布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

ワンルームの壁紙やインテリアコーデのポイントを大特集!

2018.7.19

ワンルームに住んでいる方は、限られたスペースの中でのインテリアの配置や、コーディネートの仕方が難しいと感じることがあるかもしれません。

そこで今回は、ワンルームのインテリアコーディネートのポイントや、壁面を使ってワンルームのお部屋をおしゃれに演出する方法などをご紹介します。

大きなワンルームのインテリアコーディネートのポイントから、スペースが限られたワンルームのインテリアコーディネートのコツまで詳しくご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

レオパレスのロフトを収納や寝室へ!多彩な使用方法!

ロフトのあるお部屋は、憧れちゃいますよね! ロフトは、収納などの使い道があり、一人暮らしの狭い...

壁埋め込み型スイッチの交換方法&壁穴の補修方法と費用相場

普段、何気なく使っている家のスイッチですが、種類も豊富で、便利な機能を合わせ持つタイプも多いですよね...

カーテンをおしゃれに!メンズ部屋におすすめなのは?

「なかなか部屋がおしゃれにならない…」と、お悩みの男性はいらっしゃいませんか? そんなときは、...

フィギュアは並べて飾るだけ?台座を使って魅せる飾り方を!

ついつい集めてしまい、気が付くと部屋の一角を占めていることはありませんか。 そう、フィギュアで...

アメリカンヴィンテージスタイルにおすすめのカーテン特集!

数あるアメリカンインテリアの中でも、人気が高いテイストは「ヴィンテージ」です。 重厚感のある家...

新築時、床の色選びに迷わない為に!フローリングの色別特徴

新築時に床の色を決めるのって難しいですよね? フローリングはそう簡単に張り替えられるものではな...

古い・接触の悪い電気スイッチをほたるスイッチに交換しよう

普段電気スイッチなんて気にすることなどありませんよね。 ただ、この電気スイッチの接触が悪くなる...

必見!デニムソファ+インテリアアイテムのコーディネート例

カジュアルスタイルの王道は「デニム」ですよね。 ジーンズなどのファッションアイテムとしてのデニ...

実家を掃除したい!帰る場所をきれいに保つ方法

一人暮らしを始めたり、結婚を機に新しい場所で暮らし始めたことで、なかなか実家に帰ることができないとい...

リビングの電気は何色を選ぶ!?電気によって変わる空間

新しく住む新築やマンションなどに付ける電気照明。どの色にしようか悩みますよね? 電気は主に3種...

ダイニングテーブルに、こたつを取り付けるメリットは?

一般的なこたつといえば、座卓タイプで床にそのまま直接座るタイプです。 座卓タイプのこたつは気持ちよ...

おしゃれなカフェ風インテリアのポイント!使えるアイテム!

おしゃれなカフェ風インテリアは日本でも海外でも人気で、お部屋に取り入れる方が多いです。 し...

電球の外し方と忘れがちな様々なカバーの着脱方法をご紹介!

電球やそのカバーの種類によって、着脱方法は変わってきます。 この記事では、ご家庭・職場で主に使...

蛍光灯でも明るさ調節が出来る!?インバーター蛍光灯とは?

本来の蛍光灯は、明るさの調節が出来ないとされていました。 しかし最近では、インバーターの技術に...

ベランダにしか洗濯機を設置できない!どんな点に注意する?

お洗濯やお掃除などいろんな家事がありますが、その中でもお洗濯は、頻度こそ、ご家庭によって異なりま...

スポンサーリンク

ビックワンルームには大きめのインテリアを大胆に!

10畳以上の広いワンルームの場合は、大きめのテーブルやソファ、ベッドなどのインテリアを置いてもお部屋をゆったりと使うことができます。

簡単なコーディネートとしてはまず、ベースのインテリアは木製のナチュラルテイストなベッドフレームやテーブルといった落ち着いたものを選びます。

次に、ソファだけをグリーンやレッドといった目を惹くカラーにすることで、お部屋にメリハリが生まれ、良いアクセントになります。

夫婦やカップルで住んでいる場合には、2~3人掛けの大きめなサイズのソファを置くことで存在感が増し、アクセントとしての役割をわかりやすく発揮できます。

また、ソファの色とクッションの色を同系色にすると、よりおしゃれな印象になります。

さらに、差し色を1色にすることで、洗練されたコーディネートを実現することができます。

加えて、壁には木製やシルバーの枠のシンプルなデザインの時計や、お気に入りの絵画をかけると落ち着いた大人の雰囲気になります。

絵画は、シンプルなデザインの額縁に入れて飾ると、お部屋全体のコーディネートに馴染みます。

ビックワンルームは観葉植物や照明にもこだわって

ビックワンルームは、インテリアをゆったりと置くことができるので、小物も取り入れやすいです。

大きなサイズのソファやベッドの近くに取り入れるものは、背が高めの観葉植物が合います。

お部屋に緑を取り入れることでおしゃれな雰囲気が増し、植物から発生するマイナスイオンなどの癒しの効果も得られます。

このとき、観葉植物の鉢植えの色は、ナチュラルテイストなお部屋の場合、白にすると良いです。

お部屋全体の色に合わせて選ぶようにしましょう。

また、観葉植物を置く場所としては、窓際が良いです。

植物の育ちに良いだけでなく、窓から自然光が差したときに緑が美しく映えます。

また、観葉植物以外にもスタンドタイプの間接照明を取り入れるのもおすすめです。

光の色が暖色系の間接照明を取り入れると、お部屋が暖かい雰囲気になり、壁の色も暖色系だった場合、引き立ちます。

反対に、寒色系の照明は脳の覚醒作用があるので、睡眠をとる場所でもあるワンルームのお部屋には、やや不向きです。

ワンルームが狭くてもインテリア次第で素敵に!

