかきやすい方は、寝ている時にかく汗をベッドパッドに吸わせることで、マットレスに湿気が籠りにくくなります。

ベッドパッドを洗濯し、マットレスを定期的に干すことで、カビが生えるトラブルも防げます。

このように、マットレスで気になることが、ベッドパッドを使うことで大きく改善できます。

ただし、マットレスには幾つか種類があるので、目的に応じたものを選ぶのがおすすめです。

パッドのおすすめの使い方

ベッドで使うパッドには、ベッドパッドと敷パッドが売られています。

このうちベッドパッドは、マットレスの上に敷いて使うものですが、ゴムバンドで固定するタイプが多いです。

しかし、寝返りを打ったりしていると、寝ているうちにずれてしまいます。

洗濯で縮むと、よりいっそうずれやすくなります。

もし、ずれてしまって、直接マットレスに寝てしまうようでは、ベッドパッドを使う意味がありません。

そのため、ベッドパッドがずれないように固定して使いましょう。

おすすめの使い方は、マットレスの上に敷いて、その上からボックスシーツで一体化させる方法です。

なお、薄いベッドパッドは、マットレスの厚さに合わせたボックスシートでも十分です。

一方、敷パッドは、肌に直接触れるもので、ボックスシーツの上に敷いて利用します。

敷パッドは、寝ているうちにずれないように、四隅に固定用のゴムバンドが付いている商品が多いので、それをマットレスの底にかけて固定してください。

夏におすすめの敷パッド

夏の寝苦しい夜には、ベッドのマットレスが暑くて眠れない、といったことがよくあります。

むしろ、フローリングの床に直接横になった方が涼しいのでは、と感じた方もおられることでしょう。

そのような夏の夜には、ぜひ、マットレスの上に夏用の敷パッドを使ってください。

ただし、触ってひんやりする素材を使った敷パッドはおすすめできません。

そういった商品は、触った直後は涼しいものの、ずっと触れていると涼しく感じなくなるからです。

そのため、ベッドを利用される方には、ざらざらした感じが涼しげで、同時に吸湿性に優れている麻を使用した敷パッドの利用をおすすめします。

なお、ざらざらした感じが涼しいのは、身体とパッドが完全に密着しないことで、体温の熱がすきまから発散しやすいからです。

また、麻は吸湿性に優れていることから、夜寝ている間に汗をかいても、ある程度からっとした状態で眠れます。

そして、麻の中でも繊維の細いリネンを原料にした敷パッドは、手触りと吸湿性に特に優れていることから、夏の夜にぐっすり眠れるための必需品とも言える、おすすめの商品です。

冬におすすめのベッドパッド

冬の寒い夜にベッドで寝ていると、床から冷たい空気が上がってきて寒く感じることがあります。

そのように、ベッドの下から上がってくる冷気が気になる方は、冬用のベッドパッドの活用をおすすめします。

なお、冬用のベッドパッドには、ベッドの下から上がってくる冷気を遮断するとともに、身体の近くの熱を保温し、さらに人の汗による湿気を吸収する、といった特徴があります。

また、中に吸湿性の素材が入った、厚い生地をベースにしていることから、マットレスの上に敷いて、その上に汚れを防ぐためにボックスシーツをかけるのが一般的です。

さらに、水分を吸収して発熱する素材や、遠赤外線性の素材を使ったタイプもあります。

また、それでも寒い、と感じる方は、中に熱を遮断するアルミシートの入ったタイプをおすすめします。

なお、寒い日には、掛け布団の他にアクリル製の毛布など、何枚も重ねてかける方がいますが、そのようなやり方はおすすめできません。

上にかけるのは保温性の高い羽毛布団など軽いものにし、下からの冷気を遮断するのが、寒い冬に暖かく寝るためのおすすめの方法です。

マットレスが合わない場合もパッドの活用を

ベッドには大きさやフレームの素材の違いにより、多くの種類がありますが、そのベッドで使われるマットレスにも、構造の違いや硬さなどにより、多くの種類があります。

その多くの種類の中なら、自分に合ったベッドを選ぶのがおすすめです。

しかし、購入してしまったベッドが、後から自分に合わないと感じることもあります。

そのような場合は、マットレスの上に敷くベッドパッドで寝心地を改善できるので、ぜひ、試してみてください。

例えば、購入してしまったマットレスが硬すぎて寝心地が良くない、と感じているのなら、中綿が多めに入った厚いベッドパッドを使ってみてください。

それだけで、寝心地が少し改善します。

さらに、マットレスが柔らかすぎて腰痛等に悩んでいる方は、硬めの素材で作られた腰痛対策のベッドパッドで改善するかもしれません。

また、マットレスは高価なので簡単には買い替えできませんが、安価なベッドパッドなら手軽に買い替えられます。

ぜひ、自分に合ったベッドパッドを探して、良い夢をみてください。

マットレスが合わないならベッドパッドがおすすめ

以上、ベッドの必需品とも言えるベッドパッドについてのご紹介でした。

今回、ご紹介したように、ベッドのマットレスは高価で、簡単には買い替えできません。

しかし、比較的安価なベッドパッドを使うことで、ベッドの寝心地を良くできます。

もし、「マットレスが合わないな」と感じているのでしたら、ベッドパッドを活用することをおすすめします。

 - ベッド, ベッド・マットレスのおすすめ, 寝具