布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

憧れの的!海外王室の情報をブログを参考にチェック!

2017.10.8

「聖人君子」、こういった言葉に相応しく、常に国民の見本となる憧れの的の海外の王室。

彼らの行動や言動、恋愛事情から着用する洋服まで、すべてが関心の対象になっています。

最近では、王室ウォッチャーと呼ばれる方々が、ブログやサイトなどで海外王室の情報を写真とともに伝えていて、王室好きの読者を楽しませています。

今回は、そのサイトやブログを参考に、海外王室の情報をご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

オシャレを諦めない!高校生の理想の部屋着はジャージ即決!

高校生の部屋着として未だ根強い人気の「ジャージ」。 最近では、可愛い部屋着を扱った部屋着専...

カウンターキッチンにカーテンを付けて、寒い空気を遮断!

お部屋選びをする時はどんなところを見ますか? 多くの方は、キッチンの広さや形状も重要な要素の一つだ...

ひとり暮らしワンルームのテレビとパソコンの配置

みなさん、ワンルームの部屋のテレビとパソコンの配置についてお悩みではないでしょうか。 窮屈感の...

木製机の塗装が剥げてる!diyでお洒落な木製机に大変身!

勉強机にパソコンデスクなど、家の中には様々な木製机が溢れています。 それがお気に入りの机であれ...

acアダプターの修理方法!知っておくと便利な開け方って?

「acアダプター」と言えば、携帯やパソコン、ゲームなどで使用する充電器などがそれに当たります。 ...

ウッドデッキアウトドアリビングはインテリアにもこだわろう

憧れのウッドデッキアウトドアリビング。 家族全員でのんびりと過ごすことができ、魅力的な空間でも...

子供部屋を5つのアイデアで可愛い快適スペースに!

子供部屋って、おもちゃや勉強道具などがごちゃごちゃしがちで生活感が丸出しになりがち。 せっかく...

旅行気分?お洒落なインテリアで「リビング」を海外風に!

最近、「リビングの雰囲気がマンネリ化してきた」という方はいませんか? そんなときは、毎日が...

60w相当のLED電球と100w相当の明るさはwが目安ではない!?

最近では、白熱電球よりもLED電球が普及してきている中で、LEDに交換する方も多いのではないでしょう...

セレブ風インテリアへ!セレブのブログからチェック!

雑誌やブログ、テレビの特集でセレブの豪邸が紹介されていると、「いつかこんな家に住みたいな。」と、憧れ...

電球の外し方と忘れがちな様々なカバーの着脱方法をご紹介!

電球やそのカバーの種類によって、着脱方法は変わってきます。 この記事では、ご家庭・職場で主に使...

ちょっと待った!ダウンライトをシーリングに交換する方へ!

新築で家を建てた人、特に新築戸建てを購入した人はおしゃれなダウンライト付きのお部屋が多いと思います。...

一気におしゃれ空間!トイレインテリアのデザインに注目!

家の顔になる玄関やリビングのインテリアにこだわっている方は多いことでしょう。 しかし、トイ...

ガラスの破片は危険?刺さるだけじゃなく楽しむことも可能?

私たちの日常生活には、必要なものであっても、時に危険なものに変わるものがあります。 そ...

コンクリートの壁にネジ止めするなら下穴は必須なのか?

鉄筋コンクリート造のマンションに住んでいると、どうしてもコンクリート部分にフックを取り付けたり、家電...

