リビングで化粧をする人必見!化粧品を上手く収納する方法

ワンルームに住んでいたり、一人暮らしの女性だと、化粧をリビングでしている人も多いのではないでしょうか?

化粧品の種類も結構あり、収納に困っていませんか?

そこで、ここではリビングでの化粧品の上手な収納方法をお話します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

地域によって畳の大きさは違うの!?江戸間や団地間って何?

地域によって、畳の大きさが違うのをご存知でしょうか?京間、六一間、江戸間、団地間など、畳には...

カビキラーって便利!効果的な使い方と注意すべきことは?

お風呂場や洗面台に出てくるカビって、なかなか取れないですよね。そんな時は、カビキラーを使いま...

インテリアコーディネートのコツ!カーテンで素敵空間に

皆さんは、インテリアコーディネートをする際に、カーテンをどのように選んでいますか。カーテ...

自分の部屋が6畳だった場合に置く物のサイズと必要な物とは

引っ越しや新築を建てた時、親に初めて自分のお部屋をもらった時などは、何を置こうか色々考え、楽しい気分...

オシャレな和室・寝室に!お布団もインテリアにアレンジ

巷に溢れている寝室のインテリアなどは、洋室がメインですよね。しかし、和室を寝室として、お布団...

電話線の差込口が足りない!自分で増やすことは出来る?

電話の差込口が足りないと感じている場合、自分で増やすことは出来るのでしょうか?自分で増やすこ...

アパートの照明器具が故障した時の対処方法と注意点!

家の中には沢山の照明器具があります。リビング、キッチン、寝室、トイレ、浴室、玄関と生活空間に...

玄関先にインテリアを置こう!特に観葉植物がおすすめ!

玄関は、訪れてくれたお客様が、お家で一番最初に目にする場所です。お家の顔でもある玄関です...

キッチン家電のおすすめ6選!便利なアイテムを紹介

最近、便利で機能的なキッチン家電が続々と登場しています。ホットプレートやブレンダーなど、進化...

木製家具と白い壁で北欧風インテリア!塗装でアレンジも!

インテリアには様々なタイプがありますが、ここ最近安定した人気の北欧風インテリア。このように北欧風...

暑い日も部屋を涼しく快適に!家電の節約やインテリアのコツ

暑い日には、エアコンでお部屋を涼しくしたいですよね。ですが、エアコンの電気代って、結構かかります...

オシャレを諦めない!高校生の理想の部屋着はジャージ即決!

高校生の部屋着として未だ根強い人気の「ジャージ」。最近では、可愛い部屋着を扱った部屋着専...

勉強机の蛍光灯が切れた!替え方を覚えて勉強効率アップへ

勉強机の蛍光灯が切れてしまったら、勉強に支障が出るため、すぐに替えなければなりません。しかし...

モノトーンで揃えるおすすめインテリア雑貨と収納グッズ

お部屋の模様替えやインテリアを変えたいと思っている方におすすめなのが、モノトーンのインテリアコーディ...

様々な種類がある玄関灯の電球を簡単に交換する方法を考える

「ただいま!」と帰ってきて家族よりも一番に出迎えてくれる玄関灯のあかり。暗い中歩いて帰ってき...

スポンサーリンク

リビングで化粧をする人にありがちな事

朝の忙しい時間、女性にとって日常的にしなければいけないことが化粧です。

必ずしなければいけない、という事ではないですが、大人の女性のエチケットとして常識になっていますよね。

化粧をしなくてもいいお仕事ならいいのですが、殆どの場合はすると思います。

その化粧はどこでしていますか?

ワンルームに住んでいたり、生活基準がリビングの人は、大概はリビングで化粧をしているのではないでしょうか?

部屋が狭いとあらゆる収納に困りますが、小さな化粧品ですら収納場所に困ります。

そして、活躍しているのが、化粧ポーチです。

サイズも様々ですが、コンパクトでバッグにも入れやすく、持ち運びに便利なので、女性は殆ど持っているのではないでしょうか?

外出時はポーチでもいいのですが、部屋で化粧をする時は、ポーチから化粧品を探して出しているうちに、机などがゴチャゴチャしてしまうものです。

家の中で化粧品を収納するのなら、ポーチではなく、違う方法でスッキリさせたいものです。

どういう方法がいいのでしょうか?

リビングで化粧品を収納する方法①

リビングで化粧品を上手に収納するには、どのような方法があるのでしょうか?

