布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

ワンルームのお部屋はベッドを隠すと区切りのあるお部屋に!

2017.12.11

賃貸に住む場合、ワンルームのお部屋だと、ベッドルームというものがありません。

ですが、「ワンルームでも、ベッドスペースが欲しい」と思っている人は、多いのではありませんか?

また、今回は、「ワンルームでも生活感を隠すことが出来れば…」と思っている人にも効果的な方法を、まとめました。

是非、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ベッドのおすすめ!安い価格と収納力を実現したベッド

収納付きベッドは、シーツやタオルなどのかさばりがちなリネン類をたくさん収めておくことができるので...

現代版日本家屋、和畳の部屋のインテリアはとてもおしゃれ!

日本伝統の畳のお部屋「和室」。 現代風にアレンジされている畳の部屋のインテリアはとてもおしゃれで、...

蛍光灯の寿命は短い?寝室に蛍光灯の光は適さないって本当?

照明には主に3種類の蛍光灯・白熱電球・LEDが存在します。 主に蛍光灯は白っぽい光が多く、会社...

夏は寝具を選んで暑さ対策!涼感マットは本当に涼しいの?

夏の夜は暑くて、寝苦しいですよね。 そこで、そんな状況を少しでも涼しくしようと工夫している...

知っておくと便利で簡単にできるベッドの解体のやり方とは

「長年愛用しているベッドを転居する際に持って行きたい」、あるいは「ずっと使い続けたいけれどかなり...

ベッドがギシギシうるさいときの対処法!不快な音の原因は?

ご自宅のベッドから「ギシギシ」と、うるさいきしみ音が聞こえてくる場合、その原因はいったいどこにあ...

エアコンを設置するとき天井との隙間はどのくらい必要なのか

皆さんはエアコンの設置をなさったことがありますでしょうか? エアコンと天井にはどのくらい隙間を...

シーツを洗濯機で洗うには?頻度から洗い方、設定コースまで

汚れが目立たないのでサボってしまいがちなのがシーツの洗濯ですよね。 「大型の洗濯物なだけに...

インバーター蛍光灯が壊れた!自分でできる修理の方法とは?

インバーター蛍光灯は、蛍光ランプ特有のチラツキがなく、目にとても優しい明かりです。 また、 高周波...

マットレスは高反発がオススメ!通気性の高いものをご紹介!

マットレスと聞くと、低反発マットレスをまず思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。 しか...

来客用寝具マットレスは高反発ウレタンの折りたたみが良い!

皆さんは、来客用の敷寝具はどのような物を使われていますか? お布団は、セットで購入する人も多い...

ベッドパッドはウールとポリエステルならどっちが良いの?

ベッドをお使いの方も、敷布団をお使いの方も、最近ではシーツの他にも、保温性や通気性に優れたベッドパッ...

フローリングにお布団を敷いて寝るとカビが生えるのはなぜ?

フローリングに布団を敷き寝ていて、良く見ると布団にカビが・・・そんな経験はありませんか? 実は...

一人暮らしの車、維持費用は?車中泊にも挑戦しませんか!?

一人暮らしで車をお持ちの方、維持費用にいくらかかっていますか? 細かく計算し、把握している方は少な...

黒やネイビーを基調とした部屋、相性抜群のインテリアとは

黒やネイビーを基調にしたお部屋って、清潔感があってなんだか落ち着いた雰囲気をイメージしますよね。 ...

スポンサーリンク

ワンルームでベッドを隠すメリットとは

賃貸などでお部屋を借りている人の中には、ワンルームに住んでいる人もいることでしょう。。

ワンルームのお部屋にベッドを置いてしまうと、「寝るスペース」と「普段起きている時に行動するスペース」をどうやって区切るか分からない、という人もいらっしゃいますよね。

では、なぜ、皆さんベッドとベッド以外のスペースを区切るのでしょうか?

それは、お部屋を区切るメリットに、

・ベッドを隠すことでメリハリが生まれる
・プライベートな空間を隠すことが出来る
・生活感を隠すことが出来る

ということがあるからです。

また、ワンルームのお部屋でも、「生活感を無くしたい」「プライベート空間を見せたくない」という人も、ベッドを隠すと良いですね。

では、それにはどういう方法があるのか、次から見ていきましょう。

ゾーニングを知ってワンルームのベッドを隠す方法!

ワンルームのお部屋に住んでいる人は、「ベッドを隠したい」「生活感を隠したい」と思っている人が多いと思うのですが、「どのように隠していいか分からない」という人が、ほとんどではないでしょうか。

では、ワンルームのレイアウトをどのようにすれば、ベッドを隠すことが出来るのでしょうか。

ベッドを隠すレイアウトのポイントは、「ゾーニングをする」ということです。

ゾーニングというのは、「どこで何をするか」を区切ることで、くつろぐ場所、作業をする場所と分けることが出来ます。

場所を分けることで、普段の生活にメリハリを出すことができ、また、プライベートな空間、生活感を隠すことが出来ます。

そして、そのゾーニングには、

・距離を作って区切る
・家具を使って区切る
・目隠しを使って区切る
・視線をずらすように区切る
・使う時間帯で区切る

という5つの方法があります。

次の章からは、この5つの方法をどのように活用するのかを、方法ごとに見ていきます。

ゾーニングレイアウト!カーテンを使ってベッドを隠す

では、ゾーニング方法を使って、ベッドや生活感を隠すレイアウトをご紹介します。

はじめに使うアイテムは、「カーテン」です。

ベッドを壁に寄せている場合、カーテンで区切ることが出来ます。

カーテンは安価で、簡単に購入することが出来ますよね。

カーテンにも様々な種類があり、透けのあるレースカーテンなどを使えば、適度に視線を抜くことが出来ますし、開放感をそのまま維持することが出来ます。

また、ファブリックで圧迫感を感じさせることもありませんし、スペースにゆとりを持たせることも出来ます。

その他には「アクセントクロスを使いたいけれど賃貸だから難しい」というワンルームのお部屋でも、柄物のカーテンなどを使うことで、アクセントクロスの代りとして活用することが出来ます。

