ベッド次第でおしゃれなお部屋に!おすすめはセミダブル!

一人暮らしを始めるとき、快適でよく寝られる、おしゃれなお部屋作りをしたいと思いませんか?

また、どんなインテリアやベッドを選べばおしゃれなお部屋になるか、悩んだりしていないですか?

おしゃれなお部屋にするには、最初から「どんなお部屋がいいかな」というイメージを、できるだけ決めておくとよいでしょう。

一人暮らしのベッドに関しては、セミダブルがおすすめです。
その理由も含めて、快適でおしゃれな生活を始めるためのお部屋の作り方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お布団にカビが生えた!体への影響が心配なら除湿を徹底!

気をつけているつもりでも、ふと気がつくとお布団に黒いカビが生えていた、なんてことはありませんか?...

壁にコンセントとスイッチを取り付けるならどこに注意する?

新しく家を建てる場合、壁に取り付けるコンセントやスイッチの位置も自分たちで決めなければいけません。...

外国人が驚く日本のトイレ!清潔さの秘密を探ってみよう!!

普段、当たり前に使っているトイレ。海外から日本に来た外国人は、日本のトイレは清潔だと感激する...

2大ひんやり寝具!大人気のジェルと接触冷感寝具の選び方!

ひんやり寝具が大人気です。お店では、ひんやり素材の寝具が一番目を引くところに置いてあり、探す...

低反発枕は洗濯してはいけない?乾かないのはなぜ?

低反発の寝具って、もっちりとした肌触りで体にフィットして、人気の商品ですよね。特に、低反発枕は持...

ワンルームを快適に!ベッドスペースは「間仕切り」で区別!

ワンルームの物件は、コンパクトなつくりで家賃も安く、単身者には最適な間取りですよね。しかし、...

ベッドからお布団が落ちる!便利アイテムで落下を防止しよう

「夜中にベッドから掛け布団が落ちる!」と、悩んでいる方はいらしゃいませんか?しかし、大丈夫で...

マットレストッパーの使い方!低反発と高反発で違いはある?

快眠効果に期待できる寝具の一つに、マットレストッパーがあります。あまり聞き馴染みのない方...

畳にベッドは置ける?和室に合うベッドインテリア

日本では昔、畳にお布団を敷いて寝るのが一般的でした。しかし、近年はお布団よりもベッドの利用者...

寝具に住み付くダニの退治法って?洗濯でダニは駆除できる?

お布団は毎日使う物なので、いつも清潔に保ちたいですよね。しかし、暖かく適度な湿度のある家の中...

インテリアをカントリー風に!キッチンをアレンジしよう!

カントリー風なインテリアって憧れますよね。まずは、自分で手のかけやすいキッチンやベッドルーム...

結婚祝いのプレゼントにおすすめな快適寝具を紹介!

結婚祝いのプレゼントにおすすめなのが、お揃いの寝具です。特に、タオルケットは洗い替え用として...

インテリアと色彩心理!グリーンとグレーの上手な取り入れ方

新しい部屋に引っ越したり、部屋をリフォームしたりする際に、部屋のインテリアをどうしようか考えます...

大人気のマカロン型ベッド!愛猫が喜ぶ冬用のベッドをご紹介

飼い主にとって、ペット用品を選ぶことも楽しみのひとつですよね。マカロン型の猫用のベッドをご存...

寝やすいのはどれ?人気の低反発マットレスを比較してみた

睡眠の質を高めることは、そのまま健康につながります。どんなに健康的な食事を摂っていても、...

スポンサーリンク

セミダブルのベッドがおすすめの理由は何?

