布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

ワンルームのお部屋はベッドを隠すと区切りのあるお部屋に!

2017.12.11

賃貸に住む場合、ワンルームのお部屋だと、ベッドルームというものがありません。

ですが、「ワンルームでも、ベッドスペースが欲しい」と思っている人は、多いのではありませんか?

また、今回は、「ワンルームでも生活感を隠すことが出来れば…」と思っている人にも効果的な方法を、まとめました。

是非、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

キッチンの壁紙はどう選ぶ?おしゃれで人気な壁紙を紹介!

キッチンの壁紙は、他の部屋よりも汚れによる劣化が進みやすいため、貼り替えたいと思っている方も多い...

効果あり?!ダイソン掃除機の布団ノズルを使ってみよう!

ジメジメした梅雨に入ると気になりだすのが、お布団の中のダニや埃です。 掃除機で一気に除去したい...

モノトーンで魅せる男前インテリアを100円小物で叶える!

お部屋のインテリアをカッコよくしたい!でもお金がかかりそう・・・と断念した事はありませんか? ...

掃除のやる気が出ないとき効果的な方法!音楽は関係ある!?

掃除が苦手だって人は、実は驚くほど多いのです。 しかし、掃除をしていない、散らかった、ホコリまみれ...

心地良いと感じるトイレの照明は?手作りタオル枕で快眠促進

毎日使うトイレだからこそ、心地良い空間にしたいものです。 そのために、照明はとても重要なんです! ...

カーテンは通販で購入!おしゃれなおすすめカーテンを紹介

カーテンは、お部屋の中で大きな面積を占めるため、そのデザインにはこだわりたいところです。 また...

ベッドの種類は多種多様!一人暮らしの女性はどう選ぶべき?

就職や、進学で一人暮らしを始める時に、ベッド選びで悩むという人も少なくないですよね。 特に女性...

キッチンの食器棚にこだわろう!おしゃれに見せる方法とは?

キッチンの食器棚は、背が高い上に幅も広いので、案外目立つものです。 生活感の出やすいダイニング...

壁にコーヒーのシミが!!コーヒーのシミの落とし方

白い壁だと黒いコーヒーの汚れはとても目立ってしまいます。 そしてシミはもちろん臭いも気になって...

快適なキッチンインテリア!やっぱりシンプルが理想的!

毎日使うキッチンは、食材や食器、家電とモノで溢れ、ついついゴチャつきがちな場所です。 収納...

カーテンを買うならここがおすすめ!安い通販サイト5選!

カーテンを購入する際に、ネットを利用する方が多くいるかと思います。 近年は、安いカーテンを扱っ...

キッチン壁紙のおすすめの選び方!デザインと機能で選ぶ

キッチンはものが多く汚れやすい場所であるため、壁紙選びにはいくつかのポイントがあります。 今回...

不要になったベッドは自分で解体が基本!賢い処分方法とは

買い替えや引っ越しなどでベッドが不要になったとしたら、通常は粗大ゴミとして回収してもらいますね。 ...

お布団の収納について考える!便利な布団収納カバーを紹介

収納に困るものといえば、「お布団が真っ先に思いつく」という方も多いのではないでしょうか。 かさ...

マットレスのクリーニングで快適!愛知の専門業者の特徴は?

掛け布団やシーツは家で洗濯しやすいですが、マットレスはなかなか洗うことができません。 重くて分厚...

スポンサーリンク

ワンルームでベッドを隠すメリットとは

賃貸などでお部屋を借りている人の中には、ワンルームに住んでいる人もいることでしょう。。

ワンルームのお部屋にベッドを置いてしまうと、「寝るスペース」と「普段起きている時に行動するスペース」をどうやって区切るか分からない、という人もいらっしゃいますよね。

では、なぜ、皆さんベッドとベッド以外のスペースを区切るのでしょうか?

それは、お部屋を区切るメリットに、

・ベッドを隠すことでメリハリが生まれる
・プライベートな空間を隠すことが出来る
・生活感を隠すことが出来る

ということがあるからです。

また、ワンルームのお部屋でも、「生活感を無くしたい」「プライベート空間を見せたくない」という人も、ベッドを隠すと良いですね。

では、それにはどういう方法があるのか、次から見ていきましょう。

ゾーニングを知ってワンルームのベッドを隠す方法!

ワンルームのお部屋に住んでいる人は、「ベッドを隠したい」「生活感を隠したい」と思っている人が多いと思うのですが、「どのように隠していいか分からない」という人が、ほとんどではないでしょうか。

では、ワンルームのレイアウトをどのようにすれば、ベッドを隠すことが出来るのでしょうか。

ベッドを隠すレイアウトのポイントは、「ゾーニングをする」ということです。

ゾーニングというのは、「どこで何をするか」を区切ることで、くつろぐ場所、作業をする場所と分けることが出来ます。

場所を分けることで、普段の生活にメリハリを出すことができ、また、プライベートな空間、生活感を隠すことが出来ます。

そして、そのゾーニングには、

・距離を作って区切る
・家具を使って区切る
・目隠しを使って区切る
・視線をずらすように区切る
・使う時間帯で区切る

という5つの方法があります。

次の章からは、この5つの方法をどのように活用するのかを、方法ごとに見ていきます。

ゾーニングレイアウト!カーテンを使ってベッドを隠す

では、ゾーニング方法を使って、ベッドや生活感を隠すレイアウトをご紹介します。

はじめに使うアイテムは、「カーテン」です。

ベッドを壁に寄せている場合、カーテンで区切ることが出来ます。

カーテンは安価で、簡単に購入することが出来ますよね。

カーテンにも様々な種類があり、透けのあるレースカーテンなどを使えば、適度に視線を抜くことが出来ますし、開放感をそのまま維持することが出来ます。

また、ファブリックで圧迫感を感じさせることもありませんし、スペースにゆとりを持たせることも出来ます。

その他には「アクセントクロスを使いたいけれど賃貸だから難しい」というワンルームのお部屋でも、柄物のカーテンなどを使うことで、アクセントクロスの代りとして活用することが出来ます。

