リビングで化粧をする人必見!化粧品を上手く収納する方法

ワンルームに住んでいたり、一人暮らしの女性だと、化粧をリビングでしている人も多いのではないでしょうか?

化粧品の種類も結構あり、収納に困っていませんか?

そこで、ここではリビングでの化粧品の上手な収納方法をお話します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハワイアンな玄関に!インテリアを作るためのポイントを伝授

夏になると、ハワイアンな雰囲気を自宅でも出してみたくなりませんか?どのように出すのか分か...

リビングや寝室の照明をLED電球に切り替える際のポイント

ご家庭の照明を、白熱電球からLED電球に変えたいと思っている人は多いのではないでしょうか。で...

電球に書かれている「100v」と「60wまで」とは?

ふと気付いたら、電球が切れそうになっていることが多いです。そんな時、電球を取り替えますよね。...

コンロは電気が便利!?様々な種類の商品をご紹介!

皆さん、電気コンロをご存知でしょうか。電気コンロというとコイルをぐるぐる巻きにした商品を...

子供のベッドはデスク付きが良い?メリットとデメリットは?

子供の部屋のレイアウトを考える時、何を基準にして決めていますか?使い勝手が良いのはもちろんで...

やっぱり黒が好き!部屋のコーディネートも黒で埋め尽くす!

みなさんは、「黒」にどんなイメージを持っていますか?感じ方は様々ですが、シック・クール・高級...

ledテープを使ってお部屋を素敵に変化させる貼り方とは?

照明はインテリアにとって、とても重要な役割をします。明るさ、色味などでお部屋の雰囲気が、がら...

エアコンの暖房で部屋が乾燥する!どうしたらいいの?

エアコンの暖房スイッチをつけた状態で寝ると、朝、乾燥して喉が痛くなったという経験はありませんか?...

ワンルームに置くテレビは、何インチがおすすめ!?

ワンルームで、テレビを置く場合、何インチがいいのでしょうか?ワンルームという限られている空間...

新築の床材をウォールナットに!特徴や日常のお手入れ法は?

新築の床に無垢材を検討されている方は多いかと思います。安心感や癒しを感じる木の感触が魅力的で...

インテリアで空間演出!リビングはダークブラウンがおすすめ

自宅のリビングがなんとなく落ち着かないと感じる人には、インテリアをダークブラウンで統一することを...

ベッドが映えるルーム演出のアイテムは間接照明で決まり!

ベッドや枕を新しいものに変えても、「何かしっくりとこないな…」と感じたことはありませんか?そ...

効果あり?!ダイソン掃除機の布団ノズルを使ってみよう!

ジメジメした梅雨に入ると気になりだすのが、お布団の中のダニや埃です。掃除機で一気に除去したい...

窓から隙間風が!新築物件を購入する前に気を付けたいこと

夢のマイホームを購入し、新築の良い匂いに包まれて寝ていると、聞こえるはずのない「ひゅー」という音...

洗面所は既成か造作か?メリットデメリットをご紹介

マイホームを建てるにあたって、既成の洗面所にするか、こだわって造作の洗面台にするのかは大きな選択...

スポンサーリンク

リビングで化粧をする人にありがちな事

朝の忙しい時間、女性にとって日常的にしなければいけないことが化粧です。

必ずしなければいけない、という事ではないですが、大人の女性のエチケットとして常識になっていますよね。

化粧をしなくてもいいお仕事ならいいのですが、殆どの場合はすると思います。

その化粧はどこでしていますか?

ワンルームに住んでいたり、生活基準がリビングの人は、大概はリビングで化粧をしているのではないでしょうか?

部屋が狭いとあらゆる収納に困りますが、小さな化粧品ですら収納場所に困ります。

そして、活躍しているのが、化粧ポーチです。

サイズも様々ですが、コンパクトでバッグにも入れやすく、持ち運びに便利なので、女性は殆ど持っているのではないでしょうか?

外出時はポーチでもいいのですが、部屋で化粧をする時は、ポーチから化粧品を探して出しているうちに、机などがゴチャゴチャしてしまうものです。

家の中で化粧品を収納するのなら、ポーチではなく、違う方法でスッキリさせたいものです。

どういう方法がいいのでしょうか?

リビングで化粧品を収納する方法①

リビングで化粧品を上手に収納するには、どのような方法があるのでしょうか?