100円均一で購入できる、粘土ケースやカトレケースなど、半透明なちょっと深めのケースを用意します。

そして、仕切りを自由に作られる仕切り板を用意し、自分の化粧品の大きさ、数に合わせてケースの中に仕切りを作ります。

化粧品は大きさや形が様々なので、深さや広さを考慮して購入してください。

100円均一には、元々仕切りがされているケースも売っているのでそれでもいいですが、化粧品の大きさや形に合わない場合は自作するのも楽しいですよ。

蓋が付いているケースもあるので、うまく利用しましょう。

似たような形の化粧品を入れる時は、インデックスに化粧品の名前を書いて貼るとわかりやすいです。

100円均一には、たくさんのデコレーションパーツが売っているので、自己流でデコレーションしても可愛いです。

リビングで化粧品を収納する方法②

次は、リビングで化粧品を見せる収納の方法です。

100円均一で購入できるワイヤーネットを使用して作ります。

化粧品の量に合わせて自分の好きな色や、ワイヤーネットの大きさを選びます。

そして、ワイヤーネットのコーナーには、フック付きの箱型や、丸形の入れ物のワイヤーネットがあるので、それを化粧品の量に合わせて購入します。

ワイヤーネットを壁に掛け(ステンレスフックや画鋲などで)、自分の化粧品を箱型ワイヤーネットに入れ、ひっかければできあがりです。

見た目が気になる人は、マスキングテープで隠したり、ハンカチやスカーフ素材でちょっと端をリボン風にしたりして、自己流で飾りましょう。

ついでに、少し大きめの平らなワイヤーネットを購入して、端の方にピアスやネックレスを引っかけると、お出かけ前のお手入れが一緒にできるので便利です。

ワイヤーネットなら、場所を取らずに簡単にできるので、利便性が高く、おすすめです。

え?こんな物で化粧品が収納できるの?

次は、リビングで化粧品を磁石を使って収納する方法です。

「磁石でどうやって?」と、思われた方もいると思いますが、簡単なんです。
こちらも100円均一で購入できる、平らな丸い磁石で簡単にできます。

そして、忘れてはいけないのが、マグネットシートや磁石がくっつくホワイトボードです。
磁石がくっつくなら何でもいいのですが、見た目を考慮するとこちらの二つでしょう。

そこに両面テープやグルーガンで丸い磁石を、化粧品の裏に付けてくっつけます。

ファンデーションやアイシャドウなど、ケースになっているものは付けやすいです。

アイライナーなどペン型の物は、磁石で付けたBOXなどに入れましょう。

簡単に取り外して使用したらまた、磁石でくっつければいいだけなので簡単です。

マグネットシートはそのままだと、フニャフニャしていて使えないので、100円均一で購入できる額縁などに入れて可愛く飾って使用してくださいね。

でも、この方法は磁石を化粧品にくっつけて使用するので、家の中だけで使用する場合のみがいいでしょう。

リビング収納は収納力と使いやすさを重視する

先ほども言ったように、化粧品はどれもポーチに入る程度の大きさで、それほど大きい物ではないです。

ですが、ポーチだとどこに何が入っているか、上から順番に物を出して探さなくてはいけない事もしょっちゅうです。

しかも、家の中でならともかく、外出先でリップ一つを探すのに手間取った経験はありませんか?

更に言うなら、何かを探しているうちに化粧品を落として割ったり、壊してしまったなど、これもよく聞く話です。

家の中で使うのだから、この面倒くさい作業は捨ててしまってもいいです。

そこで、リビングで使う化粧品を収納する場合は、断然使いやすさを重視しましょう。
持ち歩くわけではないので、種類で分けて見やすくし、且つ取りやすくして片づけを簡単にする事です。

毎日使う物だから、ついそこら辺に置いてしまいがちな化粧品ですが、小さいからと言っても侮れません。
化粧品は、どうしても種類と数が多くなりがちなので、収納力のある片づけ方をしましょう。

ただでさえ、リビングという場所は物が多いので、自然と収納が必要になってきます。

「小物だから」と、雑に扱わない事が、キレイな部屋を作ります。

100円均一でコスパ最高の収納を

今までご紹介した収納方法の材料は、全て100円均一で揃います。
ご紹介したものは、大体1,000円以内には作れるので、コスパは最高です。

大きさ・形・色など、好きな物を選んで、自己流の素敵な収納を作りましょう。

リビングに作る収納は、どうせなら化粧品だけではなく、アクセサリーや、他の収納にも活かすと便利です。

他の収納にも活かすなら、材料、パーツの種類を増やして物を収納し、全体的にスッキリさせてしまいましょう。

ワンルームの部屋などは、本当に収納力が乏しいので、部屋が物で溢れてゴチャゴチャしてしまいます。

カラーボックスの上に、鏡と化粧品が散乱していたり、ご飯を食べるテーブルに化粧品が散らかっているなら、今すぐ自作の収納に入れてしまいましょう。

特に、粉物の化粧品は割れてしまうと、粉が舞ったり、飛んだり、こぼれたりで、化粧品自体が汚くなってしまいます。

これを綺麗に拭き取る作業も、二度手間になるので時間がもったいないです。
化粧品はツルツルした物が多いので、滑り止めなどを購入して利用するのも一つの方法です。

全て100円均一で用が足りるので、収納する物が増えてもコスパに優れています。

化粧品はあまり安くない物が多いので、ここら辺でコストを下げておきましょう。

リビングは収納力が試される一番の場所

女性にとって、化粧品は欠かせない必需品です。

そして、リビングは、一番家の中で必要な物が揃っている場所でもあります。

物が揃っているという事は、おのずと収納が必要となり、たくさんの物をどうやって綺麗に、または、見せずに収納するかが試される場所でもあります。

安く簡単にできるなら、収納も楽しくなるのではないでしょうか?

女子力も試されるリビングの収納力をアップさせて、綺麗で実用的な生活をしましょう。