一人暮らしを始めたりすると、「快適でよく寝られて、おしゃれなお部屋作りをしたい」と思う人も多くいることでしょう。

しかし、この理想にあったベッドのサイズに迷うのではないでしょうか。

冒頭でも、「一人暮らしにおすすめのベッドサイズはセミダブル」とお伝えしたとおり、一人暮らしならセミダブルのサイズがおすすめです。

ここでは、その理由をしっかりとご説明していきましょう。

①シングルサイズのベッドは小さく、快適に寝るには狭く感じる

これは、多くの方が感じることです。

シングルサイズのベッドで、実際に寝てみたことがある方ならわかると思うのですが、「かなり狭いな」と感じる方が多いです。

狭く感じているということは、快適によく寝るには不向きということですね。

②一人暮らしのお部屋には、ダブルサイズのベッドは大きすぎる

一人暮らしのお部屋は、間取りがそこまで広くないないことが多いでしょう。

そのため、ダブルサイズのベッドでは、お部屋のスペースを使い過ぎてしまいます。

ベッドが大きいのがいいのもありますが、大きすぎると生活スペースを圧迫してしまいます。

③ちょうどよいベッドのサイズは、セミダブル

シングルサイズは快適に寝るには狭すぎるとお伝えしました。
また、一人暮らしのお部屋には、ダブルのベッドでは大きすぎることがわかりましたね。

このことからもわかるとおり、快適に寝られて、お部屋も圧迫しないちょうどいいサイズのベッドは、セミダブルということになります。

セミダブルのベッドで快適に眠るには、落ち着く色のカバーがおすすめ

一人暮らしをに使用するベッドのサイズは、「セミダブル」がおすすめだということはわかっていただけたかと思います。

セミダブルだと少し広めに扱うことができます。
そのため、快眠がしやすいです。

そこで、より快眠できるベッドにしてみてましょう。

ここでは、快眠ができるベッドのコーディネート方法をご紹介していきます。

快適に眠るための方法とは、落ち着いた色のベッドカバーを選ぶことが大切です。

落ち着いた色と言えば、ブルーです。
ブルーは、精神を安定させる色と言われています。

そのため、ブルーのベッドカバーにしてみるのもいいでしょう。

しかし、ブルーが好きでないという方は、落ち着けないですよね。
その場合は、自分の落ち着く色のベッドカバーを選ぶといいです。

このようにベッドカバーの色を落ち着く色にすることで、より快適によく眠れるようになります。

さらにできることなら、素材にもこだわりましょう。

おすすめは、肌触りのよい素材です。

沢山の種類がありますので、自分の肌に合う素材を選んで、ベッドカバー選びの基準の一つにするといいでしょう。

セミダブルのベッドにしたら、都会的なお部屋がおすすめ

快適でよく寝られるベッドにするためには、ベッドのサイズや、カバーと素材に注目するといいということがわかっていただけたかと思います。

ここまでしたら、部屋のテーマも決めて、より快適にしたいところですよね。

そこで、一人暮らしのお部屋におすすめな、おしゃれなお部屋作りの方法をご紹介します。

今回は、「シンプルモダンで都会的なお部屋」をテーマにします。

一人暮らし用の小さな間取りで、都会的なシンプルモダンのお部屋にしていくのに、シンプルなセミダブルのベッドにして、それにシンプルな家具をそろえるといいでしょう。

ここで重要なポイントです。

家具の色は、すべて同系色で統一しましょう。

多くの色の家具を置くと、シンプルモダンのお部屋にはなりくい傾向にあります。
できれば2色から3色の色で、お部屋の色と家具の雰囲気を統一していくことをおすすめします。

それだけで、簡単におしゃれで、快適且つよく眠れるお部屋が、作りやすくなります。

セミダブルのベッドを置いたお部屋におすすめの家電

先ほどご紹介したシンプルモダンで都会的なお部屋は、大人な雰囲気と清潔感を演出してくれます。

モデルルームのコーディネートで多いのも、シンプルモダンなお部屋です。
このように、シンプルモダンで都会的なお部屋は、見せるために採用されるくらい人気ということですね。

先ほど、一人暮らしの方がシンプルモダンのお部屋を作るのに、セミダブルのベッドと、統一性のある色味の家具をそろえることを、おすすめしてきました。

統一性の色の家具とベッドがそろえば、快適によく眠れるお部屋は、もう完成するところまで来ています。

あとは家電です。

家電もお部屋と同系色に統一するか、逆に目立たない存在感が薄いものを選んでいくととても相性がよいです。

家電は、洗濯機や冷蔵庫、テレビなど大きい物が多いので、シンプルさに注意するか、見た目がスタイリッシュな家電をおすすめします。

快適な睡眠にこだわったベッドは癒しの場に

ここまで来れば、おしゃれで快適で、よく眠れるお部屋作りは、完成まであと少しです。

これまでご紹介したことを取り入れることで、気持ちも落ち着くことでしょう。

もう一度おさらいすると、シートやカバーを落ち着きある色にすることですね。
その中でもおすすめの色はブルーとお伝えしました。

しかし、自分の落ち着く色でもかまいません。

そして、ベッドカバーの素材にもこだわって、肌触りのいいもの選ぶことで、セミダブルのベッドの上は、仕事などで疲れた際に癒しの場となるでしょう。

しかし、まだまだ完成というわけではありません。

シンプルモダンで都会的なお部屋には、まだ足りない要素があるのです。

それは何でしょうか?

それは、洗練されたインテリアとアクセントになる観葉植物を置くことです。

観葉植物などを家の中に置いておくと、とても見た目もよく、落ち着いたお部屋になるのでおすすめです。

緑は、シンプルな色の中のアクセントとして置くだけでも癒しの効果があるので、より快適なお部屋にできます。

インテリアや間接照明もうまく利用すると、とてもおしゃれで都会的なお部屋にすることができるでしょう。

セミダブルのおしゃれなお部屋!おすすめの使い方は?

ここまで来たら、快適でよく眠れるおしゃれなお部屋作りは、もう完成しています。

あとは、そのお部屋の使い方次第で、部屋をより快適に楽しい場所にすることができます。

ここまでのことを試していると、すでに快適でよく眠れるお部屋になっていると思います。

もし、仕事で疲れている時は、自分でこだわって選んだセミダブルのベッドで、ゆっくりと睡眠を取るのも良いでしょう。

また、観葉植物を眺めてぼーっとして、少し休憩するのもいいでしょう。

もし、楽しい部屋にしたいとのことでありましたら、おしゃれなシンプルモダンの都会的な雰囲気のお部屋で、友人を呼んで鍋パーティーなどをしても、いいですね。

せっかくおしゃれなお部屋にしたのですから、沢山の人に見てもらいましょう。

しかし、おしゃれな部屋というのは、生活感を出さないこともポイントになります。

生活感、いわゆる掃除や整頓ができていないと、用意したものがよくても効果を発揮することができません。
また、一人暮らしとなると掃除に洗濯、自炊までしなければいけません。

そこで、できるだけものを多く持たないこともおすすめします。
そうすれば、散らかることも少なくなります。

このように使い方で、楽しい部屋にすることも、逆にせっかくのお部屋を台無しにすることにもなるので、生活感を出さないようには気をつけて、快適に楽しみましょう。

おすすめおしゃれにこだわったお部屋で人生満喫

一人暮らしを始めて生活に慣れてきたら、こだわったおしゃれで居心地のいい空間を作ってみてはいかがでしょうか。

仕事で疲れて寝るだけのお部屋では、せっかくこだわったセミダブルのベッドも、おしゃれな空間ももったいないですよね。

仕事もプライベートも充実させていき、人生を満喫することをおすすめします。