100円均一で購入できる、粘土ケースやカトレケースなど、半透明なちょっと深めのケースを用意します。

そして、仕切りを自由に作られる仕切り板を用意し、自分の化粧品の大きさ、数に合わせてケースの中に仕切りを作ります。

化粧品は大きさや形が様々なので、深さや広さを考慮して購入してください。

100円均一には、元々仕切りがされているケースも売っているのでそれでもいいですが、化粧品の大きさや形に合わない場合は自作するのも楽しいですよ。

蓋が付いているケースもあるので、うまく利用しましょう。

似たような形の化粧品を入れる時は、インデックスに化粧品の名前を書いて貼るとわかりやすいです。

100円均一には、たくさんのデコレーションパーツが売っているので、自己流でデコレーションしても可愛いです。

リビングで化粧品を収納する方法②

次は、リビングで化粧品を見せる収納の方法です。

100円均一で購入できるワイヤーネットを使用して作ります。

化粧品の量に合わせて自分の好きな色や、ワイヤーネットの大きさを選びます。

そして、ワイヤーネットのコーナーには、フック付きの箱型や、丸形の入れ物のワイヤーネットがあるので、それを化粧品の量に合わせて購入します。

ワイヤーネットを壁に掛け(ステンレスフックや画鋲などで)、自分の化粧品を箱型ワイヤーネットに入れ、ひっかければできあがりです。

見た目が気になる人は、マスキングテープで隠したり、ハンカチやスカーフ素材でちょっと端をリボン風にしたりして、自己流で飾りましょう。

ついでに、少し大きめの平らなワイヤーネットを購入して、端の方にピアスやネックレスを引っかけると、お出かけ前のお手入れが一緒にできるので便利です。

ワイヤーネットなら、場所を取らずに簡単にできるので、利便性が高く、おすすめです。

え?こんな物で化粧品が収納できるの?

次は、リビングで化粧品を磁石を使って収納する方法です。

「磁石でどうやって?」と、思われた方もいると思いますが、簡単なんです。
こちらも100円均一で購入できる、平らな丸い磁石で簡単にできます。

そして、忘れてはいけないのが、マグネットシートや磁石がくっつくホワイトボードです。
磁石がくっつくなら何でもいいのですが、見た目を考慮するとこちらの二つでしょう。

そこに両面テープやグルーガンで丸い磁石を、化粧品の裏に付けてくっつけます。

ファンデーションやアイシャドウなど、ケースになっているものは付けやすいです。

アイライナーなどペン型の物は、磁石で付けたBOXなどに入れましょう。

簡単に取り外して使用したらまた、磁石でくっつければいいだけなので簡単です。

マグネットシートはそのままだと、フニャフニャしていて使えないので、100円均一で購入できる額縁などに入れて可愛く飾って使用してくださいね。

でも、この方法は磁石を化粧品にくっつけて使用するので、家の中だけで使用する場合のみがいいでしょう。

リビング収納は収納力と使いやすさを重視する

先ほども言ったように、化粧品はどれもポーチに入る程度の大きさで、それほど大きい物ではないです。

ですが、ポーチだとどこに何が入っているか、上から順番に物を出して探さなくてはいけない事もしょっちゅうです。

しかも、家の中でならともかく、外出先でリップ一つを探すのに手間取った経験はありませんか?

更に言うなら、何かを探しているうちに化粧品を落として割ったり、壊してしまったなど、これもよく聞く話です。

家の中で使うのだから、この面倒くさい作業は捨ててしまってもいいです。

そこで、リビングで使う化粧品を収納する場合は、断然使いやすさを重視しましょう。
持ち歩くわけではないので、種類で分けて見やすくし、且つ取りやすくして片づけを簡単にする事です。

毎日使う物だから、ついそこら辺に置いてしまいがちな化粧品ですが、小さいからと言っても侮れません。
化粧品は、どうしても種類と数が多くなりがちなので、収納力のある片づけ方をしましょう。

ただでさえ、リビングという場所は物が多いので、自然と収納が必要になってきます。

「小物だから」と、雑に扱わない事が、キレイな部屋を作ります。

100円均一でコスパ最高の収納を

今までご紹介した収納方法の材料は、全て100円均一で揃います。
ご紹介したものは、大体1,000円以内には作れるので、コスパは最高です。

大きさ・形・色など、好きな物を選んで、自己流の素敵な収納を作りましょう。

リビングに作る収納は、どうせなら化粧品だけではなく、アクセサリーや、他の収納にも活かすと便利です。

他の収納にも活かすなら、材料、パーツの種類を増やして物を収納し、全体的にスッキリさせてしまいましょう。

ワンルームの部屋などは、本当に収納力が乏しいので、部屋が物で溢れてゴチャゴチャしてしまいます。

カラーボックスの上に、鏡と化粧品が散乱していたり、ご飯を食べるテーブルに化粧品が散らかっているなら、今すぐ自作の収納に入れてしまいましょう。

特に、粉物の化粧品は割れてしまうと、粉が舞ったり、飛んだり、こぼれたりで、化粧品自体が汚くなってしまいます。

これを綺麗に拭き取る作業も、二度手間になるので時間がもったいないです。
化粧品はツルツルした物が多いので、滑り止めなどを購入して利用するのも一つの方法です。

全て100円均一で用が足りるので、収納する物が増えてもコスパに優れています。

化粧品はあまり安くない物が多いので、ここら辺でコストを下げておきましょう。

リビングは収納力が試される一番の場所

女性にとって、化粧品は欠かせない必需品です。

そして、リビングは、一番家の中で必要な物が揃っている場所でもあります。

物が揃っているという事は、おのずと収納が必要となり、たくさんの物をどうやって綺麗に、または、見せずに収納するかが試される場所でもあります。

安く簡単にできるなら、収納も楽しくなるのではないでしょうか?

女子力も試されるリビングの収納力をアップさせて、綺麗で実用的な生活をしましょう。