スポンサーリンク

海外王室の代表!ダイアナ妃の服装をブログからチェック

海外の王室を語るうえで切っても切り離せないのがダイアナ元皇太子妃です。

その美貌や過去のスキャンダル、そして悲劇的な最期と、イギリス国民だけでなく世界の関心の的となり、日本での認知度も海外王室の中では一番と言っても過言ではないのではないでしょうか。

王室ウォッチャーの方々のブログでもダイアナ妃について多く取り上げられていました。

この章では、ダイアナ妃のファッションに関する情報をご紹介します。

近年では、ダイアナ妃の第一子であるウィリアム王子のご成婚から、その王妃であるキャサリン妃、そして、ダイアナ妃の孫にあたるジョージ王子の誕生が世界中で話題となりました。

ダイアナ妃といえば、美貌と知性を兼ね備えた才色兼備というの言葉がふさわしい女性です。

皇室ウォッチャーの方のブログには、ダイアナ妃が公の場で着用したドレスやアクセサリーなどが写真と共にご紹介されています。

どの写真にもドレスやアクセサリーがゴージャスでありながら、品のある着こなしをするダイアナ妃が映っていました。

ダイアナ妃のファッションは、常に注目の的で、特にトレードマークである帽子は、色々なデザインのものを着用し、見る人の憧れでした。

最近では、キャサリン妃がダイアナ妃のファッションをオマージュした姿で、公の場に登場したことが話題になりました。

似ているファッションはたくさんありましたが、その中でも帽子からシューズまで黒を基調としたファッションが酷似しており、胸元の赤い花のブローチまで一緒なので、ダイアナ妃へのリスペクトではないかといわれてます。

海外王室のファッションをブログからチェック!

一章では、ダイアナ元皇太子妃のファッションについて触れてきましたが、この章では、一章でも少し触れたキャサリン妃のファッションについて、海外王室の情報をまとめたブログなどを参考にご紹介していきます。

キャサリン妃は、イギリスの王妃で、ウィリアム王子とご成婚する前から世界の注目の的でした。
キャサリン妃もダイアナ妃と同じく容姿端麗で聡明です。

そして、着用するファッションが注目を集めており、真似をする方も多いです。

キャサリン妃は、王妃でありながらファストブランドの洋服も取り入れて着用しており、庶民も真似がしやすいと話題です。

また、海外の王室のファッションの概念を覆す革命的な姿で公の場に登場したことでも話題を集めました。

通常、王室関係者のファッションというと、フォーマルというイメージが強いと思いますが、キャサリン妃は、カジュアルなワンピース一枚を華麗に着こなしていました。

カジュアルでもキャサリンが持つ品性や知性で、王室にふさわしいような品位が高いファッションに見えます。

また、キャサリン妃は、第一子であるジョージ王子をご懐妊のときに着用したマタニティードレスが人気となり、出産後はジョージ王子が着用する洋服まで注目されています。

ジョージ王子の誕生により、日本でもロイヤルベイビー企画を立ち上げるブランドが数多く登場し、市場がにぎわいを見せました。

今もキャサリン妃のファッションは、日本でも注目の的で、真似をする女性が多いです。

海外王室はイケメンだらけ!ブログから情報をチェック その1

これまで、イギリスの王室のファッションについてご紹介してきましたが、この章では、イケメンで話題の海外の王室についてご紹介していきます。

海外の王室情報をまとめたブログには、数々のイケメン王子が登場していました。

海外王室というと、非現実的な感じで縁遠く、興味がないとう方もイケメンな彼らを目撃したら興味が湧くかもしれません。

まず最初にご紹介したいイケメンな王子は、デンマーク王室のニコライ王子です。
ニコライ王子は、まだ18歳ですが、落ち着いた雰囲気で、知性と品性を兼ね備えた美しいルックスです。

次にご紹介したいイケメン王子は、モナコ公国のアンドレア・カシラギ王子です。
カシラギ王子は、世界で最も美しい顔50人にも選ばれた正真正銘の正統派イケメンです。

続いてご紹介するのは、スウェーデンのカール・フィリップ王子です。
フィリップ王子は、がっしりとした体形で、スポーツ万能です。

さらにプロのレーサーの資格も持つワイルド系イケメンです。

海外王室はイケメンだらけ!ブログから情報をチェック その2

海外の王室のイケメンはまだまだいます。

地位と名誉と美しいルックスを兼ね備えたイケメン王子を、王室情報をまとめたブログからピックアップしていきます。

後半戦、一人目を飾るのは、ルクセンブルクのフェリックス・ド・リュクサンブール王子です。
リュクサンブール王子は、品のある甘いルックスで、度々、テレビにも登場するそうです。