これまでは、広いワンルームの場合のインテリアコーディネートの例を解説しましたが、ここからは限られたスペースのワンルームのインテリアコーディネートの方法をご紹介します。

まず、お部屋を広く見せるには、白を基調としたコーディネートにすると良いです。

賃貸物件のワンルームの場合、元々のお部屋の壁や天井の色が白で統一されていることが多いかと思うので、その場合はそのまま生かしましょう。

白い色には視覚的に広いと感じたり、天井が高いと感じる効果があります。

また、お部屋に圧迫感を与えないという点でもおすすめの色です。

ただ、床まで白い色を採用している物件は少ないので、茶色いフローリングの場合は、白いラグを敷くと良いでしょう。

具体的なコーディネートの方法としては、ベッドやラグを白で統一し、テーブルやテレビ台などは木製で白に近いベージュのものを取り入れると、抜け感が出ます。

ただ、インテリアをすべて白で統一すると清潔感が出て良いのですが、生活する空間としては落ち着かない印象になることもあるので、暖かみのある木製のインテリアでバランスを取ると良いですね。

狭いワンルームの場合は壁面の装飾もおすすめ!

限られたスペースのワンルームの場合は、壁の装飾を工夫することで場所を取らずにおしゃれに演出できます。

例えば、壁に木製の飾り棚をランダムに取り付け、その上に一輪挿しや小さい観葉植物を乗せたり、木枠のミラーを設置したりと、壁面だけでもさまざまな装飾ができます。

前述したように、狭いワンルームの場合は白いインテリアで統一するのがおすすめで、飾り棚も白に近い木製のものにしたり、ミラーの木枠も少し色あせたような白に近いベージュなどの色にすると統一感が出ます。

その中に花や植物といった自然のアイテムで色を加えることによって、ナチュラルなアクセントになります。

加えて、絵画が好きな方は白い額縁を選んで飾るとお部屋に馴染みます。

フォトフレームも同様で、複数飾る場合は真っ白なフォトフレームと白に近い木製のフォトフレームをランダムに飾ることで、肩の力の抜けたおしゃれな印象になります。

壁に穴を開けたくない場合は、壁に有孔ボードを取り付けて、その上に飾り棚やフォトフレームを取り付けると良いでしょう。

有孔ボードは突っ張り棒で上下を固定して取り付けると、お部屋に傷が付きません。

ワンルームに映える時計の壁インテリア!

ワンルームの壁面を使ってお部屋をおしゃれに演出する方法は、まだまだあります。

壁面のインテリアの主役になるアイテムとしておすすめなのが、大きな壁掛け時計です。

窓の横に窓と同じ大きさ程の四角い壁掛け時計を飾ったり、テレビの上や横の壁にテレビよりも大きな壁掛け時計を飾ったりすると、他のインテリアの大きさとの対比が面白く、遊び心のあるおしゃれな雰囲気になります。

また、壁面全体を時計に見立ててインテリアコーディネートする方法もあります。

最近では、ウォールクロックという、時計の針と時間を示す数字のモチーフを壁面全体を使って自由に取り付けることができるアイテムが販売されています。

このウォールクロックの針だけを使用して、時間を示す印を数字のウォールステッカーやフォトフレームを使ってアレンジすると、よりおしゃれになります。

フォトフレームにする場合は、数字のイラストをディスプレイして時間を示す位置に取り付けると、インパクトのあるインテリアになります。

ウォールデコを使ってワンルームの壁をおしゃれに!

最後にご紹介するのは、ウォールステッカーを使って、ワンルームの壁をおしゃれに飾り付けるインテリアアイデアです。

ウォールステッカーとはシール状の装飾アイテムで、壁紙よりも貼るのが簡単で手軽に取り入れることができます。

壁全体をキャンパスに見立てて、好きなデザインのウォールステッカーを貼ることで、思い思いの世界観を作り上げることができます。

例えば、オレンジやグリーンといった明るい色の丸いモチーフのウォールステッカーをランダムに貼ったり、シンプルな花のモチーフのウォールステッカーを縦、または横1線に貼ると、お部屋がレトロポップな印象になります。

また、窓際の壁1面を大胆に利用して、大きな木がモチーフのウォールステッカーを貼ると、窓から日が入ってきた際に、木漏れ日が差したような爽やかな雰囲気になります。

ウォールステッカーは可愛いデザインのものが豊富なので、あれもこれもとたくさん貼りたくなってしまいますが、デザインの異なるウォールステッカーをたくさん貼ってしまうと統一感がなくなります。

かえって、ごちゃちゃとした印象になってしまうので、注意が必要です。

ワンルームも壁紙やインテリアの工夫次第でおしゃれに!

これまで、ワンルームのインテリアコーディネートのポイントや、壁面を使ってお部屋をおしゃれに演出する方法などをご紹介してきましたが、参考になりましたか?

スペースが限られているワンルームも白を基調としたインテリアで揃えたり、壁面を利用してコーディネートすることで、ぐっとおしゃれな印象になります。

今回、ご紹介した内容を参考に、ワンルームのお部屋を素敵にコーディネートしてみてください。

 - インテリア・家具, 生活