そして、カーテンの最大のメリットは、収納付きベッドであった場合でも、簡単に引き出しを開けることが出来るという点です。

基本的に収納付きのベッドの場合は、収納を開けるスペースを作る必要があります。

ですが、カーテンは遮るものとしては柔らかいため、ベッドを隠しつつもカーテンを気にせずに開けることが出来ます。

また、天井にカーテンレールを設置すれば、カーテンの開け閉めも楽にすることが出来ます。
もし空間が狭い場合は、カーテンレールでなく、突っ張り棒などを使っても良いですね。

ワンルームでなくても「寝室が狭く、クローゼットとベッドの間を区切りたい」という人にも、おすすめの方法です。

ゾーニングレイアウト!家具を置いてベッドを隠そう

カーテン以外にも、カラーボックスなどの家具を置くことで、ベッドや生活感を隠すことが出来ます。

ベッドを壁際に設置している場合、サイドにカラーボックスや家具を設置すれば、横からベッドが見えなくなるので、隔離された空間を作ることが出来ます。

また、この時に設置する家具を選ぶポイントは、「背の低い家具」を選ぶことです。

背の高い家具を設置してしまうと、存在感が大きすぎてしまい、どうしても圧迫感が出てしまうので、お部屋が狭く感じてしまう可能性があります。

背の高い家具でなくても、「この辺りから区切っている」ということが認識出来れば良いので、背の低い家具でも問題はありません。

また、カラーボックスや家具以外に、観葉植物などもおすすめです。

観葉植物は、お部屋の雰囲気を柔らかくしてくれる他に、ボリュームのある物を使っても、圧迫感を感じることがないというメリットがあります。

ですので、エアプランツを使用すれば、緑のカーテンでベッドを隠すことも可能です。

「ワンルームに観葉植物を置くと、お部屋が狭くなるのでは?」と思う人もいるでしょうが、ゾーニングによる置き方をすれば、それほど気になりません。

様々なゾーニング方法でワンルームのお部屋を区切ろう

生活感を隠すゾーニングには、先ほどご紹介したもの以外にも、様々な方法があります。

自分のお部屋の雰囲気や、お部屋のサイズ、作りによってやり方を変えてみましょう。

・高さを変える

賃貸のワンルームでは少し難しいかもしれませんが、ベッドを遮らずとも、床の高さを変えるだけでも効果があります。

小さな段差であっても、「空間が違う」と認識することが出来るはずです。

また、天井に余裕があるお部屋であれば、床の高さを大きく変化させることで、更に効果があります。

この床の高さを変える際に、ベッド下にスペースを作るようにすると、収納にも使うことが出来ます。
生活感の出るものは、ベッド下のスペースに収納すると、生活感を隠すことが出来ますね。

・背板がないオープンラックを使う

背板がないオープンラックで区切る方法です。

背板がないオープンラックであれば、背が高くても後ろが見えるので、圧迫感を感じることがありません。

また、リビングとベッドの間に設置すれば、リビングでもベッドでも、テレビを観ることが出来ますし、どちらからでも物を取ることが出来ます。

オープンラックであれば、圧迫感もそんなにありませんし、見通しが悪くなるのが嫌だという人は、オープンラックに物を置かないようにすることで、すっきりとした区切りにすることが出来ます。

他にも様々な方法がありますので、自分に合った方法を探してみてくださいね。

ワンルームの寝室づくり!ベッドを隠すレイアウト

ここまで、ワンルームのお部屋でベッドを隠す方法を、ご紹介しました。
ベッドは疲れを癒やす場所なので、安らげる空間を作りたいですよね。

また、海外では、日本とはまた違ったレイアウトがあります。

最後に、海外で行われているベッドを隠すレイアウトを、少しご紹介します。

・天井が低く場所をベッドスペースに

少し天井が低い場所をベッドスペースにすれば、カーテンも取り付けやすくスペースを取りすぎません。
カーテンで区切ってしまえば、素敵なベッドルームになりますね。

・ウォークインクローゼットをベッドスペースに

クローゼットの扉で区切ることが出来るレイアウトです。
ベッドスペースを作ることが出来る上、ベッドを隠すことが出来ます。

この他にも、素敵なアイデアはたくさんあります。

是非、自分の雰囲気に合わせたアイデアを見つけてみてください。

区切ることでベッドスペースがゆとりの空間に

いかがでしたでしょうか?

ベッドを隠すだけで、お部屋からは生活感をなくすことが出来、リビングと分けることで、ベッドスペースを安らぎの空間にすることが出来ます。

狭いワンルームのお部屋でも、簡単に区切ることが出来るので、是非、実践してみてください。

また、海外のアイデアも参考にしてみると良いですよ。

 - 寝具, 暮らし, 生活