甘いルックスだけでなく弁も立つそうで、ルクセンブルク国民から根強い人気があります。

次にご紹介するのは、ドバイのハムダン・ビン=ムハンマド・アール=マクトゥーム王子です。
マクトゥーム王子は、中東を代表するイケメンで、ひげが特徴的ですが、どこか品があります。

他国を圧倒する資産があるだけに、サングラスを買うためだけに自家用ジェットを使ったという逸話もあります。

最後にご紹介したいのは、イギリスのウィリアム王子です。

ウィリアム王子は、キャサリン妃との間にジョージ王子とシャーロット王妃を設け、溺愛ぶりも話題のイギリス国民憧れのイケメンです。

さまざまな国のイケメン王子をご紹介してきましたが、好みのイケメン王子は発見できたでしょうか。
海外の王室に対して興味を持つきっかけとなれば幸いです。

海外王室の小さな人気者をブログからチェック

将来の皇太子、王妃となる海外王室の小さな王子、王女たち。
最近では、イギリスのジョージ王子とシャーロット王女が抜群のかわいさで人気を博しています。

ほかの国にも見たら思わず顔がほころぶようなかわいらしい王子、王女がたくさんいます。

この章では、そのかわいい王子や王女をブログやサイトを参考にご紹介していきます。

まず、最初にご紹介したいのは、スウェーデン王室のレオノール王女です。

母であるマデレーン王妃の友人主催のパーティーに出席した際に撮られた写真では、頭に水色の大きなリボンを付けたレオノール王女が写ってました。

マデレーン王妃に似て、とてもチャーミングです。

次にご紹介したいのは、スウェーデンのエステル王女です。

母親であるヴィクトリア王太子の誕生日に撮られた家族写真には、ダニエル王子と一緒にしゃぼん玉で遊ぶエステル王女の姿がありました。

そして、白いクラシカルなワンピースに髪には小さなリボンを付け、とてもかわいらしいです。
スウェーデン国民のみならず、見ればみんながメロメロになってしまうようなかわいらしさです。

その国々の国民に子供や孫のように愛される王子、王女たちの今後の成長を見守っていきたいですね。

海外王室の経済効果は絶大!ブログから詳細をチェック!

お伝えしてきたように、イギリスのキャサリン妃が着用するワンピースやジョージ王子の産着など、真似して購入する人が続出し、大きな経済効果になっています。

この章では、海外の王室の情報をまとめたブログから海外王室の経済効果について、ご紹介します。

過去にイギリス王室は、スキャンダルが多く、人気が低迷していた時期がありました。

しかし、ウィリアム王子がキャサリン妃とご成婚してからイギリス王室の人気は回復していきました。

その理由は、キャサリン妃は民間出身であり、ファストファッションを着こなして、イギリス王室が身近な存在に感じる国民が増えたことが大きいでしょう。

また、ジョージ王子とシャーロット王女の誕生という嬉しいニュースが続いたことが影響し、人気を取り戻していきました。

ロイヤルベビー誕生による経済効果は800億円近いともいわれており、人気はとどまることを知りません。

海外王室は素敵な方で溢れてる

海外の王室について、ブログなどの情報を参考にご紹介してきましたが、興味が湧くものはありましたか。

ダイアナ妃からイケメン王子。
かわいい王子、王女の話題からイギリス王室の経済効果まで。

多くの素敵な方々がいらっしゃいます。

今回ご紹介した方々だけでなく、他にも多くの素敵な王室が存在します。

この記事がきっかけでその他の国の王室にも興味を持つ方が増えてくれたら幸いです。

 - 生活