ベッドのダニは増える前に徹底除去!身近な便利アイテムは?

ベッドは、お布団に比べて、外に干すことができなかったり丸洗いができないので、きれいにするのが少し難しいです。

しかし、ケアを怠ると、ハウスダストやダニの温床になり、アレルギーを発症してしまうかもしれません。

今回は、ベッドのダニを徹底的に除去し、衛生的に保つ方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子供部屋の勉強机とベッドはどう置く?ベストな配置について

部屋の模様替えなどでは、子供部屋の勉強机とベッドの配置をどのようにすれば良いのか、迷ったことがある親...

マットレスを選ぶなら高反発!モットンが選ばれる理由とは?

質の良い睡眠をとることの重要さが改めて見直され、様々なメーカーから新しい寝具や快眠グッズが販売されて...

マットレスを床に直に置く際の工夫やおすすめのすのこを紹介

マットレスを床に置いて寝ている人は多いとは思いますが、皆さんはどのような工夫をされているでしょうか。...

快晴の空に舞う!黒い「いったんもめん」布団干し袋の謎

良く晴れた日、ご近所のベランダで黒いいったんもめん(ゲゲゲの鬼太郎にも登場する妖怪のことで一反木綿と...

ベッドのヘッドボードとフットボードは必要?後付けも可能?

ベッドを購入する時は、どのようなことを意識しているでしょうか。サイズやマットレスの硬さ、デザイン...

これで安眠!お布団のシーツに付いた不快な毛玉にさようなら

ある日、気が付くと、お布団のシーツにチクチクした不快な感覚を感じたことはありませんか?また、...

窓ガラスにフィルム・寝室にはステッカー!貼り方や剥がし方

窓ガラスにフィルムを貼っていますか?フィルムには、たくさん種類があり、それぞれ効果も異なります。...

ベッドのおすすめ!ダブルも選べるロータイプベッドを厳選

ロータイプのベッドは、寝室に解放感を与えたり寝た際にお布団のような安心感があるなど、さまざまなメ...

ホテルライクなベッドに!フットスローとは?選び方も解説

ホテルのベッドの足元にかけてあるベッドスローは、本来どういった役割を持っているのでしょうか。...

ナチュラルなインテリアをdiyして、寝室をアレンジしよう!

昔から住んでいる家だけど、そろそろ自分好みの部屋に変えたいと思っている方も多いのではないでしょうか。...

壁にコンセントとスイッチを取り付けるならどこに注意する?

新しく家を建てる場合、壁に取り付けるコンセントやスイッチの位置も自分たちで決めなければいけません。...

カラーボックスや寝具のカビ、防止する方法はないの?

皆様は、カラーボックスを使っていますか?カラーボックスは、頑丈で使い勝手が良いためとても便利です...

それってホント?ベッドの色が「黒」だと風水ではよくない?

インテリア雑誌に載っているようなスタイリッシュなお部屋は、憧れますよね。黒のベッドを置いて、...

ペットも大事な家族!ベッドもおしゃれなものがたくさん!?

ペットを飼っているご家庭にとっては、ペットも大事な家族の一員です。そんなペットにも、出来るこ...

ベッドと敷布団はどちらが最適か?2つの違いを見ながら検証

寝具というと、ベッドか敷布団かに分かれますよね。日本では昔、敷布団を利用するのが一般的でした...

スポンサーリンク

ベッドはダニの温床?!手軽なスプレーで予防!

ダニは、お布団のように床に直接、敷くものに発生するイメージがありますが、実はケアを怠ると、ベッドにも発生します。

想像しただけで体がかゆくなってしまうようなお話ですが、ダニは人間の垢やフケなどをエサに湧いてきます。
ですので、マットレスもしっかりケアする必要があります。

通常、マットレスの上に何も敷かず寝ているという方は少ないと思います。

おそらくは、マットレスカバーをして寝ている方が多いと思いますが、マットレスカバーを洗うだけでは、ダニの予防には少し不十分です。

ダニを予防するためには、マットレスカバーはこまめに洗い、カバーを洗った日にはマットレスに予防スプレーをかけると良いでしょう。

予防スプレーなら、軽くて手軽に使うことができるので、日常的なケアに向いています。
安価なものだと、1,000円以下で購入することができるのでおすすめです。

次の章では、発生してしまったダニの除去方法についてご紹介します。

ベッドにダニが!紫外線でダニは除去できない?!

先ほど、ダニの予防スプレーを使った予防方法をご紹介しましたが、では、ベッドにダニが発生してしまったときは、どんな対処方法が良いのでしょうか。

ベッドのダニを除去するアイテムとして、紫外線を照射させてダニを除去する布団クリーナーが売り出されています。

しかし、実はダニは紫外線では死なないことがわかっているのです。

また、ダニは、脚を繊維に絡み付け、なかなか離れないので、ハンディ掃除機でも除去できない可能性があります。

ダニは80度以上の高温に長時間当たると、死滅することがわかっているので、徹底的に除去できる一番の方法は、コインランドリーの乾燥機で乾燥させ、その後、死骸を掃除機で吸うことです。

