梅雨の時期こそ、必需品!おすすめ布団乾燥機ランキング!

これから梅雨の季節が到来します。

梅雨と言えば…ジメジメな高湿度な環境で洗濯物がなかなか乾かない、それに加え外にお布団が干せなくなることを考えると憂鬱になりますね。

人は寝ている間に個人差はありますが毎日コップ1杯、いや、それ以上の汗をかいていると言われています。

出来ればからっとした日に天日干ししたお日様の香りがするお布団に包まれて眠りたいですよね。

そこで、少しでも快適な睡眠ライフのためにも2017年人気の布団乾燥機ランキングをご紹介します。

参考にしていただいて快適な安眠のお手伝いになれば幸いです!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

初めての幼稚園!大切なお布団はサイズや素材で正しく選ぶ!

初めてのお子さんが幼稚園に通う時、様々な準備が必要となりますが、その中でも新米ママの頭を痛めるのがお...

3kの間取りをインテリアを変えることによってアレンジしよう

様々な事情で、広い家に住めない方を多くいらっしゃいます。3kの間取りで狭いのに、子供が生まれ...

腰痛対策マットレス「モットン」ゆったりセミダブルで熟睡!

腰痛対策マットレスの「モットン」をご存知でしょうか。ユーザーからの高い支持率や満足度を得てい...

パリに住みたい!アパートを購入する為に知っておくべき事!

皆さんはパリと聞くと、どんなイメージを持ちますか?パリは花の都と言われているように、とてもオシャ...

ボンネルコイルマットレスの特徴とは?激安商品でも大丈夫?

厚めのベッドマットレスを購入する時に気になるのが、特徴や値段ですよね。スプリングコイルマット...

古くなったお布団の処分方法は?引き取りはしてもらえるの?

ご自宅の押入れの中に、古くて使わなくなったお布団は眠っていませんか!?場所を取るために処分し...

部屋の天井にカビが!!カビの掃除方法をご紹介!

ジメジメとした梅雨時や結露が付く寒い冬の窓ガラスの近くの壁って、なんだか湿っぽくないですか?...

海外のベッドルームに変身!インテリアを活かしてみよう!

海外映画のワンシーンのようなベッドルームで毎朝、清々しい朝を迎えることは現実とかけはなれているように...

新生活スタート!一人暮らしで失敗しない寝具の選び方は?

新生活を一人暮らしでスタートする方の最大の悩みは、お部屋の家電や家具選びですよね。その中でも...

お布団の値段やクリーニング料金の相場ってどのくらいなの?

布団には、敷布団や掛布団といった用途の違いだけでなく、綿や羊毛、更には羽毛まで、いろいろな種類があり...

売れ筋の布団掃除機6選!高機能で人気のアイテム特集

お布団は、ハウスダストやダニの温床になりやすいです。しかし、頻繁にお洗濯をすることも難し...

ベッドのお布団ずれ落ち対策はずれ落ち防止柵のハイタイプ!

ベッドで寝ている方の悩みのひとつに、「お布団がずり落ちて困る」というのがあります。人の寝相に...

検証!「お布団」と「ベッド」腰にやさしいのはどっち?!

腰痛持ちの方にとって、悩みの種となるのは「寝具選び」ですよね。お布団とベッドでは、どちらが腰...

マットレスの掃除してますか?お手入れ方法をご紹介します!

ベッドのマットレスってお手入れしてますか?最近はお布団で寝るよりも、ベッドを使っているお宅が多い...

寝具カバーはかわいいものを!おすすめネットショップの商品

睡眠は一日頑張った自分を休める、大切な時間です。女性の場合、一日を終えてベッドへ入る瞬間、か...

