初心者の方の部屋におすすめ!インテリアコーディネート術

普段、部屋で時間を過ごしている時にふと周りを見渡して、何だか物足りなく感じたり、部屋に面白味を感じない、などと思ったりしたことはありますか?

自分の部屋に友人を招いた時に、自慢したくなるような部屋にしたい、と思いますよね。

そんな時は、インテリアを変えることをおすすめします。

部屋の模様替えをして、気持ちを一新したいと思ったら、こちらを参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

蛍光灯の寿命は短い?寝室に蛍光灯の光は適さないって本当?

照明には主に3種類の蛍光灯・白熱電球・LEDが存在します。主に蛍光灯は白っぽい光が多く、会社...

フィギュア台座を100均材料で手作り!素敵な飾り方をしよう

ガチャガチャの景品やゲームセンターでゲットしたフィギュア達、あなたはどのようにディスプレイしています...

フィギュアを台座に正しく固定してディスプレイを楽しもう!

見た目の可愛さと細部まで技巧が施されたフィギュアについつい手を出してしまったけど、どうやって飾ったら...

バリアフリーにお家をリフォーム、値段はいくらくらいなの?

人は、年を取るにつれ今住んでいるお家をバリアフリーにしたいと思うのではないでしょうか。しかし...

エアコンの暖房で部屋が乾燥する!どうしたらいいの?

エアコンの暖房スイッチをつけた状態で寝ると、朝、乾燥して喉が痛くなったという経験はありませんか?...

蛍光灯が点滅する!ledに変えるときに気を付けるべき事

蛍光灯が点滅していると、とても気になりますね。早く取り換えたくなりますが、「これを機にl...

ベランダと部屋の気になる段差!解消すれば快適空間になる!

日当たり抜群のベランダスペース。ただ洗濯物やお布団を干す場所だけにしておくのは、とても勿...

カーテンでお部屋をおしゃれに!おすすめカーテンを紹介

カーテンは、お部屋の雰囲気をがらっと変えることができる重要なインテリアです。お部屋をおしゃれ...

蛍光灯の2本セットのタイプが切れた時は同時交換するべき?

どの家庭でも使われている蛍光灯。家庭で使われている蛍光灯は、2本セットで使用するものが主流に...

ちょっと待った!ダウンライトをシーリングに交換する方へ!

新築で家を建てた人、特に新築戸建てを購入した人はおしゃれなダウンライト付きのお部屋が多いと思います。...

無垢材の床をおすすめする理由!塗装の種類って??

無垢材は、合板や集成材ではなく、使用する形状で丸太から切り出した木材です。割れやひびなどが入...

パイン材の特性と床が塗装されている場合のメンテナンス方法

パイン材は自然な木目と、やさしい手触りで木のぬくもりが感じられることが人気の理由です。パイン...

ある日突然はじまる蛍光灯のチカチカ…点滅する原因は寿命?

仕事から帰って真っ暗な部屋の電気をつけると…蛍光灯がチカチカ。誰しもそんな経験が1度や2...

キッチンカウンターのリメイクアイデア!おすすめ収納も紹介

古くなったキッチンカウンターのリメイクには、リメイクシートやインテリアマスキングテープといった低...

見る間に壁の修復ができる!修正テープを使って直す方法とは

カレンダーを貼ろうとして壁の間違った位置に画鋲の穴を開けてしまったり、思わぬことでできてしまった穴を...

スポンサーリンク

インテリア初心者のコーディネートの始め方

唐突に「インテリアを変えてみたい」、「一人で部屋を変えてみよう」と思い立っても、どこから手をつけていったらいいか、分からない方もいるかと思います。

インテリアコーディネートの基本は、統一感とバランスです。

例えば、アンティーク調の家具があるのであれば、アンティークで統一してみて下さい。

もしくは、近い系統で相性のいいレトロな雑貨や照明を、バランスを考えて配置してみましょう。

初心者の方は、まずここから始めることをおすすめします。

家具などを買い揃える時、同系統、相性のいい系統、もしくは同色を選ぶのですが、単色で揃えすぎてもつまらない見た目になってしまいます。

実際、ちゃんとした知識や基本の方法を学んでも、カッコよくてまとまりのある部屋にするのは難しいかもしれません。

では、どういった選び方をすれば、オシャレでまとまったコーディネートができるのでしょうか。

専門のインテリアコーディネーターの方に依頼すれば、中途半端な仕上がりにならずに済みますが、金銭的な理由や、自分なりに作りたいという方もいることでしょう。

そのような方は、やはり簡単なところから無理なく始めることをおすすめします。

賃貸アパートの部屋におすすめのインテリア

新しく住み始めた賃貸アパートなどで、部屋のインテリアを考えた時はどうでしょうか?