しかし、マットレスを乾燥機に入れることはできないので、直接、熱を当てる方法しかありません。

では、どうやってあの大きなマットレスに熱を当てれば良いのでしょう。

実は各ご家庭に1台はある、あのアイテムを使って熱を当てることで、マットレスのダニを死滅させられることがわかっています。

次の章では、その優秀アイテムをご紹介します。

一家に一台はあるあのアイテムでベッドのダニを除去

お伝えしたように、ダニは80度以上の高温を当て続けないと死滅しません。

そんなしぶとい生命力のダニを死滅させることができる救世主アイテムとは、「スチームアイロン」です。

スチームアイロンは、高温時でダニが死滅する温度の80度以上に達します。
では、早速、具体的な方法をご紹介します。

①掃除機でマットレスに付着している垢やフケ、ほこりを吸い取ります。

②お部屋を暗くし、2時間程度放置します。
これは、暗い場所を好むダニの習性を利用して、マットレスの深部にいるダニを表面におびきよせるためです。

③マットレスに、シーツかタオルで当て布をします。
濡らしてきつく絞ったタオルを当てると、なお良いです。

④スチームアイロンを丁寧に当てていきます。
このとき、温度は最強にしましょう。

⑤ダニの死骸を掃除機で吸い取ります。

これで、完了になります。

手順が多く、少し面倒ですが、ベッドのダニを徹底的に除去できる方法ですので、おすすめしたいです。

アレルギーの発症の原因って?ダニの除去に気を配ろう

近年、日本では、ダニやハウスダスト、花粉などのアレルギーを持つ人が増えています。

それは、衛生的な環境で育ち、外で遊ぶ場所や機会が減ったことで、菌や異物に対しての耐性が低くなったことが原因だとされています。

過度の除菌は、必要な菌に対しての耐性も失ってしまうので良し悪しですね。

また、外で遊ばなくなると、植物や土などに触れる機会がなくなるほかに、運動不足により免疫力が下がってしまいます。

ほかにも、ストレスや偏食もアレルギーの発症や免疫力低下を招きます。

そして、ダニやハウスダストアレルギーは、重い状態になると、気管支炎や喘息、アトピー性皮膚炎などを引き起こしてしまう可能性があるのです。

このように重いアレルギーの原因の90パーセントは、ダニだと言われています。

しかし、3章でご紹介したようなベッドのダニの除去方法は、一般的にあまり知られていません。

次の章では、間違ったダニの除去方法が招く危険な症状についてお伝えします。

間違ったダニの除去方法ではアレルギー発症を防げない?

4章でお伝えしたように、ダニの正しい除去方法は、あまり知られていません。
掃除機で十分、と思っている方が多いです。

このように間違ったケアをしていると、ダニが増殖し、重いアレルギー症状を引き起こす恐れがあります。
アトピー性皮膚炎にもダニが大きく関わっていることがわかっています。

ベッドは、長時間使うもので、寝ている間にダニを吸い込んだり皮膚に付着する恐れがあります。

ですので、ベッドのダニをうまく除去できていないと、皮膚炎が悪化したり、治癒に時間がかかってしまうかもしれません。

アトピー性皮膚炎のお子さんをお持ちの方は、一度ベッドのケアを見直してみて下さい。

先ほど、お伝えしたスチームアイロンを使ったダニの除去方法を実践すれば、症状が軽くなるかもしれません。

アトピー性皮膚炎の原因が必ずしもダニだというわけではないので、アレルゲンが何なのか、医療機関で調べることもおすすめします。

ベッドパッドで解決!ダニを除去したら実践しよう

これまでベッドに発生したダニの除去方法についてお伝えしてきましたが、ダニを除去したあとは、どのような対策を取れば良いのでしょうか。

マットレスの上に直接シーツを敷いている方も多いかと思いますが、そうすると汗や皮脂などがマットレスにしみ込んでしまいます。

せっかくダニを除去したのに、また温床になってしまう恐れがあるので、マットレスに直接シーツを敷いて寝るのはやめましょう。

ダニを除去したあとの対策としておすすめしたい方法は、「マットレスの上にベッドパッドを敷く」という方法です。

マットレスの上にシーツを敷き、その上にベッドパッドを敷くのが理想的です。
そして、ベッドパットには、ダニを寄せ付けにくい素材である忌避材を使ったものがおすすめします。

さらに、ベッドパッドは、最低でも1週間に1度は、お洗濯した方が良いです。

また、枕は枕カバーを洗えば大丈夫だと思っているかもしれませんが、人間は寝ている間に、大量の汗をかきます。

汗で高温多湿になった枕は、ダニにとって最高の居場所なので、枕自体のケアも怠ってはいけません。

枕も、先ほどお伝えしたように、当て布をしてスチームアイロンでダニを死滅させるのが確実な方法なのですが、枕の種類によっては、アイロンの熱で傷んでしまうものもあります。

ですので、枕の洗濯表示を確かめてから行うようにしましょう。

また、最近では、丸洗いが可能な枕も売り出されているので、思い切って買い替えてみるのも良いかもしれません。

丸洗いできる枕は、洗濯機で洗ったあと、乾燥機にかけるとダニが死滅します。
そのあと、掃除機でダニの死骸を吸い取れば完璧です。

ベッドのダニは正しい方法でしっかり除去しよう

これまで、ベッドに発生したダニの除去方法についてお伝えしてきましたが、参考になりましたか?

間違った除去方法を行っている方も多いので、この記事が、アレルギーで悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。

重い症状も引き起こしかねないダニを徹底的に除去し、快適な生活を手に入れましょう。