スポンサーリンク

朝起きて寝汗でベタベタは避けたい

布団乾燥機のおすすめランキングをご紹介する前に、お布団がどのような状態になっているのかを知っていきましょう。

個人差はありますが、人は寝ている間にコップ1杯の寝汗をかいていると言われています。

その汗を吸収したお布団は、梅雨の季節の場合に天日に干すことが出来ません。
そのままにしていると湿気が蓄積してしまい、お布団の寿命を縮ませることになります。

干せない時間が増えるということは、快適な睡眠の妨げにもなり、ダニやカビの温床にもなりかねません。
そんな湿気の多いお布団で眠ることは、誰も望んでいないことでしょう。

そこでお役立ち家電である布団乾燥機の出番なのです。

乾燥機能でお布団をふかふかにしてくれるにはもちろんですが、今では汗臭、加齢臭などの脱臭してくれるという優れものも発売されています。

寝汗対策には布団乾燥機は欠かせませんね。

多種多様な機能が付いている布団乾燥機に注目

ジメジメした梅雨や花粉シーズン、日照時間の短い冬などお布団を干したいのに、天日干しが出来なくてお困りの方も少なくないでしょう。

そもそも布団乾燥機誕生のきっかけは、元々はマンションにお住いの方など天日干しがなかなか出来ない時の「ダニ対策」に着目されて作られたものです。

今では様々な進化を遂げて、布団乾燥機の世界も面白いものになっています。
以前は重い、収納が面倒などのデメリットがあった布団乾燥機です。

最近のものは、コンパクトでスタイリッシュなデザインに加え、マットがないタイプの発売が多いことに注目が集まってます。

従来、マットの収納が面倒だっただけにこの嬉しい機能は画期的ではないでしょうか。

これからご紹介します布団乾燥機ランキングにランクインしている商品には、メーカー独自の機能が盛り込まれているものあります。

便利な機能を搭載している布団乾燥機の世界を除いてみましょう。

おすすめ布団乾燥機ランキング!1位から4位!

快適なお布団で眠るためには、しっかり湿気を除去してフカフカにするのが良いでしょう。

ここでは、おすすめ布団乾燥機のランキングをご紹介します。

1位:日立 アッとドライ HFK-VH770
参考価格:10,800円~12,000円

色は[シャンパンゴールド]と[ピンクゴールド]があります。
魅力はスタイリッシュなフォルムと何といっても、マットがいらない事です。

シングルサイズからダブルサイズまで対応し、コンセントの巻き取り部分がスッキリしているのもいいですね。
複数の乾燥モードがあり、お布団はもちろん、衣類乾燥、靴乾燥にも対応。
30分高速で70度の温風を出してくれます。

布団乾燥機のアタッチメントについている13ヶ所の吹き出し口から出る熱風で、敷布団と掛け布団両方を一度に乾燥してくれる優れものです。

2位:象印 スマートドライ RF-AB20
参考価格:10,910円

特長は、マットもホースもいらないので、デザインがとてもシンプルであり、運転モードも「マニュアル運転」と「コース運転」と種類があります。

マニュアルモードで自分好みの設定が出来、コース運転は「乾燥」「あたため」「ダニ対策」とあるので、自分で設定するのが面倒な方にも対応出来るようになっていて、多くの方に勧められる1台です。

3位:三菱電機 AD-X80
参考価格:16,416円

マットタイプですが、ダニ取り機能に優れている商品です。

シングルサイズからダブルサイズまで対応でお布団の中綿部分まで55度の高温が届くため中綿に逃げるダニにも効果的です。

ダニが死滅するためには50度は必要だとされていますから十分な威力ですね。

4位:アイリスオーヤマ カラリエ KFK-C2
参考価格:9,123円

お布団はもちろんですが押し入れやクローゼット乾燥にも活躍してくれます。

マットなしタイプで、1.8キログラムととても軽量です。
クローゼット乾燥には手動モードを使用します。

アロマケースが付いており、アロマを楽しめるところも良い機能ですね。

おすすめ布団乾燥機ランキング!5位から10位!