普通の一軒家などとの大きな違いは、部屋が隣の部屋と隣接していることと、部屋が借り物ということでしょう。

特にワンルームなど、狭いスペースでできることは限られてきます。

逆に、メリットとしては、狭い分、手掛ける範囲が少ないため、まとまりやすく統一感が出て、カッコいい仕上がりになりやすいでしょう。

そこで、インテリアのアレンジの一つとして、人気のある「カフェ風」アレンジでコーディネートすることをおすすめします。

どちらかというと、大人な落ち着きのある雰囲気があり、シックな感じが好きな方にはおすすめです。

キッチンなど、水回りのスペースなどはリメイクシートというレンガや木目のプリントされたシールを使い、壁や扉棚や換気扇のフードに貼っていきます。

これだけで見た目の印象がガラリと変わり、そこから調味料ラックを置いたり、造花を飾ってみたりと、ちょっとづつ足りない物が見えてくることでしょう。

具体的に、どんな配置にしたらいいかなどは実際のカフェに足を運び、お店のインテリアを参考にするのもおすすめです。

男前な部屋にコーディネート!おすすめインテリア家具

ここでは、初心者の男性に特におすすめのインテリア術をご紹介します。

インテリアというと、飾ることに感性などを必要とする分、女性の方が男性より得意なんじゃないか、と思う方も少なくはないでしょう。

実際にインテリアを手掛けてるのは女性の方が多いようです。

ですが、個人的な意見になりますが、あまり性別は関係ないと思います。

比較的簡単に挑戦できる、人気のインテリアのスタイルに、「男前」なコーディネート」というアレンジの種類があります。

男前コーディネートは、基本的にワイルドな男らしい印象で魅せます。

したがって、家具選びもどちらかという直線的で、角の丸い物より四角いフォルムの物を選びましょう。

色も、黒と焦げ茶色を組み合わせたような配色にして、彩りを抑えた部屋の印象作りをおすすめします。

そして、壁などに飾る雑貨も、四角い角のある物で、黒や焦げ茶色系の暗い色を選んでみましょう。

男前なアレンジのコーディネートは統一感を出しやすく、インテリアを始めようとお考えの男性の方などに、おすすめできる部屋作りです。

もちろん、女性がトライしてもカッコいいですよね。

自分にあったスタイルで統一!おすすめのインテリア

前文でも述べましたが、インテリアには「カフェ風」や「男前風」など、アレンジの種類は他にもいろいろあります。

部屋作りの種類は、実際は「こうしなければいけない」などというルールはなく、アレンジの数は無限です。

自分の思ったように、自由にやるのが一番楽しいですね。

また、ベースとなるスタイルを一つ真似てみて、その中で自分を表現することで、よりインテリアを楽しめるようになると思います。

性別的なことで言えば、男性はどちらかというと「アメリカン風」であったり、先程も述べたのですが、「男前風」や「レトロ」などのスタイルも人気があり、おすすめです。

女性なら、「カフェ風」や「北欧風」、「ナチュラル」などの、柔らかな雰囲気のスタイルが好まれると思います。

ただ、もちろん好みの問題もありますから、こだわり過ぎずに好きなスタイルのインテリアを選びましょう。

近い系統の物で部屋にバリエーションを出す演出

ここまで、ザックリとではありますが、インテリアのことについてご案内してきました。

ベースとなるスタイルが決まり、ある程度コーディネートが固まってきたら、少し脱線させてバリエーションを出していくと、世界観が広がりユニークな仕上がりになっていくのでおすすめです。

脱線と言っても、あまり大きく脱線し過ぎても難しいところで、上でも述べた近い系統の物を上手く取り入れていくことで、アレンジの幅を出していきます。

例えば、男前な家具で揃えて、照明や雑貨にレトロな物を散りばめてみるなど、相性のいい系統の物を、複数使うことでワンランク上のアレンジができます。

大事になってくることは、部屋のベースをあまり崩し過ぎずに、ベースのスタイルの割合をなるべく多く残しておくことをおすすめします。

自分なりの組合せでアレンジしていくと、インテリアコーディネートがさらに楽しくなってきますね。

雑貨はアレンジの幅と遊び心のあるアイテム

家具の配置など、大まかなインテリアが決まってくると、次にやることといえば雑貨を飾っていくことですね。

雑貨を飾る場所やポイントですが、まずは部屋全体を見渡し、何か足りないと思った場所や、ポッカリ空いた空間に飾っていきましょう。

例えば、壁などに空白が空いていたりしたら壁掛け時計を飾ってみたり、小さなウォールシェルフを掛けてみたり、額入りのポスターなどを配置してみて下さい。

その際の注意点として、インテリアの流れをあまり無視せずに、自然な雰囲気になるような雑貨選びを心掛けることです。

そして、空間という空間を全て埋めるのではなくて、バランスを考えて、配置することをおすすめします。

「雑貨選びに何を選び配置したらいいか分からない」という場合は、100均で売っている「英文字のブロック型ディスプレイ」や、ツタのタイプの造花などは、使い勝手がよくおすすめです。

ディスプレイを考えて配置するのもセンスを要求されるところで、まだ自分のセンスに自信がないという方は、ネットのブログや、雑誌などのレイアウトを参考にするのもいいですね。

インテリアで自分に自信をつける!

ある程度、インテリアの基礎的なことができてくれば、そのあとは自分なりに工夫をしたり、アレンジをしていったりしていく楽しみが出てきます。

どんなことでも、共通して言えることではありますが、その分野にはある程度の「道」が幾つか開拓されているものです。

まずは既存の道を一旦歩くことから始め、そこから自分の道を見つけていくこともあります。

インテリアも、初心者の方であればまず、敷かれた道を歩んでみることから始めると、外れのないおしゃれな部屋になり、堂々と友人を招き入れることができるでしょう。