そして、カーテンの最大のメリットは、収納付きベッドであった場合でも、簡単に引き出しを開けることが出来るという点です。

基本的に収納付きのベッドの場合は、収納を開けるスペースを作る必要があります。

ですが、カーテンは遮るものとしては柔らかいため、ベッドを隠しつつもカーテンを気にせずに開けることが出来ます。

また、天井にカーテンレールを設置すれば、カーテンの開け閉めも楽にすることが出来ます。
もし空間が狭い場合は、カーテンレールでなく、突っ張り棒などを使っても良いですね。

ワンルームでなくても「寝室が狭く、クローゼットとベッドの間を区切りたい」という人にも、おすすめの方法です。

ゾーニングレイアウト!家具を置いてベッドを隠そう

カーテン以外にも、カラーボックスなどの家具を置くことで、ベッドや生活感を隠すことが出来ます。

ベッドを壁際に設置している場合、サイドにカラーボックスや家具を設置すれば、横からベッドが見えなくなるので、隔離された空間を作ることが出来ます。

また、この時に設置する家具を選ぶポイントは、「背の低い家具」を選ぶことです。

背の高い家具を設置してしまうと、存在感が大きすぎてしまい、どうしても圧迫感が出てしまうので、お部屋が狭く感じてしまう可能性があります。

背の高い家具でなくても、「この辺りから区切っている」ということが認識出来れば良いので、背の低い家具でも問題はありません。

また、カラーボックスや家具以外に、観葉植物などもおすすめです。

観葉植物は、お部屋の雰囲気を柔らかくしてくれる他に、ボリュームのある物を使っても、圧迫感を感じることがないというメリットがあります。

ですので、エアプランツを使用すれば、緑のカーテンでベッドを隠すことも可能です。

「ワンルームに観葉植物を置くと、お部屋が狭くなるのでは?」と思う人もいるでしょうが、ゾーニングによる置き方をすれば、それほど気になりません。

様々なゾーニング方法でワンルームのお部屋を区切ろう

生活感を隠すゾーニングには、先ほどご紹介したもの以外にも、様々な方法があります。

自分のお部屋の雰囲気や、お部屋のサイズ、作りによってやり方を変えてみましょう。

・高さを変える

賃貸のワンルームでは少し難しいかもしれませんが、ベッドを遮らずとも、床の高さを変えるだけでも効果があります。

小さな段差であっても、「空間が違う」と認識することが出来るはずです。

また、天井に余裕があるお部屋であれば、床の高さを大きく変化させることで、更に効果があります。

この床の高さを変える際に、ベッド下にスペースを作るようにすると、収納にも使うことが出来ます。
生活感の出るものは、ベッド下のスペースに収納すると、生活感を隠すことが出来ますね。

・背板がないオープンラックを使う

背板がないオープンラックで区切る方法です。

背板がないオープンラックであれば、背が高くても後ろが見えるので、圧迫感を感じることがありません。

また、リビングとベッドの間に設置すれば、リビングでもベッドでも、テレビを観ることが出来ますし、どちらからでも物を取ることが出来ます。

オープンラックであれば、圧迫感もそんなにありませんし、見通しが悪くなるのが嫌だという人は、オープンラックに物を置かないようにすることで、すっきりとした区切りにすることが出来ます。

他にも様々な方法がありますので、自分に合った方法を探してみてくださいね。

ワンルームの寝室づくり!ベッドを隠すレイアウト

ここまで、ワンルームのお部屋でベッドを隠す方法を、ご紹介しました。
ベッドは疲れを癒やす場所なので、安らげる空間を作りたいですよね。

また、海外では、日本とはまた違ったレイアウトがあります。

最後に、海外で行われているベッドを隠すレイアウトを、少しご紹介します。

・天井が低く場所をベッドスペースに

少し天井が低い場所をベッドスペースにすれば、カーテンも取り付けやすくスペースを取りすぎません。
カーテンで区切ってしまえば、素敵なベッドルームになりますね。

・ウォークインクローゼットをベッドスペースに

クローゼットの扉で区切ることが出来るレイアウトです。
ベッドスペースを作ることが出来る上、ベッドを隠すことが出来ます。

この他にも、素敵なアイデアはたくさんあります。

是非、自分の雰囲気に合わせたアイデアを見つけてみてください。

区切ることでベッドスペースがゆとりの空間に

いかがでしたでしょうか?

ベッドを隠すだけで、お部屋からは生活感をなくすことが出来、リビングと分けることで、ベッドスペースを安らぎの空間にすることが出来ます。

狭いワンルームのお部屋でも、簡単に区切ることが出来るので、是非、実践してみてください。

また、海外のアイデアも参考にしてみると良いですよ。

 - 寝具全般