いよいよ、おすすめ布団乾燥機ランキングも後半です。

5位には、シャープ I-FD1S
参考価格:12,577円

こちらは何といってもプラズマクラスター搭載というところが特長でしょう。
脱臭、空気清浄機能に優れています。

さらに嬉しいマットなしタイプです。

6位:日立 アッとドライ HFK-V330
参考価格:7,412円

マットあり、マットなしの両用タイプです。
お布団や衣類、くつの乾燥機能と多種の機能がついていることが魅力です。

7位:アイリスオーヤマ カラリエ FK-C1
参考価格:8,780円

小型で軽量でモード選択も多いです。
色んな場面で使用して、快適にしてくれます。

8位:アイリスオーヤマ カラリエ FK-C2
参考価格:9,110円

FK-C1のパワーアップ版です。
少々、大きくなるので微量に重くなりますが、風量やヒーター出力がより強くなっています。

9位:パナソニック FD-F06A
参考価格:6,032円

軽量タイプでマットありです。
靴を乾かすのに使用可能なところが便利です。

10位:パナソニック FD-F06X2
参考価格:18,461円

マットなしタイプで対応サイズはシングルからダブルサイズまでで、お布団の乾燥と枕の乾燥が同時にできる優れものです。

足元5分温めモードがついていて面白い機能ですね。

総合的に見て、日立のアッとドライシリーズとアイリスオーヤマのカラリエシリーズはおすすめ出来る機能が満載です。

最近では、マットなしタイプが利便性が良いこともあり、人気です。

価格のリーズナブルさ、コンパクトでスタイリッシュなフォルム、利便性など、どれを求めているのかを考えれば、ご自身にあった布団乾燥機が見つかることでしょう。

ランキングでも紹介した布団乾燥機は、オールシーズン使える

布団乾燥機は、ジメジメの梅雨や寒い冬に活躍するのはもちろんですが、長雨が続く日や花粉や黄砂が飛ぶ季節、PM2.5が心配でお布団を干すのをためらわれる時にも活躍してくれます。

正にオールシーズン活躍してくれるとても頼れる家電だと言えます。

布団乾燥機の最近の機能をまとめてみました。

①衣類や靴の乾燥

②お布団の暖め機能

③脱臭機能
機種によってはマイナスイオンを吹き出してくれるものもあり、寝具の脱臭などの環境を整えるのもサポートしてくれます。

④ダニ防止
ダニを死滅させるには、50度の熱風を20分間あてることが必要と言われています。
布団乾燥機は、50度以上の熱風を出すことが出来るのでダニの繁殖防止をサポートします。

⑤空気清浄機能

これらの機能は、布団乾燥機ランキングでご紹介した商品にも備わっています。

ただ単にお布団を乾燥させるだけでなく、その他のことにも気にしているところが素晴らしいでしょう。

便利な布団乾燥機の気になる消費電力は?

ジメジメした梅雨の季節や、寒い冬には毎日布団乾燥機を使用するという方もいらっしゃると思います。
しかし、そこで気になるのが電気代ではないでしょうか。

そこで、布団乾燥機の消費電力についてもご紹介しましょう。

メーカーによって多少の違いはあるものの、1時間の運転で10円強くらいの電気代が必要になります。
また、ダニ防止機能を使用した場合は、1時間20円から40円強ほどかかります。

布団乾燥機能で言えば、1日1時間の使用と考えて毎日使っても、10×30=300円位でフカフカで清潔感のあるお布団になります。

このように月で考えてみれば、そこまで高いとは言えないでしょう。

しかし、布団乾燥機の温度によっては、季節によって乾くのに時間を要します。
そのため、月300円では収まらず、その分電気代がかかります。

そのため、本体の価格が安いから良いとは言えません。

布団乾燥機ランキングは、あくまでもおすすめ商品のご紹介とさせていただいてますので、実際に購入する際には、性能を確かめて予算と相談するのが良いでしょう。

布団乾燥機はとても便利

おすすめの布団乾燥機ランキングをご紹介をさせていただきました。

これだけ機能が充実していると迷ってしまうことでしょう。
最近の特徴としては、マットなしの布団乾燥機が沢山販売されています。

予算や性能、フォルムなどでどこに重点をおくかで、ご自身にあった布団乾燥機が見つかると思います。

この記事が少しでも布団乾燥機選びのお手伝いになれば幸いです。